調査対象→ 〒819-1631 福岡県糸島市二丈福井6019 釘本 富枝(妻) 
釘本 憲子(娘) 釘本 繁春(息子) 092-326-5106


 
告訴               HOME
 

弁済を悪用する元裁判官
(ヤメ判弁護士)を懲戒せよ

 
 委任状も名刺も示さない素行の悪い弁護士  表見代理
 109 110 112条  
 
 
表面的に見て代理権があるように見えるだけで、代理行為の効果は原告に降りかかってくる

身から出たサビ 不法行為 債務不履行
   

表見代理   本人が自分の名前を使うことを許したときにも適用される

 @ 本人が代理権を授与したような表示をしたとき (109条)
 A 代理人が権限外の行為をしたとき (110条)
 B 代理人が代理権消滅後に行為をしたとき (112条)


 

 名刺を示さないのは、表見代理か、非弁活動の容疑有り  契約は無効

 社会を乱す「損保不払問題」の犯罪を揉み消す加担者は悪徳弁護士。

 高橋法律事務所の連名4人の弁護士は、賠償を渋る損保が派遣した不法を働く調査員の調査ミス・交渉のしくじり…などの全ての悪事の後始末を一手に引き受ける用心棒だ。

 裁判知識や法律を知り尽くして悪用するプロの詐欺弁護士は、策略訴訟の落とし穴に巧みに導いた。嘘八百の訴状を書き、手なずけた書記官に受理させる卑劣な手口をしていたのが、実は元裁判官だと知ってあきれた。

 
普通の弁護士よりも、マシな対応をしなければならない筈なのに、悪人を弁護する不公正な仕事をしている。ヤメ判弁護士は悪用されると最強の凶器だ!
この有害なる最強、最悪のヤメ判弁護士には資格を与えない制度が必要だ。
市民の迷惑。弁護士会の面汚し、デタラメ裁判を放置する裁判所の恥さらし・・・
  

 法律を悪用し、被害者が示した損害立証ページを確認する義務を果たさないまま、その内容に(加害者の個人情報を載せた)として、別件の「名誉毀損」で訴え、賠償を相殺する企みをしてきた。提出寸前の準備書面文を削除させて訴訟の妨害行為を働いた。

 無実の被害者を罠に落とし入れ、あらぬ犯罪を捏造し、莫大な負債を背負わせる弁護士達の悪徳は
虚偽告訴罪 刑法172条に相当する。こういう詐取常習犯は弁護士のバッチをはずさせるべきである
悪徳弁護士を野放しにする福岡弁護士会詐取ほう助罪で賠償責任がある

 
 

 
 

巨悪同盟 の実態を 捜査中

 

 弁護士達の犯し続けた罪状はあまりにも多すぎて、1、2枚では書ききれないほどである。上げ足を取り、卑劣で悪質な策略を企む弁護士達に、うかつに手の内は見せられない。彼らの罪状の処分が決まり、妨害が出来なくなるまで「告訴状」の内容は秘密にします。

損保弁護士書記官裁判官 弁護士会警察署検察庁金融庁一体どこまで連鎖が続くのだろうか?あきれるばかりである。

 結託・癒着した巨悪な「不払い同盟関係」が、どこまでつながっているのか調査中です。「申立書」が中々通らない妨害する動きの不可解なる対応から、結託・癒着があるかどうか判る。

 たとへ、
「悪い弁護士に酷い目に遭わされ、窮地に追いやられている」とどんなに伝えても、緊急に懲戒免職させたくても、それを簡単にさせない大きな力が働いている。「弁護士会」が送りつけてくる「懲戒請求」の書式の中には「免職」の文字がどこにも無いのを不思議に感じた。実態を調べると、弁護士の悪業を見ても見ないふりをする彼らの隠された正体。

 高橋弁護士は、昭和61年に弁護士の登録をしているが、過去に7年間の裁判官を勤めていた経歴の持ち主である。裁判所の裏も表も知り尽くしていて、どうすれば相手を混乱させて訴訟を有利に出来るかは、充分過ぎるほど、よく精通している。弁護士会員名鑑に(「静かなる正義の実現」がモットーです)…とあるが、裁判を悪用し「卑劣なる詐欺と不正義の実現」をしているではないか?。

 

福岡県弁護士会 会員名鑑 (「委任状」「名刺」も提示しないので名鑑リストから掲載)

 

 

顔写真 ・ 事務所 所在地 ・ 取り扱い業務 ・ 自己紹介など (平成11年7月1日)
 

今は平成22年だから、もう11年前の写真である。男前ヤメ判弁護士だけに残念だ

  

 

 

 ソロン 赤坂ビル 入口    1F 玄関右側に金属社名板  5階が事務所だ   
 

 被害者の老人を苦しめ虐待し続ける極悪人が、平然と「正義の実現と言っている。元裁判官7年もしていた人間が、(何故ここまで転落して裁判を悪用する人間になってしまったのか)を調べて貰う必要がある。裁判所の職員と癒着して、後輩の書記官や裁判官を手なずけて、不公正な受理を指示して、有利な判定をさせるよう仕向けていくのは、元判事の彼にはいとも簡単なことなのであろうか?

