口頭

弁論

1回

第2回

全体

第3回

4最終

特別送達

9月 

9月

10月

11月 

12月

1月

9/7

/20

/21

20/21

/4 緊急

/22

/7/23

不公正な書記官 口頭弁論 不審な会話
 FAX HOME
  月/日

 
妨害やめない 
三住幹部の逮捕・起訴を要求する。
立証HPの第4回最終弁論記録をサイバー攻撃で削除した
 
不正アクセス禁止法違反  ↑上

  

書記官

VS

被害者
 

倒壊に備えての緊急措置

平成19年は 事故後の調査不備の為に起こる倒壊に備えて
緊急措置を優先する対応に追われる一年だった。この
一連の対応の流れから 不安 恐怖 苦悩を察して頂きたい。


  A面 →  →  →  →  →  →  →  → B面 

派出所 避難 市役所 耐震 弁護士会 綱紀委 福島会長

 

 猿渡書記 送達  耐震 弁護士 移築 耐震 避難

  

緊急事態を必死に訴えても 彼らは結託して
無責任なる最悪の対応をしていることが判る

 
 このページは検察庁と公正中立な裁判官に確認頂く為に特別掲載しているものです。
 弁護士のウソと捏造に抗議して 訴状の却下を申立てて不服を明確に示しています。
 危険防止の処置せずに人命を軽視する3
弁護士達は 代理資格は全く無いと感じる。
 悪質な詐欺に加担し 社会正義に反する3
弁護士に対して「懲戒免職」を請求します!
 
「書面未提出 出頭せず」と解釈して原告どおりの判定しないように釘を刺しておきます。

  



a a b c d e f g h i j k l m n o

  
 紛失していたカセットテープが出てきた。
  内容は倒壊危険発生の重要なる証拠。

 
 H19年 11月12日

 

a a b c d e f g h i j k l m n o
 
   録音内容は(AB面連続) 
    各関係者・各業者等が登場

 
倒壊危険を回避する為の避難準備 あちこち
に手配・依頼して対応に振り回される

 a 福吉派出所 島田巡査
へお願い  11/12 
証拠書類の件で
派出所を訪ねた。

 弁護士の送達してきた書面が 裁判で不利になる文章があるので 正確な事故の現場の様子を裁判で証言して貰う為の文書を派出所に渡そうと訪ねた。風の強い日だった。呼び出しチャイムを鳴らすと島田巡査の奥さんが応答した。「はい」「お早うございます。島田巡査さんはいらしゃいますか「ああ そうですか ちょっとお願いがあって来たんですけど」「はい」「えー 判りますか?」「いえ」

 「えっと ちょっとですね 一筆お願いしたいものがあって来たんですけど 事故の件でです「今 出てますので」「ああ そうですか」「はい 私では判らないですが」「そしたらです 一応 お願いしたことを ざっと あのう 一枚の紙に書いてますからですね これを置いて行きますので 後で読んで貰うように言って貰えますか。はい」「ああ すみません」  

 島田巡査の奥さんが現れた。書類を渡した。だが お願いは無視されることになる

 「ああ すみません」 バタン 中に入った 「書いてますので えーと 渡して貰って ああ そうです まあ 読んで貰ったら判るように書いてるんですけど「はい」「訴訟で不利になるようなことが書いてあるので おかしい言い回しで書いてあるので。実際の状況と違うようなことが書いてあるんですね それで 事故の突入なんだけど (付近で事故があり)とか書いてあるので その辺 ハッキリ 現場検証されたからです 車が家へ突入した事故だと 色々と誤解が解けるようにお願いします」「はい」「すみません」「はい どうも」

 奥さんに 一枚のお願いの文書を渡してきた。

     省 略            詳 細


 b ピ○ッ○ハウス不動産 倒壊に備えて避難先と家財・荷物の移動し保管できる空地 倉庫を不動産に依頼中。日にち 契約の件 検討中 問題点発生 保留 判断不可

 市内・西区 ○○不動産 土地と貸し倉庫の物件について いくつかの方法 予算・支払の件で条件を相談中 


 c 福岡市役所 耐震推進課 市丸氏
  「メール内容を読ませて頂きました。事故による原因では補強すべきか 建替えすべきかの調査は行っていないんですよ」「耐震診断はやってないんですか?」「通常やっていますのが耐震診断で これは昭和56年よりも古い家が対象です。耐震性が無い可能性があるんですよ。そういう(自宅の事情が不安な方が 耐震診断を依頼されて補強工事を自分の費用でします)というのが耐震診断なんですよ」「事故でどちらか無いんですか「事故が原因での調査をしてくれる所は私どもは知る限りは判りません」
「えっと どこでもいいんですよ

