謀略裁判への

抗議

口頭弁論

第 1回

第 2回

検察 牛島

第 3回

第4 最終

虚偽の訴訟 文

特別送達

9月  

弁論

10弁論

11月  

12月 弁論

1月

HOME  戻る  月/日

8/4

/7

/21

/26

/4

/5 録

/23

妨害やめない地裁職員の逮捕・起訴を要求する 立証HPの第4回最終弁論記録を削除した
不正アクセス禁止法違反


 

裁判の手続きに不審を感じて ついに
検察庁に「告訴状」を提出した

裁判官

VS

被害者

  

 12月25日 私は 「上申書」を2部作成して保全室に向かった。尋問の際に知った光野哲治裁判官の方に藤田裁判長への申立書を手渡して貰うことを思いついたからである。その後で 裁判所の脇にある福岡県弁護士会にも 2回目の懲戒免職請求書の提出をするつもりでもあった。

 私は先に保全室に入った。「こんにちは」すぐに豊岡書記官が気がついて近づいてきた。「上申書を持ってきました」「はい?」光野裁判官へと書いた帯封のついた「上申書1・2・3」を保全係の豊岡幸子書記官に提出した。 「もう一冊は光野裁判官から藤田裁判官へ伝えて下さい」と依頼した。 因果関係からも 条件関係からも相当である筈だ。

 だが「それは絶対に受け取れません。これは全く別の事件ですから 猿渡書記官へ渡して下さい」と拒否されつき返された。

 「だけど 原因と結果として起こっている事件です。分けて判定することには無理があり 正しい判定など出る筈がありません。煩雑になるので同一処理をお願いします。そして光野裁判官からの返事は第一回弁論の前に必ず貰って下さい。お願いします」と説明して頼んだが 「返事を必ず返すことはお約束はできません」

 保全係の人間は皆 壊れたレコードのように 「出来ません」と繰り返すだけ。都合の悪いことは 待っている人間を平気で無視。聞こえないふりをして机に向かって固まって動かない。

 完全無視する態度になった。「誰かお願いします!」と何度叫んでも 蝋人形のように下を向いたまま誰も振り向かない。(写真)「・・・」聞き分けの無い 分からず屋の職員ばかりだ。「受取書を下さい」と言っても「出せません」という。(責任を持って受取り お渡しします)という証である受取書を出すのはこの世では常識なのに「裁判所は都合が悪いことは 出来ません。の一言で 全くしなくて済むのだ」と主張する居直りの傲慢さには驚いた。

 「これは社会の常識ですよ」「・・・」誰も答えないまま 時間が流れた。平然として黙っているので 仕方なく受取書の代わりに 受け取って貰えずに机の上に放置された書類の証拠写真を撮らせて貰った。光野裁判官への申立書を手にした黄色いシャツの書記官を撮影。「カシャ」顔は写してはいない。すると 豊岡幸子書記官は 嫌がって顔を背け 「何を勝手に人の顔を撮っているんですか!」と怖い顔をして激怒した。「受取書をくれないから 仕方なく書類を撮っただけですよ」

 
やはり怪しい連中である。正しいことをしているなら 正々堂々と対応できる筈である。社会常識も判断能力も欠落した彼らは やはり裁判所で働くだけの 厳正公正であるべき 正しい判断力と 司法に関わるだけの 職員としての誇りをもって仕事していない証拠である。

 (同じ事件の立証の際に起きた事件であり 別の裁判として個別に分けて判定することは不可能である筈なのに 何故 別々の事件にしたがるのだろうか?)はなはだ疑問である。統合・同一処理を求める申立なのだから 両方の裁判官に渡してお互いに検討して貰うために提出しているのだ。(二つの事件のそれぞれ書記官と裁判官の 合わせて4人でこの事件の全体像を把握して貰おう)という趣旨で 提示しているのだ。

