口頭

弁論

1回

第2回

全体

第3回

4最終

特別送達

9月 

9月

10月

11月 

12月

1月

9/7

/20

/21

20/21

 /4 緊急 

/22

/7/23

 不公正な書記官 口頭弁論 不審な会話 FAX HOME   月/日

 

書記官

VS

被害者

 裁判官殿に「訴状の却下を求める」申立書を提出した。猿渡書記官が受領印済み 
 債務は存在することは既にHP上で明白に証明したので あとは裁判官と書記官が損賠立証したページを確認して受入れれば済むことである。故にこれ以上、裁判を進めて判定を下す意味は無い状態なのに 、あえて煩雑で手間のかかる難解な裁判の手続きを強引に進めようとする書記官の悪巧みが予想されるので直談判した。
 

 

書記官との会話を録音したテープ&レコーダー
 
質問・疑問・直談判・警告

 

 「申立書」を読んで頂ければ 何が問題なのか?を明確に示しているので、常識のある人間ならば、たとえ素人であっても、誰でも簡単に(あ、これはもう全くお話にならない)と明確にお判りになる事だと思う。 この裁判所職員の判断がいかに未熟で、おかしなものなのか? 頭がおかしい、判断力が全く欠けた馬鹿者か、噴飯ものである。

 第一回答弁が始まる前に 疑問を感じて 9月7日に直談判して
「再審査願いの申立」をしている。 直接 裁判所猿渡書記官に会って談判した会話内容が録音で残っているので対応が判る。「訴状却下の申立書」を持参した時に 弁護士の不法な訴状を再調査すべき重大な責任が発生している。いくら聞いても 「却下することは無い」と言うだけで 訴訟要件が満ちている理由がさっぱり判らない。こんな判断力の無い司法に関わる資格の無い人間が、平然とした顔で裁判所の仕事に携わっているとは驚きである。

 こんな有害で迷惑な職員は即刻、懲戒免職にすべきである。被害者の苦しみを知りながら、鬼のような、冷淡で非情な、実に馬鹿げた愚かな対応をする公的機関を知って頂き、HPを読まれて、司法の未対応のひどさに激しい怒りを感じた方には、デタラメな地に落ちた福岡地方裁判所の職員達を
懲戒免職させる為に通報頂きたく存じます。

 

テープおこし 完了次第  福岡地方裁判所を告訴します。
 

裁判に向けて 関係者に証人出頭の要請した時の書記官
の不審な対応(録音)

福岡地方裁判所の民事部の対応(録音)民事部3A

猿渡清成 書記官の対応
 加害者の釘本氏の出頭を尋ねたが 分からないという
 

猿渡清成 書記官 黒文字     当方 今川正信  青文字
 

電話での会話 録音(第2回口頭弁論日の前日) 10月20日

 猿渡書記官に電話をした。 「はい 代わりました。第2民事部の猿渡です」「あ どうも今日は」「は?」「あのー 福井の今川ですけど」「ああ 今川さん はいはい」「はい え えっと ファックス送りましたけど「ええ 届いておりましたが」「はい 二部です「はい 二枚?」「二枚」「届いておりますよ」「えー それでいいですか?。一応「あのう 明日 期日が入ってましたけど 明日はどうなさいますかね?」「いや それはー 聞いてからと思ってからですね「聞いてから? 何を?」「相手側の えー 原告側のです「はい」

 
「かたが出頭されるならばですね「原告は多分 あの この前申し上げたとおり」「はい」「本人さんか 代理人さんか いずれかが見えるか ちょっと 裁判所は判りませんが」「わかりませんか?」「原告側の誰かが来られる筈ですが」「ああ そうですか」「法廷の中でですね」「ええ」「ご主張なり 何なり述べられるとは思うんですが」「はあ」「その場合には今川さんはいらっしゃらない! ということで聞いていいんでしょうか?」「いや それは…」

 「傍聴席で傍聴されるということ?」「えー そうですー これは まだ未定ですけど「はい」「あの 確実に来られるというのが判ってれれば 伺いたいんですけど弁護士さんは来られるんですけどね」「はい」「えっとあのう 名前は出ませんけどね 今川さんではなくて 「釘本さん」「えーと ちょっと待って下さい すみませんね。釘本春喜さんですかね」「はい」釘本春喜さん ご本人さんが来られるかどうかは 裁判所も判りません」「釘本さんは もう 絶対に来られない可能性は高いですね「絶対かどうか判りませんが (笑い)」「いや「一緒についてくるかどうか分かりません。裁判所では」

 
「冨枝さん あの妻の奥さんは?」「分からないですね」「わからないですか?」「本来はですね」「はい」「代理として弁護士がですね」「ええ」「手続きを進めることはできるのでですが 家族が来られなくても可能ですが 中には本人さんが いらっしゃることも有ります。なくても可能なんですが」「そしたらあのー 傍聴席でも
「はい」「ええ 現れてくれれば そういう話であれば 伺いますけど「はあ でも裁判所では傍聴席にでも いらっしゃるかどうかが分からない」「分からないですか?うーん そうしたらですよ 熊田弁護士さんは確実に来られる訳ですね?」「恐らく来ると思いますけど」「ああ」「はい 弁護士が来ないと 手続は進まないですからね 代理人 原告さんが起こした裁判ですからね」「ああ」

 「その弁護士さんとの話合いがですね「はい」「今まで 全然 そのー答えが無かったからです「あ」「それで弁護士さんとでは 今まで話にならなかったかということでですね「は」(誰かを呼んでほしい)という気持ちがあったんですよ「はい」「はい」「それは電話でね 言われましたね」「誰かががですね 誰かが 弁護士さん以外のですね。釘本さんの家族の誰かが それを傍聴なり 。どういうかたちでも状況であっても 聞いてくれるという状況であればですね「はい」「伺いたいと思うんですけど。」「ああ そこはもう」

 
「そこまでして頂ければ
「うん」「一応 中立 対等 公正な裁判になると思うんですよ「だから裁判所ではね あの 確約出来ません」「ほー」「あのう 申し上げている通りです」「ほー「これは 今川さんとしてもですね」「ええ」「あの HPに色々書いてあるから 主張があるということなので」「ええ ええ」「法廷で言われたほうがいいんじゃないでしょうか?そういうことは予定されてない?」「え だからですね 書いてあるとおりなんですけど。はい」「ええ そうでしょうけど」「色々事情があるんですよ」「ええ」「はい 訴訟に 訴訟中の案件は「はい」「あのう その えー 保険会社が「はい」「あのう 対象外とさせて頂く。という話ですから ということで 電話を切られるので」「訴訟で決まっている通りに 払うとか そういう話ですかね」

 「とにかく(訴訟に入ったら 対象外とさせて頂く)ということであるから 電話は一切「切られるもんだから困っている訳ですよ」「はい」「だから できれば「はい」弁護士の話が通じないから 無駄だと思うから 元に戻した方がいいと思ったんですよ」「前の 対等に その 話せる環境で「それはまあ 今川さんの立場だとそうなんでしょうけど」「そうです「ハハ(笑い)」「だからですよ。まだ一度も 出頭していないというのはそこなんですよ。戻せるものであれば「ええ」

