差押サギ執行

への抗議

裁判所

VS

被害者

HOME

戻る                 10      次へ

    a b c d


福岡地裁の共謀共同正犯 追及関連
 
   11月6日 三井住友銀行に抗議に行った。
 

三井住友銀行 三木芳訓 主任 黒文字      今川正信  青文字

 

 三井住友銀行の窓口で預金引出手続で待っていると 係員に個室へと案内された。

 「すみません。お待たせしまして」「はい」「駐車場ありました?」「ああ はい いえ 別の駐車場に入れて来ましたから」「えっと」「電話でも お話し伺って 話ししましたよ 事情を「はい」「事情を それで ひょっとしたら はい 取下げになっているから」「そうですね」「(戻されているかな)と思って」「取下げても戻しませんから」

 「あ そうですか その取り下げというのは どういうことですか「たとえば あのう 差押をまずします」「はい」「流れ的には」「ええ」「その時点の残高を調べます。銀行としては 差押をして かかる部分について その時点で」「いや 差押を取下げたということで「はい」

 「お金も 戻さないといけない筈なんだけども (但し)と 書いてある」「はい」(除外する)と そうです(除く)と書いてあるから 書いてますよ これがあるものだから」「はい」(お金はそのままでいい)ということになっているんですよ。取り下げたのにも関わらず「そうですね あのう 差押の流れからご説明しますとね」「ええ」

 「あのう 差押を銀行が受け 措置は差押を受けたら 差押した時点の えー、財産についての差押なんで」「ああ」「送達した時点の 残高についてで」「はい はい」「それ以降については」「手続のほうはそれでもいいですけど「それを 別のことについては これは差押にかかった分ですと それ以外に あとから入金したぶんとか」「ああ」「たとえば 朝9時にしましょう。朝9時の時点に 残高 差押したとして 本店 その後 100万円 これについて 差押される訳ではないんですね。

 ※・・・説明がまどろこしい。・・・意味不明な内容だ。 

 ・・・というのが差押」「いや あの 取下げ」「しなかったとして 取下げがきたら ・・・というお話なんですよ。で 今回の分は それより先に 債権者の代理人さんが 正当な権利をもって 差押取っていった。と」

 「これはお宅の判が押してあるけど お宅が取立ての時に支払いの手続されたんですね」「9月19日 確認してます。もともと差押は ですから7月20年の7月11日 14時20分の 差押命令 ですから時点で差押がきているんですね」「・・・え の」「20年の7月11日 14時20分のその時点で 差押送達されたんですね。その時点の残高に対する差押」「その時点でですよ 引き出ししていたら 無い場合もあるんですね。可能性としてはですね」「そうですね たとえば100万あったら もともと 581円」「これは どういうことですか これ 裁判所からきてますよ「はい」

 「この」「はい」「手紙で来たんですよ「そうですね」「で これはいつですか?10月ですよ これは9月になってますよ「それは支払をした日 (済んでます)と」「はー 後できたんです。で その」「もちろん」「債権差押 これ7月です「7月ですね」「そうなると これも送ってきたんですか」「そうですね」「はい。受取拒否」「説明したんですけど だから(調べてください)ということで 言った筈なんですけど 裁判自体が「・・・」

 「あのう だから これは 取り下げた理由を 聞きましたよ。まず」「はい」「何故 うん それと 取下げたのに (但し)がついていて( 除く)と書いてありますよ その理由を2点(調べて 知らせてくれ)と いうことで」「昨日電話で申しましたとおり 銀行は聞く立場には無いんです」「ああ だけど「それをお聞き人なるのは今川さんの」「ではない。こちらが色々と聞いても中々 理由を あのう 明確に言ってくれないんですよ」「逆に 第三者の銀行が 内容を 逆に言ってくれる訳ないじゃないですか」

 「だけど (こういう事情ですよ)という事で「ええ」「裁判所自体が 一方的な人間が手続しているから その結果ですから あの こちらが聞いても答えてくれないんですよ」「聞かれたんですか?」「聞いたんですよ。(何でそうなるんですか?)と」「裁判所は命令書を出すだけですからね」(裁判所は命令書を出すだけだ)というけど」「そうですね」「だけど(命令を出した責任があるから よく調べ直してて下さい)ということで 言ったんですけど」「・・・」

 「これは 何か 訳は 判定は出てます。と でね (あのう取り消せません)と」「はい」「と」「取下げは」「だから 裁判が 我々が出頭して 被告席について 公正中立で行われた裁判であれば こういうことも認識した上ですから 仕方が無いということになるんですけど 全く関与してないんです

 こんな分厚い書類を送りつけて 本件の最中に(反論しろ)と言われてますから それにプラス 別件で叩きつけて 更に厚い資料を送りつけて (反論しろ) と言ってきたんですよ。これは事故の問題ですから (名誉毀損とかで そういうことで別件で混乱させて 本件を妨害するのはやめてくれ)と 言ったんだけど聞かないんですよ。 そういう状態で そういう結果にになったんですよ」「・・・」

 「だから お宅に裁判の内容を説明しなきゃならないと言うのもおかしいことで「普通」「裁判所が 取り下げたなら それでいいから きちんと全て取りやめないといけない筈なんですよ」「そんなこと私に言われても」

 「そのものを取り下げないといけないんですよ。弁護士が全部 捏造された書類を受理させて 裁判が進められてきたわけですから 裁判所ではなくて 弁護士5人が(取り下げました)というだけの書類でしょ 全然出てこないんですよ。十何人も関わって この取立ての裁判の関わった人間の責任は 全然出てこないんですよ。おかしいでしょ」「取下げというのはそういうものですから」

 「そうじゃないですよ」「はい」「こちらとしては これは裁判所の責任で命令で その結果 (差押えしなさい)と命令を出した訳だから 責任があるから 取下げした時には(何も理由が無い)というのはおかしいんですよ」「おかしいかどうかは別にしましてね」「そういう逆らえない命令は 裁判所に任せておいて 都合が悪くなったら これは弁護士が下げて 関わらない。取下げの場合は 間違って 仮に差押したことに これは(責任を取らない)ということですか 裁判所は」「・・・」

 「そうなるでしょ」「命令をうけて」「命令をして被害を受けて 誰が責任を取るのか? と」「それをね 我々銀行に言われてきても しょうがないですよ」「だから調べて下さいと」「調べる立場にも無い」「そちらは 当事者なんですから」「・・・」

 「当事者なんだから 裁判所に問い合わせても ハッキリした返事をしないから だから聞いているんですよ。仮にもあなた方は信じたんでしょ。裁判所の その差押命令は絶対的だと 「はい」「正しいと」「はい」「こちらは謀略裁判と言っているんです「はい 別の話です」「だからその時点で調べないといけないんですよ」「・・・」

 「だから あなたがたが信じて引き落とししたんだけど 通知が無かったんですよね。そうですね 一言 通知があれば もう一回 裁判のね 流れが判定が正しいかどうか 調べて下さい。と言った筈なんですよ」「だから 責任問題は そういうことで終わらせちゃ駄目なんですよ。それはわかりますよ「いえ それは銀行に言うこられる問題ではなくて 逆に裁判所に申立をすべきことですよ」

 「だから 責任を取らない体質があるから 不払いの こういった問題になっているでしょ 不払い問題 手を貸しているということになるでしょ」「話がすり替わってますよ」「これは元々 三井住友の 海上火災 」「はい」「損保が関わった」「はい」「だから 裁判を使った謀略なんですよ」「…」三井住友の名前に傷がつくと言っているでしょ」「昨日言ってあったから ご説明もうしあげたでしょ」

 「それは昨日聞いて判りました」「裁判がどうのこうのと 関係ない話です」「いや 裁判の命令を信じたからあったからそうなるんでしょ。こういう問題があった場合は どうするか 判るでしょ。対処方法は だからね 今後どうしたらいいか」「仰っている意味が判らないですけど」

 「今後はは ちゃんとね」「はい」「通知することですよ まず」「通知しようがしまいが 裁判所命令がきたら やめてくれと言おうが」「これは間違いが起こっているから調べたら判ることですよ 調べてくれと ますよ。こちらがね 裁判所に言っても全然 判定が下ったら 変えられませんと言っているんだから こんなひどい話は無いでしょ。それを抗議している訳ですよ」「」「だから 違いますよとそれぐらい言って貰わないと困るんですよ」

 「だから 最初からです これは こちらは全然感知しないことなんですよ。これは何ですか 差押通知 これ 受け取ってないですから 我々は」「あのう」「その為に「はい」

 「受取拒否していたんだから 引かれていたんですよ。郵便局から来たから(何やろうか?) どういうことですか 5万円限度で引かれていたんですよ。お袋の口座だから 電話して判ったんですよ おふくろの口座だけじゃなくて 僕の方の口座は電話して判ったんです 電話して。        コン コン

 「初めて電話して 初めて判ってきたんで (僕には全然関係ないだろう)と だけど入っていたんです「そうですね」「はい 大体 差押命令はです 裁判所から見せて貰ったんですけど 書いてます。ここに 第三債務者」「そうですね」

 「だから 名前が載っていますよ「はい」「載っているということはですよ えー。こちらに 送達したと書いてありますよね」「そうですね」「第三債務者 抗議した後に出てきた話しで (何でこんな話になっているんだ)と。驚いているんですよ。当人が出頭しない裁判を どういうことをやっているんですか 関川さんに抗議しても 本人に言っても話させないんですから こういうことでは我々が裁判所に色んな意見を言っても通らない 通さないということなんです。だから(代わりに 聞いて下さい)とお願いしたんですよ」「これは不可能なことですね」

 「いや 不可能ではなくて 義務が生じているでしょ」「第三債務者の立場とは そういう話ではないですから」「それで責任を逃れると 取立てで お金を差し引いた責任は誰が取るのか ということで こちらは責任を追及できないじゃないですか」「それは私たち 困ります。不可能ですよ」「今後もこういうことが起きれば困るから こういうことが起こる前に 通知をすべきだ。と」「通知しようと何をしようが 変わりませんからね 差押の効力は変わりません」

 「裁判所を信じているから こういう事が起きるんですよ。裁判所の中に これは三井住友から依頼された弁護士が こういうことで 書類を」「はい」「出している可能性があるんですよ」「裁判所が出した」「だから 弁護士が元 裁判官をやっていた経歴がある人ですから」「ええ」「精通してる人ですから こういうのはお茶の子さいさいで 作れる人なんですから 送達物も疑ってかからないといけないんですよ」

 (これ 本当に裁判所から来ているのか?)なぜならば こういうのは 書記官 裁判官の 差押命令を出した人の 署名印が無いと有効ではないんですよ 取下げ書も」「何ですか」「普通 一般的には 裁判所は命令を出したんです」「これは裁判所から来たとは限らないんですよ。この状態じゃ 中身は勝手に作って。裁判所の封筒を借りて出した可能性があるっていうことですよ」「それについては」「だから こういうあやふやなものでは」「それについては」「本当に裁判所から下されたのか判らないからですね」「裁判所からは関係ないからですね」

