一連対応

見積拒否

久保田

VS

被害者

耐震依頼

一連対応

癒着結託

連携関係

不安と

恐怖と

苦悩

提訴進行

郵便局

調査拒否

  

受取拒否

抗議

困惑

耐震診断を渋る調査会社 耐震診断 不審な会話 HOME  戻る 

 

調査員

VS

被害者
   

平成19年は、事故後の調査不備の為に起こる倒壊
に備えて緊急措置を優先する対応
に追われる一年だった。この一連の対応の流れから、
不安 恐怖 苦悩を察して頂きたい。

派出所 避難 市役所 耐震 弁護士会 綱紀委
 福島会長  猿渡書記 送達 耐震 弁護士

a b c d e f g h j k l

 緊急事態を必死に知らせているのに彼らは無責
任な最悪のひどい対応をし続けていることが判る 



 

 
a a b c d e f g h i j k l m n
o

  診断のお願い 何故か事故後の診断
を渋り保留
 簡略
k 耐震診断 久保田氏の返事 裁判所との
何かの指令を受けた無責任な対応の会話

 「はい」「色々、資料を見せて貰ったんですけども」「ええ」「この場合みたいなです「ええ」「耐震診断、これは、基本的にやってないんですよ」「はあ?」「これは腐食とかです「ええ」「色んな材料の、そういった結果を考慮したのは、お宅が記載してある内容の結果をを考慮してやってます、あと、壁です「ええ」

 「いわゆる耐震設計と言いまして、筋交いとか、しっかりした壁がバランスよく、配置してあるか、それによって、地震に耐える体力がどの位あるか、そこら辺を診断させて頂く内容になっていくんです」「はあ」「それで今、お宅のほうが、まあ、どのように考えてあるか、現状の問題点が記載してある内容をです「ええ」「考慮して、で、耐震診断するそういう制度ではないんですよ」

 「ああ?あの、紹介を受けたんですけど、あの、市役所の住宅局のほうから、です「はい、はい、はい」「申し上げた内容については、耐震診断は行います。はあはあ、しかし、お客様が考えてある、しかし考慮して診断するものではない。ということは、お互い、しっかりハッキリ申し上げておかないと」「はあ」「その、お宅様が、考えてある、トラブルが出てくる可能性。ハッキリ電話で申し上げておきます」

 「その実際に地震が来たら危ない状態は予測出切るんですけど「結局、そういうことであれば、あの、いわゆる、要因がありますよ。という私共の診断が、事故によるものでは、考慮するものではない。診断できないですが、補強方法の検討、あくまでも私のほうでは、耐震診断のアドバイスをするだけです」

 「えっと、その、実際に危険がです、あのう、近づいているなあという感じがするんですよ、色んな音がしたりです、倒壊を予測する、不気味な音が、頻繁にするからです「だから、そこら辺が、実際、どういうことがが生じている、それで何らかの対策を検討する。ええ、そういうことになったらば、それはまたどこか、また、実際に工事する、依頼先をお宅が探して、そっちのほうに、(情報の検討のほうは、お宅のほうでやって頂かんといけない)ということになるんです」「えーと、それ?」「あくまでも私どものほうではアドバイスをするという制度だけなんです」

 「えっと、その一番、気になるのはです「はい」「何かあったら、耐震が一番可能性があるだろうと思うんですよ」「ええ」「色々重なっているからです、耐震の、地震が発生したら、あっけなく倒壊するだろうと。いう予測があるからです「ええ、はい」「診断だけして貰えばいいんですけど「あのう、それは診断をする場合にです、ええ、私どものほうが診断で、考慮するのが、自然の劣化とかだけです。そういうものを

 「でも、パンフレットを見たら、書いてました。車の突入とか」「それは書いてない筈ですが」「車の突入 あれはどこのパンフレットだったか、うん、入ってましたよ、国土交通省の、パンフレットに認可していると書いてあったからです「あのう、お宅が仰った車の被害とか」「いや、パンフレットに、点数をつけるのがあるんですよ。そこにです、車の突入ということで書いてあったからです「はい、どこに?」

 それはです、国土交通省のなんてか、住宅 なんてかというのです。それを元にです、資料を、それをお宅に送って貰ったんですよ、資料で、それを元に 資料を、得点をつけて出しているんですよ「ああ、はあはあ」「はい」「自己診断ですか」「ええ、そうです。自己診断です、はい」「確か、あのう、ええ、承知してないですが、要因によってではなくて、それは少なくても私どものほうで、私はアドバイスということで、人工的な要因によって、それは、あのう、少なくても、私のほうのアドバイスということで、まあ、診断させて頂く中には、調査の中には、入っていないんです」「えー?」

