差押サギ放置

への苦情

裁判所

VS

被害者

HOME

差押          10 11 12


9月22日 「二丈郵便局」 に 苦情報告

福吉・二丈郵便局へ調査依頼

電話代、水道代、NHK受信料 を支払いに深江郵便局に行った。
と ころが・・・


二丈郵便局    録音内容編集中    2008 H20/9/22 午前10時

桑島一男 局長 黒字   息子 正信 青字   母 允子 茶字

 二丈郵便局の中に入った。 

 「どういうことですか?」「あのう・・・」「ああ、年金の受取をこちらで、それ以外は何か?」「あのう、福吉の郵便局にお願いしとったんですけどね、…無断で下ろされたからですね」「はい、はい」「そのことについてお話したいんですけど」

「こちらで、ちょっと、話を伺いましょうか?」「…」「こちらでお話を伺いましょう」「はい」

 局長の桑島と言います 「あのう、実はですね」「はい」「これを無断で下ろされたとですよね。通帳を」「はい」「5万円を無断で下ろされてるでしょ。何も書いてないんです。誰が下ろしたか判らないんですよ」「これは、なんで下ろされたか判らんとですよね?」「郵便局に調べて貰ったんですね」「はい」「そしたら(何か、手紙が来るはずだから)ということだったからですね。こういう手紙がきたんです」「こんにちは」「ああ」

 「これは、ゆうちょ銀行。中身はどういうことが書いてありました?、中身はどんなことが」「何も書いてなかったからですね、誰が下ろしたか判らんやったからですね、調べて貰ったらですね、(手紙が来てる筈だ)ということで、この手紙が来たんですが」「通帳から出した時に」「見せて貰っていいですか?」「はい、どうぞ」「15日に来たんですね」「下ろしたのは11日ですよ」

 
「11日うーん、ああ、11日て書いてありますね」「こちらは15日の日付でしょ、来たのは16日ですから」「ああ、大体判りますね。」「それで、日にちがズレているでしょう」「うん」「本当なら、前にくるのが当たり前でしょう。だから、直接に聞きに行きました」「福吉のほうで、はい」「」「郵便局、ゆうちょ銀行のほうにですか、はい、はい」「だけど、誰が下ろしたか言わないんです」「うんうん、」

 「これを見る限り、裁判所の命令で、うん、えー、下ろした。という内容のようですね。裁判所のほうから何か説明されました?」「それが判らんとです」「合点がいかないんですよね。裁判所に相談しました」「それで、どういう話をされました?」

 「あのー、こちらが知らない間に、裁判が判定が下りて、一方的に差押で差し引かれているんですよ」「・・・」「裁判が、本件が、あのう、交通事故の飛び込みの事故があったんですよ」「どういう訳ですか?、これ、釘本春喜と書いちゃあですけど」「この人が何か?」「こちらが加害者なんですよ。そして、ですあのう、別件で問い合わせたら、別件で、こちらが、交通事故の裁判とは違ってです、別件で相殺という形で、なってるらしいんですよ。引落が。

 事故のほうはです
、あの、一応、関係ないということで、別件でなっているようで」
「何のお金で、これは何で引き落とされてあるんですか?」「これは、損害立証するための」「はあ」「ホームページとか貼紙とかでです。したとか言って名誉毀損」「でも、裁判には出てはおられないんでしょ?」「そうです「出てない」「妨害行為ということで、ええ」

 「それで、春喜さんがですね」「この人がですね」「ご存知ですか?」「いいえ」「みつる醤油、から養子に来てある」「ああ、あとは」「家の前に居られたんです。飛び込んできた事故された方」「飛び込んできた」「・・・」「それでどうなったんですか?」「今でも、調査のしかたが悪かったからですね、あのう、うん、これも、被害を負ってますよ。と言うても、調査員がうてあわないんですよ。これも、これも知らん顔されている」

 「話をうかがっていると、今川さんは被害者…?ということで捉えていいんでしょ」「そうです。それが逆転しているんですよ」「どうしてですか?」「」「普通考えたら、おかしいんですよ」「それが、何の為に裁判にされるんですか、普通考えたら、逆になりますもんね、こっちも判らんのに、聞く人も判らんと言われますもんね」悪いけど、意味が判らないので、理解出来ないんですよ。今の話していうと、事故で今川さんの家が壊れて、損害を受けているというお話でいいんじゃないですか?」「そうですね」「それが、?裁判になるというのは?」