 「(取り下げました)という」「じゃ これは裁判所からではなくて 弁護士が出した可能性が出てきますね」「弁護士が」「これは裁判所ので 絶対的に信頼できるんですか これ」「持ち出して いくらでも出来るじゃないですか。ゴム印ですから 弁護士が勝手に持ち出して 出した可能性があるんですよ。判らんと言っているんですよ。(責任者が出てこない)ということは (弁護士が勝手に作った可能性がある)と言ってるんですよ。(取下げ書も 誰が責任をもって取下げを出したのか 調べてくれ)と頼んでいるんですよ」「こちらに主張されるのは自由です」

 「(誰が責任をもって取下げにきたのか それを調べてくれ)と言っているんですよ」「フフフ。話がものすごく飛躍しているんですけど 差押命令がきていると。それについて それだけの話です。お客さまの話は あのう 何度も申し上げますけど 差押命令というのは 差押命令が来た瞬間の残高について行われるものであって」

 「瞬間というのは どういうことですか 取下げするまでですか?」「・・・」「取下げがきましたよね きましましたね その時点で これは無しになるんじゃないんですか?」「違います」「続いているんでしょ。残高が残っているんだから」「違います。説明してます」「全然 説明になってない」

 「まず (差押命令が 7月11日に来ました)と」「はい」「ね あって 差押の効力があるのは その時点の残高なんですね」「はい その時点 その時点というのは 何? 日にちを表しているんですか?」「送達した時点です。だから 極端な話ね (朝 7月11日 100万入れてました)と で (たまたま100万 入れてました)と そして(お昼 引き出しました)(差押命令が12時10 分 残高0です)」

 「そしたらですよ」「はい その後 繰り返しますよ。そしたら2円だけ残って 2円を差押しました。ゼロになりました」「そしたらですよ」「その後ですね あー それ以降は 14時59分に 差押の効力があるので 又別に振込みでね 一億円振込みで入ってきましたね。それには差押の効力は及ばないんですよ」「それもおかしな話です。時間を区切るというのは」「極端な話ですけど」「それはね 極端すぎるから そういう時間で制限したりすると 時間を区切るのなら」

 
  「通知するか しないかは重要なことになりますよ。通知しないで いきなり引き落としたら  相手は 油断をしますから「逆ですね。逆に 逆にですね 逆に(差押命令が朝9時に来ました)と 差押 はい お客様と立場が違うんですが 仮の話しますと。(9時に送達 9時の段階で 100万ありました) 実際に手続の処理をしようとして入った時に お客さまが別の店で出金してましたと。すると銀行で 50 万 賠償責任に問われます。差押とはそういうものなんです」    訳の判らない説明
 
 
「それは ん さっき(賠償責任が問われる)と言いましたね」「はい そうですね」「それはどういう状態で」「はい」「それは ちょっとでも遅れたら?」「ですから差押命令が 9時にきてるのに たのに えー 実際に差押をしたのが10時に されたら」「おかしな話ですね。それは」

 
「そうなると「はい」「通知を一回して貰えば こちらは防御出来たんですよ逆に防御されたら困るんですよ。抗議するもしないも 差押命令がきたらしますよ」「通知一本して貰えたら 防御できる筈だったんですよ」「逆に防御して貰ったらいけないんですよ」「そうじゃなくて 時間がどうのこうのじゃなくて (差押するだけの権限が無い)と言っているんですから 裁判所には「差押命令は」「だから調べ直しして下さい」


  「取下げするなら 調べ直して 全部取下げなきゃいけないから (調べて下さい)と言っているんですよ」「内容については うちが出来ませんから」「・・・」「出来ません」「義務が発生してますよ」「義務は無いです。出来ません」  

 「人のお金を予告も無く 通知もしないで引落し 何の通知も無く いきなり無断で引き出してるんですよ」「はい」「だから(責任がある)と言っているんですよ」「」「いいえ」(間違いが起きていると指摘があってますよ)と それぐらい言って下さい」「出来ません」

 「人間としてやるべきでしょ。あなたはとんでもないことを言っているんですよ。 加担して (知りません)と言っているんですよ。泥棒が 盗んで 判っていて 判って (知りません)と言っているんですよ。判っていて お金を預かっておいて (入れておいてくれ) と頼まれて (知りません)と言っているんですよ。だからそういうことは有り得ないから」「はい」

 「 責任があるんだから あなたは あの時 (こちらに移せ)と言われたのは (こういうことだったんですか?)と (苦情が来てますよ こういう事情があったんじゃないですか?)と それぐらい言うの本当でしょう。」「いや 苦情が来るかどうかは別として 差押命令がの」

 「いや だから そういう理屈はいいですから (人間としてやるべきことをやって下さい)と言っているんですよ。これは赤木さんが 来たんですか。直接 高橋弁護士じゃないですね。赤木さんはこれ 新人弁護士ですよ。これ この人も やれ と言って 行かされているんですよ。差押された金額が ええ 金権が発生したものは回収する係まで させられているんですよ」

 この赤木さんは この人も 悪い法律事務所に入ったもんだからね 色んなことをさせられているんですよ。加担させられているんですよ 若い弁護士が。高橋弁護士の 犯罪の手助け 加担の 取立ての役割をさせられているんですよ。こういうふうに言うんですけど その犯罪 その根拠はどこからくるんですか その自信は 犯罪に手を染めるようなことをして え (どうぞ どうぞ)と 相当な自信があるんですね。警察署が踏み込まないという。自信があるんですね」「踏み込まれても構いませんけど」

 「こちらが刑事事件にして貰いたいですよ。刑事事件にして貰ってもいいですよ」「言われても」「はい お宅のほうから電話して貰ったら一番 早いですよ」「うちが刑事事件にすることは」「だから サギだと。お宅は(サギだ)といわれているんだから 名誉毀損に当たるから して下さいよ」「お客様」「だから 名誉毀損的なことを言ってますよ 僕は今 (おたくらは結託している)と」「ええ」(加担していながら 知らぬ存ぜぬと とぼけている)と。「はい」

 「これは 犯罪が加担する場合に 行われた場合に どの程度 共謀しているのか 割合があるでしょ。 見張ってた 見張りとか」「一般的なお話ですね」「そういう(犯罪に加担している。お宅らサギをしている)と見張り役 重要なお金を(しばらくちょっと預かって 隠しておけ)と言われたようなもんでしょ。郵便局と この えーとこれに 載っているでしょ はい 送達先 機関に ええ この金融機関に 農協も含めて」「はい」「結託関係にある。ということでしょ」「・・・」

 「最終的に そもそも 損保会社が 賠償金額を払いたくない為に 払わなくても済むために これは 謀略裁判で ね 弁済のこういう金融機関を使って 人のお金を横領したということなんですよ」「違いますと申し上げてます」「違うというのは簡単なんだけど」「説明しているでしょ」「説明しているんであれば あれ これは何ですか これは誰がしたんですか?」「取立てに来たんです」「そうですか これは コピーして貰えますか?」「え いや 私どもは出来ませんね」

 「写して貰っていいですか? あのう」「受取拒否したから こちらは知らない間にやってるんですよ。こういうのも初めて見ることですよ。裁判官も見たことも無い 書記官も見たことも無い こちらは警察に訴えようにも訴えようが無いじゃないですか」「・・・」「持ってないから 理解できないじゃないですか?」「受取拒否した知らない間に起きたことだから 顔も見たこともない。書記官とも話したこともない。(ひどい話が起きたんだな)と認識してる訳でしょ。何にもしてないんですか?」「そうですね 出来ないですね」

 「おかしな話ですね。それは ということを知った上で 今 認識してないんですよ。こういう話はロビーで話してもいいんですよ。こういう個室じゃなくて そういうこともありうるでしょ。あなたがたが自信をもって そういう対応しているんだけども」「はい」「公表できることじゃないでしょ。こういう個室ではなくて (ああ この支店長はひどい対応しているな)と理解出来ますよね。とんでもないですよ」「・・・」

 「個室で話しているから いくらでも話すけど 信用に関わる そういう対応しているけど 預金を引き出されている人がいる。と その横でお客さんのいる前で そんなこと言えますか? 傍に預金がいるお客さんの前で そんな中で言えますか?」「それで良ければ話をしますけども」

 「だから こっちに呼ぶということ自体が「はい」「話を漏らさないようにしているんでしょ」「お客さんの話を聞かせないように しているんでしょ」「僕らは いいですよ。何で個室に呼んだのか。堂々と公衆の前で 判断して貰うために 話してもいいんですよ」「逆に言えば」「そのほうがあなたも誠実に対応する筈ですよ」「同じですよ」「僕は 一生懸命に言っているでしょ。(ちゃんと調べてくれ)と言っているんだから 謀略裁判だから 第三者の お客さんがどう思うかですよ。そのような話を聞いた時に」「逆に」(この金融機関はひどいとね。三井住友の損保と結託しているな)ということに」「話をしようとしているんですよ」

 「そうじゃなくて そうなるでしょ。この場所ではこういう大声で言っても聞こえないでしょ。お客さんには」「営業妨害はやめて頂けますか」「こちらは営業妨害を受けているんですよ。 判ってますか?」「いや 判りません」「裁判は 事故が起こって 二年近くになっているんですよ。今。何も出来ない状態ですよ。支店の 南区でやっていたんだけど 急遽 (田舎に帰って 支店で 営業しよう)と思ったんだけど その矢先の事故ですから それから ずーと玄関が壊されたまま そのまま 危険な状態で放置されているんですよ。柱が倒れたままで 妨害されているんですよ。だから 同じ立場で言っているんですよ。妨害されたら困るでしょう。お宅も」「妨害されたら困ります」

 「だから 同じですよ。同じ立場で (そういうことをされたら困るな)と ちゃんと賠償された上で 名誉毀損とか こういう別件で裁判にするなら良いですけど」「判らないですよ」「だから 僕が抗議に来たと (調べてくれ)(取り下げるなら 取下げで全て取り下げろ)と。違法な裁判は取り下げることが出来ると法律にちゃんと書いているでしょ 書いてある。だから 裁判所に言っているんですよ (ちゃんとしてくれ)と」「それは今川さんのお話ですよね」

 「こちらは 裁判所が自分達でやったことだから (自分達で解決してくれ)と 言っているんですよ。。こちらが 色々しなくても 判っている筈だから 」「裁判所にも言っているけど お宅らにも言っているんですよ」「はい」「これは三井住友の系列だから 連絡しやすいでしょ」「それは」「元々の 賠償支払ってないから お金を取り立てること自体 間違っているから (それを問いただしてくれ)と言っているんですよ」「・・・」

 「この 責任者 えー 作村氏 知っていますか」「知らない」氏 いいえ 三井住友の保険会社。ええ 直接 顔も見てきたしね。という男が出てきて 用心棒みたいな男が出てきて ね」「ええ」(係争中だから 話が出来ない)ということで 一切話しが出来なかったんです。そういう対応も おたくに言ってますからね。ひどい対応をしていると」「私たちは」

 「だから (同じ系列だから 恥ずかしいことはやめてくれ) あなたが今言ってますから 同じ系列だから あなたがたが言わなきゃならない筈でしょ」「私が言う立場じゃない」「別の会社だけど 同じ名前だから 三井住友という合併会社。天下の 名門ですよ。財閥 あなた達 誇りを持って仕事しているなら 言わなきゃならん筈ですよ。そしたら 判るでしょ」「ご忠告は判りました。はい」