 「まあ、補強とか、どういうところが弱いということが出れば、どうやって、補強するのか、じゃあ、補強する時、お金がかかるのか、そういう場合については

 テープ AからBへ 裏面へ



 B面 

 「であれば、あのう(お任せ下さい)という感じに、流れがなってたですから「うーん」「ええ」「いや、私共では、あのう、耐震診断アドバイザーについては無いんです「うーん」「結局、診断については」「ああ、はあはあ」「診断をお受けになるか、いわゆる、具体的に、どういう、じゃあ」「ああ」「という話は、次の段階で当然、ある筈で、ですから、ついては、別途、お宅様のほうで、具体的な、見積等に、次の段階に」「ああ、はあはあ、そしたらです、あのう、診断だけでも、いいんですよ、あの。具体的な施工のほうはです、こちらで、あのう、お願いすることになりますけど

 「はい、で、まあ、診断するにしても、先ほど申し上げたような」「ええ」「あの、事故とか、そういう風な、要因によるものは、調査は入ってないということなんです」「え、診断が、がですか?」「はい、診断自体がです「はあー、そしたら、どこか有りますかしてくれるところは?

 「えーとです「ええ」「それについてはです「ええ」「えー…内容的には…」「はい」「…よりも、実際は、見積と施工と一緒に抱き合わせで、やってくれるところが一番いいと思うんですけど「えー「はい」「いや、施工のほうはです、どこに頼んでもいいんですけど「はい」「あの、キチンと「心当たりがどこか、ありますか?」「ああ、一応、うちの姉さんが大工の方に勤めてますから「ああ」「それはいいんですけど、その「はい、そちらのほうのつてで、です

 「いや、その、普通の大工では駄目なんですよ、こういう複雑な状況で「はい」「家の本当に、倒壊する、度合いとかは、判らんでしょうから「はい」「どんなプロでも、色んな条件が複雑に絡んでるから「はいはい」「一番いいのは、あの、地震が来た時に「ええ」「倒れるか、倒れないかっていう「はい」「そういう基準で、審査して貰ったほうが一番いいんですよ「ああ」「はい」「そうなったらです、」「ええ」「あのう、例えば民間の設計者か工務店のほうが、一番、あのう、適任と思うですよ」

 「いや、それが「ああ」「民間では、あの、(個人的に思う)ということで、あの、主観が入るからです、」「そうじゃなくて、その道のプロの「はいはい」「ええ、地震で倒壊するか、しないかという、その単純な、その診断だけでいいんですよ」「ああ」「はい」

 「それか、先ほど、何回も、申し上げた通り」「はい」「自然の劣化を考慮したものの判断ということに、私の方のところがなってくるから」「ああ、だからです、これは大事なことだから、あの、一番、どこでもいいんだけども、市役所とか、そういうところで、ちゃんと責任をもって、診断してくれるっという、ところじゃないと」「はい」(それは主観で、そんなことはない)と言われたら「ええ」「ええ、どうにもならないんですよ「はいはいはい」

 「はい」「あのう、要は、お宅は、一番、あのう、考慮してあるのは、そういう診断とかを、中立的に」「はい」「やってくれる(公的機関が無いかどうか?)、ということです、要は」「ええ」「はい」「ええ、そうです「ていうことですよ、要は、」「そうです」「そしたら、自然劣化もそうですが、そういう車の事故の発生に伴うを考慮したところでやれないかということですよ「ええ」「の、による要因を排除する診断というのは、ああ、公的なところの機関は、今、どこも無いんです「ああ」

 「あくまでも、これは民事的な話のものになってくるので」「ああ、はあはあ」「そこら辺を、お宅様のほうが、あー、どちらかの、工務店なり、工務店のほうに、いわゆる民間の業者に、ご依頼をされて、そこでえー、診断等をお受けになるという、今、そういうことしか、無いんです「ほー」「診断するところは、今のところは無いんです