 「訴訟の前の段階に戻して貰って」「はい」「直接保険会社とですね 話し合いが出来る 窓口が ある訳ですから「あの 話し合いでね」「ええ」「解決されたいというですね お気持ちが あられるならですね」「ええ」「それは裁判の中で 必ず裁判というかたちでなくても 裁判の中で話し合いを進めることも ありうるわけですけどね」「それは訴訟中というふうに見なしているんですよね」「それは当然 間に裁判所が入ってですね「はい」話し合いが可能なら 話しを進めるということもありますしね 可能なんですけども」

 「だから 一応 何回も繰り返して (話を聞いて下さい)と言うんですけど」「ええ」「もう(訴訟中ということで 受取っているから そのう 一切 これはもう 話も 相談の対象にはなりません)ということで 言われるんですよ「保険屋が ええ」「だから裁判所の方から (訴訟中ではなくて 前の段階ですよ)と言って貰えば 話の余地が出てくるんですよ」「いや これ 実際 もう二回目ですからね。」「はい だけど こちらは受けて立つとは 決めていないんですよ」「訴訟はですね 原告さんのほう の釘本さんのほうでですね (訴訟を取り下げます)とかですね 取り下げる そういういう手続きが無い限りはですね 進行していますからね」「いや だけど一方的でしょ。それは。こちらは だから 書いているとおりです「はい」「訴訟に入れない 要件が満ちてないのに「ええ」

 
「満ちてないのに
却下すべきなんじゃないでしょうか?とその理由を求めている」「裁判官はそう判断していないんです」「ホームページで だから 書いているとおりですよ」「そこはですね。そうことがあるんじゃないかということでですね 法廷で(訴訟要件がですね」「ええ」満たされてないんじゃないか?)ということですね」「ええ」「あ 進行されること自体が おかしいいんではないですか?)ということをですね」「はい」「法廷で言われたらいかがですか?」 時計の音 「法廷に出頭した時点で もう 取り返しつかないでしょ?」

 
「訴訟中という
まぎれもない事実になってしまうでしょ」「現に訴訟中ですけどもね ええ」「はい だけど こちらはそういう気持ちが 全く無いですから 訴訟に入る前の 前段階で そういう明確にしなきゃならんことが「はい」曖昧になっていることがあるから「はい」「それを はっきり確認した上で (信頼できる裁判官であれば あのう 委ねます。)と 書いているんですよ」「ハハ ただ その ハッキリ言えるのは 明日 第2回の口頭弁論が開かれますので。そこにあの 出頭されなければですね ハハ 手続がですね 釘本さんではなくて 今川さんがですね 本意ではないということになるからですね。今川さんが未出頭のままでですね 手続きが進行する可能性がありますし そうなるとですね 今川さんも 多分 言いたいことがたくさんあるようですので 本意じゃないということになりますのでね 言い分があれば 法廷にいらっしゃった方がいいんじゃないでしょうか?

 「いや だから そこら辺の順番がですね あのう だから あのう 近この前 ちょうど3日前にちゃんと 出してますよ「それは見たファックス見た上の話です。当然」「はい その あのう 当然読んで貰える訳ですよ「見ておりますよ」「きちっと答弁書を法廷の場で読んで貰えますよね?」「読み上げるわけではないですよ。はい」「読み上げて貰って」「読むわけではない」「これは読んで貰ったほうがいいですよ。短い文章ですから こちらの前段階の ハッキリさせて下さいと」

 
「まず
その 訴訟の内容よりも (その前段階の問題が クリアされてないと 話が 進めてはならない。)っていう 思いがあるんですよ」「うん それは今川さんのお考えでは」「はい そうです「そうでしょ」「だから その (取り決め自体に問題があるから ハッキリさせてくれ)と。その上で ハッキリ 信頼できる裁判官であれば 初めて 訴訟に入れる訳でしょ?。こちらの 言い分が全く 通らないような 裁判に 無理やり引きづり出される(法廷)というのはおかしいんですよ。ちゃんとこちらも意思がありますから」「あの そういうご意見なのは判りましたけども」

 「はい だから 繰り返し言いますけど「口頭弁論が開かれますので」「この 一方的な 訴訟が始まるということ自体で こちらは その時点で不利益を蒙っているんですよ。「相談の窓口」でも 拒否されるという状況があるから (出来れば戻してほしい)と」「窓口というのはどこですか?」「いや これは三井住友 あのう 相談所があるんですよ」「保険会社の保険会社の」「はい」「はい それには せっかく窓口があるからと 思って相談 電話したんですけど そういう主張ばかりなんですよ 非常に困り果てているんですよ」「はい」「出来れば窓口に戻して欲しいということですね」

 
「窓口があるのに電話して そういう主張ばかりなんですよ 困り果てているんですよ
「はい」「どっちかハッキリして貰ったほうがいいですよ「あのまあ 裁判所で回答できることは 先ほど 述べた通りです」「だから これは 加担しているということになるんですよ 裁判所が。三井住友 そういうやり口に対して」「そういうことではないんですけどね」「ええ だから 結果的にはそうなるから。極力 ここを ちゃんと公平になるように。こちらがちゃんと窓口を利用できるような そういう状況に戻して欲しい。と」

 「で 明日は どうされますか?」 ※●話を急にそらした。    「明日は分かりません。その 釘本さんの家の「はい」「家族の方が一人でも 来られるんであれば伺います」「はー」「はい」「その 来られたかどうか?というのは 法廷に来ないと分からないです」「判らない?いや だから 言っているでしょう」「実際に 明日ですね」「ええ」「釘本さんの家族の方が誰かがですね 法廷にいらっしゃる 実際にいらっしゃるかどうか知りませんけども」「はい」「いらっしゃった時に いらっしゃったこと自体 今川さんは判らないでしょ。法廷に来ないでご自宅におられたら」「いや 分からないんだけど そういう確約があれば行きますよ。(来られるだろうという あのう 裁判所のほうから 出来るだけそういう風な (被告のほうから 依頼があってるから 来て下さい)と 言って頂ければ まあ確率としたら うん 来る可能性がある訳だから伺いますよ。だから」「来られるかも 来られるかどうか分からないんですよ」

 「分からない?」「ご本人さんが考えることだからですね」「ほー」「今日は行くとか 今日は行かない。とかね」「だけどその 今までの展開上では 弁護士だけが 勝手にやっているから「はい」「家族の方が知らない間に どんどん進んでるっていう結果があるんですよ。だから本人に聞いたら 全然食い違ってくるんですよ。話が。そういうことじゃいかないかんから」「はい」「必ず 家族の誰かが ちゃんと 話がどういう状況で進んでいるのか 確認した上で その方と後で話が出来るようにして貰わないと(全然知らん)とか (聞いていない)とか そういうことじゃ 全然進まないんですよ」