 「そしたら」「はい」(伝えます)ということですか? (伝えます)と言ってくれるんですか?」「ご忠告として 受けます」(伝えます)と言わなきゃならんでしょ。伝えてくれますか?」「伝えようがないじゃないですか」「載っているんだから 第3債務者として載っているんですから ね」「お宅は 名刺を貰えますか」「ちょっと待って下さい」「はい」 ドア バタン   ピー ピー ピー ピー ピー ピー 

 「はい ああ えー うーん あ 店長では無いんですか お宅は 」「はい」「じゃあ 責任者を呼んで貰えますか 」「はい わかりました」「はい」

 

 お客さまサービス課 三木芳訓           お客さまサービス課 財前寛治

 

  三井住友銀行の三木専務 黒文字 ・ 財前課長 紺文字   正信 青文字   

 「あ 失礼します。すみません。お待たせしました」「はい えっと店長さんですか?」「はい サービス課長 担当してます。財前です」 上司が現れた。 「財前さん ああ すごい名前ですね。課長さん」「いえ 課長を担当しています。三木のほうから話を聞かせて貰いました」「財前さん」「お話伺ってますけど」「話は聞かれたんですね」「一応 ざっとは伺いました」

 「じゃあ 様子は判りますよね 何を訴えているのか 内容は聞かれて どうですか」「はい そうですね 私共は第三債務者 裁判所から命令がまいりましたら 口座のほうをですね えー…しなきゃいけないと」「いや それでね それは繰り返されているから 話は判るんだけど その苦情を言った後に どういう対応をされるか」「苦情ですか」

 「三木さんには (間違った裁判が行われているから 裁判所に言ってくれ)と」「それはですね 逆にですね 私どもは あくまでも当事者ではありませんので 義務は無いんですよ」「義務が発生しているんですよ だからそういう対応だからね 呼んで貰ったんですよ。責任者」「ええ」「支店長を。人の口座から 預金を引き出すのには 事前に何で通知しないのか」「通知」

 「それでね 裁判所がね 違法な法廷で 謀略裁判で 説明できたんだけどね その機会が無かったから 言っているんですよ。だから(責任義務が発生している)預金者はね 全然ね 謀略裁判だと。(人のお金を窃盗している)と そういうように言っているというふうに伝えて貰えませんか」「それは逆に お客様のほうからですね 裁判所のほうに そういう異議があれば相談なさって下さい」

 「それはね 説明しましたよね。話を聞くようなね 人じゃない。と言っているんですよ」「それは」「裁判所の人間はね が結託して」「それはないと思いますよ」「抗議したけどもね (判定が下ったから 取消できません)と 一方的な対応なんですよ」「それは裁判所のお話ですね」

 「こちらは全然 出頭してないから 説明して貰ってますかね これはね 別件でね こういう差押になっているんですよ。これは名誉毀損。謝罪広告とかね 本件は このね 車が飛び込んできたからね こちらは被害者ですから 賠償して貰わないといけない立場がね」「はい」「逆に 請求を受けているんですよ。差押を受けているんですよ。簡単に話ますけどね おかしいでしょ。間違っているから やめてくれ。と」「裁判のですね 内容については そこまでは関与出来ません」 

 「だから大まかに言っているんだよ。説明しているでしょ。(謀略でね こういうひどい裁判だった)と (別件でね この賠償を 払うべき賠償を相殺するためにね 捏造された事件で こういうことが起こっている)と。だから そういうね 被害者がこういうことがあってはならんはずだ。と起きていると言わなきゃならん筈ですよ」「それはですね あのう 逆に 裁判所のそういう被害者が当事者間で話して貰えないと 私どもには そういうことを言う権限がないんですよ」

 「いや お宅らは 裁判所にも三井住友の損保会社にも 言える立場なんですよ」「あのう」「両方に間違いを正せる 二つの立場にあるんですよ。言える」「本件に関しましては そういうことは裁判所で決まったことに 命令書が来てますので こちらから どうこう言う権限は何も無いんですよ」「権限じゃなくて 義務が発生しているからね やって下さい」 

 「こちらは裁判所の指示どおり」「聞きましたよ。聞いたけども (裁判所の中にサギがいる)と 今 言っている訳なんだから 電話でもしましたよ。こちらに来る前に きちんと聞いておかなきゃならん筈ですよ。  昨日ですしたかね 話しているんだから 昨日の今日だから 昨日 聞いて (僕の口座からも引いているのか) と (ひどい話だな)と でしょ。昨日したでしょ。今まで ゆうちょに掛かりきりだったからね ゆうちょ銀行では5万円引かれているからね これも ひどい話なんですけど わずか3千円しかないんですよ。それをどうして引きだすんですかね」

 「ひとつはですね 先方とは話されましたか 相手側と」「今ですね 債権者はですね」「はい」「面談等禁止等の事件になっていて こちらが ちょっとでも電話したりすると 賠償させられる状態なんですよ」「そしたら 裁判所のほうにですね 裁判所がですね 最押命令を発令した時点で 第三債務者と裁判所に異議申し立て」

 「異議申し立てですか」「いえ されるとしたらです。こちらが 銀行としては それをあのう お受けするしか 私共としては出来ないんですよ」「いや だから僕が今 言っているのは 責任者をね 呼んで貰ったのは そういう話をするためでは無くて ね 一言欲しいんですよね。(ちょっと調べてみましょう)と。その一言でいいんですよ。一言」「調べるというのは何を」「だから こちらが言っていることが正しいかどうか (差押は違法だ)と言っているんですよ。(サギに相当する事件だ)と。だから (対応してくれ)と言っているんです」

 「それは ようするに お客様が裁判所に話をしているんですね」「話しています。。だからね 元々は 三井住友のね えー 海上火災という 同じ系列の会社がやったことですから お宅に言ったほうが早いんですよ。だから言っているんですよ。加担した立場だから言っているんです」「いえ その銀行とは関係ないです。裁判所から指示がきたら するとかしないとかは 私どもが裁判所通り 勝手にやっている訳ではなくて 指示通りしか私達は出来ないですから」「だから それはいいですよ」

 「逆に 三井住友海上と三井住友銀行が 同じということでは全く無いんですね」「ああ それは別かもしれませんよ」「それを私どもに (どうにかしろ)と言われましても」「同じ系列だから言いやすいでしょ」「相手側」「それじゃあ 三井住友の人間が変なことをした場合に 悪いことをしている時には お宅らは注意しないんですか 外にもあるでしょうけど」

 「あのう 今回の差押に関して いいかどうかは裁判所が決めることですから 私共がとやかく言う問題じゃないんです」「裁判所から命令があれば 私ども裁判所の指示通りにやらなきゃならんですから」「聞きましたよ。聞きましたよ (だから裁判所の中にサギがいる)と言っているんだから 注意しなきゃいけないでしょ」「それは私どもには判りません」

 「被害を蒙っている預金者に対して 不親切じゃないですか」「それは。勝手に引いたと」「勝手には引いていません」「勝手でしょ。通知は無かったんだから」「通知はきてませんよ」「裁判所の中にサギがいて (サギまがいのことをやっているような そういう裁判所をおかしい)と思わないですか? こういう僕が抗議した時点で (おかしいですね。おかしい 調べてみましょう)と 何で調べないんですか 答えが何で出てこないんですかね」「…」「普通だったら そうしますよ。普通の会社だったら それぐらいしますよ」

 「今 あのう お話があったことは 裁判所にお話はしますけど」「」「」「約束して貰ったらいいんですよ」「それはあくまでも裁判所が決めたことですから私どもが」「だからですね 僕が聞きたいのは こういう事件があって苦情に来ているんだからね どういう対応をしたのか聞きたいんだからね ハッキリ言いましたからね お願いしましたからね いいですね」

 「お客様のそういう申し出があったと お伝えしますだけ」「今ね あなたと直接会ってお願いしたんですよ」「ですから そういうお話が今 あったということをお伝えするだけ」「お伝えするだけ」「いや 話はお互いに話して (どうしましょうか) と落としどころがあるでしょ」「いや 落としどころではなくて そういうお話があったと伝えるだけです。伝えることしか出来ません」

 「こちらはお願いしたことは二つ 二点あったでしょ。聞いてますよね。それをやってくれと」「いや あー」「差し押さえのね その え−なんですかね。取下げの理由ですよ (何で取り下げたのか) そしてね その」「裁判の事項については 私共 一切関与できません 私共が言えるのは お客様がそういうこと言われたので そういうことがあったと お伝えするだけです。それ以上のことは出来ません。」「誰に伝えるんですか?」「裁判所に」「はい」「で 裁判所の誰にお話されましたか?」「これは 差押の担当ですよ。泉秀樹と 安永秀典だったかな」「はい」「差押の担当者です」

 「その方に 今 あの お客様からですね」「それは担当者ですね 所長がいるでしょ 総責任者」「どなたですか」「知りません」「ご存知ですか」「いえ」「仲家暢彦 福岡地方裁判所の所長 に伝えて下さい」「今のお話があったことをですね お伝えするだけです」「伝えるだけじゃなくて ね 返事を貰って下さい」「どういう 返事?」「どういう対応をするのか お宅らのね 社長にも聞いて下さい。総責任者に 何て言うんですか? 三井住友生命の 誰ですか」「それは関係ないです」「おたくらが出てるから」「お客様が仰っていることを言われているということで お申し出があるということだけ お伝えするだけですから それだけはさせて頂きます」

 「伝える場合はですね (伝えました)という返事は して貰えますか 」「伝えましたということはします」「通知下さい」「電話だけしか出来ません」「電話だけだったら判らんでしょ」「いや 出せません。出せません」「とにかく こちらは来てるからね わざわざ 答えは正確なものにしたいですから」「そしたら伝えられません」「困りますね」「そういうことでは出来ません。そういう限度をつけられると」

 「そういうことであれば」「欲しいと あのね 裁判所からは書面で来ているんですよ。全部 書面でキチッとね 受け取らないと ほー 言った言わないとなるでしょ。差押受け取って」「お伝えしましたということを お電話で連絡させて頂きます。それ以上のことは出来ません」「ほう」「私どもは権限はありません」「それでいいんですかね 依頼された時に」

 「だから あのう お電話でお伝えしたと いうことをお伝えします」「それじゃ残らんでしょ。おたくがね ちゃんと こちらの苦情を聞いて どういうことを聞いて 依頼されたとか 出てこないでしょ そういうことじゃ」「いや」「現時点で話したことも 本当に依頼したのか どんな依頼をしたのか お願いして 判りましたと言ったのか 判らんでしょ。だから 今言っていることを書面にして」「それはお約束できません」「それじゃ話が」「依頼しても 出来ません。それ以上のことはしません」「まあ いいでしょう。まあ これ以上 追求しませんけど とにかくちゃんとやって下さいよ」   色の変更中■  

 「そういう話があったいうことは伝えます」「これだけの事件になっているからね 何千円でも窃盗に当たりますからね 。預金者がね 今後 これから色々やろうとしている時に 色々ね不安なんですよ。不安で出来ないですよ。だから (もうこういうことは無いですよ)と言ってくれないと 安心して利用出来ないんですね 相手に対して 信頼を失った時点で もうどうぞ 信用されなくても結構ですよ。と いいですよと言っていいです 銀行として おかしいでしょ」

