損保

からの
文書

テキスト

1通目

2通目

3通目

4通目

5通目

写 真

 1/29

 3/16

 3/23

 4/10

4/13

 調査対象 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702
山さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657

〒810-8683 福岡県 福岡市中央区赤坂1-16-14
三井住友海上 福岡赤坂ビル3F 担当 清水節子
 三井住友海上火災保険株式会社
TEL 092-722-6475 
FAX 092-722-6841

プライバシー掲載中 12/8
  損害立証用非公開ページ  悪用禁止

三井住友からの

3通目の文書

H19/3/23

戻る

写真

テキスト

HOME

 当方は、(有)明建の鳴神浩介 という派遣調査員の不可解な対応に疑惑を感じて直接 三井住友海上火災に電話して次の5つの書類を送付するように求めた。

@ 損保の人間の名刺2枚
A 加入保険のパンフレット
B 加害者側の念書
C 現場の写真の全部
D 壁の行き違いの説明


 清水節子氏には(くれぐれも間違い無く)と提示を求め(必ず5つの全部揃ったことを
確認して、
(何一つ忘れることが無いように)と、責任をもって送付するように)と頼んだ
しかし、何日も過ぎてからようやく届いたのは@ACだけで
BDは入っていなかった。

 加害者の「念書」はなく、代わりに同封されたのは書式を変えた「工事確認書」だった。
工事確認書
の欄には、契約者 (有)鏡建設 当方の三者が予定にある。
 
損保の三井住友海上火災の署名欄は無かった。おかしい?損保の名前が出てこない。

 この事故が起こってから今まで、損保が直接関わることのない状態で話が進められる事
に気づいた。
(どうしてだろうか…?)家の損壊、賠償問題に何故出てこないのだろうか?

 この保険業務のやりかたには、どこか違和感と疑問点を感じた。それがどこが変なのか
最初は全く判らなかったが、次第に彼らは
そうするしかないある事情を抱えていたことが
判ってくるようになる。それは…責任逃れする為の巧みな業務体系であることが判明する。

 上のBDについて、何らかの文書として提示すると責任問題が発生してくるからである。

 最初
「念書」だったものが、書式を変えて、単なる「工事内容についての確認書」になる
のも同じ理由である。被害者は何も責任を負う必要の無い筈の立場にあるのに、
念書
平気で
署名・印鑑を押させることをさせる。

 その手口は念書という書類をいかに工事内容とからめて、さりげなく、これ以上の請求をしないものとするという文章を入れている点だ

 
「工事内容の確認書」にしても本来、そんな余計な言葉を入れて確約するものではない筈だ。

 純粋に工事の内容の分だけ書いて、確認・了承で完結すべきものである。 ここにあえて

3、その他の厳守事項
という項目をさりげなく持ってきているところに、大変な
「落とし穴」が隠されているのだ
3-1 に (上記取り決め内容以外の請求は行わない)と書いてある。

おっと、危ない。ここで署名・捺印してしまうと、今後一切の賠償請求が出来なくなるのだ
万一、家が倒壊した時の保障も示さない施工業者はそのまま、口約束だけにしておいて
被害者だけになぜ、こんな請求に関する確認書に一方的に約束をさせるのだろうか?。

しかしここに署名・印鑑を押さないと工事に入れないと脅かしていく損保の巧みなやり方

自分達が賠償責任を背負うようになる文書には、絶対に避けてしないのに、被害者には
念書や確認書という形で
署名・捺印させて、平然と責任事項を入れて押し付けていく。

とても合意できるような内容ではない。おかしい処を直して公平なものに書き替えるべき
だと感じて、工事内容についての確認書の内容変更と加害者へ念書の提出依頼をする
ことになった。 だが、その二つの内容変更要求書についての答えが下の手紙である。

果たして
三井住友海上火災という損保会社は、賠償という仕事を責任を持ってやって
いると言えるのだろうか?。調査ミスを認めないどころか、示し合わせてとぼけ通す答を
出す素直に調査の間違いを認めて、文書で謝罪すべきである。