     省 略           詳 細

「写真だけでは判定できないです。現地に行って 耐震の計算しますので」「実際来て頂いてですね。はい じゃあ こちらに連絡してみましょう。ありがとうございました」


 d (財)福岡県建築住宅センター
        耐震診断調査 TEL 781-5169
        FAX 715-5230

 アクロス内  ホームページ  メール kikaku@fkjc.or.jp   写真をメールで送ることにした。

 「はい センターです」「もしもし 福岡県建築住宅ですか?」「福岡県建築住宅センターです」「えっとですね 福岡市役所の 建築課の市丸さんより紹介受けて 電話したんですけど 診断の調査して頂けるんでしょうか「35年以降の建物対象に」「そうです。うちは昭和35年頃に建てているんです「少々お待ち下さい」

        省 略            詳 細

 「何か建物の図面はありますか?」
事故が原因での倒壊の危険度を調べて貰う所を紹介された。だが診断ができないという。
文書はファックスで 写真なんかはメールアドレスで送りましょう。jpgであればいいんですかね」「そう思います はい」「判りました。お宅は?」「私は古賀と申します。 担当は松本という者がおりますので」「はい よろしくお願い致します」 


 e 福岡県弁護士会
  
 受付 井上公子 徳永弘志 綱紀委員会の副会長 

 「弁護士会でございます」「どうも こんにちは お尋ねしますが 懲戒免職を請求した件ですけどね」「懲戒請求なさったんですね…お宅様のお名前は?」「今川です」「今村さま…」「あ 失礼致しました」「はい ちょっとお待ち下さい」  呼出音♪〜♪〜♪〜♪〜… ♪〜…♪〜…  少し時間がかかっている。

 「もしもし お電話代わりました」「どうも お世話になります」「はい えっと 懲戒申し立てされた…今川正信さんですね」「」「受付の通知は「受付の通知は来たんですけどね。その結果は」「今 受付けましたので調査中です。懲戒委員会に行く前に綱紀委員会の調査しまして 綱紀委員会の方で 懲戒の審査を求めるのに6ヶ月を目安にですね」「えっ 6ヶ月」「調査を致しますので「長すぎます

    省 略            詳 細

 「三人の弁護士です。高橋  熊田さん 首藤さんですね」「はい」「高橋法律事務所の三人の「失礼ですけど どちらの弁護士からの「高橋 隆という弁護士」「あの お名前を」「私ですか 私は今川といいます」「今川さんでいらっしゃいますかすか はい 承っております。繋ぎますので少々 お待ち頂いて宜しいでしょうか」「はい」 呼出音 ♪〜♪〜♪〜♪〜… (時間がかかるね

 

 悪徳弁護士を放任して 好き勝手に
  させている
   無責任極まる綱紀委員会の委員長

 f 福岡県弁護士会
  
綱紀委員会 徳永弘志 委員長 黒文字 当方 青文字


 
「はい 徳永です」「あ どうも こんにちは」「こんにちは」「えっと お話は聞いてありますか?」「事務局から聞いています」「えっと この結果は いつ頃判るんですかね?」「ええ 今 担当の委員の先生が調査に入ったばかりですが 大体 6ヶ月以内に結論を出すことになっております」「それがですね「はい」「今 訴訟中で あの 口頭弁論の日付が決まっているんですけども」「はい」「それは全然関係ない訳ですか?」「全く関係ございません」

 省 略  詳 細 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

 「こういう時間がかかるようなこと わざわざ時間稼ぎするようなことは 委員会としては はなはだ 何をやっているんだ!ということになるでしょ。だから個人に聞いた方が早いでしょ。 議論を待つよりもね あなたが責任を持って まとめてあるんであれば」「申し上げられません」「え?」「個人の見解は申し上げられません」「いや だから 弁護士として何年もやってきているんでしょ。だから判るでしょ。あなたは詳しいんでしょ。「弁護士会に連絡しますので 切りますよ」「ふうー」  ガチャリ


 g 福島やすお 事務所 に連絡した

 「こんにちは 福島やすおさんの事務所でしょうか 連絡はありました 先生から 連絡は」「徳永さんと話して つかないから 直接 会長と話をしてくれということで お話したいんですが」「ああ 今 委員会に出ていて連絡つかないんですが…」「携帯かなんか判りますか」「お教えできないんですが」「えーと 困ります。伝えたい内容がある時はどうしたらいいですか?」「え」「お話したいことがある場合は」「ご用件は何でしょうか?」「あ 要件は3人の弁護士に対する懲戒をです 申し立てをしているんですけど」「はい」「それに対する 返事はいつ頂けるのかです?」