 「本件に関して 今回のことは別だと思いますよ」「こういう対応がね そういう問題じゃないですか」「今お話したことをお伝えしますと言っているでしょ」「ただね こういうふうにキチッとね 文句を言って 苦情を言いに来た受けて きちっとね じゃあ何とかしましょうと 期待の出来る返事をしなきゃならん筈ですよ」「」「希望を持てる返事をして帰って貰わないといかのじゃないですかね」「それはあの 裁判所が決めたことなんで」「そういう答えを求めてないんですよ」

 「私達はそれ以上の権限も無いし することは出来ないんですよ」「ゆうちょと違う対応して下さいよ。郵便局でそういう対応受けてきましたからね そういう目にあってきましたからね いつもいない いつか判らんと それよりマシだから ゆうちょとは違う対応をして下さいよ。責任者が出てこないんですよ。おたくらは出てきたから わりとマシなんですね。窓口に出てくる人間はひどい 対応」

 「だから三木さんとお話しされましたけども ね その上司が出てきてね キチッとね うん 足らない部分を補うというかたちで出てきてますからいいですよ だけど それでも足りませんよね。お宅のもっと上の人に また話さなきゃならんでしょ。ね (その上の上司を)呼んで貰えますか」「いえ いえ 私が」

 「苦情が満足いかない場合は そうなりますよね。まあ いいでしょう。今日のところは これでね 一応 下がりますけどね 待ってますから じゃ」「一応 伝えます。お伝えしたことを連絡だけはします。ただ あとの判断はどうされるかは判りません」「そういう無責任なことを最初から言ってるから 駄目なんですよ。期待を持てないということになるでしょ」「これに関して 私ども関与することは出来ないんですよ」

 「判りますよ。ただ 謀略裁判でなってますからね だから 裁判の内容は知らないでもいいから 結果はそういうことで違法だということを主張しているから 取り下げろと言ってますから」「お客様の仰っていることはお伝えします。これ以上のことは踏み込めませんので」

 「これはね 三井住友がやっていることが始まりなんですよ。責任があるんですよ。ほっとくと三井住友の名前に傷がつきますよ。(どういうことをしてんのか)と。これ 本当に。最初は三井住友海上で 最後の締めくくりのね この犯罪の ね。えー 引き落し ね 差し押さえに関わる。は三井住友銀行で はじめであり 終わり 三井住友はどういうね 仕事をしているんだと ね なるでしょ」

 「そうなるから 重々気をつけて下さいと」「…」「看板を背負っているんだから 普通 こんなことがあっちゃならんから ね (三井住友海上火災が もしこういう事をしていれば迷惑だ)ということになるでしょ」「その件については 私どもは」「あのう 保険会社の不払い問題は 当然ご存知ですよね」

 「それとは 私ども銀行は 関係有りませんので」「だから 銀行は銀行でキチッとした仕事をされてある筈でしょうけどね 本当はここに載っちゃあならん筈なんですよね。三井住友銀行は 同じ名前で仕事してあるから ということで とばっちり食うでしょ。本来 また終わりに出てきたと。三井住友がまた出てきたと 出ちゃならんでしょ。第三債務者として 関わっているんですよ 全国的に行われているんですね」「そういうことはおかしいです」

 「裁判自体がおかしなことばかりで こちらは被害者で 弁償もして貰ってないという状態なんです。高橋弁護士がまた 裁判長の経歴があって 精通していると 結びつくじゃないですか ね 普通の弁護士じゃないんですよ。ね 一度も家に来てないですよ。様子を見に来てないんですよ。この弁護士は 代理人でありながら 普通 有り得ないでしょ。書面で何とか出来るという そちらのほうばかり頭がいくんですよ。」「だけど その内容については私共も判りません。されても何も話せません」

 「簡単に話しているんですよ。話すとキリが無いから 判るようにざっと話しているんですよお願いしますよ」「お伝えするだけはします」「伝えて 何とかなったらいいですね。と個人的な話になってもいいんですよ」「個人的な話は出来ないです」「そうならないといけないんですよ」「言えないですよ」

 「言えないんだったら問題です。個人的などうしようもないという対応と同じですよ。それじゃお困るんですよ。そういうね 人が希望を失うようなことは普通は言わないですよ。言われたら困るでしょ」「こちらはね 本来 何の裁判所なんて普通 こちらは何の縁が無いんですよ。そういう普通の 田舎の人間が巻き込まれて それで加害者にさせられている訳なんですよ。困るでしょ。当事者に 元 裁判官をやっていた弁護士がやって 代理弁護士で 加害者は痴呆症なんですよ。そういうことが出来る筈がないんですよね。おかしなことばっかりで 代理弁護士が代理の権限で もう勝手気ままにね やりたい放題にやっているんですよね。こういう事件ですから  ね ひどいでしょ。ね」「…」

 「息子として あのう 僕はね おふくろはもう88になるんですけどで ね 糖尿病で 危ない状態を そういう人を 出頭への呼び出しているんですよ。(やめてくれ)と (体調が悪いから) それを強引に 郵便局も加担して 呼び出しの送達を出して  払うものを払ってからならいいけど さんざん妨害しておいて 出せなくなったんですよ。だから 二重にね 罪を犯してますよね。この高橋弁護士は。だから(そういうね フフ 弁護士の言う事を聞かれたら困りますよ)と。ね (弁護士には気をつけて下さいよ。裁判所から来てない可能性があるから) 捏造してね。うん おたくらも その (仕方がない)ということでやってるんでしょうけどね これは注意しても聞かないということは これは加担していると思われても仕方ないですね。そうでしょ」「・・・」

 「ふつうだったらね (判りました)と。(サギかも知れんですね)と すぐね そういう対応しなきゃならん筈ですけどね (調べてみましょう)。と そういう元裁判官の弁護士で 精通した人間が 差押の手続をやっているんならね 元 先輩に当たるからね 裁判所の後輩にやらせている可能性がありますからね そういう事も全部 考えてやって下さいよ。こちらは抗議しているんだから 知らぬ存ぜぬじゃなくてね 今後一切 こういうことが無いように。」「・・・」

 「だから 事件はね 裁判所に行って 事件がね 事件番号を調べたらわかりますよ。別件ではね 十数人が関わっていますよ。裁判所 書記官 それでね 差押命令で 預金引き出して (取下げ書を出しました)と。弁護士が出している書面ですよ。裁判所も関わらずに逃げているでしょ。(そういうことでは駄目だ)と。(差押命令に関わった弁済手続 人間 裁判所の関わった人間を調べて下さい)出てきているでしょ。弁済手続に出て来てませんか

 謝罪広告事件という名前がついていますけど これは こちらは倒壊するかも知れんから 誰も聞かないから ね。仕方なくやったことだから これは 公益性がある 公共性があるから 名誉毀損にならない筈ですよ。聞くような人間が一人でもいたら こんなことしなくて済んだんですよ。面談禁止とかね 別件で何回も聞いているんですよ。何も出来ないですよ。こちらは 意見言いたくても そういう中で貼り紙とインターネットでそれを見て下さいと。インターネットとかで損害立証してますよ。それが名誉毀損にして 訴えて来たんですから。そのための このお金が発生しているんですから ね だから 全く話にならんことをね

 最初に (まず賠償しなさい)と。それからだと。ね。主張しているんですが 言って主張してきているんだけど 聞かないんですよ。裁判所も加担して この犯罪をやってますから 結果的に 三井住友の加担しているんですよ。(同じ系列だったら 関係がある筈だから 何らかのかたちで抗議してくれ)と。(三井住友のね 名前を汚すな)と その社長に 社長に言ってもらえませんか?社長に 」「・・・」

 「ね だから おたくらの社長ですよ。三井住友銀行の社長 会長 に この話を伝えて トップ話して 海上火災のほうに言って下さい。と言っているんですよ。トップに どうですか この話は」「いえ この事件に関して そういうことで関与出来ません」(それをして下さい)と (そこまでしてくれないとね。とんでもないことになりますよ)。と言っているんですよ」「事件内容が判りません」

 「だからね お宅らが出てきているから言っているんですよ。それだけの意見をしたほうがいいんじゃないかと 今だったら ね 止められるんですよ。この程度でね うん 話をしてしましょうと 事件がこれ以上 大きくならないように うん 話をしてみましょう。と (話をしてみましょう)というだけでいいんですよ。こちら気が収まるんだから それだけでもいいですよ。ね そういう意思表示もできないんですかね」「いや」「言うぐらいならお金はかからんでしょ。三井住友に抗議がきてますよ」「…」

 「だから言っているでしょ。言う事を聞かんからこうなってますよ」「」「それは書記官と同じ対応ですよ」「もし 訴えられるなら そちらが裁判所に言わないと 私共は逆に司法の立場ではありませんので」「それはいいですよ。とにかくね 責任問題はね あなたがたは差押した時点でね あなたがたは加担した形になってますから (違うんだ)というところを 見せて貰えませんか (三井住友火災とは 私たちは違う) (盗賊の一味じゃない)と言わなきゃならんでしょ」「・・・」「それをしないと疑ってかかりますよ。(やっぱりね うん 同じ穴の何とかで つながっているのかな)と なるでしょ。だから 抗議している以上は (調べましょう)と ね もし(こういうことが無いようにね 海上火災のほうに 同じ系列会社ですからね 言っときます)(やってくれるんだなあ) と こちらは安心して帰れるんですね。たったそれだけですけど 言葉が欲しいんですよ。ん」「それは 申し上げられないです」

 「それは(調べない)といいうことでしょ」「調べないのではなくて 先ほど何回も申し上げたように そういう あのう お話があると お伝えします。と申し上げています。」「だから 話をね お伝えするというのはね これは機械でも出来ることですよね。」「…」「人間の意志が関わっているのだからね あなたが僕の苦情を聞いて どういう印象を受けたのか 意志があるんだから」「それは銀行に対しての苦情と思えないんですが」「いや 苦情ですよ。これは」「どういう苦情ですか」「その裁判所に申しあげられたらいいんじゃないですか」

 「そうじゃなくて 通告をしてくれれば 事前に対処できることもあるでしょ」「それは銀行からすることじゃなくて 裁判所がすることです」「普通 しなきゃならん筈ですよ。(差押が来てますから 引いてもいいですか?)と 何で一言の通知が無いんですかね これは 預かっているね 何千円でも 信用無くなるでしょ。その時点で 銀行は (預かったお金を流用したりできる)といいうことですね。裁判所の命令という名目で いくらでもね 逃げ道をつくっちゃいかんでしょ。全国でこういうことが頻繁に行われているかどうか調べますよ。じゃあ いいですか 」「どうぞお調べ下さい」

 「こういう物件は たくさん出るんじゃないですか こういう裁判は僕だけではない筈ですよ」「裁判については私共 裁判所では無いので判りません」「不払いの問題がこれだけ 何万件てあるでしょ。何十億ってあるでしょ」「その件については私共 銀行は判らないです」「判らないなら 判らないでいいですよ。でもデータは出てるでしょ。数字は出てますよ。納得できる内容が 事件が起きてきたんですよ。(不払いの原因というのはこういうことで起きるんだな)と いう実態を見せられているんですよ。困ったことに これは色んな人間が関わって 送達する役割もあるし 取立ての係もあるし これは三井住友だけじゃなくて 他の 色んな保険会社の共通のところに依頼する 派遣された調査員が 色んなところで かけもちでやっているんですよ。これは三井住友だけの専属ではなかったんですよ。これは 他の損保からも頼んできているんですよ。引き受けているんですよ」