 だが 彼女らは 拒否することで 悪徳弁護士が同時に別の訴状を出して 被告の煩雑と混乱を狙って妨害しているのが見えているのか。被告が困る状態になることを充分に判っていて それでも拒否しているのなら 彼らは 裁判職員として かなり悪質な対応である。職員が結託して邪魔するなら 被害者はどうやって この妨害行為をかわせるのだろうか?。

 尋問で事情を聞いてくれた光野裁判官を通して 藤田裁判官に渡して(考えて頂くことすら出来ないのか?)訳の判らない手続き 歪んだ裁判のシステムは 公正さを失い 間違った判定を下す原因になる。検察庁に捜査して貰わねばならないのは やはり不正書記官の存在を許す密室である。誰が裁判所の歪んだ手続きを指令して職員に守らせているのか?。

 原因を突き詰めて直ちに改善すべきである。(書記官は社会の常識を踏まえた人物でなければならない)と痛感する。手続きばかり主張して 社会の常識ではありえない対応を受けて 私はどうにもならない困惑と深い絶望を感じた。真っ先にこのふざけた対応を職務改善すべきであろう。 歪んだ法律に縛られて 裁判所の基本を忘れてしまった者ばかりだ。


同一処理願い上申書を提出
上司に相談するも別件と主張

藤田裁判官への上申書は拒否され無視受取らず書類放置

つき返された藤田裁判官宛への書類(関連事件なのに放置)

保全係 豊岡幸子書記官右側

職員二人共 しかと無視・無言

「出来ません」と渡してくれない

 (手続きに縛られたロボットばかりだ…)私は仕方なく 「弁護士会の方に用事を済ませてから また来ます…」と言ってその場を去るしかなかった。「筋道が判らない人間しかいないのか。手続きばかりを主張して 理屈が通らない人間しかいないのか…」私は階段を下りながら 失望して嘆いた。(これは大問題である)

 係争中@の準備書面 と 妨害行為Aの発生 による提出困難影響 → 関連事件と統合・同一処理の願い申立をしているのだ。 市民が「上申書」を書いて提出しようとする時は 緊急な状態を乗り越えようと もがいて必死で伝えているのである。全く驚きである。こちらは わざわざ時間を割いて文章を考えて意見書を書いて 提出しようとしているというのに。(書記官ともあろう立場で 市民の訴えを無視していいのだろうか?)そうせざるを得ない被害者の事情を全く考慮しないで勝手なことばかり主張している。

 素人でさえ考えれば判る簡単な理屈が判らないのか?。こちらは最終弁論の準備書面を提出するのに忙しいのだ。これ以上煩雑な状態に追い込まれて 邪魔をされたくないのだ。妨害行為を受けて準備書面が提出できない状態になってしまっている。

 この悲痛な叫びを無視して 困っている立場を聴きもせずに一方的に裁判所の手続きにこだわって対応しているようだ。こういう悪徳弁護士の加担行為をする裁判所の職員たちの対応は人間として許せない。市民の平和な生活を脅かす敵対行為である。(よってたかって 無実の者をいじめる 職員失格者ばかりである。いよいよサギに手を貸す 福岡裁判所を大捜査をして貰うしかない…)と心に固く誓って 地に落ちた裁判所を後にした。

 

テープおこし 完了
 

 

 
 

 

上申書 1  検察庁に調査して頂きたい 原告側の弁護士の違法な妨害行為

 
 

 

上申書2 検察庁に調査して頂きたい 3者(業者・調査会社・損保)の危険放置責任

消去文字 ↓  鏡建設       明建の鳴神          
 
藤田光代  猿渡書記官 
鏡建設 明建 鳴神  損保作村
    

 

 
 

 

上申書 3 検察庁に調査して頂きたい 不払い損保 再発防止の措置 原因究明

 
 

 

 

