第1回

第2回

全体像

第3回

第4最終

特別送達

9月 

9月

10月

11月 

12月

1月

9/7 

/20録

/21

20/21

/4

/22

/7/23

不公正な書記官  口頭弁論 不審な会話 HOME 月/日

 悪質な妨害を続ける三井住友海上
幹部の逮捕・起訴を要求中。
立証中サイト(本HP)の
「第4回最終弁論の記録」
を削除・改ざんをした疑い。
「不正アクセス禁止法違反」容疑で福岡支店
の三井ビルを家宅捜査せよ!。

妨害やめない三住幹部の逮捕・起訴を要求する 立証HPの
第4回
最終弁論記録を削除した 不正アクセス禁止法違反↑上

不正アクセスによる妨害の報告
上の倒壊危機の状況を知った上での犯行で、        
             人命を無視した悪質な重大犯罪である。
大事な立証内容を見れなくする、       
       リンクはずしの改ざん行為を発見。
H28/ 9/30(土)

 

書記官

VS

被害者


刑事手続を要求します。

容疑者の身柄拘束
(逮捕・拘留)
差押の可能性も…

 ここは検察庁の監視のもと公正中立な裁判であるかを確認頂く為に特別掲載中です。 弁護士のウソと捏造に抗議して 訴状の却下を申立てて 不服を明確に示しています。危険防止の処置せずに人命を軽視する。

 
4弁護士たちは 代理の資格は無いと感じる。悪質な詐欺に加担し 社会正義に反する。 4弁護士に対して 「懲戒免職を請求します!」 弁護士に懲戒を請求し 裁判官に訴追請求している人間が意見を申立てない筈がない。

 
「書面未提出 出頭せず」と解釈して原告どおりの判定しないように釘を刺しておきます。

 物事には二者択一の白か黒かで判定できない 軽率に判断してはならないことがある。 これまでの流れを見て頂ければ 慎重に調べるべき事態に至っていることが誰でも判る。もし 裁判を強引に進めるならば これから何が起こってくるか想像できない筈がない。

 
裁判長は訴状を審査して 筋が通らない内容の不備があれば 相当な期間を定めて補正を命じなければならない。よく読めば 被害者の意見と要望の声に 誠意を持って答えてない。しっかりと聞いて対処していれば判る筈である。「補正命令」を何故出さないのか? 不思議である。補正しないなら 受理できないとして却下されるべきである。

 最終弁論の準備をしている最中に
別件で訴状を出して煩雑な対応をさせて 準備書面を出させなくする妨害が入った。そのことをここでは 掲載しなければならなくなった。 別件での別の書記官が登場する。このHPで反論の準備書面を作成している最中に起こってきた 悪質な妨害行為である。

 再び分厚い書類が送達されてきたが そのまま返却し 正式には受け取っていないので中身については 詳しく述べられないが 尋問の際に 大体の概略を把握したので そこから推理できる話を出来るだけ正確に記憶を辿りながら 彼らがしていることが一体何なのか調べてみよう。


編集中

あまりにもひどい加害者側のやりかたに
耐えかね
「告訴」することに決めた。

 

 

消去文字 ↓       住所   電話番号 
釘本春喜   生年月日 
           

 
 
 

 

 裁判所の手続き 不公正な口頭弁論の全てが納得いかない。裁判官に対し上申書を出した。 事件は同一処理すべきで @の事件の損害立証のあげ足取りでAの事件の妨害行為が発生。二重起訴の禁止の原則を破っている。

    消去文字↓ 藤田光代 裁判官   猿渡清成 書記官            
              
 光野哲治 裁判官    豊岡幸子 書記官              

 

 

調査員の違法な念書の強要が決裂した原因。
まず最初の事件の根本を調査すべき…
鏡建設
 明建鳴神 三井住友作村
 この3人の責任の調査を要求します。
          消去文字 ↓   鏡建設            明建 鳴神

      
藤田光代
裁判官     猿渡清成 書記官
 
       光野哲治 裁判官     豊岡幸子 書記官                

 

 旧HP http://homepage1.nifty.com/designb2/jiko.html   「事故のゆくえ」
新HP
 http://bun2.webcrow.jp/jiko.html      妨害を受け移転

 訴訟前の問題点の解決まで @Aの両事件の保留・停止の緊急措置を申立てます。 不払い問題を起こしている生保・損保に対して 責任の所在を明確にするように要求。
    消去文字 ↓
 
       
藤田光代裁判官     猿渡清成 書記官
 
 
        
光野哲治 裁判官     豊岡幸子 書記官
 

 
 

 

警  告

 全国各県の検察庁に「福岡地方裁判所」の緊急大捜査をして頂くよう「告訴状」を発信します。改心しないまま進めるなら 全国の検察庁「緊急措置命令」を請求するしか方法がありません。警告を全く聞こうとしない「分からず屋」の書記官裁判所職員達へ「最後の通告」を致します。

 

消去文字↓
 告訴状を受理すべき 危険状態を無視 放置する
裁判所の罪  

 

 

旧HP http://homepage1.nifty.com/designb2/jiko.html 「事故」 
旧HP
 http://homepage1.nifty.com/designb2/yukue.html 「ゆくえ」

新HP
 http://bun2.webcrow.jp/jiko.html  妨害を受け移転
新HP http://bun2.webcrow.jp/totunyujiko.html