 
「何を知らないとか?って」「あ その 色んな状況がです「ああ」「はい 本当は弁護士さんが立っていれば その人が こちらの質問に答えたり 常にこういう連絡が取れてないと 代理人としての役割が 果たしてない 話が出来てないということです。情報を常に話がいってないと 代理人としての仕事がしてないということになるんですよ」「あの 今川さんとしてですね 相手の代理人と話を聞きたいことがあるということでしょうか?」「代理人に?」「直接 本人さんとかですね 代理人に弁護士ですけど に尋ねたいということですかね ?」「いや そうじゃなくて」「」「 そうじゃなくて」「はい」

 
「あの 話が
勝手に弁護士 話を作って 方向がどんどん「ええ」「全然 感知しない方向に進んでいるんですよ。代理人がこちらの話を聞いて あの 又聞きで色んな文書を出している弁護士ですから 話が正確に伝ってないから「そう考えてあるんですね」「報告しないと 勝手に話を弁護士が作って」「そういう風な状態で熊田弁護士が色々言っても それは全く根拠のない話をする可能性があるでしょ?」「裁判所としてはですね」「はい」「今川さんが今 おっしゃった通りかどうかも 分からないんですよね。はい」

 
「いや だから いよいよ ますます
第三者の よく事情を知らない人間がだけが 現れて 勝手に話が進めていくことになるでしょ?」「少なくても今川さんご本人がいらっしゃればですね。」「はい」「今川さんだけはですね 第三者ではなく 関係ない当事者ではないということになりますか?」「そうです「当事者が」「だから いや それを含めて 訴訟に入るのはいいんだけど 訴訟に入る問題が ハッキリされてないから「はい」「明確にして頂いた上で 見極めた上で「はい」「ちゃんと訴訟に受けて立つかどうか決めると言っているんですよ「じゃあ それに対する回答としては 申し上げますが 明日 第2回目の期日で弁論が開かれるということを申しあげます」

 「ああ だから 何か 話を聞いていると「うーん」「保険会社の窓口と同じ対応をされているんですよ。 都合が悪いことに対しては「あの「回答が無くて…」「電話では こう回答するしかありませんからね。今川さんのほうでですね 聞きたいこととかね こういうことになっているということが判れば裁判官も答えられることは答えられる範囲で答えらるでしょうしね」「だからですよ こちらは筋を通してものを言っているんですよ」「はあ」「書面できちっと「はい」「こういう理由を言ってください」「はい」「と(こういう理由で却下しません)と それをハッキリ 見て (確認した上で決めます)と言っているわけですからね 書面で出した以上は 書面で返すべき これはもう当然だと思うんですよね」

 「…訴訟要件があるかどうか 職権担当事項でですね 訴訟要件がなければですね」「ええ」訴訟要件があるかどうか 請求棄却で訴訟要件があれば裁判官の判断がで出ると思われますが「は?」「ということなんです」「だから その前に聞きたいんですよ。こういう風な」「まだ始めたばかりでですね」「ええ」「そういう段階になっておりませんのでね」「はあ」「出されるございませんので」「その「うん」「だから その(不公正なことが うん 決まってて そうなっているんだ)と言われたら「はい」「どうしようもないでしょ?。その裁判の主張自体が おかしいんですよ。裁判官というのは 公正中立がモットーであるべきですから

 「今のところですね」「ええ」「あのう …えーと 今川さんのほうから 特にですね。あのう 裁判が 開始されたことに (おかしいんではないか?)と 書面を頂いていますけどもね 訴訟要件が満ちていないのに開始されているような 書面を頂いておりますけどもね」「ええ」「訴状に対してですね 裁判所の記録としてですね 実際にこれだけの損害が発生しているとかですね 損害の発生を証拠として 何か書面が出されたことは ホームページにはたくさん書いてあるようですが 今裁判所の記録としてですね 出されたものは今のところ 出てないんですよ。今のところ 裁判所に記録で現れているものは原告さんの出されたものだけなんですよ。無いんですよ」

 
「書面で
書面を参考にしているから おかしいんですよ」「え、 じゃあ 何を参考に。(笑い)」「現実を見ていけば判るでしょ。損害の発生の証拠HPに書いてはありますが だから何のためにホームページ上で あのう 出しているのか意味が無いでしょ「あのう HP上に書いたものは証拠とはならないんですよ。だからこの前申しあげたとおりにですね」「はい」「HPに記載したですね その どういう損害を生じたのか 裁判所としての記録としてだけ 書面だけで参考にしているのか」

 「いや わかってますよ。だから書面に出せない「ああ」「その原因が キチンと明確に この最初の入口の処で 止めてあるという原因がある訳でしょ?」「だから」(出そうと思っても出せない)という。それが明確な その この訴状の 却下をしない理由を うん (示してくれないから。安心できない)ということで 訴訟に入れないんですよ。こちらは 入りたくても それを見極めた上で (この裁判官なら間違いない) (信頼した上で提出しよう)としている訳ですから その辺をあの 何回も言っているんですよ。くどく」「アハ 同じ回答しか ちょっと 出来ないんですよ。ハハ」 ※● 何たる傲慢なる態度か!手続きが、全て不公正に一方的に進めて強引に訴訟に持って行っている。この書記官は有害である。

 「だから それは三井住友の 相談窓口と同じ対応なんですよ。 (訴訟に入った案件は「ええ」全然 対象外だ!)と」「はい」「だから (うちとしては 訴訟に 受けて立つ気持ちはないから 訴訟に入ってませんよ。)と言っても 全然通らないんですよ。その対応と全く同じですよ」「現実にはこれは訴訟が始まって 第1回が終わって 今 第2回目が明日というのでね 決まってますからね」「うん」「明日 あのう 今川さんは 現実には今川允子さんがいらっしゃらないとですね あの手続きがですね 進まないということになってしまうんですが」「だから 手続きだけ言われるでしょう?」「手続きが このまま次回はどうするか 進行を」「だから だから 言っているんですよ。その 裁判官が 藤田裁判官ですか?」「そうですね」「あのう 連絡つくなら あのう 教えて貰ったらいいんですよ「何を?」裁判官に直接聞きますから」「それは直接できませんのでね」「え」「それは直接は出来ません」

 「出来ないんですか?だったらですよ」「だから 明日 いらっしゃってですね。あのう できたら今川允子さんといらっしゃってですね」「そしたらですよ」「ええ」「あのう 一度 訴訟に出頭した上で その 訴訟自体が 却下されるという可能性はあるんですか?。訴状をね 同時並行的に可能なんですか?」「仰っている意味が判りませんが?」「調べた上で 訴訟に出頭して あの 進める 方向と同時に「はい」「却下の方向も考えられるということがあるんですか?」「訴状が?」「その可能性はありますか?」「あるのかどうか」

 
(訴状が却下されるのか) そういう処置は却下の方向にも考えられるということは 可能性はあるんですか?」「訴状が却下になるのか ですね。訴訟要件が満ちていないので棄却になるのかどうか即答はしきれない」「え? 即答できない。それが一番大事なんですよ」「いずれかになるかは判りません」「それが可能性があるというなら
それにかけてもいいんですが 可能性は全く無いんでしょう?。一度出頭したら最後まで訴訟前に返すことは出来ないでしょ?」

