耐震推進

課市丸

VS

被害者

耐震依頼

一連対応

癒着結託

連携関係

不安と

恐怖と

苦悩

提訴進行

郵便局

調査拒否

  

受取拒否

抗議

困惑

診断タライ回しする市役所
 不審な会話  HOME
   戻る

市役所

VS

被害者
   

平成19年は、事故後の調査不備の為に起こる倒壊
に備えて緊急措置を優先する対応
に追われる一年だった。この一連の対応の流れから、
不安 恐怖 苦悩を察して頂きたい。

派出所 避難 市役所 耐震 弁護士会 綱紀委
 福島会長  猿渡書記 送達 耐震 弁護士

a b c d e f g h i j k l m n o

 緊急事態を必死に知らせているのに、
彼らは無責任な対応をし続けていることが判る 



 
 aa b c d e f g h i j k l m n
o
 
 福岡市の耐震推進課は
(事故原因の調査は無い)という


c 福岡市役所、耐震推進課 市丸氏  「昨日、私どものほうにメールを頂きまして」「はい」「内容を読ませて頂きました。事故による原因では補強すべきか、建替えすべきかの調査は行っていないんですよ」「あ、されてないんですか、えっと、耐震強度の診断はやってないんですか?」「通常やっていますのがですね、はい、耐震診断っていいまして、これはですね、昭和56年よりも、古い建物の方ですね。これは、昔の基準で、壁の量があるかとか、ですね、耐震性が無い可能性があるんですよ。

 そういう
(ご自宅の事情が不安な方が、耐震診断というのを、専門の方に依頼されて、補強工事を自分の費用でします)というのが耐震診断なんですよ」「はあはあ、その事故でですね、倒壊の恐れが出てきた建物の診断についてはどうなんですか?」「あくまでも」「どちらかご存知ないですかね、そういう風な」「午前中、調べたんですが、事故が原因でのどうかというような、調査をしてくれる所は、私どもは知る限りは判らなかったですね」


 
「え?、えっと、どこでもいいんですよね。あのう、市役所のですね」「はい」「あのう、頼まれているところでしたら。どこでもいいんですけどもね」「先ほどのですね」「ええ」「耐震診断でしたら、福岡県のですね、ええ、財団法人になるんですけども」「はい」「福岡県 建築住宅センターという所がありまして」

 「福岡県建築住宅センター…」「センターですね」「はい」「はい」「はあはあ」「こちらにお住まいになっている住宅が、56年以前に建てられた家の方で、ご自宅として、お住まいになってる方は、申立頂ければですね、費用3千円で、現状の耐震診断してくれます。」「ああ、そうですか」「あくまでも、現状においての診断ですので、はあ、事故との関係性とかは、おそらく調査して頂けませんので、それでもよければ」

 「事故が起こる前に、雨で柱の下のほうは、腐ってて」「柱の下をですか」「柱の下を切断して、ゲタを履かせているんですよね」「はい」「はい、そういう状態なんですけどね、ああ、診断して頂ければいいかなと思ってですけどね。もともと危険な状態だったんですよ」「ああ」「それで加速されて、更に倒壊の危険度が増したんだと思うんですけどね、そういう、その場合は診断して貰えますかね」

 「ちょっと、判らないですが、まあ、今から、お電話番号の」「はい」「住宅センターに問合せして見て下さい。専門の方にですね」「はい」「電話番号がですね」「はい」「781-5169になります」「781の5169ですね」「こちらは福岡県の財団法人ですので」「ああ、はあはあ」「お住まいは二丈町ですね」「はい」「福岡県の県内にお住みになる方が対象になりますので」「ああ、そうですか、えーと、ここは場所はどちらの方ですか?」「住宅センターですか」「ええ」「場所は天神アクロスという建物の中に有ります」「ああ、アクロスですね、えーと」

 「先ほども申しましたけど、ええ、耐震診断は、あくまでも押すまいの方が不安でですね、ええ、(補強工事をやろうかなあ)、と思われている方、報告の診断はアドバイスの報告は頂けるんですけども、もし今後、裁判で使う予定の証明書として利用したい)ということでしたら、(ちょっと趣旨が違うかなあと思いますので、詳しくは相談されたらいいと思います」

