頭弁論

第1回

第2回

全体像

第3回

第4最終

特別送達

9月 

9月

10月弁

11月

12月

1月

9/7 

/20録

/21

20/21

/4

/22

/7 /23

不公正な書記官  不審な会話  HOME    月/日

 

悪質な妨害を続ける三井住友海上
幹部の逮捕・起訴を要求中。
立証中サイト(本HP)の
「第4回最終弁論記録」
を削除・改ざんをした疑い。
「不正アクセス禁止法違反」容疑で福岡支店
の三井ビルを家宅捜査せよ!。
 
 

妨害に加担する裁判職員の逮捕・起訴を要求する
 立証HP 第1〜4回
までの
弁論記録の掲載HPの文章を削除した
不正アクセス禁止法違反
 

 不正アクセスによる妨害
の報告
上の倒壊危機の状況を知った上での犯行で、    
      人命を無視した悪質な重大犯罪である。
大事な立証内容を見れなくする   
  リンクはすしの改ざん行為を発見。
H28/9/30(土)

 
 要求していた訴状却下の返答がないので 訴訟を受けて立つかまだ答えが出なかった。口頭弁論では 仕方なく傍聴席にて様子を見ることにした。
「被告席に座らないと出頭しなかったと見なす」と怒り出し こちらの意見書を読み上げもしないで 打ち切って閉廷してしまった。猿渡書記官準備書面を提出するようにと言うので 口頭弁論前日に「裁判官の方へお願い」を書記官にFAXした
 
 
   
 訴状の件で書記官が返答しますという約束を守らないので まだ正式には準備書面も出さないで あくまでも提出の前にという意見・主張・反論の申立の書類をFAXで送った。手続きとして受理しているのなら被告の主張はこの書面で明確に示している。概略が裁判官に伝わって質問に答えるべき筈であるが変だ。

 

 

 
 

 

 倒壊の恐れが発生 訴訟にするなら
まず責任問題を明確にするように求めた。

 

 削除文字↓   建設・明神の無責任 
損保・
・鏡氏  

 

 

 

裁判官は何故、「調査会社」「損保」
決裂原因となった
「違法な念書」をついて調べないのか?

 

 倒壊の危険に対処するための大事な質問に全く回答しない悪質な弁護士が捏造した訴状なのに 猿渡書記官は中身の確認もせずに受理した責任がある。
 倒壊死への危険が起きても放置している。被告席に座らせ訴訟を受けさせたいなら まずその万一の倒壊の責任の所在を明確に出すべきである。質問に全く何も答えないのはおかしい。
「次の口頭弁論までに必ず返事の文書を下さい」と要求した。原告の春喜氏は痴呆症で当事者・訴訟能力が無い筈だが何故か?。
 
 その後 何度も公正中立な対応をするように求めているが未だに明示しないで口頭弁論は進展しないまま打ち切りを繰り返すだけである。何というお粗末な法廷なのか!原告の意見ぐらいはキチッと受け止めて回答をしてほしい。一体何をしているのか?被告席に座らなくても意見書の質問に答えてもいいと思うが・・・。
 
 
公正中立に欠けたデタラメ極まる手続を進める裁判所に捜査に入って どんな動機と理由で そのようなことをするのか?検察庁に捜索に入ってサギ謀略共謀で捜査して頂くしか無いようだ…と思うようになっていく。

書記官の不正

 

 
検察庁 特捜部 監視中

第2回 口頭弁論

期日 平成19年10月26日 午前10:20 
出頭場所 福岡地方裁判所 第108号法廷 本館1階

 

 被害者の意見書が裁判官に伝わっていない可能性がある。
義務である筈の受理をしていない書記官が読み上げて貰おう
とせっかく二枚にまとめて提出した意見書を握りつぶしている
可能性が見えてきた。

〒810-8653  福岡市中央区城内1番1号 

福岡地方裁判所 第2民事部3係
  
裁判所 書記官 猿渡 清成 
  電話 092-781-3141 内線3424 FAX 092-714-7942 


 



 

 

ネット上の違法操作行為を24時間態勢で監視
警視庁 “
サイバーパトロール”開始

不正アクセスによる妨害の報告
 
上下の茶帯のライン「倒壊危機」の状況を知った上での
妨害行為は確信犯で、人命を無視した悪質な重大犯罪である。
 
大事な「立証内容」を見れなくする  
 「リンクはずし」の
改ざん行為を発見。
H28 /9/30(土)
 

 不正アクセスの妨害犯の容疑者に 「直ちに改心し謝罪せよ」と警告 HOME

不公正な書記官  不審な会話  HOME    月/日

 

頭弁論

第1回

第2回

全体像

第3回

第4最終

特別送達

9月 

9月

10月弁

11月

12月

1月

9/7 

/20録

/21

20/21

/4

/22

/7 /23