「だから、裁判がですね、向こうの請求どおりに判定が下りているんです。もう終わっているんです。この5万円が、(何だろう)と思って調べたら、相殺するかたちで、名誉毀損とか、妨害行為ということで、裁判が進んでいるんですよ。こちらは(妨害行為でやめてくれ)ということで、あのう、出なかったんですね、出頭拒否したんですよ」「話をするな、電話もするなと止められたんですよ」「よう判らんですね」「保険屋が入って」「・・・」

 「今の話までを聞いてみるとですね、あくまでも、(家とかを壊されて、被害を蒙っているので、早く現状復帰して貰わないといけない。)という話までは判るんですけど、それ以後、何で、そんなことになったんですか?」「現場を見とって、みところ半で調査されたんですよ、話が合わんから、です、直接話ししましょう。と言ったんですよ、そしたら、(電話もかけるな)と、ほんな、向かいどうしで住んでいるのに、ですね」「間に入っている三井さんが」「話も全然されんとですよ、そして、2週間も、3週間も、連絡無くて、相手に聞いたら、(私は知りません)と。

 弁護士さんが入られたんですけど
、向こうの言ったとおりのことばかりで、それが自分達も出て来れなくなったんでしょね、聞いたら(知りません。)となって、それもおかしいですね。弁護士のほうに(調べてください。)と言ったのに、全然調べないんですよ」「向こうに言われたらどうですか?」「それから弁護士が来てもですね、(一切電話も話もするな)と、手紙がきたとです。(自分達が一任されたから、絶対に言うな)と、(一切話するなと、電話もするな)と悪いですけど、跡取りだから、判らないんですよ」「今の話を聞いた感じでは、した訳でもないのに、何でそうなるのかも、ちょっと判らないし、一般的にですよ、加害者のほうが後始末するというのが普通ですけど。今までの事情を聞いても、全く理解できない。判らないですね」「引かれたからです、言われましたけども、どういう訳ですかと」「そしたら調べてくれたんでしょ」

 「そっちにも問い合わせたけど、それでもわからんから、直接行きました」「向こうのほうにですね」「埒も明かんのですよ」「はい」「そして、そっちのほう、裁判のほうが、どんどん、どんどん勝手に進んでいったんです。判定が下りて、預金が差し引かれたから、年金から引かれた5万円で。お宅らには、お小遣い銭でしょうけど」「いえいえ、うーん」「私達には大金。生活の資金です。一方的に引かれているんですよ。何のために呼び出されたか聞いても、何も説明されないんですよ」

 「今川さんの言っていることは、判るけど、何か私には、詳しい内容を言われても、理解できないですけど」「あたい達も判らないのに、本人が判らないのに、聞いて、判る訳ないですよね」「だけん、詳しい内容を聞いても判らんけん、裁判所に聞いて貰って、今私がこうしたらいいのか、見当たらない。何のことが意味が判らない」「・・・だけん、何で、こげん、明細か何か見せて貰う訳とか、いかんとでしょうかね?」

 
「それから先は、弁護士さんに頼んで交渉してますけど」「そうでしょうね、そっちのほうで交渉しないといかんでしょうね」「その為に解約するためにきたんです」「だからですね。」「公共料金とか払いよりますとですよ。これ、全然、別になりよりますと。それで役場から通知は無かったでしょうか?」「役場から、来ないんですか、電話ありましたから、いや、郵便局はもう直接、関わらないです。今、どうされてあるんですか?解約しとるじゃないですか?」

 

 「解約しまして、年金は○○郵便局のほうで、受け取るということで」「別々で」「別々じゃなくて、通帳はまだ作れないでしょう。で、いや、まだ安心できないから、受取のほうだけを、深江郵便局で」(あなたのほうは郵便局でお支払します。)という通知は来ないんですよ。名前と確認出来れば支払うということになってます。事前に名簿とかが来るということにはなっていないようです。」「おたくのほうでお願いしていたんです。役場からの通知はこないんです。(誰がこの郵便局の口座があって、個人情報ということで、揃っていたら払いますよ)、ということで、役場もそげんことは言ってないと思いますけど」

