戻る     解決のお願い     HOME     次へ

差押サギ

放置 への
苦情

警察署

被害者

依頼

虚偽サギ裁判 文

最終弁論

判定言渡

受取拒否

差押命令

調査依頼

告訴決定

巨悪連盟

HOME  月/日

不当訴訟

謀略裁判

解決依頼

詐偽成立

責任者

証拠提出

捜査逮捕

 
何故か?
「差押9」 のリンクに 「警察9」 の内容に替わっている。これは
改ざん犯が「警察9」を削除するに忍びなく、ここに入れ替えた形跡か?

「警察9」に本来あった内容を、他の場所に移動した容疑が発生。
戻る
  
5 6 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23   次へ

これはどうしても改ざん犯が見られたくない内容なのか?
ここで・・・改ざん犯の加担罪に
「前原警察署」の可能性が出てきた。
 


9月11日 「警察相談の日」苦情

戻る   差押          10 11 12   次へ

差押引落の責任追及 調査依頼   戻る (広報係)



  
   
9月11日は警察相談の日

    警察では、犯罪による未然防止などの県民生活の
  
安全に関する相談
 及び 警察に対する要望・意見等に
   お応えする相談窓口として、
警察安全 相談コーナー
   を開設
しております。


   
前原警察署警察安全相談コーナーの開設】

   日 時  平成20年9月11日(木)
        午前9時00分から午後5時00分まで


   場 所  前原市前原中央1丁目6番1号
        
前原警察署1階 『警察安全相談コーナー』


   お問い合わせ先
   福岡県
前原警察署
   092-323-0110
 
        警察庁のホームページからのお知らせ。
 

  県民生活の安全に関する相談 犯罪の未然防止のために、前原警察署
 「相談コーナー」を開設しているというので相談に行った。ところが・・・


 

 

 生活の安全にかかわる相談、警察に対する要望や意見など
 

お知らせ 13ページ 

 

 

 

広報 にじょう No,537
 平成20/9/1
 

 

2010年 二丈町→ 糸島市になり 二丈福井に変わる。 「前原署」→ 「糸島署」に変わる 
 前原警察署 録音内容編集中 2008 H20/9/11 午前10時
 刑事課 西村敦夫 上司の山路氏 紺    母 允子 茶  息子 正信 青
 

 取調べ室の中は狭くて、ドアを締められると、まるで風呂の中で話しているような状態になり、おまけに、入れ歯のの濶舌も悪く、何を話しているのか、反響して聞き取れなかった。残念だが、仕方ないので、この録音テープは、あきらめて、そのまま放置していた。だが、ここに来て、前原警察の対応がどうだったのか?、証明をする必要が出てきたので、もう一度、取り出して、耳をこらして聞いてみた

 すると、聞き取りにくい内容だったが、集中して聞くと、何を話しているのか、おぼろげながらも、何となく判るようになった。最低、聞き取れる内容を、出来るだけ忠実に文字に起こした。この内容は、警察署が、この
(差押サギ事件)の結託関係に入るのかの大事な証拠となる。

 


 「まず名前と住所からお聞きします」「免許書は、身分証明書は無かったな。えっと、免許書は持って来てないんですが」「ご住所はどちら?」「えっと、糸島郡」「はい」「二丈町福井」「はい」「6016番」「・・・はい」「母さん、今川允子」「今に川・・・」「允子さん、えっと生年月日は」「え」「大正10年2月23日、ね」

 
「おいくつですか?大正10年は」「88?になったかな?」「888歳」「そして息子さんは?」「息子です。今川正信」「漢字は?」「正しいに信じる」「生年月日は?」「昭和29年」「はい」「2月」「えー、今現在?」「53歳」「お仕事は」「今は看板、看板製作、自営ですね」「自営?」「自営業」「電話番号は何番ですか?」「326−5105ですね」「笑い、携帯はお持ちですか?」「携帯はですね、えー、7154」「はい」 雑音 「−0000」」「はい」


 「今日は、どういったご相談でしょうか?」「・・・?」「耳が遠いんですよ」「今日は、どういったご相談でしょうか?」「え?」「今日は、どういったご相談でしょうか?」「あの、これ見て下さい。5万円引かれてるところですね」「赤線引いてあるところ」「何も書いてないでしょ。誰が下ろしたか判らない」「うーん、はい」

 
「郵便局に行って、それで調べて貰ったんです」「はい」「私の名前が判らん時に、やかましく言われたのに、(誰が下ろしたか、判らんようなことされるんですか?)、ということで調べて貰ったんです」「はい」「それで、向こうからですね、調べて貰ったら」「どちらの郵便局に行かれたんですか?」

 
「福吉郵便局、手紙が来ている筈だと」「手紙というのは5万円引かれたという手紙ですか?」「そうだと思います」「そしたら?」「そうしたら、こんな風な手紙が来たんです」「郵便局から」「下ろした人の名前が書いていないんです」

 「なるほど、うーん、あー、これに入ってきたんですかね」「はい、そうです」「ああ、内容は、そのう、地方裁判所から、7月11日に、貯金を、あのう、まあ、差押命令になるという内容ですが、心当たりはありますか?」

 「心当たりが、最初、訳が判らなかったんですよ」「心当たりが無かったんですよ、(何でそんなことになったのだろうか?)と思ったんです。それで日にちを見て下さい。11日になっとるでしょ、そして」「11日になってますよね、郵便局に相談に行かれた日は何日になるんですか?」「えっと、17日」「17日、間違いないですかね?」「何日やったかいな」「17日の日に郵便局に確認に行かれたんですね」

 
「だから、お金が要ったからですね、下ろそうとしたけど、40万ほど要ったからですね、出そうとして行ったところ、5万円引き出されていたから、見たら5万、引いてあるでしょ」「ああ、郵便局としての対応はどういう感じでしたか?郵便局員がですね、今川さんに、何という風に説明されましたかね?」

 
「だからですね」「なるほど」「11日に金を引いて下ろしてあるでしょ、11日に金を下ろして、それで15日に通知が来て、(先に金を取るということは出来るんでしょうか?)と思って」「なるほど、それで、そこに電話されたんですか?」「そうです、来たからです
「すると?、どういう説明をされたんですか?この」

 「ああ、これはですね」「はい」「裁判のほうで」「はい」「あのう、何やったですかね、えー…、謝罪広告の、えー、何とか・・・ いう感じで」「何の謝罪広告?」「ええ、これはですね、裁判が開かれて、知らない内に開かれて」「謝罪広告とは何の?謝罪広告」「ああ、それは、こちらが色々やっていたということで、(謝罪しろ)ということで」「何をやっててと?」

 
「損害立証とかで、貼り紙とか、やってたんですよね」「はいはい」「ホームページとかで掲載されたことの謝罪広告ですかね?」「そのことで、ですね、これが原因です。真っ直ぐ入っとりますでしょ」「これは、何の写真ですかね?」「え?、これが原因です」「これは何の写真ですかね?」「家に飛び込んだ写真です、これが始まりで」

 「そして、この写真を、息子さんが、ホームページ上に掲載されたということですか?」「そうですね、損害、(被害者の方が、損害立証する義務がある)と言われてですね」「それは誰に言われたんですか?弁護士さん」「たから、そうです、相手側の弁護士で、(任せているから)ということで、全然話にならなかったから」「なるほど」「全然、他に手段が無かったんですね」「でも、これはどういった意図で、掲載されたんですか?」「意図、ああ、意図は」

 「電話しても駄目、手紙でも駄目ということで、最終的には、合意の元で、アドレスを教えたんですよ。そしたら、それを、相手が訴えてきたんですね」「それで訴訟を起こしているんですか?、誰が?」「訴訟は向こう側が起こして、ですね、加害者側が起こして」「どうなっているんですか?」

 
「加害者側の請求通りに判定が下りたんですね」「えー、この家の修理に関する、これはまだ調査は終わってないんですよ。勝手に見積を出して終わらせようとしてますから」「ちょと待って下さい」「家が壊れてますよね、電動車も壊れてますよね、電動車のほうは修理はされたんですか?」「これを見て下さい。電動車ですね、外に在ったんですね」「・・・」「軒下に、屋敷の中に飛び込んで、家の中に押し込んで、座敷の上がって来たんです」

 「損害立証とか掲載、ホームページ 家に飛び込んだ」「写真を掲載した。(被害者のほうで損害立証する義務がある)と」「相手側の弁護士、手段が無かった、電話、手紙、最終的には、見てくれ、合意のもとで、加害者側、損害賠償、加害者側の請求通りに判定が下りた。勝手に見積が出てない」「家の壊れた。電動車も壊れて、屋敷の」

 「その、えーと、今川さんは弁護士さんには、相談はされましたか?」「いえ、それはしてないですね」「で、家の修理やら、電動カーに関しては?」「電動車は新しくして貰ったんですけど」「相手から」「ええ、他のです、家の損傷は全然、見られてないんです「要するに、いくら、向こうから、今のところ、現時点、あのう」「全然何も無いんです」「賠償はして貰ってないんですよ。車は品物だけで、修理は全損ということで」「・・・」