 「無いんですかー」「はい」「それは一番、地震が「ええ」「地震対策をしているところが一番判る筈と思うんですけど「それは当然、あのう、地震等の診断というのはやりますけども」「ええ」「あの、まあ、要因がいくつか、こう、ございます。その要因を排除するということで、そのかたち、場合の、いわゆる今回の民事的なことが含まれる話で、…ですよ。すれば、いわゆる公的機関の診断というのは、あの、基本的には、どこでもやってないということなんですよ」「はあ、はあー」

 「うーんと、地震の診断では、こちらのほうも、震度が3とか、4とかぐらいのが、きているんです。それも含めてです、あのう、ところに、これは地震も、亀裂が入っているところに、(更に、亀裂が入っているから、そこから、崩壊するんじゃないか)、というのがあるんですよ」「判ります」

 「柱を、あの、送りましたよ「はいはい」「あの、現況の「ええ」「あれがです「はい」「一番、まあ、素人が見ても、柱の無いほうにぶつかってきているんですよ「はいはい」「玄関の「ええ」「右の方は押入れとかです「ええ」「うん、床の間とかあってです「ええ」「あのう、二重に柱が並んでいるからです「はいはい」「あのう、大丈夫だろうと思うんだけど」「はい」「一番弱いところに「ええ」「車が突入しているから、何か危ないという感じがするんですよ

 「ああ、あのう」「ええ」「一年間近く」「ええ」「放置ということが書いてあるんですが」「ええ」「そこはお宅のほうと、まあ相手方との」「ええ」「話会いの中で、えー、まあ、あの、緊急避難的に、あのう、引越しするとか、そういう話は無かったんですか?」

 「ああ、そうです、いや、だから、こちらはです、あのう(危ない状況だから)ということで説明しているんだけど「ええ、で、向こうはどんな風に?」「うん、だから、そういう、まあ、今の、何か、保証制度っていうのは「ええ」「その、何か勝手に決めているんですよ。そのう、損害があった、ところの、(柱の二本分しか、あのう、補償しない)とかです、何か、そういう風な、勝手な取り決め方で「はい」「家全体を見ないような、偏った診断しかしないんですよ

 「その調査会社というのは保険会社の」「保険会社は派遣でしょう「ああー」「ん、え一級建築士とは言っているんですけど「はあ」「話をすると全く、家の基礎的な知識が無いんですよ「はあー」「ああ、はい、だから、判らないんですよ。実際のところは(大丈夫ですか?)と聞いても、具体的な話になると「はい」「よく判らない状態になって「じゃあ、そのう、結局、修理しないままになっているんですか」

 「そうです、そのままになっているんです。一応、修理するということで(歪んだ柱を叩いたら直ります)。と初めは言っていたんですけど「はあ」「継ぎ柱のことで、詳しく話をしているうちに、大工さんは、引かれたんです「ああ」「うちは引かせてもらいます。(こんな危ないものは出来ません)ということでです、引かれたんです」「はあ」「はい」

 「結局、保険会社の改修するだけの、見積の提示はお宅のは、あったんですか」「見積はあったんですけど「ああ、あった訳ですか」「ですけど、実際の被害は見てないから、玄関の」「ええ」「ところしか見てないから、実際に、柱の、剥がした所の、歪んだところを「ええ」「あのう、見てないんですよ、見ようともしない状態ですから」「肝心なとこは、見らんで、よう、損害の状態を査定が出してるんです?」

 「そうです、だから、はやばやと、持って来ているんですよ」「ああ」「あのう、調査員がです「はい」「大工さんが、ゲタ箱とか色々あるでしょ」「はい」(壁をはがさないと判らん)と言っていたんですけど、大工さんが」「ああ」「だけど、はやばやと保険屋の決まり事で、調査会社が見積を持ってきたもんだから「はい」「大工さんは、もう言い出せなくなったんでしょう(後から、後から出てきましたよ)と。(亀裂が入ってましたよ)という」「それにしては」「ええ」 ※ 重要

 「何らかの対策をしないといけない。で、そのう、お宅としては、今川さんは、まあ、例えばですよ」「ええ」「裁判の調停とか」「ええ」「お宅は裁判所とか考えてあるんでしょ?」「えー」「地検とか」「ああ、いや、裁判とか、うちは、ほとんど、そういうのは、あんまりしたく無いんですよ「ああ」「見れば判ることだから、保険屋が、ちゃんと、(キチンとした調査員を、あの、派遣して、あの、見てくれたら判ることだ)と言っているんですよ。」「だけど」