     省 略        詳 細

 「それは 辞めるか辞めさせるかは後でもいいから 訴訟の 今 現実に 口頭弁論が現在進んでいる訴訟を それを何とかして貰えませんか」「判りました。その旨を伝えますので」「直ちにこんなデタラメなことは停止するようにく伝えて下さい」「伝えますので」「じゃや くれぐれも お願いします」「伝えますので」「…」


 h 郵便局から特別送達
  
 @裁判所から 届いています 「仮処分決定書」…

 「あのう(返事が頂けるまではね 保留して下さい)と話をしているんですよ」「そうなんですか はい」「で あの ちゃんと(判るように 質問したことに対して 判るように答えを書いてくれ)。と 書類の名称に で その (回答をしてるということで判ればね 受け取る)と話をしているんです」「はい 返しておきましょうか」「そうです「はい 判りました」「お願いします。すみません」「ああ いえいえ はい 判りました」「お手数をかけます」「はい」 

 仮処分決定の書類は 無効である
 
 しばらくして配達員が再び又現れた。
 


   A 郵便局から特別送達

 
「何?」「あ こんばんわ すみません。何度もすみません。返す時にですね 先ほどの分ですね 返すんでですね (受け取り 拒絶)と書いて欲しいんですが 書いて貰っていいですか?」「ああ いや その行為自体が
「はい」(全部 無効だ)ということにしないといけないんですよ」「無効…」

     省 略            詳 細

 書記官 勝手にやっていることだから」「はい」「問い正しますから」「ああ」「こちらが 電話して」「はい」「そういったことで すみませんが 迷惑をかけますが」「ああ いえ 判りました」「すみません。よろしくお願いします「ああ そうですか じゃあ 送り返しますね」

 裁判所の答えが無いままであると判る 
仮処分決定…の書類は 無効である。

 郵便局 受取拒否のサインを求めたので こちらから電話して説明しますと拒絶。


 i 福岡地方裁判所
  
第二民事部の猿渡
に電話  黒文字 正信 青文字

 「ああ どうも えーと 第二民亊部の3係 猿渡さん」
  
「はい 少々お待ち下さい」

 「はい 猿渡です」「もしもし 今川ですけど」「こんにちは」「こんにちは 書類をファックスした。5枚分 6枚じゃないですか これは読めますか?」「…」「準備書面の提出の前にとあるでしょ」「はい 内容的には」「えー これははじめに 裁判官へのお願いとあるでしょ えー これは」「前の段階で出されたということですね はい」

        省 略             詳 細

 「ちょっと待って下さいね」「はい」「もしもし それでですね あさって 今川允子さんは難しいんですかね」おふくろは なんか 心痛で 精神的に参って来てますから これは問題になりますよ。間違いなく所有者は息子の僕ですから 当事者はでは有りませんから 名義変更して 訴訟物は ではなく間違いなく息子の僕に代わりますから ファックスで出します 送りますから 裁判の出頭も息子になりますから書面で出しますから。

 裁判もおかしな食い違いが起きるでしょ。書面ばかり見ているからそうなるんですよ。だから
手続きばかり見ていると間違いが起こってきますよ。だから 書類上揃っているから 原告の主張を訴状を受理したんでしょうけど 実際は間違っているデタラメなんですよ」「はい」




 j  郵便局から特別送達 B 12月2日
     
郵便局の指令と配達員、
      裁判所との加担を示す 強引な送達の記録 

 「こんにちは あ …また来た」「あー 受け取り拒否できない分になってますんで」「受取拒否が出来ない…?」「はい」「これ 内容は何ですかね?」「書面は あのう 私達には判りません。裁判所 書いてあります」「ん 書いてある?」「あのう 中のほうの内容までは 私達には判りませんので」「どういうことですかね 一応 言っているんですよね あのう… ちゃんとね (こちらの質問に答えてね くれないと いけませんよ)と で 中身もね キチンと あのう質問に対する回答書としてね」「それは裁判所のほうで聞いて下さい。私達は配達「ああ」「するだけですので」

     省 略            詳 細


 
「持ち帰って下さい」「判りました そちらのほうに差し置きますんで」「駄目 駄目ですよ。」「結構ですから 苦情があるんだったら裁判所に。私達は差し置くように言われてますから。結構ですので」「それは おかしいですよ。それは」「おかしいと言われても」「加担していますよ。あなたは 違いますよ。駄目ですよ。駄目 駄目 これはいけませんよ」「…」

 
「持って帰って下さいよ。受取れませんよ。これ」「あの 差し置くように言われてますから」 ブルブル エンジンの音  「捨てますよ。捨てますよ。知りませんよ。知りませんよ」 

 抗議しても改めず強引に置いて行く配達員 前原局の郵便事業鰍フ 結託事実   

ガチャリ 戸を閉める音  無理やり外に置いて立ち去った。 信じられない無責任な仕事。  勝手に置いていった郵便物。 これは雨風に当たって放置されたままになりそうだった。仕方なく 庇の下 軒下に寄せた。この郵便物は一旦 捨てられて 拾得物となる。どうなるか判らない