 (損害を見ないで 払わなくて済んだよ)と。話が 横に広がっていくんでしょう(俺のところも頼む)(払わなくても済む)という。派遣調査員会社も問題なんですよ。調査会社の人間が 任せられて(損害があっても見るな)と そういうひどい教育を受けているんですから。その辺は全然 知らない筈ないでしょ」「…」

 「知ってる筈なんですよ。知ってても あっても こういうひどい結果になっても 調べようともしない。と。だから 問題ですね。だから 結託していると思われても仕方が無いということなんですよ。ね これは  捜査対象になるということですよ。(疑っているなら 調べてこみましょう)調べて貰う。警察も結託してれば 検挙しないということも出てきますけど。だから お願いしますよ」「何をでしょうか?」「今の話」「お伝えするだけですよ」「お伝えるだけじゃなくて」「そしたら お断りします」「抗議しにきたことだけはお伝え下さい」・・・「」「いや だから 言ってるでしょ。(差押はね 違法だからやめてくれ)と このね (取下げもキチッとしたかたちでやってくれ)(全てね 全部取消してくれ)と」「いや そういうことは」「いや こちらが主張していること 言っていることは伝えて下さい。こちらが書面で主張していることは言って下さい」「裁判所に それから三井住友解消に」「それは出来ませんよ。私も 関与してなくても」「関与してなくても同じ系列だから 」「関係ありません」「やって下さい」「出来ません」「おたくらが拒否する権利がどこにあるんですか」

 「そしたら 直接 裁判所に申し上げて下さい」「だから 」「それは」「最終的に被害を与えている会社の責任者だから言っているんですよ。事件に関わって 前では関わっていないかも知れないけど 今は 関わっている訳ですから。差押の引落で関わっているんだから 言っているんですよ」「裁判所にはそういう話があっていることはお伝えします」「だから伝えて下さい。裁判所にはね そしてね」「申し出があることをお伝えするだけです」

 「そして 今後 こちらは あのう カードを使って 色々と仕事をしようとしているんですよ。だから ハッキリして下さい。そうじゃなきゃ 解約しなきゃならなくなるでしょ。「・・・」

 「このね えー 送達先だけなのか 把握しているのは 他の金融機関はね 全然関係ないのか 関わる金融機関が 裁判所だったら 普通 命令できる権限があるなら。全部 把握できる筈ですよ。本当に命令できるような権限がある裁判所だったら だけど このね 損保に関わる。銀行が 差押に関わる 金融機関として 出てきているんですよ。外の金融機関は何故出てこないんですか?」「・・・」

 「外にもあるでしょ。どういうことでしょうか 銀行ならご存知でしょ」「わかりません。」「裁判所は関わることですから 裁判所はあらゆる金融機関は把握できる筈ですよ。外の金融機関は 」「」「あのう おたく担当だから判るでしょ」「一般的な話でいいですか 一般的には ・・・あればお話できますが それだけの話なんで 裁判所は一切関与しないです」「他の金融機関は」「関係ない ・・・命令があればします」「・・・」

 「関係ない・・・?お宅では把握出来ないんですか そういうのは」「」「裁判所はね 外の金融機関にも送達しているか どうなのか あれだけでしょ」「だからね そういう書類もね ちょっとね 完璧じゃないですね。完璧にしてないんですよ。漏れがあるんですよ。その漏れはどういうことですかね 限定していることではないですか?。(三井住友なら差押を完全に対応してくれる)という想定で入れていることでしょ。いいですか (他の金融機関は危なくて関わらない)ということで。(関わりたくない)と。(仲間に思われたくないからね 第三債務者になりませんよ)ということじゃないですか?」「お話の意味が違うと思うんですけど」

 「違いますか まあ いいでしょ。大体判りましたから。ああ すみませんね お昼の時間にね お邪魔して ああ 今 何時ですか?ああ 12時 いいですか? いいですかね?。今日はこれで帰りますけど」

 「まあ これもトップに言って下さいね。トップに 会長か 社長かに こういう事件が起こっていると 福岡でね」「・・・」「これは保険会社のほうに言わなきゃならんことですからね 最終的に 銀行だけじゃなくてね。海上火災のほうに (保険会社が こういうふうに 被害者に支払うべきお金を 払わずにね 取立てている)と。(こういう事件が発生しているのは本当ですか?)と。本部のほうにもね 連絡して下さい。ちゃんと。三井住友海上の会長にね。(こういう事件を放置していいんですか) と。(福岡支店の責任者はどうなっているのか) と。そこまで電話して下さい。ちゃんと」「・・・」

「(判りました)と言わないんですか? だんまりでは困りますけど」「話がコロコロ変わっていますから」「大事なことを話しているんですから。」「普通 私ども裁判所のほうにお伝えします。それだけの話です。判りました。」「それと だから 大事なこと。同じ系列だから 出来るんならやって下さいよ。ね。こちらがお願いしたことだけは ちゃんとやって下さいよ ね。その結果 どうなろうと ね これは (知っておいてもらう)という意味があるんですよ。(東京の会長の 総取締役のね 損保のね 三井住友海上火災の 責任者がね 知った上で 放置しているのか) ということになりますからね ちゃんと伝えて下さいね。銀行のほうからね 調査義務が発生してますからね 今ね お宅の 財前さんにも 三木さんにも。発生しているんですよ」「調査義務は無いです。お受けしてません。」「調査義務はないです。関係無いです」

 「(詐欺事件だ)と言っているんだから」「(違うんです)じゃなくて(調べないと判らない)では駄目なんです」「(裁判所に聞いてくれ)じゃ駄目なんですよ。これは お宅らが 三井住友海上のほうにちゃんと(どうなっているんだ)と言って」「・・・」「・・・」「それは私共は関与できません」

 「それじゃ駄目なんですよ。預金者がお願いしているんですよ。(この事件は 大本から調べないと判らない)と 最後のね お金がどうのこうのじゃないんですよ。それ以前の根深い問題があるんですよ (損害を見ないから 弁償をしなくていい)と そういうね (卑怯なやり方があるから 改めてくれ)と ね そのことを言っているんですよ。基本的な 企業のあり方ですよ。賠償というのは 損保の商品なんでしょ?。だったら (与えた損害を賠償した上で 片付いた上でね 名誉毀損なり 色んな別件で やってくれ)と。手順を (そういうやり方を知った上で指令しているのか) (やれと言っているのか サギをやれと 教育しているのか) と。社長が指令しているのか と 不払い事件は 社長がやらせているということでしょ」

 「調査員にも 従業員にもね 担当者にも 全国の支店に (売り上げを伸ばす為には 手段を選ぶな)と ね (払うべき賠償も払うな)と ね (社長が指令しているのか) ということになるんですね。だから そういう指導をしているならば 三井住友というのは 同じ系列だということになるんですね。同じことをやらせているのかと 色んな三井住友 の系列というのはありますよね。他に何がありますか」「・・・」「他にもあるでしょ。損害保険と 銀行と あと 何がありますか?」「話が 判りましたんで 出来ることはやりますので」

 「だから 言う事は言うんだけど あなたがたの判断ね 対応」「変わってますよ。裁判所のほうに こういう話がありましたと お伝えします。このことだけはお約束しますので」「言って 返事を下さい」「・・・」「あのう 正式なかたちで あなたがたが(責任をとってね 伝えました)という形に なるようにして下さいよ。」「電話で申し上げます」「電話でもいいんだけど 電話して いなかったらどうするんですか」「…」

 「だから そういうことじゃ 責任を取ることにならんから 一行でもいいからね (苦情は承りました)と ね 誠実に (何月何日ね 記録して 苦情を言った)ことに対して キチッと頭に入れて下さいよ。その上で書面を作ってやって下さいよ。ね」「申し訳ありません。書面は出来ません」「逃げようとするからいけない」「逃げてはいません」「責任を取るということは 人のお金を預かっているんだから 預金に対して どうするのか 答えを出して下さいよ」「・・・についてはお伝えはします」

 「預金に対してどうするのか そこまで答えを出して下さいよ」「・・・」「だから 預金に関して こちらはカードを今後どうするのか 安心して使うのに どうするのか」「・・・」「だから 裁判所の問題と おたくらがね 預金に関わる責任が別にあるでしょ。安心して カードを利用して 色々ビジネスをしようとしているのに 妨害しているということになるでしょ」「カードは本件で終わってますので」

 「カードは この問題を解決して貰わないと 今後は今後で起こるかも知れんけども 今のね (問題を解決しないとね 進めない)と言っているんですよ。 (新しくつくればいいのか これカードでね 判らないから 継続して今の問題は ハッキリしてくれ)と言っているんですよ」「」「だから(裁判所からの差押命令がきたら いつでも差押命令を受けて 引き出すことをね やる)と言っているんでしょ おたくは だから(それではいかん)と言っているんですよ。(二度とこういうことは無い)と言って (安心させてもらわないと困る)と言っているんですよ。ただそれだけですよ。あなたがた 預金を預かる責任ある人間に 口座を開いているんだけど (これは安全に使えるのかどうか)聞いているんですよ。(今後 裁判所の命令を聞くのか 聞かないのか) (サギがいる)と言っているんだから あなたがたは (本当にそうなのか) 調べた上でね (いました)と言うのか判らんけど 大事なことでしょ 調べた上でね 結論を出さないといけないんですよ。(安心して口座を利用して下さい)(いくらでも入金して下さい)と言うのか そうなのか 答えをださないと いかんのですよ」

 「こちらは営業時間に妨害しているようだけど あなたがたは妨害しているんですよ。こちらも 身動きできないんですから おふくろも色んな口座あるんだけどね ゆうちょを解約して 年金もわざわざ取りにいかないといけないんですよ。公共料金もね そういう状態で放置している郵貯とね 違うところを見せないといけないんですよ。郵貯と同じですか? 郵貯は看板をはずしているんですよ。何か知らんけど 危険なのかどうか知らないですけど そういう会社はありますか 判らんようにしているんですよ」

 「セキュリティでね 殴りこみかけたくでも かけられないようにしているんですよ。駅の改札みたいなものを作って 大きな機械でね 進入できないようにしているんですよ。人間が たやすく入れないようにしているんですよ。大きな機械を入れて」「」

 「だから こちらは信じられないことを体験してきた 対応を受けてきたから あなたがたも 同じような そういう対応するんですか。郵貯からそういう対応をうけて来ているから言っているんですよ。(直属のね 上司を出しなさい)と言っても出さないんだから 黙ってね 都合が悪くなったら黙りこんで 何も答えないんですよ。答えるべき義務があるんですよ。そういう意味では似てますけど ちゃんと責任の所在をハッキリしてくれと 言っているんだから 答えられなかったらね こちらは安心して帰れ 帰れませんよね。