 「それにも応じないんですか?」「応じないです「何で応じないんでしょう?」「やっぱり、何か、ああ、やっぱり、あのう、そういう、派遣会社は、保険屋の、あのう、不払いの問題とかあるでしょ」「ああ」「意向を受けてです(なるべく損害があっても見ないような対応しなさい)という指示を受けているようなところがあるんです「それじゃ、お宅は納得出来ないですよ

 「ハハ、そうです、だから、(危険があるから、人命がかかっているから、ちゃんと見て下さいよ)と言っているけど、見ないから「ああ」「こちらは、被害者のほうが、損害立証の責任があると事故で危ない状態になったということを認めようとしない」

 「ああ、向こうの方は、(どういう風な証明を持ってくれば、認めましょう)とか、いう話はしているんでしょうか?」「いや、だから、まあ、そのう、証明というかです「はい」「あの、事故で、あのう、何かそういう、倒れるような、危ないことになったということを認めたくないから、(元々、家が古いから)ということで、フフ、何か(元々、危なかったんじゃないか)と、「ああ」「そういう風な感じで、その(事故で、そういう倒壊の危険性が加速した)ということを、あのう、認めないようとしないんです「ああ」

 「(元々、そちらが、そういう、あのう、家を、その、継ぎ柱なんかをして、危険な状態だったんじゃないか)と、言ってるからです、総合的に見ないと、これはもう、素人が見ても判らんから、やっぱり、一番いいのは、地震が来た時に倒壊するか、倒れないか、うん、それを、(事故の前の状態で、ああ、比較して、どうなのか?)ということをを知りたいということなんです「ああ」「はい、ただそれだけなんですよ」「ああ、そうなると、いやゆる、相手方の意向は、どういう風なかたちで、えー進めたらいいかというと、まず、その、相手が、こう、要求する書面というか、書類は、内容がどういうものかというのは、は、ずっと今、話し合っている訳なんですか?中断して…」

 「だから、もう、えーと、大体、ご存知だとは思うんですけど、あのう、保険屋の対応というのがです「ええ」「やっぱり、不払い問題で、あの、社会問題になっているようなです「はあ」「そういう要因をもう見ました「ああ」「話している内に「はい」「とにかくムキになっているんです「はあ」「いかに払わないようにするか、です、だから、そういうことでその実態を見ました。話しているうちに、そういうことで、(損害を立証しなさい)ということで、それが出来るかどうかで、もう、決まるようです「ああ」

 「逆に、向こうにですよ。」「ええ」(どんな書面を出したらいいですか?)というのか、聞いてみたらいいじゃないでしょうか?」「書面です、はあ、はあはあ」「お宅が思ってあるものとです「ええ」「相手がたが、向こうがどういう書面を求めているのか、書類っていうのが、かみ合ってないみたいですよ「ああ」「ですから、そのものズバリ聞いてみたらどうですか「はあはあはあ」「どういう書類をです「ええ」「出したらいいですか?って、」「はあはあ」「お宅としたら、(だろう、だろう)と言われて、(これは認めてくれるかなあ)という話でしょ」「聞いてですよ」「だからです、聞いてです、それはどういう書類をですよ。それが、言わないと、先に進まない」

 「いや、それはですよ。裁判、相手の弁護士の話がです「はい」「実際に、質問に対して答えない弁護士で」「はあ」「代理人の役割を果たしてないんですよ」「だから、大事な話は、全部、あのう、何か誤魔化すんですよ。話をそらして」「口頭で話してあるんですか?」「いや、文書でやっているんです」「ああ文書で、はいはい」「答えないから、文章でやってるんですよ、残るように」「はい」「だけど、肝心な質問に答えない」「答えないということは、そういう弁護士の代理の資格は果たしてないです「果たしてないです

「そういう弁護士は、代理の仕事をしてないから(もういいです)と、あのう、(直接、加害者と話しますから)(いいですよ)言っているんです」「はい」「」「」と話しても、あれでしょ「だから、その保険屋の意向が、かかってると弁護士だけじゃなくて、本人も加害者も、あのう、話をしないように、言われているんでしょう「ああ」「弁護士に任していますから、ということで「ああ」「なすりつけあって、逃げているんですよ。だけど、弁護士に任してあるあるからと、なすりつけ合いで、(知りません)と言って、逃げているんですよ。最終的には、そういう、何と言うんですか(債務が無いのに、請求されている)と、いう風なことを言っているもんだから」「ああ」