 「あのですね (前に返す)ということの意味が判らないんですが あのう 現在 第1回目がですね もう開かれている訳でですね。1回目の期日が開かれるの前の法廷に戻す。ということは無理ですね」「いや だけど出頭していないし 書類も提出していないでしょ」「あのう 出頭していなくても 現実には1回期日があるんですよね」「はい だからそれは書面の問題であって 全くこちらは その(訴訟自体が疑問だ!)と最初から言っているでしょ」「法廷は」却下願いを出して 申し立ててるのに その返事が無いということで。それは」「弁論は開かれているんですよ」「却下願いを出して 書類のことを それを理由にするなら (何で書面で理由を こちらに提示してくれなかったのか?) となるでしょ」「書面になっているからではない」(書面でなっているから)と言われたら それを書面で 書類をカタにして色々言われると困るんですよ」 ※● 筋を通して食い下がるが

 
「判らんですけど「同じでしょ (書面で出した)のだから (書面で出して下さい)と言ったのに そちらが出していないもんだから
ズルズル入っていってるんでしょ?。仕方なく。 だから 両方に○を付けて 出頭を するかどうか不明だと」「だから そういう経過を考えたら判るでしょう?。何でこういう風に 引きづられるのが嫌だから 歯止めをしてるんですよ。ずーと歯止めしてきたんですよ。だから 今更 これを戻せないんだったら (じゃあ その責任は誰か?)というと この返事をしなかったということに起因する訳ですよ」「そういうふうに考えられるということですね」「いや だから考えるじゃなくて (そうでしょ?)って」「それはどうかわかりません」「だから それ これ 説明して そういう議論になるということは 全く同じ対応なんですよ。今まで 保険会社と 或いは調査員と会話する中で」 

 
「それは 私には判りません」「うんだから水掛論なんですよ。話の腰を折って そのキチンと あの 同じ目的で 話をちゃんと折り合いをつければ 分かる問題なんですよ。はい」裁判以外で話し合いで構わない。という趣旨ですか? 裁判上の話では 話はまとまらないということなんですかね?」「いや そうじゃなくて」「解決を望まないということですか?」「そうじゃなくて あのう きちんと (公正中立に 最初から そういうスタートラインに つけて貰えれば 出頭します)。と言っているんですよ」「はい」(それをして下さい)と。これは再三 言っているんですよ。書面でも出しているんですよ。(それをしてくれないと返事を出せませんよ)。と いうことで「はい」「しないということで ズルズルと進んできているから (ちゃんとそこをハッキリさせて下さい)と」「はい」

 「裁判官のほうに伝えて貰っているんですか?このことは?」「伝えてまますよ」「はい、だったら 裁判官がそういう「はい」「公正中立で まず スタートラインに立たせよう。とするのが本当でしょ?。その答えはどうなるんでか?藤田さんにこれは聞いて 答えなきゃならんことでしょう?」「明日 法廷で聞かれてみられたらどうですか?」「これは その前にキチンと こちらに 文書として明確に そのう 裁判に入って それから あのう (倒壊が起きた場合ですよ。その責任の所在は誰になるのか?)という それまで入れていたでしょ?」「そういう回答を書面で出されることはですね 無いと思いますけれども」 ※● 「裁判官への申立文書」をことごとく握り潰してしまうひどい書記官だ。

 
「だから それは
(中立で始める 前段階で必要なことだから やって下さい)と言っているんですよ」「だから 裁判官は出来る事と出来ない事があります」「だからそれはすべきなんですよ。責任を持って こちらの立場に立って 中立に立って 判定を下す人間の役割なんですよ。いっぺん 被告の側に立ってものを考えるという (基本を話しているんですよ。それぐらいして下さい)と、中立で入る前段階で進めて下さい。

 
(基本は中立で判定を下すような仕事についているなら、 それが普通だったら そうしますよ普通。大事なね 被害者の運命を決めるような、まして人命の
命がかかっている訳ですから (倒壊する寸前だ!)と言っているんですから「仰っていますね」「はい だから それを (本当に真剣に考えてね 判定を下す裁判官なのか?)ということを 見極めるためにあえて それを お願いしているんですよ」 ※● 信頼できる裁判官なのか?をきちんと示す義務が生じている。

 「わかるでしょ?。言ってることは これは 筋が通ってる筈ですよ。無茶なことは 言っていませんよ」「あの よく判らないのがですね」「ええ」「既に 訴訟要件をですね」「ええ」「満たしていると言われればですね」「はい」「もう当然 裁判でやっていくということなんですか?。そういうことを仰っているんですか?要は」訴訟要件ですか?」「満たないということを仰っていたんではなかったですか?」「そうですよ。だから色々 いくつか書いているでしょ。条件が (これだけはハッキリ した上で始めて下さい)「裁判の中で 訴訟要件がね 満たされているということであれば それはそれで構わない訳なんですか?」

 
「裁判の中で?」「はい」「裁判の中で というのは?」「そういう訳じゃないんですか?」「いや いや そうじゃなくて 訴訟要件は、まず
確認した上でしか 入らない訳ですから 中ではなくて 前ですよ」「訴訟要件が満ちているから訴訟が進行しているんですが!」「だから それは こちらにはハッキリ示されてないから (知った上で。)と言っているんですよ」「呼び出し状を送っています」「そうじゃなくて 返事がないのに それはそちらが一方的に 訴訟要件が満ちている)と 言い張っているだけであって こちらは納得してませんから こちらを納得させた上で「はい」「それから こちらが (じゃあ お願いしましょう)と いうかたちにしましょうと言っているんです」 ※● 何をもって満ちているとしたのか、その理由の答えを求めているのに、曖昧な状態を解決しようとはしていない。

 「あの訴訟要件が満ちていると裁判官が見ているので 期日が指定されてですね 第1回が開かれですね 第2回の期日が裁判官の決定によってですね 決められてですね」「はい」「指定されている訳なんです」「いやそれは それは「そうなっています」「聞いても(なっている) と言われるだけで、 じゃあ (どういうことで なっている)というだけで 具体的な話にはなっていないでしょ。こうこうなって」「具体的というと?」

(これはこうこう こういう理由で 訴訟要件が満ちている。)という 文書で頂いたら判るんですよ」「文書でですね 回答することはありません」 ※● 「は あ 無いって言われても「ありませんので ハハ」「それじゃあ 書記官の仕事をされている「ええ」「猿渡さんは 一体どういう「はい」「処で 呼び出しをかけて来て貰うんですか?」「(裁判官が期日を指定しますので その期日に来てください)というのを」

 
「被告が納得した上で出頭するかどうか」「その書類面においての大事な所でしょ。役割としては」「書面で」「被告が
納得した上で出頭するかどうか の大事なところを握っている訳でしょ?」「呼出状にはですね」「ええ」「(書類の上では いつ 何処に来てください)と書いているだけで (納得した上で来て下さい)とは書いてありませんのでね」「ほー …?おかしいですよ。だから 答えが 聞いていることにキチッと答えてくれないような状況で進むというね こういう状況があるんですよ