 「(お願いしますね)ということにならんでしょ。言葉だけで言っても。あなたがたが一言いえば 安心して帰れるんですよ」「伝えます」「上司に伝えますと言っても それが誰なのか判らないですね。結局はね それで終わっているんですよ。ゆうちょの対応は 責任者が誰も出てこないんですね。だから 最低 裁判所の差押命令を絶対的なものとして受け入れて ね 引落したならば その責任があるのだから ね 判断してね。(間違いなく 正当な裁判が行われた)と 調べた結果 間違いなく 裁判が起こってね 聞いていない内はいいけど 迷惑裁判でね 説明しているんだから 謀略裁判でね こういう状態 ひどいことが行われて こういう状態をあなたがたは放置するんですか」「関与出来ない話なんで」

 「誰が裁判所の命令が出た時点で 書面が裁判所から出たのか 聞いたんですか?」「裁判所から命令は誰が持ってきたのものか聞いたんですか?」「」「裁判所命令は出したのか ね 差押命令は名前がありますけど 聞きました?関川 何ていうんですか? 関川亮介という裁判長がね」「はい」「署名印があるけど 差押命令 正当な裁判が行われましたかと ね それは聞きましたか?」「…」「聞いてやってますか」「いいえ」

 「そうでしょう。そんな無責任なことで 預金者のお金を引き出すような ことをやっていますが どうなんですか。命令は (差し押さえ命令は怪しいもんだ)という 疑いも全然 持たないでやるんですか」「そうですね」「だから (うっかりしている)というんですよ」「・・・」「それはね 連絡は 通知がきて 責任者が書いてあれば 連絡はつくわけでしょう。来ましたね。と 関川という人間が 責任をもって判定出したんですね。と。ね 今後ですよ。この こういうことがある場合に (この差押命令の対象者がね しっかりね被告席に付かれましたか)と 一度でも聞いたことはありますか?」「いいえ 無いです」

 「だから(うかつ 聞きなさい)と言っているんですよ」「聞きません」「今後 こういう犠牲者が出ないように 最低 差押命令を受ける人の立場が その人が裁判でどのような立場で 見てきたのか (ちゃんと出頭したのか 公正中立にやられたのか 知っているのか)問い合わせしてないでしょ。だから責任がある。それ自体もね 通知状も出さないでね 問い合わせもしてないでしょ。おたくらは だから(責任がある)と言っているんですよ。だから」「どうどうめぐりなんで」「どうどうめぐりじゃないですよ!」「ゴホン ゴホン」

 「大事な話をしてるでしょ。だからね (担当者ならちゃんとして下さい)今 起こっている問題に対して (もう一度 聞いて下さい)。関川さん (関川裁判長に正当な裁判が行われましたか) と(苦情があってますけど)と これを言うべきでしょ。言っているんだから」「繰り返しになりますけど 苦情を申し上げることは (はい 判りました)と申し上げています。(伝えますから) そろそろ お引取り下さい」「はい 判りました。そしたら 今日はこれで帰りますけどね 何かあったら又連絡しますから いいですね。返事は 返事は」「はい」「いいですね じゃ 失礼します」    銀行を出た     11月6日昼

 

 

三井住友銀行 主任 三木芳訓 黒文字      今川正信  青文字

 11月18日

 三井住友銀行 411−1311 ♪〜・・・ 「はい お待たせしました。三井住友銀行福岡支店 小幡と申します」「こんにちは 三木芳訓さんはいらっしゃいますか」「三木ですか はい お名前は」「今川と申します」「はい 少々お待ち下さい」「もしもし 電話代わりました。私 三木ですが」「私 今川といいますけどね 三木さんですね 覚えてありますかね」「ああ」「どうですか この前の」「裁判所には申し伝えました。お話しました」「え どなたにですか」「えっと ちょっとお待ち下さい」「はい」

 「もしもし」「はい」「お待たせしまして すみません。名前は 宗岡書記官がお休みでですね 担当の書記官で その代わりの方で 対応頂いた方で 今川さんのことはご存知の方で え」「お名前は控えてないですが」「代わりの方は」「お名前は ちょっと ひかえていませんので」「それじゃ 通りませんよね。代わりの方?」「判りません。控えてませんので わかんないので 今」「それが大事なんですよ。それが大事なんですよ一番それが無いと連絡しょうがないでしょ」「申し伝えたのは事実でございますので 調べられたら 控えてないんですよ」「それは判るでしょ。覚えているでしょ。控えてなくても」「いやあ 宗岡書記官がお休みで その代わりの方としかこの前 判らないですね」「そういう事じゃ 困りますよね。・・・判る筈ですよ」「・・・判る筈ですよと言われましても そのように申し上げたということで 今のところ お宅様のほうから連絡されたら判ると思います」それじゃ駄目なんですよ。何でね そちらを通しているのか 意味がちゃんとね 考えて お宅のほうを通しているんだから ちゃんと聞きましたよね」「はい」

 「それで?」「…」「二つ聞くように お願いしましたよね」「私共 この内容があったについて 申し伝えるという話でお約束したと思うんですけど」「二つちゃんと調べてくれとお願いしましたよね」「二つというか (こういう話があった)ということお話をさせて頂きました」「だから 裁判所に あらかじめ どういうね 状況でそうなったのか」「はい」(調べてくれ)と言ったでしょ」「裁判所の回答はですね (銀行さんのほうも それ以上してもらうことはないし 裁判所もすることはない)。と仰いました」「そうじゃなくて」「はい」「だから そのね お宅らが誰に頼んだのか それさへも教えないでね」「御免なさい。ちょっと(控えてなかった)ということで」「それはとぼけちゃ駄目ですよ。大事なことだからね」「ですから申し伝えたのは 間違いありませんので」「それじゃ駄目ですよ。おたくが話した相手が誰なのか ちゃんと責任を果たしなさいよ」「お電話で確認されれば判ることですから」「お宅らが話した相手が誰なのか ハッキリと ちゃんと示して下さいよ」  ピー  何かの警告音・・・  「問題になりますよ。これは」  ピー ピー  「電話しようがないでしょ」

 「電話しないと 判らないから 判りませんよ。裁判所がとぼけた対応するから 誰が」「お電話しますので 電話番号をお願いします」「判るでしょ そのくらい ちゃんとね お客がね お願いした時には その人がどういう人なのか連絡先ぐらいは 把握しておかないといけないでしょ」「そういう対応は駄目なんですよ。一度言ったら キチッと控えて (お願いされたことを連絡しよう)と控えておかないとならん筈でしょ」「・・・」「人には言わせておいて 自分は言わないというのはどういうことですか」「え まだ これは取下げ書に出てるんでしょ。相手の何番か わかりませんか?」「お届け番号はここでは困ると仰るんで (その番号を教えて下さい)と申し上げているんです」

 
「番号ですか 連絡は今日してもらえますか えーと 326−5105です」「えー 判りました。こちらに私が連絡した相手の名前を調べて お伝えします」「あのね いつもそうだけど こちらは待っているんだよ あれから20日も経っているんだよ。そういう対応では駄目ですよ。ふつうは3日以内に 連絡しなきゃならんことを
今まで放置しているんですよ。おたくらは 確認してやって下さいよ。今日中 連絡するんですか 何時頃ですか?」おたくらが連絡したんでしょ。今すぐですよ」「連絡取れ次第 こういうことでは駄目なんですよ。自分で 差押の番号 連絡は今日 して貰えますか」「はい」「相手をテキパキ答えて下さいよ。自分で電話したんでしょ。今日中連絡して下さいよ。今すぐですよ 待ってるんだから いいですか 」「はい はい 連絡します」

 電話   三井住友銀行の三木 黒文字    正信 青文字   

 「はい」「もしもし」「はい」「今川正信様でしょうか」「はい そうです」三井住友銀行の三木と申します。正信様ですね」「はい」「先ほど 裁判所の誰と話したか ということですが 第4民事部3係の安永さんです」「安永」「安永書記官」「はい」「それでお宅が直接話しされたんですね」「はい 私がお話させて頂きました」「それでどういう反応でした?。何か 僕が話したことに対して 何かありましたか?」(説明を尽くす)ということしか仰らなかった。出来る範囲で」「未だに連絡が無い」「裁判所のほうから直接 連絡することは無いと思いますが」「それじゃおかしいでしょ」「そうは思いませんけど」「何で取り下げるのか おたくのほうから聞いて下さい」「…」「そうだけどね じゃあ お客さんがね 聞きたがっているから おたくらね あのう (ちゃんと裁判所のほうからね キチンとした通達して下さい)と言わなかったんですか」「いいえ」「何で言わなかったんですか」「そう思いませんが」「約束じゃなくて 普通しならんでしょ。企業として 安心させる為には するべきでしょ。違いますか」「あのう 私どもも させて頂ける範囲で させて頂きますが あのう 出来ないことまで 出来るとは申し上げられません」

 「これはね あのう何時ごろ されたんですか」「11月11日 ああ ならだいぶ経ってます「・・・」「普通は当日するべきなんですよ 当日にね 電話して こういう反応でした。と」「何でしなかったんですか」「それについては 申し訳有りません」「そしたらね 11日に 安永さんがどうするのか聞かれたんでしょ」「(銀行としてもこれ以上することはないし 裁判所としてもこれ以上お答えすることはない)と」「そうじゃなくて (取り下げたという以上は 何で取り下げたのか?) そして 除くと書いてあるでしょ (その意味はどういう理由なのか?) 具体的な説明が欲しいんですよ「私どもはお聞きになられたら回答する立場ではありません」「お客さんに対して 安心させる意味で 安心させる義務があるんですよ。未だに来ないでしょ。だから こういう対応が一つ一つ 問題なんですよ」「・・・」「そうでしょ 全然 答えになってないんですよ それでは」 ピー ピー

 「私どもはさせて頂きますが (出来ないものは出来ない)と申し上げているんです」「それは 裁判所と全く同じなんです 出来ないものは出来ないというのが口癖なんですよ」「そうですか」「だけど こちらは聞いているんだから 報告する義務があるんですよ。(預金が このまま使い続けられるのかどうか) 心配しているんだから お客に対するサービスもなってないんですよ。」  ピー ピー ピー 警告音

 「二人でね 僕の話を聞いていたでしょ (何を心配しているのか) そのところを汲み取れなかったんですか」「お客様 何か誤解されていると思うんですけど」「だから( 預ける預金口座について 今後どうなるのか 教えてくれ)と」「今後については (今後については判りません)と」「判らないじゃなくて 除くと書いてありましたよ。取立てた分 (その差押受けた分は 除く)と書いてありましたよね。(配当を受けた部分が判らんからね しっかり説明してくれ)と言っている訳ですよ」「裁判所がしてくれないから」「私ども お答えする立場ではありません。内容が判る訳では有りません」

 「だからね おたくの方からも (裁判所からね キチッとした 説明書を文書を送りなさい)と言っているんです」「ああ それは初めて聞きましたけども 裁判所に申し上げることは出来ません」「関わっている人間が十数人居るんですよ。お願いしなきゃならんのは あなたがたの義務なんですよ」「出来ることと出来ないことがあるんです」「差押命令の文書に十数人関わっているんですよ。取下げ書はね 弁護士が出した文書をそのまま出しているだけなんですよ 。裁判所が誰も責任を取らないという状態になっているでしょ。処理の仕方がなってないんですよ。だから(何何書記官が責任をもって 受け入れました)と いう文書を出さなきゃならんでしょ。それは判るでしょ」「いやあ 「同じ対応」「同じ対応」「そうですか」「口裏を合わせているとしか思えませんね」「そんなことはないですけども」「一連の三井住友海上火災とつながっているんですよ。サギに加担する方向で 完全に結託している。完全に (しっかりしなさい)と 言っているんですよ。大変な問題になるからね」  編集中 色変換

