第1回

第2回

全体像

第3回

第4最終

特別送達

9月 

9月

10月

11月 

12月弁

1月

9/7 

/20録

/21

20/21

/4

/22

/7/23

不公正な書記官 口頭弁論 不審な会話  HOME    月/日

妨害やめない三住幹部の逮捕・起訴を要求する 立証HPの
第4回
最終弁論記録を削除した 不正アクセス禁止法違反。

悪質な妨害を続ける三井住友海上
幹部の逮捕・起訴を要求中。
立証中サイト(本HP)の
「第4回最終弁論の記録」を削除
・改ざんをした疑い。
「不正アクセス禁止法違反」容疑で
福岡支店の三井ビルを家宅捜査せよ!。

不正アクセスによる妨害の報告
上の倒壊危機の状況を知った上での犯行で、
 人命を無視した悪質な重大犯罪である。
大事な立証内容を見れなくする、
   リンクはずしの改ざん行為を発見。
H28/ 9/30(土)
  

 

書記官

VS

被害者
 
 ここは「検察庁」の監視のもと公正中立な裁判であるかを確認頂く為に特別掲載中です。弁護士のウソと捏造に抗議して訴状の却下を申立てて 2回目の懲戒を請求しています。(危険防止の処置せずに人命を軽視する4弁護士たちは 代理の資格などは全く無い)と感じる。

 悪質なサギ行為に加担し 社会正義に反する4
弁護士に対して 「懲戒免職」を請求します!。弁護士に懲戒を請求し 裁判官に訴追請求している人間が意見を申立てない筈がない。「書面未提出 出頭せず」と解釈して原告どおりの判定しないように釘を刺しておきます。

 

違法行為、妨害行為を続けるので
 
緊急!懲戒免職の請求書を出した。2回目

削除文字↓(高橋 隆 熊田佳弘 首藤裕好 赤木高旨
  登録番号    19936   25792    30732     35779 

 
 高橋法律事務所内 電話 092-713-8336

   

懲戒免職の請求書 2回目

 

 

4人の弁護士は連名で抗議書を送達してくるので
全員に抗議する。

     削除文字↓   損保 三井住友海上
 
たかはし たかし  くまた よしひろ  しゅとう ひろよし  たかき たかし
高橋 隆   熊田佳弘  首藤裕好  赤木高旨
登録番号  19936        25792       30732        35779      

                  
 高橋法律事務所内 

                
電話 092-713-8336

 

  
 

 

旧HP http://homepage1.nifty.com/designb2/jiko.html 「事故のゆくえ」  
新HP http://bun2.webcrow.jp/jiko.html     妨害を受け移転
  

 

 この悪徳弁護士4人共 緊急に懲戒免職免させなければ 放置すると彼らの悪行は更に加速する。別件で更なる捏造の訴状を受理されると 煩雑な手続きに追い込まれ 準備書面が整わなくなる恐れがある。本件で最終弁論を控えている今 何故こんな卑劣なやり方をするのか…。 

 今は大事な時であるから 別件の訴状は受取拒否するしかない状態である。この準備書面の妨害行為は違法性があるので捜査して貰わねばならない。
二重起訴の禁止の原則が守られていない。二重訴訟を強いられては 被告は迷惑千万で不公正である。何故 裁判官は 交渉決裂の原因となった違法な念書を隠蔽した犯人が誰か?を 詐欺容疑としてまっ先に調べないのか?