 「あの(債務はありますよ)と」「ああ」実際に、危険が迫っている)から「じゃあ、お宅が何で、最初に」「向こうの加害者のほうの知り合いの大工に頼んでいるんですよ「ああ」「こちらが、適当な、業者を知らなかったからです「ええ」「向こうは最初に見積もして、打ち合わせまでして、施工に入る直前まで、打ち合わせしたんですけど「はあ」「途中で、引かれたんです」

 「だったらです「ええ」「まあ、弁護士のほうに、という話になるか、判らんけども、弁護士を通して、(ちゃんと期限を切ってですよ」「ええ」どういう書類が必要なのか、答えて下さい)と聞いたらどうですか?」「そうです「具体的に(だろう、だろう)という話では話が進まんし」「ええ」「ついてはどういう書類を提出したら、認めて貰えばいいですか、必要なのかお伺いして」「ああ、そうです、はあはあ」具体的に、どうい処理が必要か」 

 

 編集中 耐震診断のことで長々と会話している。 大事な倒壊の危険性を話している

 「聞かないと、時間ばかりかかって、どうしようもないです」「そうです「はい」「それを答えてくれたらいいんですけど「答えるようにせんといかんとです」「ああ、答えないから意味が無いなと思ってです「いやいや、それが無いから進まないんですよ」「だから、僕も聞いたんですよ、色々、だけど、一向に」「書面でですよ。キチンと聞いて、答えを貰う、で次の段階で」「ええ」「あのう、まあ、相手も、裁判に、相手もに進める、次の段階に進めるしかしょうがないでしょ」「ええ、そうです「でしょ」「ええ」「だから第一番として、こう、こう、聞かないと、どういう書類が必要か?いつまでに」

 「いや、だからです、はい、そうです、一応、ちゃんと、そういう風な、まともに話が出来る相手であればいいんですけど「いや、それはそれをしないと、進まんでしょ」「進まないのは判るんですけど「ええ」「あのう、いくら質問しても、都合の悪いことは、一切答えないんですよ」いや」「一方的な」「それを、期限を切るんですよ」「ああ、はあはあ」「期限を切って、対応しないなら、もう、次の段階に進む以外には無いんですよ」

 「次の段階は何ですか?」「まあ、それは、まあ、民亊訴訟の問題でしょうから、私共の口では、どうのこうのは言えないけども、それも、その、お宅を擁護してくれる弁護士さんとかです「ええ」「に相談する。私共のほうでも、無料の相談もやっているから」「はあはあ」「そちらのほうに、どうしたらいいかとか相談」「はい」「だから、まず、それをやられてですよ」「ええ」「埒が明かないなら、私どもも、各市町村でもやってますけど」「ええ」弁護士さんに相談されたらいいです。無料相談センターで、(次の手はどんな手を打ったらいいでしょうか?)とか、テキパキとやらないとです、いつまで経っても、ズルズルですよ。これは」

 「あ、そういうところを、ご存知ですか?」「まず、それを、あのう、やられてです、どういう書類が必要ですかと聞かれたらどうですか?」「ええ」「それでも、埒が明かなければ、あのう、建築住宅センターでも」「ほう」「各、市役所でも、住宅相談をやってると思うけど」「はあはあ」「います。そちらのほうに、弁護士センターとか、やってると思うけど、お宅は二丈のほうやったでしたよ「ええ、はい」「役場でも詳しい内容は、大概の処はやってるでしょう」「ああ」「そこで、あのう、ちゃんとした方針をです「ええ」「決めて、こういったほうが、効率的で動き易いということになるでしょう。お宅のほうは今、一人で、色々と考えて動いてあるんでしょ」「そうです「それじゃ、ちょっと、駄目ですよ。やっぱり、あのう、応援してくれる、ま弁護士の人に色々と相談しながらやらないと」

 「いや、その弁護士に相談するのも、考えてはいるんだけど、」「ええ」(裁判の前に、解決出来る問題じゃないかと思うんですよ「いや、それは、だから、今まで、お宅がやってきて、駄目だったんでしょ?」ええ、そうです「とにかく、第一段階として、私がさっき言った(何が必要なんですか?)」「はあはあ」「と聞きださないと、動きようが無いですから、恐らく、うーん(それじゃ駄目ですよ)と言われるのが落ちかも判らんですよ」