 「そうです、金額は40何万かだったかな」「車のほうはどうなっているんですか?、話し合いは」「車は、あ、(家が倒壊の危険があるんじゃないか)、ということで、訴えているんですけど、家自体は、まだ」「家の修理のほうは?」

 
「車の、あ、家はですね、訴えているんですけど、それをしないと、認めてくれないから、家が、(継ぎ柱)になっているんですよ。、修理の方は全然、されてないんですよ」「まだ出来てない。これは息子さんが作られたんですか?」「昔、雨で腐って、こういう状態で、損害立証しているんですね、そいうのを、こういうのを、やめさせようということで、妨害に入ったような感じですね」「妨害」「難癖をつけて
(個人名を出すな。)とか、色々言って」

 「それをホームページに載せられたんですね、(掲載するな)というんですか?」「ホームページでしか、全然、受け付けない状態にしておきながら、それを」「ああ」「訴えているんですよ」「ただ、それは、ホームページは不特定多数の、世界中の人が見れる訳じゃないですか?」「だけど一応、指定しているんですね、限定して」「例えばですね、例えばですけど」「はい」

 
「配達証明郵便なんかででね」「・・・」「プライバシー侵害というのはあるけどね」「いや家が危ない状態だからですね、やむを得ない状態だから」「確かに」「それを、あえて、少し不安を感じながら、やったんです
「はい」「優先、人命を優先しないといけない状態だからですね、これは触れない筈ですけど、公益性とか、公共性とか、はい」

 「ただ、今川さんは、相手方の状況を把握してほしい、こういう事故を起こされてですね、頭に来られて、その(現状を判ってほしい)ということで」「それは一応、ポーズで、そういうのは言ってますけど、みんなに、見てもらう」「判ってほしい、とにかく、この件については、今川さん自身も、弁護士さんあたりに相談して、依頼して、釘本さんと 弁護士同士でお話して頂かないと、埒があかん問題とは思うんですが」

 「それがですね、●相手側の保険屋さんが、(釘本さんも呼ばれたらどうですか?)と聞いたら」「はあ」「止められたんです。(電話もするな、話もするな)と止められました」「保険屋さんというのは、車の保険ですか?、相手方の」「そうしたらもう、それで、(調査もしてないから、やり直してください。)と言いました」

 
「なるほど」「弁護士さんも、どうしたらいいですか?(直接電話をするな)と」「うーん、事故に関してでしょ」「うーん」「だけん、こういうのはですね、警察からですね、あなたには支払う義務があるから、あのう、まあ、とにかく(金額を支払いなさい)とは、警察からは言えないんですよ。これは警察が言えないんですよ」「警察に来て貰いました」警察は(損保の不払い問題)に対して言わなければならない筈であるが・・・
 

 -------------  省 略 

  
 「事故があった時、警察は来たんですか?」「当時は、●」「後から、通報、事故起こした本人が、言うてあるかと思うたら、((人身事故じゃないけん、届けなくてもいい)と保険屋が言った)ということでした」「そんなことは無いですよ。事故があれば、あのう、例えば、怪我が無い事故であっても、それは間違ってますけどね」「だからですね、で、尋ねていったんです。交番に、2人で現場検証で」「何日か経った後です
「そうです

 
「だからですね、もう現場に車が無いからですね」「車自体が?」「車が引き出された後で、話がどこで間違ったか、(ああ、あん時、すぐに来て貰ってたら良かったなあ・・・)、と後悔しましたけどですね」「一歩間違っていたら、もう大変な、ことでしたからね」「これ、弁護士の手紙がです。全部、間違いだらけです」「ああ、鏡建設というところに紹介されたんですかね?」「はい、寒い盛りですよ、だから、1月27日でしょ、ね、何もかも、だからもう、家が、それじゃ、お客さんも(お迎え)されんからと」

 「法事が2月に、27日に用意していたんです。1週間も無かったから、ケガでもしたら、いかんし。されんからということで、お寺のほうに、こんな風だから、ということで変わったんですよ」「これ、ちょっと、見てもいいですか?」「はい」「これは別ですか?、事故に関する分ですか?」「それは、ホームページを見て貰う時にですね」「はあ、息子さんが作られたもので」

 
「これは、あ、関係ない。関係者を書いたんですよ。おふくろが忘れたりするから、出てこないということで、すぐに名前が、あ、これは、福吉派出所の巡査の方にお願いしたことがあるんです」「はい」(一筆、書いて貰ったら助かります)ということで、(突入したんだ)ということをお願いしたんですけどね。(付近に事故があって、間接的にぶつかってきた)という言い回しになってるから」「それは、書いてはいないでしょ」「はい」「それは、あのう、車も無いし、その、裏付が取れないでしょ」

 

 「一応、弁護士が入って来てから、この事故の問題が一切、出らないの」「事故の問題が」「弁護士とも話したことも無いんです」「お母さんが?ああ」「はい、手紙のやりとりだけで」「そして、その、相手がたが、あの、どういった内容の、その訴訟を起こしているんですかね、引落の、差押で、5万円ひかれたのは」

 
「裁判を
、これは書いてませんでしたか。これ、返還要求です「ああ、その5万円についての返還要求?」「これ、閲覧に行ったんですよ、見せて貰ったんですよ。12月18日に開かれた尋問があってです(こういうことだから)ということで、説明したんだけど、(強引に訴状を)通されているんですよ」「息子さんと、どういった、その、訴訟だったんですかね?」

 「その、最初の事件とは(別で、別件で)色々、出してきているんですよ。あのう、妨害するかたちで」「はい」「何か、名誉毀損とか、貼り紙していたのを」「貼紙をされていたじゃないですか」「そうですね、色々やってたから、あげあしを取る形で、分厚い書類で、(反論しろ)ということで、そういう、訴訟中だから、(やめてくれ)と言って、受け取らなかったんですよ、それを勝手に進めているんですね、本件が全然解決しないでです

 「・・・相手がたの起こしてきた裁判の内容というのを判る資料というのは」「内容を言わないの」「通知して言った・・・通知してきている筈ですが」

 「相手方が出してきた書類、受取ってないからですね、一切、詳しくは判らないんだけど」「はあ」「最初、呼び出しがきたんです。何の為に」「うーん、それは裁判所からでしょ」「はい」「裁判所からの通知を無視していたら駄目ですよ」「何のために呼び出しをするのだろうか?、通知」弁護士からだったら受取らないのは構わないですが、やっぱり、裁判所からでしょ。裁判所からの送達物、中身を確認しないと」

 
「だからですね」「出頭には応じないと。確認してないでしょ」「いえいえ、だから」「だからですね、相手方の言ってくることに対して、奥さん達は、全く間違ってないという主張なんでしょ。そしたら」「ある程度知ってある筈でしょ。それがね、聞いて下さい。そこで(何にも言わずに出て来い)というだけの通知ですよ」

 「それはね、内容を書いてある筈ですよ」「書いちゃない」「いや、間違いなく、書いてある筈ですよ」(裁判所が、何で、何のために呼び出したかを話して下さい)と聞いても、一言も言わないんですよ」「いえ、あのう、それは言う筈ですよ。向こうが、(何の罪で、出頭を呼出してあります)と書いてある筈です。それでね、あのう、奥さん達がね、(全く間違ってない)という風に、考えられるのであれば、出頭されたら良かったですね」

 「呼び出しておいてですよ、こんな字は見えませんよ。そうして、(訳を話して下さい。何の為に呼び出したのかを話して下さい)と言っても、一言も言わないんです。(書いてください)というばかりですよ」「それは息子さんを通じてでもね、聞かないといけません」(何にも悪いことをしてないのに、何で呼出されないといけないのか?)と。だからですね」

 
「悪いことをしてないなら、悪いことしてないなりに」「・・・」「だからね、(間違ってない)と公の前で言われたら良かったんですよ」「それが言わせんのですもん」「そういうことは無いです」「いーえ、いーえ」「絶対にそういうことはない」「だから書記官に押しかけて行って、話したんですよ」「それはね」「裁判そのものも、(意見がありますか?)と言っておきながら、(意見はたくさんあります)と言った途端に、(意見はないものとして閉廷します)と言って、さっさと立って意見を聞こうともしないで行ってしまわれたんですよ」

 「奥さんね、その裁判は、相手方が起こした裁判でしょ?、事故に関してではなくて、別の件だと思うんですよ。別の件、何か、だから、妨害をされたとか」「だから」「だからね、相手が起こした訴訟の内容」「弁護士に、一切、何も言わんのですよ」「だからね、あのう、こういった問題に対してはね、あの、法律の専門家を、あのう奥さんも雇ったほうが絶対にいいですよ。絶対にいいです。専門家に任したほうがいいですよ。絶対に、相手も弁護士でしょ、こっちも弁護士さんに頼まれたほうがいいですよ。

 だからね、弁護士に頼まないと絶対に無理だと思いますよ。
福岡弁護士会というのがあるんですよ、福岡弁護士会というのが、そこにね、電話されて、(あのう、こういう内容で訴訟を起こしたい)と、話をして紹介を受けたほうがいいです。もしくは・・・」「教えて下さい」「それはね、違いますよ。間違いなく、間違っていますよ。間違っている」「はあ、東京のほうにも出しました」「あのね、奥さんね、あの、自分の言いたいことは判るけど、あのう、自分の、自分達だけでやりたいということは判るんですよ。ただね、自分達が信用してね、頼むことも必要。弁護士さんに」