 弁護士の犯罪行為を訴えても「福岡県弁護士会」は訴訟中には絶対に懲戒させず、裁判が終わってからも、全く責任を取らず、平然と放置し続けている。
 このことは何を示しているのか?もしかして、
悪徳弁護士を辞めさせないのは、彼らを使って無実の者を「敗訴」に追い込むことに成功すれば、何らかの報酬を受けているのだろうか?そう勘ぐらざるを得ない。弁護士会も今や、損保と同じく本業を見失い、目先の利益に走っているのか?。

 悪徳弁護士達に悪どい活動をしたい放題にさせて放置している
「弁護士会」の対応は、許しがたいほどに管理責任能力を失っている。福岡県弁護士会悪徳弁護士を野放しにして不払い巨悪同盟を、手助けする加担者なのか?綱紀粛正機能の基本を完全に失った、有害無用になり下がって堕落した組織は直ちに強制捜査の必要があろう。


登録番号10036?×→19936?○ 何故か登録番号が変わる不審弁護士の特徴
弁護士会が弁護士に特別に便宜を与えて野放しにしている証拠である。調査必要
 
 

 

 不正アクセスによる改ざんや削除により新しいHPアドレスに変えました。
http://homepage1.nifty.com/designb2/sagi.html → http://bun2.webcrow.jp/sagi.html
 

「福岡県弁護士会」の問題点・疑惑

 

 辞めさせるかどうかの選択肢は与えないようにして、頭を冷やして懲らしめるだけで終わるように仕組んでいる。これでは法律を悪用して弱い者いじめをする悪徳弁護士の謀略から、国民を守れる筈は無い。せめて懲戒請求を受けた弁護士の関わる訴訟中の案件は直ちに保留停止すべきだろう。

 「福岡県弁護士会」の会長 福島康夫 殿 宛てに「懲戒請求」を何度も出している。ようやく返事が来た。「受付完了して、綱紀委員会に調査させます」という通知がきた。だが受付けても結果はまだ出ない。急いでいるのに一体何をやっているのだろうか? 賠償が発生する注意義務違反(過失)である。

 電話して聞いてみると、「懲戒させるかどうかは、6ヶ月先にならないと判りません…」という副会長の、のらりくらりした言い訳の返事である。全くあきれてモノが言えない。綱紀委員会は(審査に付するかどうかを調べる)と言い訳して、前段階の調査に過ぎない状態でいつまでも時間をかけて、訴訟が終わってから、ようやく回答してきた。

 懲戒しないという議決した
「福岡県弁護士会」を緊急に「告訴」をすることに決めた。福岡裁判所はまるで悪の巣窟と化している。無実の者を無理やりに法廷に引きづり込んで、係争中はコメント不可で交渉出来ない状態。三住海火の意図を知って助けている弁護士会。

 それは、保険会社の人間の対応を見ればハッキリする。困って相談している被害者に対して、
「係争中の案件はコメントできません」と異口同音に冷たい返事で逃げ、相談窓口の扉を閉め切ってしまうのだ。 損保も裁判所も不誠実な悪人どもの集まる伏魔殿のようだ。 ここまでひどい状態とはあきれる。

 
 

損保からの依頼で登場した 高橋法律事務所 が犯した犯罪を特定します

----------------------------------------------------------------------
■不払い損保による 被害者の家に起こる倒壊の不安と恐怖を放置
----------------------------------------------------------------------
加害者損保調査員裁判所の悪質な癒着・結託・共犯の詳細を立証



90歳近い被害者の家は 車突入で倒壊寸前にされ、賠償もしない加害者
に逆に訴えられ、
入院要の病状法廷に呼出され引きづり出されてきた。
損保悪徳弁護士書記官の結託による、不当な裁判が一方的に進み、
不払損保と癒着した信じられない悪質な呼出状に悩み苦しんできました。
度を過ぎたあまりにも理不尽な虐待行為に、
母の容態は急激に悪化した。
罪も無い被害者の残された余生を踏みにじる巨悪加担同盟に対して弱者
高齢な老人は一体どうしたら、元の平安な生活を取り戻せるのだろうか?。

----------------------------------------------------------------------

不当な裁判を一方的に強引に進める、不法を働く恥知らずな悪党ども
非常識で歪んだ
巨悪が仕組んだ罠、地に落ちた「サギ加担同盟罪人達」

キャプション

口頭弁論

第1回

第2回

第3回

第4最終

判 決

H 19/20

9/21

10/26

12/5

1/23

12/15

原 告

欠 席

欠 席

欠 席

欠 席

欠 席

被 告

欠 席

傍聴席

傍聴席

車椅子

傍聴席

申 立

答弁書

懲戒請求

抗 議

訴追請求

忌避無視

謀 略

難 聴

当事者

変更届

認めず

一方的

録 音

記 録 

記 録  

記 録  

記 録  

記 録  

裁判官の全口頭弁論の不作為の犯罪確認!
不公正な手続と強行裁決する職員関係者全員

不払い詐欺に加担し 老人の発言を無視した裁判所の犯罪を確認

最終弁論まで、だまし討ちをした不当訴訟の取消しを求める

準備書面で「忌避申立」をしたが訴訟手続を停止していない

5/13 PM1:30 福岡県弁護士会犯罪確認!

不法な悪徳弁護士野放しにする対応
決定書・議決書」を下した (5/8)

不審な決定した責任者を「捜査」願います


被害者  〒819-1631  福岡県糸島市二丈福井6016  今川允子

FAX:092-326-6838  YHX01736☆nifty.com
----------------------------------------------------------------------
損保犯罪 払い渋り被害者の会 2チャンネル 掲示板 Y-MOTO.NET


全国 生保・損保不払い事件 被害者支援ネットワーク事務局

全国各TV局・新聞社に、悪質弁護士を放置する弁護士会への糾弾取材を求めます
----------------------------------------------------------------------
日本弁護士被害者連絡会  会長『弁護士と闘う』

福岡県弁護士会は、訴訟中に不正を確認しても高橋弁護士を懲戒しなかった。
捜査容疑 謀略判定に加担した福岡弁護士会 と 日本弁護士連合会は悪質


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口



運営サイト

講座

昔話の謎

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

ロゴ創作

光道…B


調査対象→ 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702
山さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657

告訴               HOME