 「うう お話が以上でございましたら 申し上げることは以上なんですけど」「そういう対応は駄目でしょ。そういう対応じゃいかんでしょう。お客さんが安心しないでしょ」「…」「あの11月の11日に電話してね はい お宅が電話して話を聞いたんでしょ」「はい そうです」「その結果はどう」「」「ちゃんと どういう理由で取り下げたのか 理由を知りたいんだけど ちゃんと裁判所が」「あなたがたが 言わなきゃならんでしょ」「私どもこの間 お話させて頂きました。ありましたとお伝えすると そしてその通りさせて頂きました」「それは「はい」「預金者の 信頼をどう思っているんですか? 信頼を無くしてもいいと思っているんですか? それ」「この件に関しましては お客様がご心配していることとは 私どもとは無関係の話でございまして」

 
「そうじゃないでしょ。カードを使ってビジネスをしようとしている人間に対して
安心させてないでしょ。ハッキリその辺を だから取り下げるなら何で 全部取り下げないと。あなた方が代わって ちゃんと こちらに説明する義務が生じているんですよ。そちらは裁判所にいくら言っても聞かないから あなたがたが代わりに ちゃんと ツーカーでしょうから 差押命令出して 誰が命令して 取下げるにおいて 誰が責任を持って取下げようとしているのか 曖昧だから言っているんですよ。何でこういうことになるのか 平然としてね 取り下げた以上は 中途半端で どうかなるのか 全く理解できないんですよ。こちらは」「私共は判らない話」

 「義務があるでしょ 聞いているんでから お宅らにお願いしているんだから お宅らが聞きなさい。と言っているんですよ」「ですから 私共は裁判所にお話を聞く立場じゃないです」「立場じゃなくて 義務が生じているでしょう こちらがちゃんと どうなんですか と聞いているんだから 調査義務が発生しているんですよ」「私ども できる事と出来ない事がありまして それについて」「それはしなきゃならんことでしょ。これは サギ事件で 窃盗事件なんですよ。だから おたくらがちゃんと 謀略事件で もし 差押までしているなら 問題ですよと。何で裁判所に言わないんですか?」

 
「お話が無ければ切らせて頂きます」「駄目ですよ これは三井住友海上と全く同じ対応ですよ。つながっているんですよ」「・・・」「だから こういう問題が起きた時に どういう処理をしなきゃならんのか判るでしょ。普通 銀行の「私共もこれ以上 何もできないんですけど」「」「何でですか 調べないなら 加担」「サギとか窃盗とか言われるなら 警察に連絡されたらどうですか」「だから おたくらが報告する義務があると言っているんですよ」「詐欺を擁護しているね 銀行がいるから 困っているということになるでしょ。それでいいんですか?」「そのように警察におっしゃるなら それも構いません」「構わない。え それは危機感を感じないんですか 銀行として 大げさに 大きな事件になるといっているんですよ」「」「私共が させて頂くものはさせて」頂いてます。できることがございますので ご説明させて頂いています」「やってないから言っているんですよ」

 「お客が困っているんだから ちゃんと答えなさい」
「私どもはお伝えする立場だけ」「立場? ちゃんとお客を守るのが仕事でしょ。お客のお金を預かった人間がね 勝手にね それを引き落としてておいて 知らんと言うんですか?」「え あのう 私どもはあのう 手順に則って させて頂いていますので」「お客様がご不満があるなら 裁判所のほうに 仰って下さい」「だから裁判所がノラリくらりしているから言っているんですよ これは」「ですから 私共は」「差押事件に関わっているから」「サギとか事件であるということであれば 警察なり 弁護士に相談なされたらいいでしょ」「そうじゃないですよ。お宅らがしなきゃならんでしょ」「お客様の為に やれることは無いんですよ」「お宅らが系列がやったことだからね 同じ系列がやったサギだから お宅らがちゃんと責任を持って 解決しなさいと言っているんですよ」

 「いや 私ども 出来ることと出来ないことがありますので 私共 させて頂くことは これ以上 申し上げられません」「しなきゃならんでしょ。抗議しているんだからね この抗議に対して あなたは答えなきゃならんでしょ。今」「いえ あのう お客さまに答えなきゃならないという話も 私共がお答えしなきゃならない話ではありませんので」「そうじゃない。どういう教育を受けているんですか おたくら」「預金者の 差押にかかるかかからないか 話ですよね」「それもあるしね」「はい」「これは(差押をした分は除く)と書いてあるのは その理由はどういう意味ですかと聞いているんですよ」「それは (差押が済んだ)からと思います」「・・・」「私も裁判所にも あのう聞いてもですね 私も第三者でございますから だから 内容を 訳を教えてくれる訳はないじゃないですか?」

 
「訳? これはね お宅らが 直接調べなくてもね 最低限度ね これはサギであるかどうか これはちゃんとあるでしょ。関係者とかね あのう 差押命令をね 受けて 実行している立場でしょ。だったらね ツーカーの仲でしょ。抗議できる最もね」「あのう 御免なさい。お話 繰り返しで同じ話になりますんで」「ちょっと待って下さい。財前さんを出して下さい」「財前も同じだと思いますよ」「上の人を 支店長を」「財前も同じだと思います」「じゃあ 上の人を出して下さい。支店長を。そういう対応じゃ駄目ですよ」「お客様も変わらない以上 こちらも代わっても一緒だと思いますけどね」「何でですか 預金者の預金をね 勝手に引き出しておいて 知らんふりしている人間が この銀行の中にいるというのはどういうことですかね」「おー…」「支店長なら誠意を込めて 説明しなきゃならんでしょ」「…」

 「もしもし」「はい」「出してください」「回答は同じなんで 切らせて頂きます」「だめですよ」「財前に代わりましても」「これは窓口でお話しますよ。じゃあ」「同じなんで」「窓口でお話しますよ じゃあ」「はい?」「窓口で いいですか」「はい?」「誰も聞いてないから こんなぞんざいな扱いかたするんでしょ。おたくらは責任逃れしているけど お客の前でそんな対応するんですか 大勢のお客の前で言えるんですか」「私もわかることは判ると判らないことは判らないと申し上げますし」「調べれば判ることあるでしょ」「ですから 私も先方も教えてくれる筈がありません」「これはね」「はい」「調べる義務が発生していると言っているでしょ。預金を預かっておいて だから おれは知らんという そういうところに預けられますか」「はい?」

 「お客さんがね 話を聞いてね これは全然 ね 責任を持たない銀行だ ということになりますが それでいいんですか」「窓口で 大声でお話をして 営業妨害をするということなんですか」「」「私ども 脅かされている訳では無いんですか。脅かしじゃないんですね」「そうじゃないですよ」「違うんですか」「そういう逃げ道をいつもするから言っているんですよ」「違うんですね。お客様 じゃあ 建設的なお話をしましょう。無駄な話をせずに」「はい」「お客様のご希望は 裁判所にサギがいるという話ですけど 私は第三債務者で 裁判自体が不当である。と」「はい そうですよ」「私共 第三債務者として 差押しましたと」

 
「それとね この意味が判らんから 説明してくれと言っているんですよ。何で全部取り下げないのかと」「ですから あのう それは私共 説明できるとすると」「だから裁判所に聞いて どういう理由でそういうことになったのか 理由を 何で取り下げたのか はい それを聞いてくれと言っているんですよ」「それは私共が 裁判所が私共に聞いても答えてくれる訳ではないですから 裁判所に」「ふざけたらいかんよ。そういう態度したら」「えー 態度したと お客さんのポイントはそこなんですよ。」「何ですか」「理由は二つですね」「だからね 裁判所がね こういうかたちで取り下げた理由を聞いてくれ。裁判所が取り下げた責任をとらんというのは どういうことですか こういう応というのはありうることですか? 裁判所って…」

テープ 裏面へ → 

 

  「それについて その制度について 異議があると いうお話でしたら あのう 違うと思います」「制度じゃなくて 普通おかしいでしょ。(取下げなら 何で取り下げた理由を言ってね 既に取立てた 配当を受けた分と 取立てた分は除くという理由。矛盾したことになるから それをね それをね 説明してくれ)と言っているんですよ。それをあなたがたはね 聞いているんですよ。僕のお願いとして 聞いている訳なんですから だから せめて 最低 (裁判所から書面で出して下さいよ)とそれぐらい報告しないとだめでしょ」「裁判所が文書を出すことは無いと思いますよ」「最初からそういうことじゃ駄目でしょ。判っててね (裁判所に聞いてくれ)とは (調べてお客さんに説明しよう)という 誠意が無いんですか」「私共は どうしようもないじゃないじゃないですか」

 「どうしようもないというのは 書記官の口癖ですよ」「人の預金を引き出しておいて (謀略で裁判が起こったのだから調べてくれ)と言っているんだから 」「」「だから お金を預かっている時点で 全部しらべなきゃならんでしょ。調べる義務が発生しているでしょ」「うう 」「お宅らは本当にね 無責任な 無責任な仕事をしてますね」「対応してますね。お金を預かっている人間がそういうことじゃ困るでしょ」「私ども普通に お考え頂ければ」「(説明をちゃんとしましょう)と(出来るだけ聞いて 判るように説明しましょう)と それぐらい 何で言えないんですか」「だから私共が判る話じゃないんですよ」「だから 最初から投げやりではいかんでしょう。(預金を続けよう)という気持ちにならんでしょう。あなたの対応で 三井住友銀行の このいかがわしさがね 全部ね あなたの責任で ね 汚されているんですよ。責任感が無いんですか おたくらは」「責任感はあるけど お客さんのと違うと思うんですけど」

 「大事なところだから (しっかり報告してくれ)と。マニュアルでは駄目なんですよ。あなたの対応で」「違うと思うんですよ」(出来るだけ聞いて説明しましょう)と 何で言えないんですか それで初めて安心して(預けよう)という気持ちになるんでしょ」「お客様のいう事とは 違うと思いますけど」「何が違うんですか 止めるのもね 抗議するのも あなたがたが ちゃんとやれることですから」「誤解されてますよ」「責任がある訳ですよ。こちらはね ちゃんと。(おかしいから 調べてくれ) と ね。 いつも あなたはね」「はい」「(裁判所命令だから言っていることは絶対的だから 100パーセント守る)と言いましたよね (それじゃ駄目だ)と言っているんですよ。こちらは」「うう」

 「裁判所の文書も デタラメなものがあるから ね ちゃんとね 調べた上で 引き落とす前に どういう裁判が行われたか (ちゃんと出頭しましたか?)(裁判の判定をちゃんと受けましたか?)聞いてから( 引き落としなさい)と言ったでしょ この前」「ああ 似たような趣旨のことを」「言いましたよね。今後こんなことがあってはならんから 警告したんですよ」「ご警告ありがとうございます」「だから 引落した後に (どうにもならんです)とは言ってはならん訳ですよ 今後は 僕が言って注意した後は 誠心誠意の考えのある会社なら。立場でしょ。一切ね (今後は注意してやります)と言わなきゃならんでしょう」「…あのう まあ 賛成しかねますけど あのう よく話は判りましたので 切らせて頂きます。同じですから」「」「お客様の話」「全然 答えになってない」「お客さんのお話は お答え」「お宅が 安永さんと話をしてね」「はい」「(最低言わなきゃならん言葉って あるんですけどね それは言ってない)ということになりますよ。そうでしょ」「あのう」「僕が頼んだことをね あなたは財前さんと話を聞いて (報告します)。と言ったんですよね」「それについてはお詫び申し上げます。それについてはお詫びします」「詫びてすむなら」「それについては」「だから (挽回しなさい)と言っているんですよ。その失敗を」「だから 精一杯です。やれることは全てです」