 「あの、いいですか「はい」「結局です、裁判が公正中立にやっていたら、坐れたんですよ」「はい」「それをずーと言ってきたんです。向こうの訴状を「はい」(却下してくれ)と、(却下しなくてもいいから、その理由を言ってくれ)と、でも(答えてくれないから座れない)と。それで最後まで坐れないで、終わったんですよ」「ただね」「はい」

 
「その裁判が、自分達が覚えが無いと、自分達が正しいと思われて、相手が訴訟を起こすこと自体がおかしいと、行われていることでしょ。そしたら、もう、裁判の場に立ってですよ、ハッキリ自分の意見を言ったらいいですよ」「それが、その、読み上げて貰おうと思って、出しているんです。訴訟を起こすこと自体がおかしい。口頭弁論では、被告席に座らないと、進められないし、答弁書を読み上げてくれない」「被告人として、原告が」

 「向こうが原告が、最終的に裁判官に委ねないといけないから」「そうです。そうです」「本当に安心して委ねられる裁判官かどうか、確かめようとして、確認して」「それは難しいですね」「いや、でも、これは大事なことですよ、基本ですから「基本じゃない」

 「そうじゃないと、裁判が、公正中立にやってないということで、証が取れない」「裁けない」「裁判所側の、理論であって」「それはね、もう、息子さんですね」「要するに、これは、損害立証しているのに、それを確認しているのに、認めないで、強引に裁判に持っているんですよ」「はい」「だから、弁護士とか」「前に進まない」

 
「だから、裁判そのものが罠だということですよ」「息子さん、言うたら悪いけど、逃げてますよ」「そうじゃなくて」「間違いなくね、実際ね、裁判をおこして、息子さんと奥さんがね、はっきり言って」「その裁判とか弁護士とかいう以前の問題で」「いや、でも、実際ね、訴訟を起こさないと、息子さんが訴えても、どうにもならんですよ、ハッキリ言って」「・・・」

 「私達が合点がいかないのは、こんな事故を起こしておいてですね、弁償もひとつ、一切せんどいて」「他のことで、」「そうだと思いますよ」「弁護士が書いたことは嘘ばかりですよ」「訴訟を起こされるようなことをね、まあ、ちょっとでも、されてあると思うんですよ。HPに掲載するというのも・・・「ちゃんと対応してくれれば」「だけど、(若干、やってはならないことをしたかなあ)という思いはあるんでしょう?」「こんなことになってないんですよ」「仕方がないでしょ、書いてます。ちゃんと、人命がかかっているから、仕方がないこと」

 
「裁判で訴えられたらいいでしょう」「裁判そのものが公正中立じゃないと」「裁判が公正中立じゃないと?」「ちょっといいですか、弁護士がですね、元、裁判官をやっていた人ですよ。だから」「・・・」「精通してあるんですよ。裁判の手続を」「それは、そうでしょうね」「だから、普通の弁護士を立てても、勝ち目が無いんですよ」「そういうことを思っていたら、勝てない」

 
「罠だっていうのはそこなんです」「そうしたら、信頼できる弁護士「勝てないということで戦っているんです」「そしたら、それでは勝てないと思いますよ」「それでもね、刑事事件になるようになっているんですね、差押で引き落としてね、民事が刑事事件に切り変わっているんですよ」

 「ちょっと、待ってね」「うん」「これ見て下さい。釘本さんを、ここに立っているのは、向こうの奥さんですよ、その時に(娘の車だから、ちゃんと娘の保険で払います)とハッキリと言われたんですよ」「そしたら、保険会社との話合いになっているんですよ。ハッキリ言ってね、弁護士を、専門家を立てないと、太刀打ち出来ないですよ」

 
「だからですね、保険屋に、言ってないんですよ。何にも」「だからね、奥さん達も、弁護士さんを立てた方がいいですよ。裁判で」「じゃあ、いい弁護士を教えて下さい」「私も、いい弁護士さんというのは、紹介できない」「そうでしょ、どこに行ってもそうでしょう」弁護士事務所にね、相談しに行かれたことはあります?」

 「いや、あの糸島の相談室に、行ったんですよ。で、弁護士さんも来られてました。でも、(どうしていいか判らん)ような答えでした「そしたら、また、別の弁護士さんに」「これは、あの、弁護士を立てる前の、この加害者との、話が、示談が、本当は出来たんだけど、それを妨害されたということなんですよ。保険会社とかに、弁護士とかに」

 
「妨害というかですね、話がつかん状態だから、相手が、あのう、弁護士を、立てて来たんでしょ」「これは話がつくのに、わざわざ弁護士を、間に入れて、(話すな)と、いうことになったんですよ」「あの、息子さん達の言い分が、相手に通らんから、弁護士を立ててきたんでしょ。話がつかんから、そうなったんでしょ。絶対そういうこと」「そうじゃないです。一方的に。見れば済むことを、そうじゃないです」「そういうことですよ」 この警察官は強い思い込みで一方的に決め付けている。

 「今、事件がありよるでしょうが」「ありますよ。」(弁護士が逮捕された)という話がありますよ」「私もね、こんな事故をね、私の家で起こされたらね、もう、私も妻がいるんですけど、身ごもってますよ、(死んでおったら)と思うと、頭に来ますよ。逆の立場なら、私だったら判りますよ。」「そしたらですね」「もしも、出ておったら、私も、警察官ですが、弁護士さんに比べたら、私も知識が足らないと思いますから、弁護士に頼みますよ」 この警察官はやたらと弁護士を依頼することを強くすすめている。

 
「あなた達の立場も分かります。そらあ、…ですしね、その運転させた、この人、運転した本人」「はい」「釘本春喜さんは」「うーん」「痴呆症ですよ」「うーん」「自分の奥さんの名前も判らない状態ですよ」「うーん、なるほどね」それをですね、それが保険屋が、ね」「はい」(痴呆症の人間に運転させたら、保険金は下りないから、黙っとけ!)ということになってとでしょ」

 「ただね、私たち、警察官がね、最初に言ったように(あなたが悪い、釘本さんに支払なさい)とは言えないです」「金を払うか、よりは、どっちが悪いかていうくらいは、判るでしょ」「それは、あっちが悪いですよ。明らかに」「それを打ち消して、しもうて、他のものを出してきているんですよ」

 
「ただ、明らかに、そっちが悪いですよ、それで、そのまあ、結局、お金で折ありがつかなかったんですよね、結局、お金の件についてね、それで、話がつかないから、そこで保険会社が、で、弁護士と、今川さんと話しても、そこでまた、折り合いがつかないから、その、色んなかたちで、相手方に訴えていこうと、されてる。その件について、その別の角度で訴訟を起こして、事件」

 「これはです、最初から、あのう、保険会社が派遣した調査員が、キチンと調査をしてないところから始まっているんです「うん、ああ」「そこが原因なんですよ」「調査が、自分達の、事故で、玄関に原因の、色んな物が壊れてますよ。何がどこに有るか、家の者しか判らないですよ。それを(ありましたか?)とか、何も言わないんですよ。電動車でもですね、後からですよ、(外にあったんですか?、中にあったと思ってましたと。)そんくらいの調査ですよ」

 
「その辺についても、私達は何も言えないんですよ」「そうでしょ」「アドバイスも、出来んからですね、やっぱりですね、結局ですね、向こうが訴訟を起こして、差押するんですよね、それは判ってるんですよね」「え?」「差押と、向こうが訴訟、するなら」「だからですよ、差押するなら、前もって、勝手にしていいんですか?裁判所が」「そこはね、通知は絶対にあってる筈です。絶対にあってる」「・・・」「あってて、あのう、奥さん達がね、あのね、受取ってないだけ」

 「いや、あの、先に引き落として、後から、来ているんですよ。間違いなく」「うーん」「通知が、貯金事務センターから、通知が来てるんです」「だけど、差し押さえの順番が間違ってますよ。手続き」「そういう差押に関しては、裁判所ですよね」(裁判所に聞いてくれ)と言ってあるから言ったんですよ。だけど、全然、埒が明かないんですよ。それで、もう、書記官が次から次に変わって、誰が責任を持って、対応するのか」

 「この件に関しての、警察からは言えないんですよ。ハッキリ言って」「全然、これは刑事事件にならないんですか?」「ならないんです。ならない」「こんな不当なことが行われているのに?」「ならないです」「これは本来の、別件で、つながっている。これは相殺する目的で、別件をぶつけてきているんですよ」「そしたらね、別件がある。はい」「裁判が不当なことで」「要因がある」

 
「そしたらね、別件でもいいけん、息子さんが正当なことを言われたら良かったんですよ。やったことで」「別件で、裁判が
、こういう全部、こういうことで、不当なことで」「…」「あの、罠のある、そういうところに、わざわざ」「そういうことでは、駄目でしょ、そういうこと言うと絶対に、あの、もう進まないですよ。絶対に進まない」 説明している話が全く通らない。絶対とか言っている認識では相談にならない。