消去文字 ↑ 

告訴状を受理して 直ちに捜査すべき 被疑者の罪名  
 最終弁論期日にもし間に合わなければ 全国の検察官が第2民事部3係に捜査が入ることになります。直ちに全ての「違法な訴訟」を却下しなければ猿渡書記官は二度と裁判所で仕事が出来なくなります。その前に 彼は不当訴訟 謀略裁判の共謀共同正犯の罪で 被告席に座ることになるであろう。
 

 
 裁判の進め方に問題があると感じる。原因が何かを検察庁に調べて頂く必要を感じます。抗議の意思として今後 裁判所の送達物は一切受け取りませんので もし違法なやり方で訴訟を勝手に進めて 原告側の有利に判定を出すならば 直ちに書記官と裁判官は捜査を受けます。これまでの書記官との会話内容・対応・言動は全て録音済みです。最後は提出させて頂きます。

 倒壊危険への対処の大事な質問に
回答しない 悪質な弁護士捏造した嘘八百の訴状であることを充分に知りつつ 猿渡書記官は中身の確認もせずに 受理した大きな責任がある。裁判官が判断したことですと 言い逃れをするので (裁判官に会わせて下さい)とお願いしても(会えません)という。

 
「応急処置しないと危ない」と何度も伝えているのに 裁判中にもし倒壊死の事故が起きても何の責任も取らずに放置するつもりなのか?。(被告席に座って貰いたい)と思うならば まず 万一倒壊した時の責任所在を明確に出すべきである。「提出している意見書に答えて下さい」と要求したが 質問に全く何も答えないのはおかしい。書記官が握り潰しているようだ。

 
公正中立に欠けた不審極まる裁判の進め方には疑問を感じる。窮地に追い込まれていくので 全国の特捜に大捜査を依頼するしかないようだ。

書記官の不正 

 検察庁 特捜部 監視中

 当方はどのような判定が下されようと 筋道を通して貰うまで 最後まで被告席には座れません。 事情は検察の方にも十分に説明しています。筋道を通さずに人を裁く資格はありません。 裁判官の責任なのか書記官の責任なのかよく判らないので 責任の所在を徹底的に捜査して貰います。

 

 上申書@ABの受け入れによる統合・同一処理希望申立ての 受理の返答待ち…
 
答弁書の答えもしないまま 「4回目の最終弁論で打切る予定です」と猿渡書記官が脅かしてきた。何というデタラメな裁判なのか けしからん!裁判所が こんなふざけたことをやっていいと思っているのだろうか!無実の者をここまで追い詰めるとはあまりにもひどすぎる。私達は激しく怒った。 もう最後の荒療治しかないようだ。

 期日 平成20年1月23日午前10:30 第4回口頭弁論期日 出頭場所:福岡地方裁判所 第108号法廷本館1階 
弁護士と癒着する猿渡書記官の捜査を要求致します。

 被害者の意見書が裁判官に全く伝わっていない可能性がある。受理した文書を裁判官に伝える義務があるのに 提出した二枚の意見書すら読み上げない。書記官が握りつぶしている可能性が見えてきた。被告席に座って頂くべき人間は 裁判所の職員でありながら公正中立の姿勢を取らずに不審な行動をする失格者である。

 質問に答えるべき義務を果たさずに 出頭しなかったという理由で もしも打切るならば 直ちに不審な書記官のいる第2民事部3係を徹底的に捜査して頂きます。
    
 
〒810-8653
  福岡市中央区城内1番1号
  福岡地方裁判所
第2民事部3係
       
裁判所書記官  猿渡 清成  
 
電話 092-781-3141 内線 3424 FAX 092-714-7942

 裁判所に提出予定のCDは 妨害の為に削除してしまった個人名を復元する途中のもので 時間が無くて最終弁論には間に合わない。

だが裁判長におかしな対応があれば 判定が下される前に消去した文字を
(TEXT文と手紙も)完全に復旧した上で 検察庁最高裁判所告訴状と完全版CDを提出致します。

この立証ページでは 個人名を一旦消した形蹟を残しておきます。準備書面の妨害行為に当たる不正な裁判手続を強行した明確な証拠をそのままにしておきます


書記官の不正

検察庁 特捜部 監視中

最終 口頭弁論期日

 
期日 平成20年1月23日 午前10:30に 裁判が迫っていた。
 出頭場所 福岡地方裁判所 第108号法廷 本館1階

〒810-8653                 
 福岡市中央区城内1番1号
   福岡地方裁判所
裁判所書記官

平成19年(ヨ) 第 380号 裁判所書記官 豊岡 幸子 殿へ
平成19年(ワ) 第2570号 裁判所書記官
 猿渡 清成 殿へ
 電話 092-781-3141  内線 3424  FAX 092-714-7942 

 

ネット上の違法操作行為を24時間態勢で監視
警視庁 “
サイバーパトロール”開始
  

不正アクセスの妨害行為を続けている容疑者に
直ちに改心して謝罪するように警告  
  HOME    

不正アクセスによる妨害の報告
 
上下の茶帯のライン「倒壊危機」の状況を知った上での
妨害行為は確信犯で、人命を無視した悪質な重大犯罪である。

大事な「立証内容」を見れなくする  
 「リンクはずし」の
改ざん行為を発見。
H28 /9/30(土)

  不正アクセスの妨害犯の容疑者に 「直ちに改心し謝罪せよ」と警告  HOME

不公正な書記官  口頭弁論 不審な会話 HOME 月/日

第1回

第2回

全体像

第3回

第4最終

特別送達

9月 

9月

10月

11月 

12月

1月

9/7 

/20録

/21

20/21

/4

/22

/7/23