告訴 1 2 3 4 5 6    HOME

調査対象→ 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702
山さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657

ひどい!差押/サギの手口


 
不公正な手続をする

書記官懲戒を要求します

 
 虚偽表示(94条) 詐欺は 欺網行為によって、
相手を錯誤 95条) に陥れること。

  
@ 意志の欠けつ
  表示と効果意志のズレ (93〜95条)

    
  (1) 心裡留保
 訴訟物の名義変更すれば当事者変更は可能だ と約束
  (2) 虚偽表示
 ヤメ判弁護士とグルになって捏造した訴状と知って受理
  (3) 錯 誤
  公正中立だと信じて準備したが謀略法廷の罠であった

A 瑕疵ある意思表示
 効果意思が真意と違う (96条)
       

  (1) 詐欺
  公正中立の裁判官による判断だと騙され、答弁書提出 
  (2) 脅迫
  答弁書か出頭なくば原告主張通りの判定だと脅される

 
 

 社会を乱す「不払い損保=サギ」の犯罪に手を貸す共犯者が裁判所の職員の中にいた。

 
猿渡書記官は、損保の悪事を手助けする用心棒の高橋弁護士と結託・癒着の容疑がある。

 違法な受理手続で根拠のない民事訴訟を進めてしまう悪質な
書記官の対応に失望。
法の番人である「福岡地裁」の
猿渡書記官に裏切られて最後まで被告席に座れなかった。
  

損保お抱えの弁護士と結託し、不法に訴訟手続を
進めた猿渡書記官は
詐取加担容疑あり

 

 

 

福岡地方裁判所 第2民事部3A
猿渡氏のいた書記官室は 裁判所の2階にある。 

〒810-8653  福岡市中央区城内1番1号
福岡地方裁判所 TEL 781-3141

加担容疑者の 猿渡書記官 は何故か、
20年4月にどこか他の裁判所に移転している。

 

 裁判所の玄関入口
 ドアガラス

中に入ると吹き抜け
のロビー 折れ階段

折れ階段を上がって
まっすぐ廊下を進むと

右側にある「地裁
第2民事部書記官室」

 

「第2民事部書記官室」の表札があるドアから入って
右側に
「猿渡書記官」の机があった。

 「危険回避 解決依頼申立書」 1 2 3  4/4 送達済み

猿渡清成氏からは待てど暮らせど解決依頼の返事も連絡も無い。不思議に思い、
第2民事部に行って聞いてみると、既に4月から他の支所の方に移動したらしいが、
果たして
「同一処理依頼書」を受け取って内容を確認したのかどうかさえも判らない。
たとえ、どこに逃げようとも、後始末の責任はきちんと取って貰わなければならない。

 

 
猿渡氏の移転先?
福岡地方裁判所 久留米支部 庶務係
:0942-32-5387

所在地
〒830ー8530 福岡県久留米市篠山町21
(西鉄バス「市役所前」から徒歩2分)

                

弁護士の不正な訴状を受理した
猿渡書記官の犯罪を特定します

-----------------------------------------------------
■損保の不払いによる被害者の家
に起こる倒壊の不安と恐怖を放置
-----------------------------------------------------
加害者損保調査員弁護士裁判所
書記官達の悪質な癒着・結託・共犯
の容疑の詳細を特定して立証します。


被害者90歳の玄関は加害者の車突入で倒壊寸前にされ、賠償されず
逆に訴えられ、
入院要の病状で法廷に呼出され引きづり出されてきた
損保悪徳弁護士書記官の結託による不当な裁判が一方的に進み、
不払損保と癒着した横暴悪質な呼出しの行為に悩み苦しんできました

度を過ぎたあまりにも理不尽な虐待行為の容態は急激に悪化した
罪も無い被害者の残された余生を踏みにじる巨悪加担同盟に対し弱者
高齢な老人は一体どうしたら元の平安な生活を取り戻せるのだろうか?

---------------------------------------------

一方的で強引、不正な判定・差押命令
 不法な手続きを進める職員達
歪んだ精神が仕組んだ罠、地に落ちた
司法の詐取加担同盟者の裁判

キャプション

口頭弁論

第1回

第2回

第3回

第4最終

判 決

H 19/20

9 / 21

10 / 26

12 / 5

1 / 23

2 / 15

原 告

欠 席

欠 席

欠 席

欠 席

欠 席

被 告

欠 席

傍聴席

傍聴席

車椅子

傍聴席

申 立

答弁書

懲戒請求

抗 議

訴追請求

忌避無視

謀 略

難 聴

当事者

変更届

認めず

一方的

判 断

不出頭

不出頭

不出頭

発言なし

原告勝訴



裁判官の口頭弁論での不作為の犯罪確認!
不公正な手続と強行裁決する裁判所の職員達

不払い損保のサギ行為に加担し 老人を虐待した裁判所の犯罪

被害者に意見を言わせずに閉廷した、最終弁論の謀略の記録

法廷録音を調べれば、謀略裁判の犯罪は明らか

こんなデタラメ裁判不正判決は、癒着が無ければ成立しない

「同一処理や忌避申立」をしても 訴訟手続を停止しないで強行

登記変更(母→子)当事者変更書類を握り潰し発言機会を奪った

猿渡書記官に、弁論と訴訟記録の矛盾の明快な説明を求めます

後に 猿渡清成 書記官に 責任追及の手紙を出すが 黙殺される

危険回避 解決依頼申立書 1 2 3 H20/4/4

所長全裁判取消 差押金返還要求を無視

仲家暢彦 所長へ 部下の犯罪に全責任を取って謝罪を求めた


被害者
 〒819-1631 福岡県糸島市二丈福井6016 今川允子

TEL:092-326-5105  YHX01736☆nifty.com
-----------------------------------------------
損保犯罪 払い渋り被害者の会
 2チャンネル 
掲示板 Y-MOTO.NET

全国 生保・損保不払い事件
被害者支援ネットワーク事務局

全国の各TV局・新聞社に、
猿渡・豊岡・安永 書記官らを
糾弾する取材を呼びかけます

----------------------------------------------------------------------

謀略的な裁判の不正な差押命令に関わった
裁判所職員は、詐取容疑で捜査を受けます。


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口

昔話の謎

ロゴ創作

運営サイト

なぞとき

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

■魂 覚 醒

ポチ…@

光道…B


 調査対象→ 〒819-1631 福岡県糸島市二丈福井6019 釘本 富枝(妻)
 釘本 憲子(娘) 釘本 繁春(息子) 092-326-5106

告訴 1 2 3 4 5 6    HOME