 「ただ、今言ったように、個人情報という事で、非常に厳しいものだから、役場からの通知はこないんですよ」「なら、役場のほうじゃなくて」「社会保険庁に連絡するようになっています。どこかの郵便局の窓口で受け取るようにします」「役場のほうにもお願い、相談に行きました。役場に税金とかも」「ああ」「で、もし、その、こんな風なやり方をするからですね、もし年金が来るのを、調べられて、何か言うて来たら困ると思って」「うちのほうで、何かするということはないんですよ。(社会保険庁のほうから、払って下さい)という知らせがあるだけです。例えば、今川さんが」

 
「年金が差し押さえられることは無いですね?」「ここでは全く判らないですね」「知らせて貰えたら」「今川さんが来られたら、いくら、いくら、払って下さいよと。向こうから」「はい、はい」「今の話を聞いても、頭の中が混乱、というか、意味が判らないですね」「ハハハハ、本人が判らんですからね」「何か方法は無いんですか?」「だから、今、裁判のほうに聞いてますけどね」「そっちの様子を聞いて頂いてですよ、その5万円は返してくれと」「もしも、あったら連絡して貰えたらな、とどういう訳ですか?」

 「頭が混乱して、私のところでは、内容については、お答えがしきらんですねー。意味がよう判らんですもんねー」「郵便通帳に何も書いてないことを勝手に出来るんでしょうかね?」と聞いて」「うーん、どげな、何か調べてるんでしょ?」「え」「どんなことを言われました?」「今、手紙を出して調べているということでした。日にちが、ズレているでしょ。何も、誰が出したか判らんでしょうが、そんならそれで裁判所なら裁判所と何で書かんか?、て、誰が落としたか、判らんでしょう。サギ同然でしょう」「この連絡だけなんですか?これだけですか、向こうからきた、手紙は、内訳は何と、何ですと、、何のお金で引いているのか、内容の確認、私達も、何で引かれているのか、説明がしてあげようがないですよね。裁判所での確認は」

 「裁判所に、あの、閲覧をさせて貰ったんですよ。どういう裁判の記録をですね、えー」「はい」「ああ、そしたら名目はですね」「うん」「あのう…」「まあ、私に話されても、見ることが出来たということですね」「そうです、そしたら、ほとんど難癖なんですよ。難癖で、相手の保険会社のお抱えの弁護士が、元裁判所をやってた人で、精通してるですよ。裁判の手続きに関しては。加害者の知らないところで」

 
「何で被害者の人から、何でお金を取らなきゃならんのでしょうかね?」「え」「被害者の人から、何でお金を取らなきゃならんのでしょうかね?」「そうでしょ、その辺が判らんのですよね、」(誰が下ろしたんですか?)と聞いたら、(おかしいな、おかしいな)と、勝手に」「私もね」「どっちが本当か、やかましく言われたことがあるんですよ。名前が違っただけでも、やかましいのに、誰か判らんのに、黙って下ろすんですか?て、」「・・・」「で、この下ろした日にちと、通知の日付が同じなら、判るけど、先に下ろしておいて、その間、サギ同様じゃないですかね」

 
  -------------  省 略 
 

 「お話を伺って、今川さんのほうが正しいと思います。正直言ってですよ。裁判所までいっていることは、事故のことじゃないでしょうね、裁判所からの関係で、そういうことで、何か、判定が下りたんでしょうね」「勝手に下りているんですよね」「内容はお宅のほうで」「弁護士とは何も話してないんですよ」「ハンコも押してないのに」「聞きもせんといて、(調べてくれ)と言っても、調べもしないで、勝手に書類を作って、出してしもうとるとですよ」「今の話、聞いて、事情はなんとなく、中身がよう判らんですね」

 
「また下ろされたら困るから、解約しましたんですよ
。で、あのう、事件が終わったらです、でまた、通帳を作ろうと思います。それまで、ちょっと」「しばらく様子を見られたらどうですか?、(意見を何故聞かないのか?裁判所に何でこんなことをするのか?)、と、(こちらは納得がいかない、不合理である)ということでですね、(5万円は何で?)「先のことは、判らんですけど、通帳、もし、こちらに年金がくることが判っていて、引かれることがある場合は、前もって知らせて貰いたいなと思いましてね」