 「一応です、あの、こちらの(被害者の方で、損害立証の責任がある)と」「はいはい」「言っていますから、あの」「ああ」「どこかの、業者に頼んで「はい」「えー、まあ、診断して、結果を出してもいいんですけど。見積」「あのう」「だけど、それも、(相手が納得するような、診断が出来る業者である必要がある)と思ってです「それは、聞いたらどうですか」「いや」「どういうな、あのう証明をしたら、認めてくれるか、聞いたら」「ああ、あ、なるほど」

 「それが向こうの都合のいい業者を、紹介するような感じになる、可能性にならないですか「それは、プロと名がついた以上、それは、無いでしょう」「はあいや」「それは無いでしょう」「だけど、相手にゲタを預けると、もう、大体が、そもそもが、そのう、向こうの業者に頼んだ結果、こういうことになっているからです、信じられないですよ、相手の、知る

 「うん、その業者がですよ」「ええ」「その信用できるところかどうかというのは、お宅サイドのほうで、決定したらいいですよ」「はあはあ、ああ」「向こうが一方的に言うのじゃなくて、色々、こう、あるからです「ええ」「そこを調べて、(それならば、まあ、いいかなあ)という線が出れば、ああ、まあ、一つじゃ駄目ですよ。2,3社へ、こう、色々話を聞いてですよ」「ええ」「紹介して当たらんと駄目ですよ」「はあはあ」2,3社聞いて、色んな話を聞いてですよ。まあ、それで一応、調べましょうと。で、その結果、信頼おけるところであれば、作業をやりましょうと」「そうです」「いう話になる」「だから、実際フフ」

 「少なくても、その、そういう動きをしないと、もう、いつまで経っても先に進まないからです「うーん」「ええ」「一番いいのは、もう、そういう公的な機関に」「いや」「診て貰えば、一番、いいんですよ。判るんです、ハッキリ」「今の段階では、その公的な、そういうところは、今のところ無いんです」「ああ、その、だからです事故がどうのこうのじゃなくて、総合的(こういう状況であれば危ないですよ)というのが出ればいいんですよ」「そこら辺が、要因が一つ加わってくると、中々」「うーん」「調査というのは出来ないんですよ」

「だから、一番、慣れてない業者では駄目なんですよ、ただ建てるだけの業者じゃあ、実際に。そういう、色んな「うん」「地震で傾いたところを見られた業者の方が一番いいんですよ」「はい」「だから、そういう地震対策」「うーん」「地震の耐震の診断をするアドバイザーが見るのが、一番、的確だと思うんですよ

 「まあ、それはお宅がお思いになるだけで、相手がどう思うかは判らないです」「ええ」「だから、それを聞いてみたらどうですか?」「ああ、そうです判りました。一応聞いて見ましょうか「ええ、それは、あの、聞いてみるだけの価値はあります」「はい、一応、そうですー、こちらとしては、思いついて、ようやくです「はい」「まあ(光が差したかなあ)と思ってです、フフフ希望を持って「ああ」「期待していたんですけど

 「ええ、それは、判りますけども「え?」「えー、まあ、何回も申しあげたかも知れんけど、事故の要因の調査等というのは、あのう正確に、出来ないということもありまして、診断を考慮して、やるような調査ではございませんので、(それは申し上げておかないといけない)と思って電話したんです」「ただ、もう、その」「で、(じゃあ、どういうとこでやったらいいですか?)ということで、問合せをされたら、いかがですか?」「ええ、そうです、うーん、」

 「いや、本当に無いんですか?そういう風なとこは「いや、無いんですよ。これはもう、原則、民亊的な、話になると、中々、公的なところで、診断するというようなところは、あのう、無いんですよ、民事の話になるので」  時計の音  「ほう、だからですよ、事故のことは除いて」「そ、そこは」「事故が無かった場合の「それが簡単にはいかないんですよ。そこが」「そうですか?、事故が無い場合に、どうなのか?ということで、診断して貰ったらいいんですよ」「はい」「その時点で終わって」「ああ」「事故はまた、事故で他のところに、お願いしますから」「まあ、出来ればです「ええ」「先に、私が申し上げたとおりにやって頂いてですよ」「はあはあ」「で、その後に、私も、逃げも隠れもしませんから、」「はい、フフ」「また連絡して頂ければ、どんなもんですか?」 