 「はいはい」「こっちの言い分を聞いてください」「いや」「裁判のことは裁判で、判りますけど、ね、けれども、いくら(言え言え)といって、言うていけば、(ちゃんと紙に書け)と言わっしゃあですよ」「何を紙に」「手紙を出しているんですよ」「奥さんね、ちょっと、手続きが間違っているんですよ、やり方が間違っているんですよ」「なにが」 裁判所が間違ったやり方をしていると説明しているのに否定している。

 
「何も起こさないで手紙を送っても、無意味ですよ」「その辺のところが判らんから」「・・・」「言い分を 読まないんですよ」「奥さん達は、やり方が間違っている。事故についても、裁判を起こしたらいいですよ。裁判の、何も起こさないで、手紙を送っても無意味ですよ。法律の専門家を雇ったらいいんですよ」「何回がするうちに、色々、裁判のやり方がですね、みんな、弱い者いじめですよ」

 「それはね、それはね、弁護士に頼んでないからですよ。法律の専門家を頼まないからですよ」「勝手に書いた書類ですよ。そんな無茶なことがあるんですか?」「だからね、相手が起こしてきた訴訟は、事故とは全く関係ないことでしょ?」「そう」「でしょ?、文句を言って」「書記官の人は全然見てないですよ」「だから、事故についても、訴訟を起こされたらいいんですよ」 訴訟をする方向でしか考えを改めるようにし向けようとしている。

 
「ちょっと待って下さい。(書け)というから、何通も出しました」「うん」「でも、それでもですね、もうねじ曲げて、あれやから、読みもされないから、そしたら、今度は、又、前の日にですね、出しました。これは、必ず、(今度は必ずハッキリ読んで下さい)と言ったのに、そしたら、(書類が無い。さあ、どこに行ったのか?)法廷中にと探し回ったんですよ。それで時間が過ぎて終わったんですよ、そんなデタラメなことをされるんですかね。福岡の裁判所は」 この話は法廷中に藤田裁判官が今まであった書類が無くなったので、慌てて探してみたが、ついに見つからずに長い時間、待たされて、法廷が止まっ事を言っている。じつのところ、読み上げて欲しくない書類は猿渡書記官がその法曹服の中に隠してしまっていたのである。

 

 「だからね、あのう、やっぱり、(弁護士は信用されん)とか言われたら・・・。何にも、法律の専門家ですからね、頼まれたらいいですよ、一度。そこまで言われるんでしたらですよ。絶対にいい結果は生まれないと思いますよ」

 「これはですよ、裁判所の中で犯罪が行われているとしたら、どうなるんですか?」「それはどういう犯罪ですか?」「それは無いとは言えないでしょ」「・・・」「これは裁判所の(サギ加担事件)ですよ。それは、(被害者を加害者にし立て上げる、捏造事件)ですよ。それは訴訟の内容がちがうでしょ」

 
「誰が騙しているんですか?」「訴訟、分けるから、分からなくなるんであって、つながっているんですよ」「つながっているんだけど、それで、いつもそういう捜査をやってますよ。逮捕するにも、麻薬と窃盗とは、別々です。裁判で」「だけど、これは(損害立証しろ)と言うから、したのであって、言われなければ、そうなってないですよ。貼紙もね」

 「裁判の制度上で、分けないといけない問題なんですよ。これは」「あのね、これは(公正中立に「うん」行われていれば、坐れた。)という話ですよ」「それはね」「裁判所のシステムがおかしいから、こういうことになるんですよ」「もう、あの、受け入れなかったということでしょ」

 「いや、そうではないですよ、一方的に決めないで、裁判所の中にも悪人が存在するということ重要 で、今日はわざわざ、それは申立に来たんですよ」「これはね、(裁判所が悪いということは、私は無い)と思いますよ」

 
「決め付けられたら困るんですよ。だからね、裁判所の、ここに書類を用意して来てますから、提出しますので、あとでじっくり調べて貰ったらいいですよ。今は、もう
、問答になりますから、水掛け論になりますから」「以前にも来られました?」「以前も来たんですよ。警察署にも、検察庁にも」「うん」

 
「そして米原さん重要 が出て来られました」「あ、前原署のですか?」「はい、色々、話して
、まあ、そういう似たような話をされました」「これは全く同じ物を持って来られたんですかね、うん」「これはコピーしてますから」

 「これは、告訴状は、受取れないですよ」重要 「あ、どうしてですか?」「これは、何についての?」「これは関係者全部、罪名を書いて」「うん」「どっからでも検挙できるように、フフ、わざわざまとめたんです。もう、ひっくるめると、訳が判らないので、個人個人はバラバラですけど、これは、見られたら、つながってくるんですよ。事件として。結託しているということで」

 
「これは、告訴状は、受入れられないですよ。もう」 重要 「告訴状と書いてある以上」「けど、これはプリントですから」「プリントでも鑑を押してありますから」「印刷ですから」「はい」「「一応、これは受理して貰わないと困るんですよ。受理して」「うちは出来ないですよ。受け取れないですよ」 重要 受け取るべき義務が発生している。警察の捜査を進める為の大事な通報となる筈。   

 「調べて貰えば」「別でしょ」「そうじゃ、なくて、今日、来たのは、そのために来たんですよ」「はい」「今まで、散々来て、(門前払い)にされてきたから、(相談コーナー)を設けられてるから、(今度は受け入れて貰えるだろう・・・.)と思って、期待して持って来たんですよ」「それは無理ですよ」 義務違反である。

 「何で無理なんですかね?」「うん」「犯罪が起こっているんですよ。(損害賠償が、からんで、犯罪に結びついて、引落しされた)と言っているでしょ。(詐欺が実行された)ということで来ているんですね」「サギではないです」「詐欺ですよ。サギが実行された。だったら書かないといけないですよ。(裁判所が預かった)と」「これに書く必要は、おそらく無いと思いますよ」 とんでもないことを言う警察官である。

 「わかりますよ。判りますけど、だからですたい、いくら差押でも、これは個人の生活費ですよ」「うん」「それを差し押さえて、違うなら、(裁判所が5万円預かった)と。書かないといけないんですよ」「損害賠償をね、起こされてから、現金を差押えるというのは一緒でしょ、奥さんだけじゃないでしょ」

 
「その辺が判らないから。現金を差押えられたら、個人の生活費を取られたら」「うん」「こっちは生活で出来ませんよ。(死ね)ということですか?」「違いますよ。違いますよ。これは裁判で決められたことなので」「だからですよ、無実の人間を、裁判所が」「だからですよ、奥さんがですね、弁護士を雇うしかないですよ」「はい、そうですか、はい、わかりました」「それ以外に無いですよ」

 「これは、一応、あの」「奥さんね、これはね、どこの警察署に行かれても一緒ですよ」「・・・」「これ、コピーして下さい」「これですか?」「コピーして読んで貰えませんか?、わざわざ来た意味が無いからね、水掛け論で終わられると。話を聞いて貰うために来たんです。話を聞いてくれない場合に備えて、持ってきたんですから」

 
「息子さんがね、柔軟な考えを持ってないから、あの、自分の考えに固執してあるから」「そうじゃなくて、(読んでから決めて下さい)と言っているでしょ。(門前払い)でしょ」「全部、話を聞きました。読んでから」「これですか」「だから
、お願いしているから、これを受取らないことが門前払いと一緒なんですよ」「いえ、違いますよ」

 「キチンと丁寧に書いているものがあるんだから」「もういい!」(読んで下さい)ということで言っているんですよ」「こっちだけ、こっちの方はコピーさせて貰います」「だから、それは、はずしていいですよ。都合が悪かったら、わざわざ、書いているんですよ。それは何ですか?」

 「今日こそは、こういう、(特別のコーナー)だから、(警察相談)ですからね」「うーん、警察は、地域にですね、対応してますよ。ハッキリ言って、だったらね、息子さんは考えがね、柔軟でないでしょ」「いや、柔軟ですよ。ものすごく柔軟ですよ。僕は」(信用しない)ということは、はい」(筋が判れば座る)と言っているんですから、筋を通した上で、最大限に、譲ると言っているんですよ」「うん」

 
「その辺が
、やってはならんことをして」「やってはいかんというのは、訴訟自体でしょ、裁判所に弁護人がその、申立してある以上、裁判はする必要が、あるんですよ」「加害者の当事者自体が全然坐らないんですよ。だから、代理弁護士がね」「うん」「その、原告の席に弁護士として座って」

 
「いや、息子さん、ね、ちゃんと、聞いて下さいね、(被告人)としてね、訴えられているでしょ、そしたら、当然じゃないですか?」「被告であり、被害者なんですよ。それに
「被害者というのは。別件でしょ。息子さん、聞いて下さい。聞いて下さいよ。別件ですよ」「もういい、聞いても同じこと」

 「事故とは、別の件ででしょ。それとは全く別の件で、訴訟を起こされているじゃないですか、そしたら当然ですよ」「それは、手続き上のことで、妨害、攪乱」「訴訟でしょ」「訴訟中の係争中に、ぶつけてきてるんだから、分厚い書類を送りつけ、(反論しろと)「・・・」「だから、(合法的だ)と言っても、人間としてやっちゃあ、ならんことですよ。卑怯でしょ」「それが裁判の制度なんですよ」

 
「だから
、それを許しているから、おかしいんですよ。裁判制度が、こうして、(訴えた者勝ち)になるんですよ」「裁判制度が、それは動かし難い」「被害者はとんでもない状態に置かれているんだから、裁判制度がおかしいですよ」

 
「その辺は、弁護士にお願いせんとですね」「こちらも、ちゃんと筋が通ればね、用意していくんですよ、だけど、全然しないから」「筋が通らないから」「裁判を通しては
、公正ではないという結論が出たんですよ」「正当なね、手続きがあるんですよ。だからね、正当な手続を、息子さんが不当だと思っているから、前に進まないんですよ」 何という逆さまの答えなのか!