 「こちらでは、何も出来ないです。向こうからきたやつを支払うということですから、郵便局というのは、今は、言葉は悪いですが、委託業務みたいなもんですから、厚生省から来たやつを、こう、私達のほうでは出来ないんですよ。だけん、むこうが最初からお金を狙ってこちらに来るというのなら、判らんですけど、ですね。 郵便局で、どうのこうのでは、はい、後はもう、今聞いただけでも、私が把握できないというか、意味が判らないからですね」「安心しました」「・・・」

 「景気が悪いときに、引き落とされたら生活出来ませんもんね」「そうですよ。私も、ゆうちょ銀行というかたちで、こうなってるから」「この意味は判らないですけど、どうなるんですかね?、何も書いてないですけど」「全く判らん。この番号は今川さんの番号でしょ?」「はい、調べて、書いてるとです。勝手に」「どこでどう調べたのか、判らんですけど、今川さんの貯金通帳で、5万円、債権者は釘本さんということしか判らない。だから、なんかで」

 「今はもう、お話されても、私にとっては」「このまましといても、またややこしくなってきたからと思うて、もう解約しましたと。だから」「ちょっと、年配の方に、せんことを、私としても酷なような気がしますが、ちゃんと出るところは出て、せんと。また、今後、どげんなるか判らんとじゃないですか?」

 「裁判所に、行ってですね、抗議しているんですけどね」「話を」「それぞれ担当が変わるんですよ。その都度、ひどいやり方でですね」「そのたびに説明もややこしくなるからですね」「年配の方にしょっちゅう、そげんとこに行けといっても、精神的苦痛も多いけんで、何度もいけないでしょうからね、そんなことは無理でしょうね」

 「ご存知ないですか?、釘本春喜さんのことはご存知ないですか?」「え」釘本春喜さんのことはご存知ないですか?」知りません。釘本さん、初めて聞きました。自分のとこに事故があったんですか?」「婿養子で自分の家に・・・永いこと役場にも勤めてあったとですよ。あのう、定年退職してあったけど」「じゃあ、もう相手の方も、退職」「でも、最近は少しおかしくなってありますもんね、自分の嫁さんも判らないような状態です。そういう人が運転したんですよ」

 
「何でこの被害者なのに、引き落とすのか、普通、判らんですよね」「判らんでしょ。損害賠償でも(少ないから)と文句言うなら、(もう少し出してくれ)というのなら、当たり前でしょうけど」「・・・」「判りますから、みんな(なんで?わからん)と言われるんですよね」「今、伺った話では、頭の中が整理がつかないんですが」「ハッハハ、自分たちでも、どげん考えても判らんのですよ。とにかく、よろしくお願いします」

 「ああいった、書面もね、しばらく大事に持っていて下さいよ。証拠になるかも知れませんからね。何でこうなっとるのか、何月何日に引かれているという事実が判っていればですね」「一応ですね、裁判所に、後は、また年金がおりたときに、調べて、引き下ろされた困るからですね」「お話を聞いて、どんなことがあったのか、判りますけど」「例えば、裁判所のほうから」「金券で、金額を打ち込んだやつがくるから、うちで、どうこうすることはないです」「・・・」「多くきていようが、少なくきていようが、うちのほうでお金取ったりは出来ないことになっていますから、心配する必要はないと思います」「はい、判りました。ああ、それを聞いて安心しました。ハハ」

 
「何らかの形で支払するように、言ってきた場合は、どげんかなるかも知れんでしょうけど、意味がよう、判らん」「判りました」「意味がよう判らないからですね」「こんな状態だったら、見せられても、何で引かれているのか説明出来ないからですね」「悪いけど、年配の方ですから、いじめないで下さいといったら、例えば、何らかのかたちで、裁判所のほうに、言われた。そうでなかったらね、なんでそうなるのか、そうやって見せられても、何と、何で、引かれているのか、説明も出来ない。ただ」「・・・」「裁判所 裁判所の命令なら、郵便局も従わなきゃならん。というところもあるけんですね」「そうけん、何も 前もって通知があるとでしょうから、知らせて貰いたいなと思うから」「何があればですね。それは、判るけんですね」

 「本当はね、こちらに口座を変えてね、引落できるように、こちらで作ろうと思うんですが、同じでしょ」「同じですね。どこの郵便局に変わろうと、天神に作ろうか、同じですね」「それじゃあ、すみませんが、ご面倒かけますが、お願いします」「わざわざ、ここまで出てくるのも大変でしょう?ねー。」「はい、電動車でね、乗りよるですが、ここまで、来られんですもんね、道が無いから」「そう」「大変ですけども、解決したらまた、お宅のほうでお願い致します」「私も意味がわかりません」「わかりました、すみませんが手数かけます」「お宅も、大変でしょうけども、できるだけ、判るようになって頂ければですね」