 債務が存在することは既にHP上で明確に証明しているので もう債務不存在の名目で裁判をする資格は無くなっている。 任意性の無いものを証拠に出来ない筈。

 債務不存在確認請求事件は → 債務と倒壊危険が存在することを確認しても 回答をせず 損害をわざと見ないで 強引に裁判を進めて判定を下そうとしていく。

 これは後で判るが 弁済相殺差押で 不払いを正当化して 悪質な裁判を悪用してサギを実行着手する その為の布石となる。驚くべきことに 裁判所の職員達もそのサギ実行加担者達の輪の中に入る恥ずべき陰謀事件の準備行為であった。

 HPで確認可能でも 素直に受け入れずに 必要の無い判定にどうあっても持って行こうとムキになって 次から次に 姑息な策略をめぐらせる不審な弁護士と書記官と裁判官の捜査が必要である。実際に犯罪を分担した
共謀共同正犯である。

 
予告提起なし

 倒壊の危険が発生してから 調査とその対策方法を聞いたが 大事な質問にもはぐらかして返答をしなかった弁護士。そんな怪しい弁護士が捏造して提出した「訴状」を ウソと知っていながら受理した 猿渡書記官藤田裁判官を捜査する必要がある。初めから裁判問題にする条件が無いとして (却下するように)申立てて訴え続けてきたが 彼らは確認していても 無視し続けた。不作為犯である。

 母と共に民事部3係に行って(却下しない理由は何ですか?)と何度も質問したが質問に答えない。しかたなく「第一回口頭弁論期日迄には必ず その回答の返事を下さい」と念を押して約束をさせて 用意していた「訴状却下願いの申立書」猿渡書記官の机の前に提出した。

 その後 この最初の質問への回答を何度も求めてきたが 未だに明示しないままで「最終弁論で打切る予定です」と言ってきた。何という理不尽な法廷であろうか!(口頭弁論の傍聴席にて裁判官の中立な姿勢を確認してから 法廷に委ねよう)と決めていたのに 被告席に座れない原因を作ってきたのは 一方的な理不尽な裁判所の手続きに縛られた 分からず屋集団の職員達の対応の故である。

 裁判官は「お母さん 被告席に座りませんか?」と何度も母に強要した。当方は(中立性を確認するまでは 傍聴席で見守ろう)と決めていた。いくら勧めても座らないので 女性裁判官はヒステリーをおこし とうとう怒って当方の意見を読み上げもしないで 出頭拒否と断定して打ち切った。裁判官の資格を問う実行行為だ。

 何て低次元で不公正な法廷なのか? 人を呼び出しておきながら 全く進展しない情けない口頭弁論。裁判官として 最低 先に質問に回答すべきことを示しているのに 下調べもせずに都合が悪くなると閉廷で打切ろうとする。中身の無いお粗末な弁論。人の時間と交通費を無駄にさせても 平然としている。人としての最低の礼を失うことをしても 一言の詫びもしない 最低の恥を知らぬ クズ箱の法廷!・

 この神聖な筈の裁判所の中で どうもおかしなことばかり起こっている。彼らは裁判所にふさわしくない不審な連中だ。これまでの疑問を感じたことをまとめた全資料を提出して徹底的に捜査が必要になった。黒い法衣の下に 一体何が隠されているのか いずれ全てが明らかになるだろう。

 
書記官に渡した文書が 裁判官の手に届いてない…法衣の下に隠して おかしなマジックを使って 書類を握り潰すならば 手品師のような トリックの種を検察庁に捜査依頼して暴くしかない。

 残念だが 癒着・腐敗が末期状態になった福岡裁判所の堕落した姿を見せて頂いた。書記官から裁判官へと申立書が届かない理由 裁判官と話が出来ないしくみ 何故却下しないと判断したのか ここは検察庁に大捜査して頂くべき重要な処だ。

審尋期日呼び出し     1月15日その後の確認     保全係書記官に抗議

  

 テープおこし  編集中

謀略裁判への

抗議

口頭弁論

第 1回

第 2回

検察 牛島

第 3回

第4 最終

告訴状

特別送達

9月  

弁論

10弁論

11月  

12月 弁論

1月

HOME  戻る  月/日

8/4

/7

/21

/26

/4

/5 録

/23