 「警察署も、わざわざ、保険がらみのことは(手を出すな)と、ね」「誰が言ったんですか?」「これはね、そういう指示があるように見受けられるんですよ」「誰が言ったんですか?」「これはね、あのう、現場検証でもそうですよ。(保険会社が入ったらもう、手を出すな)(検証しないことに決まりました)と来たんですよ」「現場検証をしたんでしょ」(保険会社が入ったら手を出すな。)と上から指示があったと島田巡査が言われましたよ、

 
重要 それも、わざわざ、(突入した車が柱を大きくずらしており、家が倒壊する恐れがある、こういう事故で、二次災害が起きる可能性がありますよ)と言ったら、(現場検証は自分がする)重要 と言われたんですよ。だけど現場検証したんだけど、家の損害情況は全然見なかった」「うん」「保険会社の調査員は、わざわざ、見ないような対応をするんですよ」「だから、その点についてですね、弁護士に相談して、あのう、訴えたらいいんですよ」

 
「いや、弁護士じゃなくて、全然、保険会社が対応しなきゃならんことですよ」「弁護士を通して訴えられたらいいんですよ。相手の保険会社が信用出来なければ、こっちから。攻めて行かれるしかないじゃないですか、そしたらそうでしょ」(弁護士を
立てろ)というのが罠なんですよ」「罠、フフ、じゃないですよ」

 「これは、あのですね、保険会社の口癖で、いっつも聞くのは、(訴訟中だと、いうことであればコメント出来ません)という」「罠じゃないですよ」(ああ、そういことか?)、と、逃げ道になっているんですよ」「いやいや、弁護士を頼んだらいいですよ」「いやいや、そういう、逃げ道を許すからおかしくなるんですよ」

 
「逃げ道じゃないですよ」「ちゃんと、損害立証しているんだから、それを見て、確認して、(じゃあ払いましょう)となれば、済むことですよ」「話がつかんから、弁護士に頼んだらいいですよ」「弁護士が入ると
、ややこしくなるんですよ」「そちらが、そげん思うからいけないんですよ」「こじれるんですよ」「そげん思うからいけないんですよ」この警察官は間違ったことばかり押し付けている。

 「だからね、こちらが訴えたいぐらいですよ。」「それでいいんじゃないですか?」「逆転しているんですよ。(加害者が何故、被害者を訴えているんだ?)という」「そしたら、逆に訴えたらいいですよ」「素朴な疑問から始まっているんだから、元々おかしいんですよ」「だから、訴訟したらいいじゃないですか?」「水掛論になるから」

 「そういうことがあるから、一応、読んで下さい。冷静になってですね」「うん」「お宅のお名前は?」刑事課の西村といいます」「刑事課の西村さんの名刺かなんか貰えますか?」「名刺は持ってないです。」 重要 名刺を持たずにやらされているのか? これは詐欺じゃないですよ、ハッキリ言って」「だからね、名刺を渡さない人は、僕は信用しないんですよ。基本的に」「ハハ」「僕は。それじゃあ責任を取れないでしょ」「じゃあ、書きましょうか?」「はい、書いて下さい」「はい、西村といいます」 西村をいう名前を書けば済むと思っているようだ。

 
「あのですね、えーとです
、あ、どれかな?書いて貰えますか?」「私のアドバイスを聞いて貰えないんですか?、はっきり言って、弁護士さんに、相談して、法律の専門家に」「・・・」「それしか方法は無いですよハッキリ言って」「想定して、(そう言われるだろうな・・・)と思って、来たんです」「前回の相談でも、言われている筈ですよ。絶対に言われている。間違いなく言われている。そういう風に」「刑事事件にする状態なのに「うん」「警察が対応してない。ということで、なっている」刑事事件にする状態ではないです。ハッキリ言うて、息子さんも、柔軟でないですよ」

 「今日ですね、今日来たのは、(何の為にきたのか?)というと「はい」「事件が、大変なことになるから(二次災害が起きる状態ですから、一応、把握しておいて下さい)ということなんですよ」「はい」「この、西村さん」「はい、敦夫です。はい」

 「もう一年半以上もなりますよ、無理ですよ」「ただ、日本の法律上ではですね。専門家に頼む以外、絶対に先に進まないですよ。絶対に解決しないですよ。絶対ですよ。もう、あの、自分達でね、戦おうと思ってもね」「えらい弁護士にかかったもんだなあ…と」「どうにもならないですよ。私もこれ以上、アドバイス出来ないですよ」  裁判で受けて立つように誘導する不可解な連中だ

 「コピーして読んで下さい。そうじゃないと、来た甲斐が無いですよ」「私もアドバイスした甲斐が無いですよ。そこまで言われると」「いや、分かるんだけど、言っていることは、判るんだけど。この場合は、(個人で解決するしかない)と逆に思うしかない。弁護士に頼むと、どこかで、談合して手を打ってしまうんですよ」「難しいですよ。絶対に難しいですよ」「あのう、これはですよ。あのう、窃盗とか、同じ事件にして貰ったほうがいいですよ。こうなったら」「事件にして貰うというか、(お金を支払って欲しい)ということでしょ。相手がたに」

 「これはですね、えー、手続きがですよ。供託とか、色々、手続き上、そうなっているんですよ」「うん」「えー、(相手の「はい」債権を横取りする)とか言ってですね」「裁判所がやった行為についてですかね」「そういう状況で、引き落としになっているんですよ」「それは違いますよ。ハッキリ言って、違いますよ」 裁判所が違法な手続きをしていることを、絶対に認めない態度だ。

 
「裁判所がやっていることは何でも許される。ということで
「裁判所のね、裁判所の通知に対してね、息子さんが素直に従っていないことが原因ですよ」「いや、素直に、従えるような、裁判をしてないから、そうなるんですよ」「従ってないでしょ」「いや、(裁判が、公正中立にしてないから、従えない。)ということですよ。こういうことになっているですよ。だから、従えない」「裁判が、公判が終わってから、するんですよ」

 「いや、最初から(きちんとやってくださいよ。公正中立にやって下さいよ)と言っているの、筋が通っているでしょ。そうしないから、裁判官が裁判」「犯罪じゃないです」「犯罪ですよ。偏った、判定、裁判を利用して、元裁判官だった、えー、これは、悪徳弁護士が入ってきて、ウロウロしているんですよ。あらゆることをやってますから、そういう人間が関わっていると、どうなるか想像したら判るでしょ」「それは息子さんの思い込みですよ」「そうじゃなくて、僕が聞いたんですよ」

 「・・・」「これは、悪徳弁護士が入って、払うべき賠償を相殺、放置していることが、裁判所の実態ですよ」「いや、そこを戦っていくしかないですよ」「公正中立ではない裁判では意味が無い」「そしたら完全に負けますよ」「そうじゃなくて」「絶対に負けますよ」「独断的な、ことを言われたら、困るから、ただ(裁判所を監視してくれ)ということで、抗議している訳ですよ」「うん」

 
「だからね、西村さんが
、今、こちらに対して言っていることは、同じ、(この結託の中に入ってしまう)ということになるんですよ」「違いますよ」「相談しているんでしょ。西村さんが、ここで、受取らないと、結託の中に入ってしまうんですよ」「違います」「だから(そうじゃない)と信じて持って来たんですよ」「だだ、私達のね、警察のアドバイスを言い分を、全く聞いてくれない今川さんにも問題があるんですよ」「聞いているんですよ。まず、私達の言い分を聞いた上で、説明してくれたらいいんですよ」

 「聞く、聞かんじゃないです。あちこち、ずーと尋ねてみました」「うん」「結局、返事は、返事は、全部同じです」「だけんね、一個試してないことがあるでしょ」「何ですか?」「一つ、試してないことが」「何ですか」「ひとつね、奥さん達が試してないことが、あるんですよ。弁護士を雇うこと「ん?」「雇ってないでしょ」「雇っておりません」「それを一回試してみたらいいですよ」

 「それは、考えてますよ。最終的には、最後の決済の時にはお願いするつもりはあります」「それはね、最初から、早く試されたらいいですよ」「最初から、この話は間違っているんですよ。調査員が最初から、ちゃんとした調査をせんから、こんな風になるんですよ。ね、だから、(これと、これと、これと、被害に、おうてますよ)と、言っても見向きもせんとですよ」

 
「だからね、そこはね、一つ試してないこと、弁護士さんをね、雇うことを試してみて下さい」「だからですね」「だからじゃない!だからじゃない」「だから、この問題はね、向かいどうしですよ。ね、家が目と鼻の先、出入りが見えるところですよ」「うん」「ね、組合の役員とか、報告を、それも出来んようなことにされたんですよ。いつでもできるところですよ。いいですか?」