 「やることをやらないで ただ 謝れば済む。という考えが甘いんですよ。指摘されたら ちゃんと すぐおかしな点を 調査して 何が問題なのか 調べる そういう義務が発生しているんですよ」「あのう お客さんは過度に期待されていますが お客様がお話がそこにいくようであれば 一緒ですので」「一緒じゃないですよ」「私どもではなくて あのう 別のところに」「お宅の対応を 三井住友のトップにお聞きしますけど いいですか」「しょうがないですね」「出さんから (直属のね 上司を出せ)と言っているんですが 支店長を出さんでしょ。おたくは」「支店長に出しますよ」「誰に代わるんですか」「財前にかわりましょうか 戻って来ましたので」「ああ 代わって下さい」

  

三井住友銀行の 三木専務 黒字 ・ 財前課長 紺字     正信 青字 

 
  「はい 電話代わりました。財前です」「財前さんですか」「そうですが」「ああ覚えていらっしゃいますか」「覚えていますよ。あの時に お話しましたが 報告をさせて頂きました。それ以上のことは 私は 申し上げることは無いんですよ」「それは(報告もしない)ということですか」「了解されたとおり」「こちらが電話して初めて判ったことですよね」「え」「こちらが電話して初めて判ったことですよ」「…」「お宅らはね 色々お願いされて (報告する)と言ったけど その結果はね」「ええ」(それは お答え出来ません)ということでしたけど 普通の感覚ではありえないことですよ。これは」(裁判所にですね ご意向をお伝え申し上げます)とお話申しあげたでしょ」

 
「財前さんもお話されたんですか 裁判所の方と」「いや 私 あのう代表で三木の方から話しましたんで ご意向をね」「そしたら 財前さんは裁判所に何も言ってないんですね」「私が言おうが 三木が言おうが」「話をされなかったんですね?それはお宅もね 直接 裁判所に電話して貰えませんか?」「何度も申し上げられません」「いやいや これは大事なことですから 窓口に出られた方ですから お宅は課長として」「切らせて頂きます」「駄目ですよ」「」「これ以上 失礼します。電話切らせて頂きます」「駄目ですよ」 プー プー   話の途中で切った。 ふー…

  再び 電話してみた。「ありとうございます。三井住友銀行です。福岡支店 黒木でございます」「あ すみません。三木さんをお願いします」「失礼ですが お名前は」「今川です」「もしもし 失礼ですが お名前を」「今川です」「少々お待ち下さい」

 「はい 財前です」「財前さんですか 何で切るんですか」「いや もうお話することはないので お断りさせて頂きました」「そうじゃなくて こちらはお話はたくさんあるのに 問いたださなくてはならないことがたくさんあるんですよ。途中で逃げるように切られたら困りますけどね」「逃げる訳では これ以上」「こちらは たくさん疑問があってね まず質問しますよ」「これで終わりますと前回 お話申し上げて」「そうじゃなくて 取下げ書ですけどね」「取下げ書とか 管轄外です」「取下げ書がお宅のほうに来てるんですよね」「…取下げ書ですね 来てますよ」「それはお話されました?」「来てますよ」「誰が出したのか聞かれましたか?誰が出したんですか」「裁判所です」「裁判所の誰が出したんですか」「それは関係ないでしょ」「関係ないじゃなくて。差押で あれだけの人間が関わってんだからね」「それだけ」「取下げ書もね 誰が出したのか」「それだけの異議があれば 裁判所に申立てて下さい」

 「聞いているんですよ」「裁判所に言って下さい」「そうじゃなくて」「裁判所に申立てて下さい」「そうじゃなくてね」「裁判所 あのう この件についてはこれ以上」「ちょっと待って下さいよ」「もしもし」「あ ちょっと三木さんに代わって貰えますか」「え」「三木さんに代わって下さい」「電話切らせて貰いますよ」「ちゃんと大事な話をね 質問をね 色々 聞きたいことがあるから「もしもし 裁判所にお伺いして下さい。切らせて頂きますよ。切りますよ」「何でそういう対応するんですか?ちゃんとね 三木さんに代わって下さい」「切りますよ」「あなたは 話が全然 駄目だからね 三木さんに代わって下さい」「電話切らせて頂きます」「ちゃんと聞きたいことがあるから ちゃんと 話をして下さい。ちゃんと」  プー … ♪ この…

 「言わなかった 誰が出したのか」「聞いたっちゃ 言わんとさい」「もう一回 ちょっと は 財前が出たら駄目なんですよね」   再度 電話した。 ♪〜 …

 「ありがとうございます」「すみません」「三井住友銀行福岡支店 藤尾でございます」「えーと 三木さんをお願いしたんだけどね」「三木でございますか…」「はい 財前さんじゃなくて」「はい お客様のお名前をお願いします」「今川です」「少々お待ち下さいませ」

 「申し訳ございません。只今 席をはずしております」「…席をはずしている?。さっき おられたでしょ」「はい 申し訳ありません。今 席をはずしております」「逃げているんです「はい」「けしからんです。聞きたいことがありますから「はい」「教えてほしいことがあって」「はい」

 「出して貰えませんか「どういった件でしょうか」「ちょっと これはー お話の内容が 今ひとつ詳しく聞けなかったから …もうちょっと「お待たせしまして申し訳ございません」「はい」「只今 接客中でございまして…」「そうじゃなくて あ じゃあ お宅が 責任を持って聞いて貰えませんですか」「はい」

 「この「はい」「えー 取下げ書は 裁判所から来てるんだけど「はい」「誰が責任を持って「はい」「出したのか」「はい」「(それを聞きたい)と」「はい」(それを必ず伝えてくれ)と」「取下げ書を・・・ もう一度 お願いしていいでしょうか」「取下げ書を誰が出したのか 明確じゃないからね ハッキリ知りたいから「はい」(それを教えて欲しい)と言っている。これ大事なことですからね 逃げて済むことじゃないからです「あ はい」「お願いしますよ」「はい かしこまりました」

「えっと おたくは」「私は藤尾と申します」「藤尾さん あれだったら」「はい」「おたくのほうから「はい」「直接教えて貰えませんかね」「あ えっと」「本人が 逃げているから …藤尾さん「はい では確認致します」「これは必ず答えるように あのう言って下さい「お伝え致します」「はい 大事な事だからね はい」お電話番号お願い致します「えー 0923265105  はい これは急いでますからね はい」「あ ちょっとお待ち下さいませ」「はい」

 「はい 財前ですが もしもし」「はい」「はい 財前ですが」「えーと …三木さんをお願いしたんですが」「来客中でございますが」「えーと …これ どういうことですかね」「いや 来客中ですから」「今 大事な話をね ことづけたんですけどね お宅は全然 話す気が無いでしょう。財前さんは 何で 話す気が無い人間が 何で出るんですか 財前さんは。 尋ねたいことがあって 藤尾さんが出なきゃならんでしょ。これは」「何が言われたいんですか」「こちら尋ねたいことがあって藤尾さんに ことずけたんですよ 今」「話の筋がおかしいんですよ。お宅がね 出るようなね 立場じゃないですよ もう」「立場は関係ないと思いますが」

 「何でですか お宅はね今 電話を切ったでしょ。人の話をね 人が(話がある)という人間に対してね いきなり切ったんですよ。そういう人間が何で出るんですか」「本人が申し上げました。ね (三木さんを出してくれ)と言っているでしょ」「何をお聞きになりたいんですか」「藤尾さんにね ことづけているんですよ」

 「裁判 あ 今 (取下げ書が何処から出ているか?)ということをお聞きなんですね」「ああ 聞いているんですね。」「知っている出していますよ」「債権者から 弁護士から?」「え え 債権者から 要するに裁判所から」「弁護士からと仰いましたね さっき」「債権者」「今 来客中で御座います。それはこちら 電話ではお答えすることは出来ません」「だから(三木さんを出してくれ)と言ったんです」「来客中です」

 「それは裁判所から来ているんですか? 本当に 裁判所の誰が出しているんですか? 誰が出したんですか?」「裁判所から」「誰が責任をもって 取下げ書を受諾したのか」「福岡地方裁判所から」「そういう答えかたじゃ駄目ですよ」「福岡地方裁判所にお尋ね下さい。来てるとおりやってるんです」「そうじゃなくて 三木さんを出して下さい」「三木は来客中です」

 「話にならんから 大事な話をしているのに そういう答え方がありますか」「ですので 福岡地方裁判所から来てます。申し上げているじゃないですか」「誰が出したんですか 裁判所の 差押命令を出した人間と同じなんですかそれは」「一緒ですよ」「同じ人間が出してるんですね」

 「債権者から出しているんです」「そうじゃなくて」「誰が出しているんですか 取下げ書を」「出してきたのは 福岡裁判所の」「そうじゃなくて人物 どういう 書記官の名前を聞いているんですよ。書記官の」「私ども申し上げられません」

 「何で言わないんですか裁判所」「それは宗岡さんが出しているんですか? 」「誰ですか」「宗岡?峰岡ですか」「差押命令の「ええ」「担当した人間が出しているんですか 同じ人間が」「そこまでは」

 「それを何で確認しないんですか」「尋ねて下さい」「判りません」「発送の確認をしていますので 」「そうじゃないでしょ 取下げ書も重要な命令でしょ (取下げなさい)と。(だったら 裁判所の名前が 何で載ってないんですか?)と聞いているんですよ。それをおかしいと思わないんですか」

 「それは 福岡地方裁判所から来ている。福岡裁判所の電話番号がありますから お電話下さい」「それはいいですよ」「・・・・・・」「それは判っていること そうじゃなくて お宅らが 何で ちゃんとね キチンとした仕事をしてないから「だから私共は福岡裁判所から取下げ書がきたら その通り」「裁判所の誰が出したんですか と聞いているんでしょ」「名前は書いておりません」

 「だから (封筒は裁判所だけど 中身はね 責任者が載ってないから おかしいと言っているんだから 調べなさい)ちゃんと」「それでご不満であれば」「あなたが責任を持って ちゃんと答えなさい」「私共は知りません。それ以上申し上げられません。切らせて頂きます」「コラッ!」 

 
 

三井住友銀行 三木芳訓 専務 黒字 財前寛治 課長 茶字  正信 青字 
 

 検察庁へ  (完全に癒着関係が有る)と捉えてもいい程の 預金者の立場を守らない けしからぬ かなり不誠実で怪しい対応です。三井住友銀行を捜査願います。

 

結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口



運営サイト

講座

昔話の謎

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

ロゴ創作

光道…B



 

福岡地裁の共謀共同正犯 追及関連


                 a b c d 
 
HOME        戻る                 10       次へ