 「そうです、なんか、いやに、もう、これは不気味な音が、(バチバチ、パチパチ)「いや、そ、そう」「そういう、音がするんですよ」「はい、それは急がんといかんですよ」「ええ、だから(これは悠長に構えている暇は無いんじゃあないか?)と思って「はい」「とにかく(地震が来たら危ない)という状況だということが、ハッキリ判るんです、はい」「あのう、まあ、確かに、ですから、いや、その(どういうところで証明したらいいんですか?)というのを、まず聞いてみらんですか?」「ああ」

「 ああ、そうです、とりあえず、もう、弁護士とは、もう、諦めて、絶縁状態になってますけど(こういう風な、文章の、あの、虚しいやりとりをするんであれば「ええ」受取を拒否しますよ)という風な、状況になっているんですよ「ああ」「ええ、だからキチンと、」「しかし、それは、あの権利があるし」「そうです「向こうは答える義務がある」「義務はあるんだけど、しないからです、だから、もう既に」「それはおかしい」「フフ、おかしいんですよ「おかしいです、聞いてもおかしい」

 「だから、本当に(もう少し、まともな、代理人らしい、対応をしてくれるのかなあ?)と思って期待してたんですけど「ええ」「これは、もう、何か(弁護士の仕事という、意味が違うんだなあ)、というのに、気がついたんですよ、もう」「へー」「はい、もう、ええ、はい、弁護人の為に、嘘もつくような、フフ」「ええ」そういうのが仕事みたいな感じですよ「はあ」「うん(勝つ為には何でもしますよ)という「ああ」「かなり、フフ」「ああ、そうですか」「うーん」「まあ、いずれにしてもです、やってみられてです、また電話、あの連絡されたら、どうでしょうか?」「はあ、あのう、えーと、じゃあ、来て貰えないんです?」「あのう、とりあえず、ちょっと、保留して、そこら辺をです、あの」「はあ」「してみられた後に、連絡をして頂ければ「はあはあ」「その結果でです

 「いや、もう大体、予測出来るんですよ、弁護士に電話したんですけど、もう、」「やってみらんと」「もう全く」「はい」「うん、だから、もう、そっけない態度で、もう、全然、答えようとしないから」「じゃあ、あ」文書も駄目です電話も駄目、(じゃあ、どうしたらいいんだ?)ということでです、フフ、もう「それは、文書しか無いですもん「うん」「文書でやるということしか、ないですよ「そうです「ええ」「ま、これは、あのう、保険屋の意向を受けて、弁護士も動いているようなので、その弁護士が勝手に、その中立な立場で、何か動いていく。ということは考えられないような状況です「はあ、そうです

 「もう、ほとんど、あのう、加害者が有利になるようなことしか、考えてないんですよ「ああ、まあ、うん、そういうことなんでしょう「ええ、だから、こちらが普通の人間が」「ええ」「あのう、弁護士、相手の弁護士と、あの、立ち向かおうとしてもちょっと、無謀な感じに思えてきました「しかし、あのう、そういう、状況で、こういうな緊迫した状況であれば、向こうが対応しないと、やっぱ、向こうが大変なことになるんですけど

 「だから、今回、お宅のほうに、お願いしたのも、(本当に危ないから、お願いしてしているんですよ)ということで、」「はい」「あのう、示す材料には、なっているんですけど「ああ、はあはあ」「(何の根拠も無く、請求している訳ではない。と) 」「ああ、はい」だから、こうして間取りも、お願いしているんだ。ということでで、です、」「ああ、はいはい」「出そうとしているんですよ」「それは判りました。私共も、拒否するつもりはございません。無いですけども、ちょっと、保留した頂いた上で、(ちょっと、その前に、やることがないでしょうか?)ということで、その間、様子をみてからと思って、、保留しています。一時保留して頂いて」「はあはあはあ」「それは、ご理解頂ければ」「そうです「はい、いつでも電話して頂ければですよ、ええそこら辺の進行状況を聞きながら、話して頂ければ」 ※● ほとんど拒否に近い

 「そうです、えっと、お宅は?お名前は?」「名前は久保田と申します」「あ、えーと、久保田さんです「はい」「えっと、あれですか?、その(話の流れでは、もう、調査して貰えるような、ことに「えー、その対応は、さっき、私が申し上げたとおり「はい」「お宅が言われたような」「はあはあ」「色々お聞きしながら」「はい」「やっていこうと思いますが」「ああ、はあはあ」

