最近 更に家の歪みが激しくなり その影響か 柱時計が何度も急に止まったりする。最近の出来事として 右隣に隣接していた古い小屋が解体され 車庫の建て直しが始まった。地盤工事の振動も気になるが 更に心配な新事実が出てきた。それは この右隣の小屋も境に柱を立てて隣接して立てていた建物であり 雨ドイの不備で「継ぎ柱の工事を右面にもした」という 危険増大の驚くべき母の話だった

 平成9年の増築工事の時に 右面の継ぎ柱工事もしていることが 母の話で出てきた。危険が更に増していたことに気づいた。いよいよ これは倒壊する危険性が進行している可能性がある。万一の倒壊が起きる心配があり 家の検証を怠った福岡警察署に「被害届」を出すことにした


 

調査依頼 資料     調査1 電話    調査2 被害届    調査3 被害届
 

被害届 提出 

家屋倒壊  往来危険の被害届
早急な解決のお願い  HOME

 

福岡県警察署長 公安委員会 青字   当方 正信 黒字

 

現場検証の不備による対応が生んだ 損保の犯罪被害者の危険

 

 


3月6日付けで提出した 被害届 (テキスト)

福岡県警察署長 殿    被 害 届       平成21年3月6日
      福岡県公安委員会

車 飛込事故の検証不備による 家屋倒壊 往来危険の被害届を出します。

届出人: 福岡県糸島郡二丈町福井6016 今川正信 電話 326-5105 息子 
被害者: 福岡県糸島郡二丈町福井 同 今川允子
年金暮し88 母/息子

被害時間:平成19年1/27に我家玄関に車飛込事故発生 3/3県警検証不備
     損保・弁護士の
調査拒否で 倒壊危険状態が放置されてきた。
     賠償されない為に
補強工事も出来ず 往来危険放置状態です。     
検証  家の被害が未確認  福吉派出所巡査  県警交通捜査課 木下(和)他1名

被害場所:今川家玄関を賠償せず放置 ゆうちょ 三井住友銀行 無断引落
第三債務者
:貯金事務センター 大名2-5-1 業務監査課 TEL:721-9863 苦情を無視
第三債務者三井住友銀行 博多駅前1-1-1 電話 411-1231 三住海上連携疑惑 有
加害者との面談禁じる不審な弁護士 弁済手続の口座捜査で疑惑は判明?
共犯容疑者:倒壊危険放置者
(無責任対応 加害者+調査員+損保+弁護士…その他)

耐震診断

危険度高


母の証言と立証を無視する損保

 母の話…「昔 雨ドイ付けぬ小屋を隣接されて 長年の雨水の影響で腐食した柱の下部を切断して貰い 短い角材をハメ込む 継ぎ柱工事をして貰った事がある」という。その時の大工の証言
「これは あくまでも応急処置で 切った柱の下にゲタを履かせただけやから もし何か衝撃を受けたりした場合は持たんけん気をつけないかんよ…」と当事の大庭工務店(吉井4147-1 大庭英士)の大工が心配げに念を押して言い残して帰った
 継ぎ柱施工をした大工自身が残した衝撃厳禁の警告で 慎重な調査が必要。当方は緊急事態を訴え 倒壊危険が今現実に迫った写真と左図面で立証してきた。 床下撮影 継ぎ柱 証拠の提示後も回答が無く悪質

 

 

taisinchousa.html
 訴訟要件が満ちない裁判を強行。証人も呼ばず 継ぎ柱の危険立証も無視し 最終弁論で全く発言させず閉廷。別件をぶつけ攪乱妨害し相殺する謀略裁判 老人不当呼出を避ける為の登記変更を認めず 耳の遠い母を法廷で虐待した

事件の詳細は 下記ホームページに記載中。(損害立証・捜査専用です)
sagi.html

弁明機会に倒壊危険の被害発生届を提出し 県警へ再調査の依頼します
今後に起こる倒壊事故に備えて説明。早急な解決と適切な対処求めます

@写真提出 + A車両放置理由 + 検証不備の倒壊危険・引落不安の詳細
keisatu10.html

※ 紛争の元凶は 家屋損壊の検証不備にあり 被害届を真剣に調査下さい


 

テープA 重要 倒壊の危険が発生している証拠となる記録

 福岡県警察署(担当者)黒文字        当方 今川 青文字

(2/23 弁明書の確認で 緊急の証拠を強く求められ被害届3/6提出)

被害届を受けた福岡県警察署の対応次第で
倒壊時には全責任が問われることになる

対 応 編集中 (調査)の会話

 登記変更済み    危険な継ぎ柱の写真    増改築施工 

 @耐震診断 図面 継ぎ柱   A継ぎ柱の写真   

       B突入の経路        C突入直後の写真

 

電話会話記録 

依頼 早急な解決お願い HOME