 「だからですね」「いやいやちょっと待って下さいよ」「奥さんね、あのね、そういう状況をね、弁護人を雇って、全部、訴えたらいいんですよ。そして、代わりにね、だからね、法律の専門家の弁護人を」「・・・」「今後のね、今後の、対応として」「判りました。あんた達の話は、弁護士が入ってからの話ばかりですもんね」「弁護士をね、頼まんとね、前に、進まんですよ。弁護士を頼まんとね、出来ることもね」「いいえ保険屋と話をする時にですよ」「いや、保険屋も」「車の保険をかけた人が、どれだけか、かけてあるか、知らんですけどね」「うん」

 
「その分を払えばいいことでじゃないですか」「払えばいいけどね、金額の折り合いもついてないでしょ」「自分達の勝手ですよ」「だけん、向こうが提示した金額に納得できないんでしょ」(念書に判を押せ)と言う時に、(文句を言うな)と」「うん」(息子さんはその間、来るな)て、言うとですよ。そういうことでは念書に判を押されんでしょ」「されんでしょ、されんけんで、だから、法律の専門家に相談するんですよ。警察としては、もう何も言えませんよ。そこら辺は判るでしょ?」「はい、はい、判りました。判りました。博多の刑事しているのがいるから、そこに相談しますから。刑事知っているからそこに言って尋ねますから」

 「あのね、何処の警察に行っても、同じですよ」「判りました」「絶対に一緒ですよ。親身になって対応していますよ。これを聞いてくれないと悲しいですよ」

 「今、これは(警察相談コーナー)ということで来た訳ですよ。だから、これは、本当に深刻な状況でないと来ないですよ」「はい」「だから、そういう対応はおかしいですよ」「だからね、今まで、警察に相談されてきたでしょ。アドバイスをされたと思うんですよ。専門家で弁護士さんを雇って、それを何でされないんですか?頼んでほしいと」

 「だから、警察が動くと、道が開いてくる、弁護士が引く可能性があるんですよ」「無いです。断言します」「ふさがれて」「うん」「断言されたら、断言されたら、(相談コーナー)にはならんですよ」「嘘はつきたくないんですよ」「相談されたら「旦那さん、聞いて下さい。私は嘘は、つきたくないんですよ。嘘は言うて無いんですよ。何で(おかしい)と言われるんですか?」

 「だから、相談して、警察だったら、そういうのを、しっかり調べるのが、仕事だと思うから、。まだ信頼されてるんですよ」「うん」「信頼されているから、こちらに伺って、、来ているのに、そういう相談にもならないような、対応されるなら、(警察も信用出来ない)ということになるでしょ。たらい回しで、だったら」「うん試されてないことがあるんですよ、何でしないのか?」

 「だから、それも警察の逃げなんですよ。(こうしろ)というのは、警察では立件しないという、そういうポーズを。うん」「違います」「先に示しているようなもんですよ」「違います、裁判所からも」「門前払いして、捜査しないというのが警察の対応なんですよ。(堂々とちゃんとやれ)、と裁判所が公正中立にやる、(まっとうなものだったら、ちゃんと坐る)と言っているんですから」「それは逃げているんですよ」「いや、逃げてないですよ。ちゃんとこちらは、用意して

 「訴訟をね、裁判を勉強して下さい」「裁判というのは逃げ道がいっぱいあるから、勉強しても駄目なんです」「別なんですよ。別、やけんね、名誉毀損とか、その、…なんかの件で、被告人なんでしょ。そしたら、従う義務があるんですよ。事故とは別でしょ。訴訟は別でしょ」「訴訟は別だけど、それを切り離したら」「息子さん。聞いて下さい。それは判りますよ、別というのは、そういう制度になっているんだから」

 「裁判というこで、保険会社を被告にして、自分達のやったことを棚に上げて」「裁判というのは、逃げ道がいっぱいあるんですよ」「名誉毀損かなんかででね、訴訟を起こされているんですよ。被告人だから、事故とは別でしょ」「つながっているのに、(別件)と言い張っているだけなんですよ。で切り離しているだけですよ」「それは分かります。ただ、制度で行われているか、息子さんの」

 
「正当なことも聞き入れてくれないんですよ。裁判所から無視されたんですよ」「事故のことに関しては、別の裁判を起こすんですよ、保険会社を被告にして、原告が奥さんで、訴訟を起こすんですよ」「そ、自分のことは棚にあげてね、あげ足ばっかり取って」

 「それはね、裁判所が信じられるんであればね、しますよ、そう」「だからね、裁判の制度を勉強されたほうがいいですよ」「裁判所が癒着構造の中に入っていればね、ほとんど、意味がない事なんですよ」「だから、フフ、意味のないことだったら、こいういうことすることも意味も無くなるでしょ」「警察が対応してくれれば」「検察が裁くんですよ」

 「だから裁判所に、警察が踏み込んで、取り調べしたことはあるんですか、ありますか?、今まで、歴史上?」「今まで、ありますよ。警察も」「それはじゃあ、可能ですね。それを求めたいですよ」「裁判所がやっている行為は、だってね、息子さんは、名誉毀損か、何かの、訴訟かなにか、真っ向から勝負してないでしょ」「それは勝負ですよ。我々の」

 
「いや、この件に関してはですよ、その件に関しては。示談が」「だから
、裁判で受けて立つと、不利になるから」「そういうことを言われたら、フフ」「わざわざ相手が、掘ってる落とし穴に(入りなさい)と言われて、入りますか?」「じゃあね、お宅も掘ればいいですよ」「そういう戦い方はしないです。それが示談なんですよ」

 
「示談がね、成立しないから、訴訟を起こす」「例えば
、ハッキリ言えば、行司が、不正な行司を入れて、そこの土俵で、(相撲をやりましょう)と、そんな土俵には入らないですよ」「だからね、裁判というのはね、示談が出来ない、話し合いが出来ない、解決出来ないところを裁いてくれるとこが裁判所なんですよね、うん」「・・・」「原則で言えば、そうなんですよ」

 「つまり、言うたら、裁判になったら警察は入られないんですか?」「警察は入らないですよ。だから、交通事故で、訴訟を起こせばいいんですよ。奥さん達が、そこで言いたいことは、全部、ぶつけたらいいですよ。全部、もし、あの玄関前に立っていたら、絶対に死んでますよ。そういうことを全部」ここではっきり警察が裁判所の不正を取り締まる気がないことが判った。

 
「大体は、あらましは、判りました。でも、福岡の管内で、(こういう事件があったということは、把握しておいて貰いたいな)と思いますたいね。書いとりますからね」「はい」「けど、そんな話も、もう、保険屋が入ってるから、話せと、言うだけでした。家の中も見もされませんでした。警察でもそうですよ。向こうの相手とばかり、話してから、向こうの警察でもそうですよ」

 「奥さん、相手がね、過失、相手がね、悪いでしょ。運転しよった人が悪いでしょ。警察は全然、悪くは無い。全然悪くは無い。話を聞かんといかんでしょ。どういう状況で運転してあるのか。今日、何時頃、運転、ハンドルを握ったかね、何時間運転してあるとか、話して聞かんといかんでしょ」「詳しい状況を聞いても、肝心な家の損傷は見らないまま終わったような感じですよね。(ここまでせっかく来てあるんだったら、家の中を見て下さい)と頼みました。でも言っても、ちょっと、見ただけで、こちらの家の状況は、見てくれませんよ」

 「奥さんね、そこをね、警察官がね、深く見るところではないんですよ。家の中が、何センチズレてたとかね、警察は亀裂が何センチ入っていたとかね、警察が検問するとこじゃない。見ませんよ。そこは保険会社の調査員が調査して、その部分を間違いなく書いておかないといけないんですよ」※責任逃れ。

 
「一応ね、(あの時は、そんな風になっとった)と証言でもして貰えればよかとですよ」「それはね、今回、息子さんが写真をね」「はい」「結構、持ってあるでしょ。亀裂の部分とかを、それを撮られているでしょ。亀裂の部分の写真を出して」「それを、出せ、出せと言って、写真を出しても、しかと見もしないの」「それは交通事故に対する訴訟じゃないから、裁判は」「・・・」

 「いや、最初の事件はそうですよ、債務不存在確認事件、として、キチンと資料を、出しているんだけど、それを 書記官が握り潰しているんですよ。書記官が、で、それを裁判官は全然、知らない状態なんですよ」「今度、今川さんが起こした訴訟じゃないでしょう」「向こうが起こしている裁判ですよ」「だけん、今川さん達が訴訟を起こしたらいいですよ」

 「だから、これはつながっている事件で、今もって、裁判所が無責任な状態で、責任を取らない対応しているんですよ そういうところには行きませんよ。再び、訴訟という手段は取れませんよ。裁判は駄目だな、と」「そしたら示談も成立しないですよ。今の時点では示談は成立しないですよ」

 「だから、警察が検挙するか判らんけども、ひょっとしたら、するかも知れないと、そうです「うん」「一連のつながりがあるから、あの、相殺するのに、110円の、相当する同じ金額を、賠償するかたちになっているでしょ。、そのうちの5万が引かれたんですよ。