 「えーと、じゃあ、HPとか、見られましたんです?見て貰えたんです?」「はい、私は」「写真とかは」「ええ」「本当はです(継ぎ柱を見て「はい」うん、大体、予測出きるんじゃないか?)と思ったんですけど「はい、あのう、実際、僕が床下に潜って、写真撮ったんですけど、もう、怖くてそれ以上、近づけなかったんですよ」「何かズレているような形跡が有るから、はい」「あんまり、無理してあれ、されるとちょっと危ないですよ」「ああ、そうです私らも、そういうことを考慮して…」「はあはあ」「…やりますから、無理して入られると、お宅、本当にあ、危ないですよ。あんまり」

 「あのう、正直、見られて、どうなんですか?、資料を、あの、送った資料でです、見られて?」「そう、うーん、ああ、築48年ですか、ということもあるし、あと、劣化の状況等を考慮して、あと、あの、壁の配置、バランス・配置が出来ているかどうか、というのも、診断の、あのう、参考になるんですが、えー、まあ、往々にして、その、梁間の、柱の方向というか、壁が少ない所はちょっと、あの弱いんですよ」「ええ」「劣化、ですから、壁があんまり、多くない、方向の、えー、建物というのは、ちょっと、一般的に弱いんですよ「ああ、そうでしょう「ああ、ただ、まあ、バランスとは、いかんまでも、ちょっと、細長い建物ですよ「そうです「えー、これは、弱い部分があります。これは増築されてるんです「そうです「で、あと「ええ、まあ」

 「えー、まあ、古いほうの家に、何か突っ込んだということみたいですが」「ええ」「壁の配置、…そうです、これは、ちょっと、こう、いわゆる、あの、長手じゃなくて、えー、短い、いわゆる、梁間というか、そっちのほうに壁が、何か少ないような配置みたい」「ええ」「です「そうです「うーん、まあ、自然では、あと、劣化の状況が、どの程度か?ということを考慮しながら、診断して頂くということになるんでしょう「ああ」「はい、ですから、あのう、こういう突入した原因で、こう、柱が、あー曲がったとか、そういうのは、もう、私共は調査外ですから、えー、それは、ちょっと、こう、うちのほうでは調査上では出来ない」

 「いや、だからですよ、あのう、簡単な、その、概略でいいんですよ。報告書で、こういう状況で」「その、概略というか、これはキチンとした、あの、所定の様式があるからです「ああ、はあはあ」「だから、それによって、あのう、えー、やるとなれば、キチンとした報告書を作りますよ」「ああ、はあ、はあ」「ええ」「だから、一応、あのう、どうせ、あのう、床下に潜る訳でもないし」「そうです」「ええ、だから、その資料だけでです、充分、その診断が出来るんであればです、結果をざっと出して貰ってもいいんですけど

 「いや資料だけじゃあ、それは無理ですよ」「はあ」「やはり現地のほうにお伺いしてです「ああ、はあはあ」「一応、あの、見ないと」「はあはあ」「で、まあ、あのう、するということになれば、やりますので、ただ、する場合に、お宅のほうが、こう、やることをやってみてです「そうです「どういう動きになるか、というのを、ちょっと、時間を取って、どうかどうでしょか?ということです、はい」

 「一応です「はい」「やってみますけど「そうです「可能性はあんまり無いような気もしますけども、やってみますから」「それは、やってみる価値があると思いますから」「ええ」「ええ、また、連絡して頂ければ」「ああ、そうです「ええ」「はあはあ」「また経過をちょくちょく聞きながら…で」「ああ、はい、一応、じゃあ、保留ということで、あのう、」「ええ」「えー、話の流れでは「はい」「ええ、調査して貰える状態だ。ということで、いいですか?」「はい、保留ということで、」「あ、はい、フフ、判りました」「はい、」「そしたら」「また、あのう連絡をお願いします「ああ、そうです「はい、はい、じゃあ、そういうことでよろしいでしょうか?」「はい、じゃあ、また連絡させて頂きます「どうぞ、はい」「はーい」  簡略

 全く意見が一致しない、耐震診断の話よりも、弁護士依頼が先だという一方的主張だ。
 早急な耐震診断調査願いの方向と、弁護士依頼まで保留という方向とは正反対である。


 l テープのつづき  次へ    m n o

 

検察庁 特捜部  謀略立証HPを監視中

損害と謀略立証ページ H22/1/21