 
「あの 来て頂かないと手続きがですね あの 今川さんのほうでですね」「ええ」「あの 予想を 今川さんの予想を超えたところで議事が進行したりとかですね 反した方向にですね 手続きが進んだりですね 今川さんの意に沿わないことになることも無いわけでは無いですよね。だから そうことになったらですね 来られないことによってですね あのう余計に今川さんのほうが不満を抱かれたりするような不利な状況になること」「だからね」「心配でね」

 
「いや だからそれ自体が
それが 土俵が あのう ま スタートラインに例えているでしょ。スタートラインを 同じ位置に「はい」「競技者を 同時に あのう 準備させないで 一方を遠くの方に追いやって スタートさせるような そういう法廷じゃあ これは 駄目でしょ!。だから言っているんですよ。そこを 裁判官の方に仰って下さいよ。そういうことで 法廷につける筈が無い。と」「うん だから 片っぽだけを呼び出して 片っぽを呼び出さない という状況があるから おかしくなるんですよ」

 「明日 まあ とりあえず 第2回の口頭弁論が開かれますけどね」「ええ」「あの どうなさるかは もう今川さんの判断ですからね いらっしゃらないかも知れないし 場合には…来るかも知れん…」「だから 何でこういう風なことをしなきゃならんのかを「うん」「その ちゃんと あのう ハッキリ (呼び出しをかけました) そういう話になれば判りますが それは来るかどうか判らないけど なら 期待して来ますよ。だけど (来ない)という状況を ほとんど確定したかのような言い方をされるなら (まだ公正中立にする気は無いのかなあ?)と思うでしょ」

 
「今川さんのですね」「はい」「言う 原告さんの家族がいらっしゃるかどうか裁判所は分からないですよ。だから いらっしゃるかも判らないし」「だから
それは こちらが 法廷に出廷する前に「ええ」「向こうが。あの 来てくれれば (話は あのう 伝わる訳だから ね「うん」一人でもいれば すれ違いが起きることは無いから 来るだけの価値があるなと思って来る訳ですよ。だけどまた 熊田弁護士 勝手に書類を捏造してさ 進めるような 状態では困るでしょ?」

 「あのう ちょっと明日の状況のことは判りませんけどね」「ええ」「もし どなたかですね」「ええ」「他の方なり ご本人さんなりがいらっしゃるにしてもですよ 弁護士さんがいらっしゃいますのでね その法廷の中でもですね 法廷の外でもですね」「ええ」「自由に あの今川さんのほうがですね」「ええ」「釘本さんのほうの 家族の方とですね」「ええ」「会話ができるような状況では無いかもしれないですよ」「いや 会話しなくてもいいんですよ。とにかく「はあ」「裁判の進行状況を「はい」「誰かが聞いてくれればいいんですよ」「ああ 原告の方が「はい 発言しなくてもいいから とにかく その傍聴席に「はい」

 
「ずーと黙って座って
聞いてくれる人がいればいい訳ですよ。それは誰であっても 息子であっても」「ああ」「娘であっても 誰でもいいんですよ。とにかくこういう裁判を その家の者が 訴訟を行こしているということを ちゃんと理解できればいいんですよ。どちらが悪いのか 良いのか 判断能力が有っても 無くても とにかく聞いて 進行状態を聞けば判る訳ですから 大体 (ああ こういうことを訴えているんだなあと 最低 それぐらい裁判所だったら 中立の立場を守るために してもいいじゃないかと思うんですけど「うん だから 裁判所ではですね もう 何度も繰り返して あれなんですけど 釘本さんに呼び出しかけていますけどもね 釘本さんは代理人を立てられてあるんでですね」

 
「ええ」弁護士さんがいらっしゃるんで 本人さんがいらっしゃるかどうか 家族のかたがいらっしゃるかどうか 裁判所としてはですね 家族の方に呼び出しをかけてるわけじゃないんで いらっしゃるか判りません。と」「だったら同じですよ
「なにが?」「その 弁護士さんと ずっとずっーと話をしてきたんですよ。話合いを。それで決裂してきた時と変わらんでしょ 一歩も前進しないでしょ」「裁判所でですね まあそれは

 
「だから 本当は
加害者は 自分が加害者なのに 被害者を訴えるというのは 滅多なことではしませんよ「自分が悪いと分かっているんだから だから どういう気持ちで その裁判に 挑められるかよ 居たたまれない気持ちになるんじゃないんですか? 普通は」「さあ 判りませんが」「自分が被害者なのに ああ 加害者なのに (何で被害者を訴えているんだろうか?)と そのこと自体 おかしいことでしょう?」 だから 当人は 恥ずかしくて来れないんですよ。普通は」「ああ あの それは今川さんが思っていることで それは何とも 裁判所が答ることではないのですねー」 

 「…だからね ちゃんと 誰でもいいからね あのー その 来るか来ないか判らないけども 裁判所の姿勢を ね (ちょっと呼び出したからね 来るかもしれませんよ)という話であれば こちらも期待をして 来るんですよ ね。(裁判所も中立にやってくれるんだなあ…)と 少しは希望を持ってね うん (行ってみようかなあ…)という気持ちになるでしょ? だけどそういうのが一切なければ (相変わらずだなあ…)と思うでしょ」「裁判所はいらしゃるかどうかは 判らんのですよ」「だから 人を呼び出す時にはね 訴えた本人が一人でも 来るのが義務でしょう。礼儀でしょう。これはもう 人間として当然のことだと思うんですけどね」

 
弁護士任せで
今まで そのう 損害の状況も見に来ていないという 基本的なこの加害者の 義務がね 怠っているんですよ。自分が起こした事故でありながら 弁護士任せで 保険会社の言うままに 任せっきりで 知らんフリしている訳ですよ。(そういう人間が 一人でも出てこないというのは どういうことか!)と こちらは やっぱり怒りが出てくるでしょう。全く変わらんじゃないかと 今までさんざん手こずらせて」「うん」「1年近くも放置されているんですよ。危険状態が こういう 案件を 何にも考えないで (はい 訴状を ああ受理しました)と そういう裁判じゃあね 普通 困るでしょう?。(これは何たるね 裁判をやってんのか!)と 普通 思いますよ。誰でも。…だから(きちっと正した上でやって下さい!)と言っているんですよ。」

 
「うん まあ そういう気持ちを言われるのは…いいんですけど」「いや だから だから言っているでしょ。」「はい」「最初から。書いているでしょ。うん (正して下さい)と」「だから そこはですね。書面で出して貰ってるんでですね」「だからね 裁判官自体がね」「ええ」「身を正さないと これはね」「はい」「こちらがまともに出てこれる筈がないでしょう」「明日はいらっしゃらないということですね」「そうじゃないですよ。ちゃんと判ればね。(少しでも中立でやって頂けるんであればね こちらは考えます)と」裁判所はですね」「はい」「あのう 今川さんがおっしゃるように あの原告側に立っている。ということではございませんのでね」「うん だけどね 結果的にはそうなんですよ。そうなっているでしょ?」