 どうなるか判らん。郵便局に聞いても、
(判りません。裁判所に聞いて下さい)。誰に、言っても(もう、知りません)という対応なんです。最後が裁判所、話が出来ない。判定」「世界の、日本だけじゃなくてですね、世界のです、紛争、解決するのは裁判ですから、裁判じゃないですか「裁判官が、」そしたらですよ、話は出来ないですよ。」「裁判という手段は選ばないですよ」「裁判を選ばないんだったら絶対に話が前に進まない」「・・・」

 「裁判所が聞いてくれるんだったら、いいです。裁判所そのものがね、相手の言い分を聞ききもせんで、決めていいんですか?、片方の意見だけ聞いて」それはですね」「裁判所は、両方の言い分を聞いて、それで判断するんでしょう」「それはそうですけど、聞く場所があると思うんですよ」「え?」「その裁判だけじゃなくてね、交通事故の訴訟の場のところで、話をすればいいでしょ。そこが法律の専門家じゃないとです「判りますよ。話が」

 
「奥さん、聞いて下さい。聞いて下さいよ。やっぱり
、法律の専門家じゃないとですね、ここで言うべきと、ここで言うべきところと、あるんですよ弁護士「判ります。そういう手続は判りました。いえ、あなたがたの立場では、(そういうにしか言えん)というのは、わかりました。それも、裁判所の椅子に座っった以上はですよ、ね、両方の言い分を聞くのが立場でしょ」「それはそうですよ」

 
「裁判所というのは」「そうですよ」「両方の言い分を聞いて、(何か意見ありますか?)と、(あります)と言うて、それで言おうとしたら、それを無視して、さっさと立たれましたよ」「それは、前に伝えたことを、同じことを言うからと違いますか?。私たちはそうはとりません」「理由を言わないんですよ。自分達の都合の悪いことを言わせないようにするために、さっさと立ち上がって。呼出しておいて、何も言わないですよ」

 「裁判所がですね、裁判所がですよ、何の理由も告げんでね、呼び出すことは絶対に無いですよ。絶対に無いですよ」「何がですか?」「裁判所がですね」「ええ」「ちゃんと理由を告げるんですよ。それを言わんで、(あなたに、いついつ、来て下さい)と言う筈はないです」「実際はそうなったから」「有り得ない」「だからそれを言いたい。私たちも素人で全然判りません。でも普通の、常識から考えて、話しよります。ね。言ってます。(何月何日に出頭しろ)とだけで、何も書いてないですよ」「ただね」

 
(どういうことだろうか?)と、判らない状態ですよ。(何で裁判になったんだろうか?)、こっちは不思議でたまらんとですよ。それで一応、聞いて、話を聞かんと分からんからと行きました。でしょ。一番最初に、出てきた。そこで(今日は、何の為に呼び出したんですか?)と、(その訳を言って下さい)と。でも一切、言わないんです」「その、裁判を進める中で、質問されましたか?」「え」「質問」

 「無いんですよ。質問も何もされないんですよ」「だからね、今度は」「・・・」「こっちが裁判官をね、信じていかないと、絶対に埒があかないですよ」「そういうことをされたら信じたくないですよ。信じて、こちらは裁判所に、(正当に裁いて貰えるもの)と、こっちは、信頼してきたのに、こんなやり方をされて、(何という裁判所やろうか?)と。ね、

 相手の意見も、言い分も、何も聞かずに一方的にされたら、どうすりゃいいですか?、ね、弱い者は泣き寝入りするしかないでしょう。何という裁判やろうか?、と」
「だからね、今度は、奥さん達が裁判を起こす側。訴訟を起こす側。ね」「はいはい、判りました」「それ以外にない…ちょっと、コピーをさせて下さい」「はいはい、お願いします」

 

  

  相談室
 
  入口
 

  車椅子の母
 
 

 「ああ、もう、11時40分か、やはり、予想通りの、フフ、・・・うーん、何か、話がもう、全然進まないからさ、…話にならん「裁判には、入られんとやからさい・・・そうけん言いよろうが」「やるだけのことはやって、まあ、二次災害が起きた時に(ああ、一生懸命にやっていたなあ)、と、ね。(必死にやっていた)と、いうのが判ればいい訳だよ。それでも、動かなかったら、(じゃあ、誰が責任を、取らなきゃならないのか?)ということになる。…判らないよ、内容を聞いても、せっかく、(相談コーナー)に行って、出している。読んで貰った判る筈だから 

 しばらくすると、警察官が、告訴状のコピーを済ませて持ってきた。


 「こちらを・・・」「はい」「受け取って貰っていいですか?」「いや、コピーでいいです」「正式なものに近いですから。正式なものです。ハッキリ、コピーだと、駄目なんですよ」「いや、受理できないんですよ」「いや、受理したかたちの寸前まで、ギリギリまで持っていかないと、駄目なんですよ。今までの体験上

 「まず、ですね」「コピーして貰ったものは、今まで、進まないんですよ。これは、受理してないことになってないですから。あのです、」

 「大体からですね、犯罪として、成立してないんですよ。してないんですよ」「それはいいです」「してないです」「こちらの主張としては、ちゃんと(告訴状として出した)ということにして貰いたいんですよ。コピーだけど、署名、を押してますから。成立してないんです」「これがまず、成立してない」「いいんです。それは」「だから受取れない」

 「そうではなくて、こちらの主張を、キチッと受取ったという、そういう行為があのう…」「こちら、コピーとしてですね、しっかり残しておきます」「コピーじゃ駄目です。はい、今まで、さんざん、そういう体験して来てましたから」 ベルの音♪・・・・・・・・・! 「あの、あれです」「あのです

 ※ 何かの合図の警報の連絡のようだ。 内部に知らせているのか? 

 「原版をちゃんと受取ったことにならないといけないんですよ」「どういう意味ですか?」「告訴のかたちにならないでしょ」「今日、告訴に来られたの」 ベルの音♪・・・・・・・・・ 「こういう機会を通して、(受取って貰えばいいな・・・)と、思って来たんですよ。そう、たいした違いでも無いですよ」「あのですね、はい、その判断はお回りさんがします。あなたがたの相談はね」「・・・」「だから、コピーでなければ、なくてもいい訳です。相談の内容はコピー、それが、あなたが、(コピーじゃ駄目だ)と。(原義を受け取って下さい)。その 原義を受け取る必要はありません」

 

 

 「あなたがコピーを(要をなさない)というのであれば、コピーはお返しします」「・・・」「お返しします。そして、あなたの書いた内容を要約して書きます。結構です」「これ、今日、来たのは、これを渡す為にに来たんですよ、話が水掛け論になった場合には、それでは、話が通らん、白黒じゃ判らんと」

 
「それは結構です」「それでは、話にならん
、あの、こうやって、色分けしたのは、理由があるんです。ちゃんと。これを白黒でコピーしたら、判らないです。コピーじゃ、この、内容を把握することは難しいですから」「うん」「カラーで、ちゃんと、重要なところは、カラーで色分けしてます。だから」

 「ですから、(コピーしていいです)と言われたから、でしたからね、コピーを」「これを読まないと判りません。白黒では判りません」「判ります」「判らんでしょ?」「文章だから判ります。あなたが、これは」「だから、柔軟じゃないでしょ」「うん」「警察署は」「うん、これは原義でしょ」「あの、これは、(警察相談センターを特別に設けられたから、これを受取って貰おう・・・)と思って、持ってきたんですから」「それは自分の意見でしょ」「だから、警察が、自分の枠を作って、(自分たちの都合の悪いものは受け取らない)というのは・・・、(受取って貰おう・・・)と思ってわざわざ来たんです」「白黒であろうと一緒。内容は一緒」

 「計画的に考えて、これを受取って下さい」「何ですか?、その内容は?、同じ」「これはカラーと白黒の違いなんだけど、読みやすいように、ですから、内容は同じです、色分けしてわかり易いように、ポイント、どこがポイントだか判らないでしょ」原義を?、どうしても、あなたも判らないね」「ちゃんと「もう同じことを何度も言う必要はないでしょ」「そうじゃないです。読んで貰う為には、キチンとした、判りやすいように書くのが、僕の看板屋の仕事です。わざわざ、それが警察署の対応、ということでしょ。そういう、真心で書いているんだから、普通は受取るのが「充分、判ります」

 「判りました。受取らないなら、受取らないでいいですよ」「必要ならコピー」「絶対、受理しないという、前提で、コピーしか受けとらない。これは、今まで、何のために昨日、わざわざ徹夜して、ここまで作ってきたのか、判らんですよ」「はい」(それじゃ、駄目です)と言っているでしょ」「判ります」「判らないじゃない」「(理解しにくいから、受取ってください)と。大事なことですよ」

 「前原署は、誠実に県民の気持ちを、ちゃんと受け取れる警察署なのか?、問われるでしょ」「私達は誠実にね」「コピーじゃ、(検挙する気持ちが全く、さらさら無い)ということでしょ?」「何でそんなこと言われるんですか?」「これは、検挙するかどうか、どうでもいいから、(一応、受け取るだけ受取ってください。)と言っているんですよ。それだけですよ。判らないけど、とにかく受取って下さい」