 「ああ、裁判となるとですね、うーん、これは、いずれ裁判とか関係なくですね」「はい」「こちらが、やっぱり、責任があると思いますからですね、半分はですね」「はい」「だから、事故とか何も無くて、責任の問題になりますからね、今、考えてる途中なんですね」「はい」「ああ、いずれにしても、危ないという状況になることになると思います、見て貰わないとですね、素人じゃあ、よく判らないですからね」

 「今の建っている状態の、耐震性があるのかどうかで、耐震診断出来ますので」「はい」「今の建っている状態でのみ、調査が出来ますので」「今の状態がどういう状況でも、診て頂けるんですよね」「まあ、住宅が建っていれば、診断は出来ますが、結果としてはですね、耐震性が数字で出てきます。(点数が1,0より低いと、ちょっと、耐震強度が不足してます)ということになります」

 「えっと、これは段階としては、1,0とか、ああ、大きいと安全、小さいと危険」「1,0、少ないと安全」「大きいと危ないんですね」「大きいと安全、あくまでも大地震が来た時の」「ええ」「その倒壊の可能性を示す点数ですので、今、現状で、もうすぐ倒れそうだとか、立替すべきだとか、補強で大丈夫ですよ。という判定する診断ではありません」「ああ、あくまでも、地震の時の」「グシャッと倒れてしまわないかの診断です」

 
「そのう衝撃という性格から、まあ、地震と車が飛び込んだ衝撃としては、地震のようなもんじゃないかと思うんですけど」「ああ」「ええ、だから」「揺れた時の症状が、横に大きく揺れる衝撃が来るんですよ。…車などが飛び込んでくる時は、瞬間的に力が、ドカンと来るんです」「そうですね」「性格的には違うのかなあと思いますけど」「あのう、実際にですね、あの、継ぎ柱をしてない、残りの柱にぶつかって、傾いているんですよ。右側の柱が殆ど継ぎ柱で、今、唯一の健全な柱がズレて、敷石との亀裂があってですね、何か、もう、危うく立っている状況なんです」「はあー」「はい」

 「だから、横から地震が来て、ズレた時の感じのと同じようなものと感じますけどね、衝撃の度合いが、あのう、壁の内側から横にですね」「はい」「押し出した感じで、柱をズラしてるんですよね、ねじれた感じで」「はい」(ちょっと危ないんじゃないかなあ?)と、思ってですね、その辺は、見られたら判るんでしょうかね」「その辺は、建築士の資格を持った、家の専門家であれば、判ると思います」「HPは見られたら判られますかね。写真はご覧になられましたかね」「はい」「写真を掲載してたでしょ、床下に潜ってですね、写真を撮って。元々、壁をあのう柱を切る為に、あの、壁土を取った後、何もしてないからですね」「はい」「あの、ずれ易い状態だったんでしょうね、だから、余計に怖くなってですね」

 「福岡県建築住宅センターのほうに、ご連絡頂いて、下さい。(専門家の方をご紹介頂けないでしょうか?)とお問合せ下さい」「えっと、そちらのお名前は」「え、私は市丸と申します」「市丸さん、えっと、じゃあ市丸さんからの(紹介を受けた)ということでいいですね?」「ええ、まあ、ご住いのご住所とか年数とか聞かれて、耐震診断で、良ければ、お伺いしますということで、対応されると思いますので。ということで」

 「家の年数とかが必要ですね」「年数は昭和56年よりも古い建物の戸建が対象になります」「えーと、昭和56年以前ですか、ですから、だいぶ前に建ってますからね、昭和ちょと調べてみましょう。ああ、えっと、これ、56年、あ、昭和56年なら大丈夫か、ですよね、大分前に建ってますからね、建ったのが昭和30何年かですから、はい、ちょっと、そちらに電話して」「あ、なら大丈夫です」「大丈夫ですね」「え、と、あ、こちらに電話して、これはHPの写真だけを見て判定できるものではないんですかね?」

 
「写真だけでは判定できないです。」「出来ない?」「現地に専門家が行って、図面とか見ながらですね、建物を調査して、耐震性の計算しますので、はあ、その結果をご報告ということで、流れになると思います」「ほう、実際来て頂いてですね。はあはあ、はい、じゃあ、こちらに連絡してみましょうかね」「はい、そのようにお問合せされてみて下さい」「はい、判りました。フフ、じゃあ、どうもありがとうございました」「はーい」


 
d テープのつづき  次へ e f g h i j k l

検察庁 特捜部  謀略立証HPを監視中

損害と謀略立証の確認の為の非公開ページ H22/1/21