 調査会社と
ヤメ判弁護士を利用して 賠償責任を放棄する損保の悪どい意図が読めない筈が無い筈なのに不思議だ。 損保の不払い問題は 世を乱す深刻な社会問題となっていることを知っての上の対応なのか? ならば司法は すでに癒着・結託関係で 正しい裁きが出来ない堕落した機関と言わざるを得ない。 そんなデタラメでインチキな裁判手続しか進めない書記官・裁判官らに 大事な判断を委ねることは不可能である。

 

12月25日 
 
〒810-8653 
福岡市中央区城内1番1号
福岡地方裁判所
第4民事部4係
電話092-781-3141
内線
3524 FAX…

福岡県弁護士会
懲戒請求書受付
 二人の裁判官へ上申書を提出しようと考えた。保全室に行き 光野裁判官への上申書を提出した

 豊岡書記官が受け取ったが もう一冊は 光野裁判官から
藤田裁判官へ渡すようにお願いしたが 別事件だからと言い通して冷たく拒否された。

 猿渡書記官が正しく渡していないように思えて 藤田裁判官には光野裁判官から渡して頂こうとしただけだが 頑なに拒否された。

 どうも裁判所の職員全体の様子がおかしい。いくらお願いしても対応しない保全室の対応も おかしな不公正なことばかりである。

 仕方なく弁護士会に緊急申立書を提出しにいった。

  

 倒壊の危険に対処するための大事な質問に全く回答しない悪質な弁護士が捏造した訴状である。猿渡書記官は中身の確認もせずに受理してしまった大きな責任がある。

 
(補強処置をしないと危険だ)と言っているのに 裁判中にもし倒壊死の事故が起きても何の責任も取らずに放置するつもりなのか?。(被告席に座って貰いたい)と思うならば まず (万一倒壊した時には 裁判所が全責任を持ちます)と所在を明確にすべきである。
 
 「提出している意見書を読み上げて下さい」と要求したが 質問に全く何も答えないのはおかしい。「書記官に昨日送った意見書を読み上げて下さい」と 傍聴席から何度も叫んだが (発言しないように!)と注意された。

 無実の被害者 耳の遠い90歳近くになる老母を呼び出して 難しい質問を浴びせて困らせている。公正中立な対応をするように求めたが 憮然とした態度で打切って 質問に返答しない。

 
口頭弁論は進展しないまま 何回も打ち切りを繰り返すだけである何という傲慢な法廷なのか!被害者の意見ぐらいはキチッと受けて 返事の回答をしてほしい。彼らは一体 何を確認したいのか?被告席に座らなくても意見書の質問に答えればいいと思うが…。

 

公正中立に欠けた不審極まる裁判手続の進め方に疑問を感じた
不当な訴訟。謀略裁判所の実態の捜査依頼するしか無い。

 書記官の不正

 検察庁 特捜部 監視中

第3回 口頭弁論期日

期日 平成19年 12月5日 午前10:45 に裁判が迫っていた。
口頭弁論期日 出頭場所 福岡地方裁判所 第108号 法廷 本館1階

 被害者「意見書」裁判官に伝わっていない可能性がある。受理した文書を裁判官に伝える義務がある筈なのに提出した二枚の意見書すら読み上げない。書記官が握りつぶしている可能性が見えてきた。
被告席に座って頂くべき人間は 裁判所の職員でありながら公正中立の姿勢を取らない言動の者だ。
 〒810-8653
  福岡市中央区城内1番1号
    福岡地方裁判所
第2民事部3係

   
書記官 猿渡 清成 殿へ
 電話 092-781-3141 内線 3424
 FAX092-714-7942

 

   

ネット上の違法操作行為を24時間態勢で監視
警視庁 “
サイバーパトロール”開始

不正アクセスによる妨害の報告
 
上下の茶帯のライン「倒壊危機」の状況を知った上での
妨害行為は確信犯で、人命を無視した悪質な重大犯罪である。

大事な「立証内容」を見れなくする  
 「リンクはずし」の
改ざん行為を発見。
H28 /9/30(土)

  不正アクセスの妨害犯の容疑者に
「直ちに改心し謝罪せよ」と警告 
 HOME

不公正な書記官 口頭弁論 不審な会話  HOME    月/日

第1回

第2回

全体像

第3回

第4最終

特別送達

9月 

9月

10月

11月 

12月弁

1月

9/7 

/20録

/21

20/21

/4

/22

/7/23