 「妙なことを言われます」 急に顔つきが厳しく威圧的な口調になった。 

 「私も色んな事を、資料も頂きました。私も当然、(コピーを貰っていいですか?)と言われて、記録・・・」「これはね、こちらが(いい)と言っている訳ですから」「いや、(いい)というのは、警察が必要とするのは、原義ではないんですよ」 「もう判った。いい!」 母が止めた。「原義を必要としないんですよ」「そこまで言われたら、いいです。ここまで用意して来たのに、(警察はふいにした)ということです「・・・」「それは構いません」「たた、私は、何のために来たのか」「ただ、私がね、本当に誠実に聞きましたよ。アドバイスもしっかり考えて実行して下さいよ」
 

 「もう、あなた達の言われることも判ります。ね、けど、けども、ただ、私達が考えても、常識的に考えても、(不思議なところがある)と思いますから、お尋ねに来たんですよ。あの、老人の年金からですね、振込で足らんから、一生懸命に節約して使ってますよ、ね、人に迷惑をかけられないから、って、年金は、ただ政府から貰っているわけではないですよ。よく知ってあるでしょ。私達がかけてきたお金ですよ。お宅は知ってあるでしょ。貯金と同じですよ。

 それを、なりますけどね、テレビで言いよりと、聞いてみりゃ、テレビで言いよりましたけど、年金がもったいないとか言って、
(勝手に使ってしまって、それを賠償した)とかも聞きません。それじゃ、何のために一生懸命、したところに、何にもならない。何の為に貯金したのか、判らないなりですよ。

 そうけん、今、若い人に言わすりゃ、政府が
(若い人の税金で年寄りを養いよるという風に考えよる) そのものが年金がもったいないから、弁償するという話も聞きません。差し引かれたら、生活できませんよ。私達は、何のために、ご飯を一杯我慢して納めてきたのに、判りませんよ。自分は食べんでも、若い人たちは、(政府が年寄りを養いよる)という、考えでしょ」「その、5万円のことでしょ?」

 「いえ、大体、一般の話ですよ。間違いでしょうか?」「その辺はですね・・・」「いいですよ。それで今、問題になっているでしょ。ね、年金問題。生活出きんと、なってるでしょ。ね」「・・・」「警察に言って来ました。はい、私達が、まじめにやって来た者に、そんな風に、貯金を、何にも知らせずに、人の金を差し引いて、そんなこと出来ますんですか?」「それはですね、裁判所は正当な手続に基に、5万円をですね、差し引くんです」

 
「それは判ります」「交通事故で」「だから、何にも書いてないの、知らせずに黙って、知らない内に、取っとるでしょうが、裁判所は出来るんでしょうか?、これは詐欺でしょ」「出来るんですよ。それが、決まってるんですよ」「そんなことされたら、先は世の中は」「通知は貰っているんでしょ。奥さん、裁判所からの通知は貰っているでしょ、通知」「通知はあとから、来たんですよ。11日に先に下ろして、通知は後ですよ」

 「それは、裁判所の差押手続きにつきましては、前原警察署では、お話は、相談は出来ません」「わかります」裁判所で。いくら前原警察署でも何も出来ません」「判りますけど、(そんなことが出来るんだろうか?)と不思議でたまらんです。いくら裁判所でも白紙で、何にも知らせもせんで、紙切れ、(そんなことが出来るんだろうか?)と」「おばあちゃん、それは私が今、ご説明したとおりです。差し押えは、裁判所に、お問い合わせ下さい。正常な手続きなのか?どうなのかについては、お問合せ下さい」

 
「判りました。はい、もう、そこの辺をですね、判らんけん、調べてくれないんですか、黙って先にお金を取るというのは、泥棒と同じでしょ。人のお金を取るということは」「だから、その手続きは、あのう裁判所の方に、正当な手続きを、法に基づいて、取っているのか、どうなのかを、裁判所の方にお尋ね下さい。何裁判所、簡易裁判所」「地方裁判所」

 「名刺か何か貰えますか?」「私、山路と言います」山路さん・・・」「はい、私、お会いした。あなた、前に会いましたよね?」「そうですよ。その時には、(交通事故、民事は民事で)、ということで」「ああ、そうそう」「今回は、差押で引き落とされたから、来たんですよ。(民亊を超えて、刑事事件になってる)と思ってきたんですよ」「手続上の問題ですね」

 「手続きがおかしいんです。裁判所は」「はい」「それはだから、(野放しにしている)ということなんですよ。裁判所の無謀な、普通なら犯罪になっているのに、平然としているということは(放置している)ことです「・・・」(合法的であれば、何でもいいんだよ)という考えでやっているでしょ。普通だったら、普通の人の判断では、そういうことはありませんよ。常識に判断して、これは人間としてしてはならんことですよ」

 
「裁判所のほうで、出して下さい。そうすると答は出ると思うんです」「年金で生活できないようになったら、もう明らかに、(もう、お前達は役に立たんけん、もう、死ね)ということを言われているようですね。それで、今、そ、あれ、あのう、なっとりましょうが、色々、話がありよりますでしょうが、・・・あのう(振込みサギが増えた)と言いよりましたよね。テレビで、はい」「・・・」

 

 「不払いの問題は、あんまり、あのう、大きくなりません。業務停止で終わっているでしょ。これだけ何億という、大きくなってるのに、金融庁の、何か」「ああ、損害保険の」「こういうものが、キチンと、裁判所ぐるみでやっているとしたらね、いずれ取締りしないといけない問題でしょ?」「はい」

 
「こういう対応されるなら、(ああ)と、これだけ苦しんでいるに
、放置しているのは、(相談コーナー)とは一体、何なの?、でも(対応しないなら一体何なのか?)「当然、記録は残りますよ」「記録を残すだけでは駄目ですよ。はい、きちんと、裁判所はこういうことを本当にやっているのか、調べた上で、それで初めて、信頼できるんですよ。警察は

 「5万円の件でもですね、何にも書いてないんですよ」「うん、だから、聞きましたよ、今」「下ろすのに、足らんから、これ、(下ろせないから、どうしますか?)、と聞かれたから、(誰が下ろしたんですか?)(誰が下ろしたのか書いてないじゃないですか?)、それで(調べて下さい)と郵便局に頼んだんですよ。それで初めて判ったんです。、それで、日にちがズレてますもんね。」「・・・」「下ろした日にちと、手紙が来たのと、ズレていますよ。その相手側が誰か、(裁判所なら、どういう訳で、そんなことをするんだろうか?)と、(裁判所なら裁判所て堂々、と書けばいいだろう)と言いたいとですよね」

 「一応、読んで下さいね。真心で書いてますから、はい、その上で、必要なら、またお送りしますから」「どうも、すみませんでした」「住所かなんか」前原署です」「前原署」「告訴状はお郵送されても、受け取りできないですよ。ただ」「送る場合に」  チャイム  

 「途方に暮れますねー」
「旦那さんね、私のアドバイスは真摯に受け止めて下さいよ。聞いて下さいね」「一応、考えましょう」「私に言われても、どうしようもないですよ」「・・・」「こちらも悔しいですよ。旦那さん、奥さんがた以上に」「本当に、面倒なことばかり言ってご免なさい
。すみませんでした」「考えますね」「うーん」

 「すいません」「はい」「・・・名刺かなんか頂けるんですか?」「返事ですか?」「返事は無いんですか?」「聞いて下さい」「貰えますか?。書類を送りますから」「名刺はありません」「判りました。はい、・・・じゃあ、すみません」

 「案の定ね」「うん」「想定内だから(こういうことになるだろう)…と、昼過ぎたら、みんな、イライラしてくるから、全然、話にならないと・・・」


戻る   差押          10 11 12   録音次

 

編集中

 この「警察安全相談コーナー」での警察官達のやり取りを、初めからずーと、最後まで聞いてみると、警察もまた、(相談に来た市民を、この謀略的な仕組みの中に、歪んだ裁判制度の罠に、巧みに導いて陥れよう)とする意向が判る。

 
糸島署(旧 前原署)が、組織的に差押命令で弁済手続にしていく裁判所のサギ行為をしやすいように導いている。当方が依頼していた、(現場検証の建物の損壊状況)を見ないで、調書にも入れずに白紙のまま、空検証の「事情聴取」だけで済ませている。

 警察庁が全国的に、この
(共謀共同正犯)の癒着・結託の輪にいることが確認できる。 録音記録の内容で貴重な、警察組織の差押サギ加担の証拠が見えてくる。

 
このサギ事件に関わった警察官たち、全員が職務違反の行為を犯して、「懲戒免職」に当たる、到底有り得ない相当にひどい対応をしている。 今、この文を読んでいる身に覚えがある人は、いずれ厳しい処分を受ける事を覚悟して頂きたい。

 せっかく今まで築いてきた輝かしい誇るべき功績も、定年を迎える前で、省庁の方からの
「厳しい指導」が来ると、もはや穏便な定年退職などは、到底、望めなくなるのは当然である。 (手遅れになる前に自首するのが賢明な判断)と悟れる魂であることを祈ります。 
 

戻る                                         次へ 


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口



運営サイト

講座

昔話の謎

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

ロゴ創作

光道…B


     戻る    解決のお願い   HOME     次へ