基本に筋を通せない人間が
「ああだ、こうだ」と言って、家倒壊の危機状態を見落とした責任
を曖昧にして避けてきて無理に話を進めていった結果、こんな事になったと正直に説明責任
を果たす勇気が無い。
賠償という損保の仕事しているなら、自分のミスで招いた迷惑度ぐらい判断して頂きたい。

 

                             平成19年3月23日

          今川 允子 様

          
今川 正信 様
                                               
                                           

〒810-8683
福岡県 福岡市中央区赤坂       1-16-14
   
三井住友海上
    
福岡赤坂ビル3F
   
担当者 清水節子
三井住友海上火災
保険株式会社

 TEL 092-722-6475
 
FAX 092-722-6841
 
                                            
                                            
                                                     

                                                

 

 
            
  文書を頂戴しました件。
    
      
 

    
 拝啓 この度の事故では大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。     
         

 
   

 

 

 先日、工事内容についての確認書の内容変更と、弊社契約者に念書の提出のご依頼をいただきました件で、ご連絡申し上げます。

 害状況調査について不充分な点と、修理内容について修理業者と損害鑑定会社の食い違いがある点ご指摘をいただきましたが、当方訪問担当者・明建・鏡建設の3者で先に

  今回の損害について修理内容を確認しましたところ、今川様よりご指摘いただきましたような食い違いはないとの結論でございました。よって、食い違いの説明文書は送付いたしませんでした。

 また、保険を使用しての損害賠償とは

 1、被害者さまが受けられた損害を、被害者さまによって選定いただいた業者に修理依頼をしていただく。

 2、修理については事故による損害部分の確認を被害者さま、修理業者および保険会社が行う。

 3、修理が完了した後に被害者さまとの示談を行い、事故解決に関する免責証書(承諾書)をお取りかわしの後、保険金のお支払をする。

 という段取りとなります。契約者と被害者さまとの念書のお取りかわしはいたしておりません。よって、念書のご送付はいたしませんでした。

 いずれにいたしましても、このままの状況が続きますと家屋の修理に入っていただけませんので、まずは損害状況の再確認をさせていただきたいと考えます。

 弊社訪問者の作村と、明建の鳴神氏の2名がご訪問させていただきますので、今川様のご都合の良い日をお知らせくださいますよう、お願い申しあげます。

 どうぞよろしくお願いいたします。

                         敬具

  

初 め

問 答

結 果

簡単修正で賠償
を終了する予定

修正工事の振動で
倒壊の危険性発生

都合悪くなると
業者変更を提案



念 書

「念 書」 →
「工事確認書」

工事確認書の
内容変更要求

甲乙共の約束でなく
一方的 署名拒否。

今度は契約
の書式を変更
してきた。

削除・加筆の答え
は無いまま



工事確認書の
内容変更要求→

被害者・業者・損保 損害の確認約束 →

損壊部分を再調査確認しないまま

拒否したまま

食い違いの説明
を書面ではしない

筋道を示せない
損保の姿勢



再調査の約束を
書面にせず
 

謝罪も再調査
もしないまま
 

責任放棄・示談
が出来ない

食い違いの説明が無いまま ×

重大な調査ミス
の反省提出無し

事故解決に関
する免責証書

被害状況の調
査確認をしない

危険未定、修理
が完了しない
 

承諾書の取り交し
が出来ない



訪問者予定の
作村二来彦

調査ミスの明建
の鳴神氏

未だに、謝罪・説明なし

HOME

当方

被害者

の意見

1通目

2通目

3通目

4通目

5通目

6通目

7通目

 3/22

 4/3

 4/11

 4/15

 5/28

11/13

1/18

 調査対象 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702
山さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657

〒810-8683 福岡県 福岡市中央区赤坂1-16-14
三井住友海上 福岡赤坂ビル3F 担当 清水節子
 三井住友海上火災保険株式会社
TEL 092-722-6475 
FAX 092-722-6841

三井住友からの

3通目の文書

H19/3/23

戻る

写真

テキスト

HOME