 「だから あのう(じゃあ ちょっと連絡してみましょう)(被告がそういう風に希望されている)んであれば (そうじゃないと出て来れない)と言われるのなら 伝えましょう)と というぐらいの反応があればいいですよ。うん (ああ やっと 中立でやってくれるんだなあ)と 安心して 期待を かけられるんですよ」「だから猿渡さんの 言動が 何か不信感を招くようなことばっかり 聞かされるから」「そういうことではないです」

 
「どうにもならんのですよ
こちらとしては」「けど 裁判所はできることと できないことがあるんでですね。できること「だから 中立公正が義務ですよ。これは。出来ないじゃなくて すべきなんですよ」「それはもう 今川さんの」「これは もう だから簡単に例えているでしょ。(スタートラインにつけてくれ) 同じ線の 所に立たしてくれと」「スタートは過ぎて 第2回目なんですよ」「だから それは関係ないんですよ。1回だろうと2回だろうと こちらが 公正中立にやってくれると 見届けたら」「ゴホン」

 
「いつでも出頭するんですよ」「うん あのう」「これは再三に言っているでしょ。だから この書面は ハッキリ あの 読み上げて下さい。ね 明日「あのですね 裁判所ではですね。法廷でですね 書面をそのまま読み上げるという 手続きはないんです「いや それは一応 読み上げた上で
進めて下さいよ。30分あるんだから すぐ済むでしょ。ざっと読み上げれば」裁判所は…」「ものの2 3分で読みあげてしまうでしょう」「必要ないです」「だから わざと少なくしているんですよ」「え」「一番重要な核心部分を 踏まえるように あえて 訴訟の内容は後回しにしてるんですよ。まずこれをキチッとね 30分の間の 法廷の場で 読み上げて貰って 傍聴人の人にも 聞かせて頂いて その結論を出すかでね」

 「さきほど 今川さんは傍聴人を連れてくるとおっしゃったという気がするんですが たくさんいらっしゃいます?」  急に話をそらした。  「それは判りませんよ。呼びかけてはいるけど わかりませんよ。来られるかどうかは」「判りました。裁判所のほうから 書面が改めてですね 今川さんのところに出されることはありませんのでね」「無いんですか?」「ありません」「それは分かりませんよ。結論が出てないでしょ」「ほー」 時計の音 「ほー そのー (書いているとおりに読み上げられない)ということは どういうことなんですかね?「ど その書面をですね」「ええ」「読み上げるのはですね 出した人が読み上げることはありえますよ」「ええ」「うん 裁判所が読み上げることは無いと思いますよ。ありませんよ」「お え?」「自分の言いたいことを書面にしている訳でしょ」「そうです」

 
「うん だから 通常はですね 自分の言いたいことを書面に出している訳ですからね 読み上げるでしょ。例えば訴状なら訴状のとおり の答弁書の主張だとかですね」「それはおかしいです
。何のために 答弁を開くのか判らんでしょ。僕の答弁のね 濃縮された内容を そこに書いて「ええ」「送っている訳だから」裁判所に宛てて 出された書面でしょ?」「そうです」「裁判所が読めばいいんでしょ。それを法廷で読みあげるんですか?」「そうです 読み上げて貰ったらいいです。主張として「そういうご希望はお伺い致しますが そういうことをされるかどうかは別問題です」 

 「これは一見 主張 反論と書いてるでしょ。準備書面の前に (はじめに)ということで 裁判の方にお願いしているんですよ。だからこれは全部読み上げて貰えませんか「ね」「ハアアー」「これはもう こちらの最低の スタートラインにつくための もう最低限の主張です。絞った文章ですから」「それは希望があるということですね」「お願いです「お願いですね」「お願いだけど。これは僕のね ね 反論 意見なんですよ」「それは何に対する反論で?」「ハハ (笑い)だから 答弁の 一つとして 初めに言って置かねばならん言葉として出している訳ですよ」「は?あん?」「口頭答弁の「はあ?」

 
「内容に入る前の
お願いとして初めに書いているわけですから」「そういう書面だということでしょ?」「はい だから これは 本来はゼロなんですよ。はい 準備書面の。答弁の一つとして出している 口頭弁論に入る前の準備書面の意見の本論の前のゼロなんです。だから これは本題じゃ無いから (はじめに)という文を これはわざわざ これはページの 1ページの前のゼロのページの 初めの段階のお願いなんですよ。0ページで言っているんです これが前提を読んだ上で始めるということです」「はい」「これが まとまった時点で 訴訟に入るということをちゃんと言っているんですよ」「はい」「だから これをまず きちんと 信頼して任せられるような状況に 文書で明示して下さい。と その上で (納得したら始めましょう)ということなんですよ」

 「あの 今川さんの希望どおりのですね。訴訟の手続きがなされるかどうかはですね」「はい」「伝えられません」  「え?」「裁判官が手続して決めます」「それは 読み上げられるぐらいのことはやってくれるんですよ「そういう希望は伝えます」「希望ではなくて これは 僕の口頭弁論の これは内容です 最初の 気持ち」「だから その通りの手続がされるかどうかはわかりません」「ということは 読み上げられない可能性もあるんです「え」「この短いメモが」「はい」

 「そういうことは「今川さんの言いたい意見は この書面その通りですかということで」「だから それは「すみませんけどね 文面をですね つらつら つらつらと裁判官が あのう 2ページ分を読み上げることがあるかどうかというと そういうことは無いと思いますよ」「それじゃ どういう形でするんですか? 口頭弁論の内容です。最初の。読み上げられる可能性は無いんです「読み上げられることは無いですよ」「じゃあ どういうかたちで進められるんですか。どういう形でやるんですか?」「明日 出頭されないんでしょう?」「いやいや それは判りません」「欠席のまま 進むだけですよ。今川允子さんが来て頂かないと まず 駄目なんですけどね。うん」

 
だから前から言っているでしょ。(訴訟能力がもう疑問だ)と 甚だ」「うん だから来て頂かないと その判断もできないじゃないですか? 実際 来て頂いて (なるほど そうだ)…ということになればですね」「それじゃあ だから 順番が。話が全然 筋道が 通らないから こういう風に すったもんだ すれ違ってくるんですよ。だから 明確に文書で示しているでしょ?」順番をキチッと 最初から正して貰えば(行きます)と「あの 仰りたいことは大体 何度も聞いてますんでね 大体判っているんですけどもですね」「だからね」「それを踏まえた上での 先ほどからの回答なんですよ」「その

 
「あの その裁判所のほうでですね あのう 今川さんがですね 求めてあるですね。書面による回答をですね 期日前に出すようなことはありませんし。書面の回答をすることはありませんし。今から明日までの間にそういう書面を出すことはありません」  それはーありませんのでね。 現実的に もう明日ですからね「そうですよ。だから 最低ね」「うん」「キチンと この出した 2ページ分の 文章だけは読んで貰えませんか?」「だから それも確約できません」  その 他の話は もう入らなくていいですから 前段階の 僕が最初に 正したいことがあって その言い分だけは伝えて下さいよ。来ても来なくても「その書面に書いてあったことでしょ?」「そうです」「それと それを法廷で読み上げて貰いたいという趣旨でしょ」