 仮処分決定…の書類は 強引な違法性有り 正しく送達していない 無効である


 k 耐震診断 久保田氏の返事
    
 裁判所の指令を受けた無責任な対応の会話

 はい「色々 資料を見せて貰ったんですが 基本的にやってないんですよ。お宅が記載してある内容を考慮して あと 壁ですね 柱がバランスよく お宅のほうが考えてある 記載してある内容を診断するものではないという」「紹介を受けたんですけどね」「その 実際に地震が来たら危ない状態は予測出切るんですけどね」

     省 略        詳 細


 l  高橋法律事務所 熊田弁護士に電話
     遠方に主張中。

 「債務確認と認めて貰える書類について」の質問  ファックスで送ったので それを確認して 返事を送ってもらったのかを聞いてみた。「ファックスで頂いた質問に対する回答を出しています」「今後 文書を送る場合は 必ず○○在中と書いて送るようにして貰えますか?」「はい そのように伝えます」

     省 略          詳 細


 移築が可能な倉庫 解体引取の朗報

 「○江の駅の前に 二階か三階建ての病院があるんですけど そこの手前の空き地に倉庫があるんですよ。それを解体するらしいんですよねー」「倉庫を解体する「うん」「ああ はあ はあ」「あ」「えーと ああ それで はい」「それで…まあ 移築も可能です。ということです」「移築?」「うん」「えっとー その 倉庫みたいな」「そうです」「はあ はあ 1はあ それはー もう 崩すというのは 決まっているんです「そうみたいですね」「ほう」「大○の人から そういう情報が入りましてですね」「はあはあ」

 省 略            詳 細



 
  何故か弁護士と業者に依頼し見積提出を勧める対応

 n 福岡県建築住宅センター
 耐震診断すべき義務と責任を回避 
問題

 「いいですよ はい 大丈夫ですよ」「あのう ファックスのほうをですね はいお宅から出されたことで 今 読んでいるんですけども」「はあ はい」「相手方の弁護士に (回答します)ということで 記載されてあるんですけども ええこれは 結局 その立証責任は 貴殿のほうにありますので ということで ええー 要望する (業者を選定して 見積を作成して提出して下さい)ということみたいですね」「ええ そうですね」

 省 略            詳 細



 避難準備の途中に 移築先に現れた

 o  更なる倒壊危険
 
「ピ○ハウスの新○です」「どんな感じなんでしょうね そのう 年内とか…というのが ああ…感じですかね」「えっと
ですね ちょっと あのう 一つ今 問題ですね」「はいはい」「えー 発生しているような感じで」「あ そうなんですねー」「えー あ あのう M○さんから え 聞いてありませんかね?」「…はい?…」

         省 略            詳 細

 

 a a b c d e f g h i j k l m n o

  

弁護士や書記官との会話を録音したテープ&レコーダー 電話での質問・疑問・直談判・警告

 

 テープおこし 完了
 この写真を見てテープの盗難を調査員に指令した存在が 身内の裏切りを誘う 損保の牛鬼だ。 身内の絆よりも損保に忠誠を誓う調査員夫婦 居ぬ居の仕事を平然とやる恥知らずの犯罪者。
 
 熊田(弁護士)猿渡(書記官)との問答は、常にはぐらかされ平行線で全く話が進まない。正常な問答を遮る者がどちらなのかは この録音内容を聞いて頂ければすぐに判る。
 

書記官の不正

検察庁 特捜部 謀略立証HPを監視中

第2回口頭弁論期日 H19/10/21 AM10:20 
 出頭場所
 福岡地方裁判所 第108号法廷本館1階

 
 被害者の意見書が裁判官に伝わっていない可能性がある。受理した文書を裁判官に伝える義務がある筈なのに 提出した二枚の意見書を読み上げない。書記官が握りつぶしている可能性が見えてきた。

    
 〒810-8653                         
福岡市中央区城内1番1号   
 福岡地方
裁判所 第2民事部3係

    
裁判所書記官  猿渡 清成
     
   電話
 092-781-3141 内線 3424  FAX 092-714-7942

  
ネット上の違法操作行為を24時間態勢で監視
 警視庁 “サイバーパトロール”開始

 

後に書記官に責任追及の手紙を出すが 黙殺される
 
解決依頼申立書 H20/4/4


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口

昔話の謎

ロゴ創作

運営サイト

なぞとき

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

光道…B


不正アクセスの妨害行為を続けている容疑者に
直ちに改心して謝罪するように警告 
   

HOME     

 

不公正な書記官 口頭弁論 不審な会話 FAX HOME   月/日

口頭

弁論

1回

第2回

全体

第3回

4最終

特別送達

9月 

9月

10月

11月 

12月

1月

9/7

/20

/21

20/21

/4 緊急

/22

/7/23