 「あの、これ、福吉郵便局局長にお願いした手紙の内容なんですよ」「うん?」 「久保さん、というんですけど」「はい」「お願いしたんですよ。(何とかしてくれ)と。はい、けど、結局ウヤムヤになったんですよ。最後は(裁判所に聞いてくれ)と。フフ、それで色んなね、配達証明など、色々あったからね、半強制的に置いて行くものだから、うん、そういうのも含めて、あのう、裁判所、弁護士からの、フッ、あのう郵便物を、キチンと、こちらが質問したことに対して、答えをしたものだけしか受け取らないので、それを(徹底させてやってくれ)と言ったんですけどね、相変わらずね、最後まで、差押の通知も受け取らなかったんですけど、こういう結果になってしまったんです」「余計、判らなくなった。差押ちゅのは何ですか?」「全然関係ないと無視したら、こんな大変なことになってしまったから」「郵便局もこういう風になってから、びっくりしてですね。(どうしてやろか?)どうしてやろか?って」

「これは、あのう、ゆうちょ銀行…に、息子さんも一緒にいかれたんですか?」

 「はい、行きました」「天神のほうに」(調べてください)とお願いしたんですけどね。」「あそこに行けば一番わかる」「区役所の裏、あそこに直接行ったんだけど、看板が無いんですよ。何も無いんですよ。貯金事務センター」「入られないんですよ」「ああ、今、」「駅の改札口みたいになってね、一人づつしか入れないように、カギがかかるようになっていて」「お客さんが来られるようなところは無かったですか?」「部屋に通されましたけどね、小さな部屋」「小さな部屋に案内されて」「じゃあ結局、結論的には、納得できるような、ハハ、形にならなかったんですね」

 
「そうですね。色々聞いても、黙って答えられないんですね、裁判所命令だから仕方が無い。と。ね。だから、(誰が命令してね、こんなことになったのか?、あのう、連絡をとってね、キチンと調べて貰えませんか?)と言っても、(全然、判らん)というんですよ。知らないと言うんですよ」「裁判所からは?」「裁判所では各々がそれぞれ、担当が責任をもってやっているからと言って、部署が分かれていて全部違うんですよ。差押とか、保全部とか、或いは民事部の誰とか」

 「玄関は人間に例えたら、顔でしょう?、顔を潰されて、もう一年以上なるんですよ。だから、寒いからと、自分達で入られるようにしましたけどもね」事故があって、もう1年半にもなるんですよ」「え、事故があったのは、そんな前になるんですか?」「」「はい、そんなことになるとはですね、説明を受けるなり、してくれたらいいんですけどね、」「こんなことになるって、考えにくいですね」

 「隣の家が低くて、柱が雨で腐っているから」「はあー」「継ぎ柱やってるですよ。そんなところに、車がど−んと衝突して、ズレとりますのです。そんなところをね、調査員が調べないんですよ。調査員が調べんとですから、調査員はですね、一級建築の免許を持っている名刺があるんですよ。それなのに、家のことに全然関心なしですよ」「・・・」

 「そんなことでは、(念書に判を押せ)と言っても押せませんもんね」「判り合うように、場をとりもって、説明してくれるかなんか、何かしてくれればいいのにですねー?」「中々、弁護士が上手に誤魔化してあるからね」「どげなやり方ををしてるんですかねー?」「一応、これ、コピーして、読んで貰えませんかね?」「ああ、はい、いいですよ」「どういう事件が起こっているかですね」

 「まあ、これあとで、ゆっくり見ますので」「ああ、そうですね、はい」「初めて聞いた話で、話の内容が私も、ちょっと頭を整理しないと判らないので、ちょっと、理解できんから」「いやー、福吉郵便局が一番いいんだけどね、近くてね」「ですよねー」「早く解決して、元の安心して利用出来るようにしたいと思いますから」「はい、判らんからですね」「ああ、えー、まあ」「はい、すみません」「よろしくお願いします」「どうも、どうも」


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口



運営サイト

謎解き講座

昔話の謎

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

ロゴ創作

光道…B


 戻る                編集中                録音次