 
「はい そうです
「はい それは伝えておきますよ「はい」「まあ 出来れば明日下さい。 ちょっと 私も時間がありませんので 申し訳ありません。 では一旦切らせて貰いますけど。来てください。出来れば允子さんとご一緒に来ていただければ と思いますけど よろしいですかはー それは答えられませんよ」「そうですか?」「(笑い)だから そちらが ハッキリして頂けたら答は出せるんですよ。そこら辺が いつも曖昧で それに抗議して出している訳ですよ」「だからこれは電話で申し上げ できないという事なんです。すみませんけど そういうことなんですが」「ああ やっぱり これは話にならんですね」「明日 時間をある程度 とってますのでね」「はい」「うん そこでですね お仰って頂いた方がいいんじゃないでしょうか?」

 「これは あのー 話が通じないというのが 今 結果として 。こういうかたちで 検討されて。もう再確認したんですよ。(やっぱりだなあ)(公正中立じゃないなあという 結論が出てしまうんですよ。だから この裁判自体が 。そういう風な 性格のものになるんですよ」「前提が崩れれば。そらあ もう裁判をやり直ししないと「今のところは だから訴状しか出てないのでですね」「訴訟が そういう状態になると ほとんどもう意味が無いんですよ。裁判というのは そういう 人を 人を陥れる為のね そういう道具になってるんですよ

 「決してそういうことではないと思いますが」「そうなるでしょ?。だからそうじゃあ いけないから しっかり それを 裁判の方に言いたいんだよ。こういうかたちで 始めたら 駄目でしょ?と」「実際の当事者が 他の人は代理人ばかりだと言われるんであればですね 今川さんご本人がいらっしゃってですね ご自身が 当事者本人であると 今川允子さんのほうにですね ちゃんと事情を聞いたほうがいいと思いますよ」

 
「そしたらですよ。出頭する
あのう 代わりに きちっとそれは書面で「はい」「くれるんですか?」え 何を?」「今までの僕の質問は? 準備して貰えているんでしょうか?」「何をする代わりに?」「うん だから その えー 訴状を 却下しなかった理由とか 訴訟要件が満ちてない理由とか 満ちている理由」「はい」「それをキチッと渡してくれるますか。その出頭する…という前提で「ああ」「その代わりに」「裁判所がですね」「はい」

 
「判決とか決定とかがですね」「ええ」「そういうことで あの裁判所が判断がですね」「はい」「示されるんですが…はい」「だから
その 色々…」「何も資料も無いままに 今のところまだ 実質 一度もおいでてないので 第1回目の審理というものは…」「だから あのう一方的に その原告側の言い分だけの 訴状を受理されてあるでしょ?」「だからそれに対してですね」 それで裁判を進めようとされてるんだけど じゃあ」「出して下さいと」(被告の 被告の言い分は どこで見るんですか?)ということですよ」

 
「だから ちゃんと書面を出して下さい。て書いてあるでしょ 答弁書の催告状も入っていたと思いますよ」「だから
それは一方的な 向こう側の訴訟を あの 進める上で こちらの言い分は全く 聞かないうちに もう始めようとしている訳でしょ?」「だから 向こうの言い分を 裁判所はですね」「はい」「あのう 双方の言い分を裁判所は聞かないと 判らないんですよ。実際のところはね。書面ですね」「だから 人にそういう 書類を求めるなら

 
「うん」「まず中立である筈の裁判官が「はい」「疑問に対して答えなきゃ嘘なんですよ」 無責任な 判定を下すような そういう状況が最初からあるんですよ。 (私も 命がけで そういう判定をするんだ!)という気概が無いですよ「…」(公正中立で 神に誓って そういう 公正にやる)と。そういう風なものが見られませんよ「証言者ですら 誓いますよ「えっ?」「証言者であっても それはアメリカのほうで ハハ」「は?」「聖書に手を置いて誓いますよ?」「ああ」

 
「そういうふうなことを
するのが裁判所なんだから。 少なくとも そういう裁判 判定を下す 裁判官は (公正中立で 判定を下します)と いう そういうポーズぐらい無いとおかしいでしょ」「いや裁判所は公正中立が大前提です」「大前提が崩れていますよ「そういう風に感じられていることは」「ハハ だから 話の筋の議論が そういうことになるから「ええ」

 
「僕は筋を通して
書面で出しているんですよ わざわざ。。書面で質問したことに対しては 書面で返すというのが 普通の一般社会では礼儀なんですよ。これは常識ですよ」「だから 法律に従ってですね 手続に従ってですね 出来ることをですね 順番にやっているんです。だから」「だから「(出来ないことは出来ません)としか言いようがありません。裁判官が判断すれば 何らかの判定します」「だから 要するに その 最終的には裁判官の判断に委ねないといけなくなるでしょ。訴訟に入ると 「そうです」

 
「あの おかしな判定を下されたとしても意見 言えないでしょ?。文句言えなくなるでしょ?」「そう言えばそうね」
だから言っているんですよ。最初が肝心だと 。人に 人の そういうふうな 量刑とか 決めるような裁判官が 自分のことはそっちのけで やりたい放題じゃ困るでしょ」やりたい放題でということは無いと思いますよ」「いや そういう風に映るんですよ。こちらとしては 一方的で(全て一方的に進められるね この訴訟というのは 一体何なのか?)と。あんまりにもひどいすぎる と

 「そう思うんですよ」「あとはもう あなたは(こうなっているんだ)とか そういう もう 裁判所の事情で色々持って行こうとするんだけど 普通の感覚からすれば 極めて非常識的な 非常識的な ことをやって 平然とされているなあ とひどいなあと 思うんですよ。だから 指摘するんですよ ちゃんと。(しっかりして下さい)「…」

 「この被告のほうを ちょっと3メートルぐらい うしろにズラして あの スタートさせるようなことをして「はい」「うん (これじゃいかん)と」「はい」「うん 最初からちゃんとスタートラインに付かせて下さい。と判りやすく話しているんですよ。」「あ できないものはできません」「ああ なら もう駄目です「はい」

 
「こういう判りやすい話も受け入れられないんじゃあ」「だから裁判所は出来ることと 出来ないものがございますので から 出来るともいえませんし。確実でもないものを 確約出来ませんし 有りますから確約出来ないものを確約出来ませんし そういう回答しか」「だから とにかく読み上げて下さいよ。最低 僕の
気持ちを書いた書類ですから」「そういうものは訴訟手続きがされるか 限りませんし それも確約できませんし」

 「まあ 堂々巡りです「うん はい だいぶ堂々巡りです」「だから 話の「申し訳ないですけど」「話の展開が全く同じなんですよ。これ」「全く同じ?「今まで「うん」「この保険会社と話してきた「アハハ」「うん それと同じ課題があるんです「同じような「どういう風な うん だから思考の回路がおかしいんですよ「うん…うん」「まともな人間の会話じゃあないんですよ これは 失礼ですけど「うん ちょっと 私もね 答えられることと 答えられないことがありますからね」

 
「だから
こういうことは。言いたくは無いんですよ」「うん まあそれは「天下の裁判所に勤める人に 失礼だと判っているんだけど」「そういうことはない」「あまりにもひどいと思うなあ。」「そういう意見を持たれてしまうのは あのう」「これ 言われるでしょ。色んな人から こういうふうな手続きされたらほとんどの人がみんなが持っている疑問だと思いますよこれはもう 大問題ですよ。これは いずれにしても これは このままじゃ済みませんよ「できればですね 何度もされとりますが あのう 不満な点があるかも知れませんけども

 「これは 癒着構造があると僕は思っているんですよ」「え 何が?」「癒着 癒着してるなあと」「何と誰が?」「色んなかたちで ええ 弁護士ともそうだし。保険会社ともね (何らかの関係で 癒着があるから こういうことになるんだろうなあ?)という 推理が成り立つものが出てくるんですよ」「ああ あのう そういうふうに考えられるのはご自由なんですが「そうじゃないと こういうことがないと有り得ない筈ですから。じゃあ だから 何でそうゆう風になるのか? 裁判所までも 歪めてしまうような「はい」「そこに大きな巨悪が存在するならば「はい」「これはもう徹底的に「はい」「解明していかなきゃ ならんだろう。と」「ああ そういうことは無いと 私は思いますけどね アハハ(笑い)」「だから (そうじゃない)という 言う方が無理なんですよ」「うん」

 
「こういうことが平然と
うん 何か もう 色んな意見を さんざんしても いくら注意しても 変えないとしたら そして同じ体質 同じ構造があるんです。癒着関係があっても もう不思議じゃ無いですよ。これは言っていることが同じですから」「まあ あの すみません。何度も同じことの繰り返しになるんですが「ハッハハ(笑い)だからですよ だから 猿渡さんは 本当に あのう 僕は 見込んでいるんですよ。(こういうことを ちゃんと気が付く筈だ。)と それで注意しているんですよ。何回も何回も(普通 すぐに分かるだろう)と」「今川さんにも分かって貰ってですね 裁判所に来て、おっしゃったほうが いいんじゃないでしょうか?ということを 何度も何度も申し上げているんです」

 「そしたらですよ」「ええ」 あのう 一ぺん 出頭して 元に戻すような状況を保証して頂けませんか?」「そういう保証は 私にはそういう立場にはないですから」「出来ないんですか?」「アハハ 私はそういう立場にはないです」「だから そちらに一度入ってしまうと 元に戻れないから警戒しているんですよ。 いつでも まだ いつでも裁判の訴訟の うん (第一歩を踏んでないから いつでも戻れるんだ)と そういう ちゃんと計算をしながらやっている訳ですよ。それを脅かすようなかたちで (出頭しないと 向こうの原告どおりの 判定になる)と これは脅しですよ。これ「というかですね あのう 言い分があるのにですね 訴訟活動されないとですね「いやいや それはホームページ上で ハッキリと 反論していますよ」「だからHPで書いてあるものは証拠にはならないですよ」「いや証拠じゃないでしょう」「それはもう いっぱい書いてあるかもしれませんけどね ホームページに書いてあるだけでですね」「いやいや 書いてあるでしょ。ちゃんとアドレスも」「それは証拠にはならない」「それは同じでしょ。証拠と」「証拠に基づいてですね 判決されるのであって そういうものを見て判定されるものではないんですよ」

 「今時 HPが普及している時代に それは古い考えですよ」「古い考え「時代はインターネットが世界に普及されているのに」「それは」「それを証拠にしないというのは おかしいでしょ」「だから証拠は」「あの だから同じなんですよ。内容としては」「インターネットに掲載するのは構わないんですが それは証拠として書面で提出貰わないと証拠にはならないんですよ」「だから理屈ですよ それは」「おかしいですよ」「理屈ですよ」「そちらのほうが理屈だと思いますよ。ハハ」「あの だから同じなんですよ。内容としては ただ準備書面として。あのう そちらが言われた通り そのう 署名と印鑑を押したかたちで 一応 ホームページ上で見れますから それはそちらに言われたとおりしているんですよ」「準備はされているんですかね」

 
「はい そうです 準備書面としては
ですね 完璧に出来てますから あとは印刷して それを提出するかどうかが 最後の 段階で 留めている訳ですよ」「じゃあ 明日まで思い切って出して下さい。ハハ」「いやあ それは だから その答えをそれを聞いてから 判断しようとしているんですよ」「とにかく 明日来て下さい。すみません 私も時間がないのでですね」「ああ もう堂々巡りですねー。結局は「うん」「話が ハハ 全然「うん」「もう僕のやったことが全然意味が無いんですよ「意味が無くは無いと思いますがね「うん だから せめて被告の 主張の一部でもいいですから 聞いて貰えませんかねー。これほど ひどい状態というのは これは問題です「そういう問題であるということは

 
「うーん 大問題ですよ。これは うーん「そう考えてあることは伺いましたからね。申し訳ないけど 時間が無いので」「そちらの あのう携帯番号は判りませんか?」「誰の?」「あのう いや 猿渡さんの」「え 私 携帯にかけて貰っても困りますが「え 明日のことだからね ちょっと 急きょ変わるかもしれんから」「何が?」「いや こちらの状況が
(連絡入れておこうかなあと思って 明日 ちょっと気が変わって 出頭する気持ちになるかも知れんから ハハ」「何する気持ち?」「はい」「時間中に裁判所にかけて下さい」「え?時間中に」「時間中に裁判所にかけて下さい」「え」「時間中に裁判所にかけて下さい」「はい? 9時? 」「8時 私は8時半には出ております。」「8時半から? はー」「はい」「はあー 携帯のほうは?」「あの 携帯はですね お教えしてません「ハハ あ そうですか… えー 困ったですね…。  うーん… わかりました。一応 今日はこれで終わります 話は「ちょっと検討しとって下さい」「はい はい すみません」「はい」「はーい」 ガチャン   全く話にならん

テープのつづき

検察庁 特捜部 監視中

期日 平成19年9月21日 

 午前10:00 口頭弁論期日 
出頭場所 福岡地方裁判所 第108号法廷 本館1階


被害者の意見書が裁判官に伝わっていない可能性がある
義務である筈の理由を言わない不審な書記官

その後 これから次第に 
書記官 と 弁護士
の癒着の疑いが出てくる
    
〒810-8653 福岡市中央区城内1番1号
  福岡地方
裁判所 第2民事部3係
        
裁判所書記官  猿渡 清成
 電話
 092-781-3141 内線 3424  FAX 092-714-7942

結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口

昔話の謎

ロゴ創作

運営サイト

なぞとき

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

光道…B

   
ネット上の違法操作行為を24時間態勢で監視
警視庁 “
サイバーパトロール”開始

 

 不正アクセスの妨害行為を続けている容疑者に喝!
直ちに改心して謝罪するように警告  
  HOME

不公正な書記官 口頭弁論 不審な会話 FAX HOME   月/日

口頭

弁論

1回

第2回

全体

第3回

4最終

特別送達

9月 

9月

10月

11月 

12月

1月

9/7

/20

/21

20/21

 /4 緊急 

/22

/7/23