差押サギ

への 苦情

警察署

被害者

虚偽サギ裁判 文

最終弁論

判定言渡

受取拒否

差押命令

調査依頼

告訴決定

巨悪連盟

HOME  月/日

不当訴訟

謀略裁判

解決依頼

詐偽成立

責任者

証拠提出

捜査逮捕

戻る   解決のお願い   HOME   次へ


5 6 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24

戻る   嶋田 木下   △はリンク改ざんされ重複  次へ

24 a b c

  テープ B面

 「だから」「はい」「一応、(受取ったという「はい」本部長からの「はい」返事はいずれあるでしょうという報告ぐらいはして下さいよ)というとこまで「はい」「お願いしたんですよ

21/4/4 福岡県警察本部 田中法昌本部長
  に
被害届を提出した その後  HOME

21/10/13 福岡県警察本部 田中法昌本部長
被害届告訴状相殺申立を提出済


通告センターは前に頼んだことを全くしないまま
出頭ハガキを送りつけてきた。
 

H21/11/18 2:00  福岡交通反則通告センター
 森田氏に問合せの電話 
 編集中

 

 森田やすゆき 黒字 ・   黒字 編集中 正信 青字 
 

 641−4141 ♪・・・ 「はい、通告業務でございます」「あ、えー、通告センターですか」「通告センターですね、少々、お待ち下さい」「はい」  呼出音 ♪〜 ・・・・・・

 「お待たせしました、どうぞお話下さい」「もしもし」「もしもし」「はい」「えーとですね、えー、通告センターの森田さんはいらっしゃいますか?」「あ、はい、えーと、済みません、どちら様ですか?」「あ、今川と申しますけど」「はい、少々お待ち下さい」「はい」

 「森田係長、今川さんという方から、お電話です」

 「もしもーし」「ああ、もしもし」「はい、森田と申しますけども」「ああ、えーと、やすゆきさんですか?」「はい」「覚えてらっしゃいますかね?」「御免なさい、ちょっと、毎日、何十人のを・・・」「ああ、そうですか、今川といいますけど「はい」「あのう、書類を送ったでしょ。一緒に」「・・・」「そちらのほうにです申立書、あのう、(相殺申立書)です「覚えてますか?」

 「ああ、前原の「あ、そうです」「向こうの・・・」「はい、そうですね」「はいはいはい」「それでですよ」「はい」「ハガキが来てるんですけど「はいはい」「ええ、これは、やむを得ない事情があって、申し立ててんだけど、あのう、一応、これは(反則金を持参の上に「うん」「出頭してくれ)ということが書いてあるんですけど・・・」

 「そうですよ。先に、あのう、えーっと、うう、(交通事故の処理が、まずかったので、その相殺を、反則金でしてくれ)という」「ああ、そうですね」「ご要望だったんですよね」「ええ」「で、この前、回答した通り、そういう(相殺という制度はございません)ということで、あのう(交通違反のほうは交通違反で、そっちの交通事故の損害賠償請求のほうは、損害賠償請求のほうで、処理して頂く)ということで、この前、僕はお願いしたんですけど」

 「ああ、そうすると(都合のいいところだけね、キチンと進めていってね、都合の悪いことは全然、感知しない)ということになるんでしょ」「・・・」「同じ警察の問題であってね」「都合のいいって、いうことじゃないと思い、交通違反はされたんでしょ?」

 「うん、いや、そうですけど「ええ」「こちらは前原署の「ああ」「現場検証の不備で、差押まで行って、追い込まれて、生活破綻になっているから、払えないから、キチッと処理してくれたら、自動的(解決して貰えば、支払うことになります)って言ったでしょ?、だから(お願いします)と」

 「うん、それは、今川さんやったですかね?」「ええ、そうです」「今川さんは、そういう、(お願いをします)ということやったけど、うちのほうでは(出来ないと)「出来ないんじゃなくて、それは(警察の責任だから、やって下さい!)と言っているんですよ」「・・・」(出来ない!)で済ます問題じゃないんですよ。これ」「えー期限はいつまでになってますか?」「11月26日までと書いてます「えー、で、26日までに、それで反則金を納められるんだったら、うちのほうに来られたら大丈夫ですけど、それを過ぎたら、27日には裁判所に来て貰わないといかん」

 「だから、そういうやり方が間違っているから、抗議しているんですよ。最初から、申し立てている意味が無いでしょ。何にも聞かないんです、それじゃあ、事情を申し立てているのに、(何にも聞かないで進めていく)ということです※ 「ちょっと待ってね、裁判の担当の人に聞くからね」「ああ、そうですか、はい」 「原係長・・・」「・・・」「・・・」「・・・」 

※ 自分が担当なのに、交通裁判所のほうに代わろうとしている  無責任な手口

 



 

 森田やすゆき → 原ふくのり氏  黒字      編集中     正信 青字

 「あ、もしもしー」「はい」「はい、交通裁判所の担当の原といいます」「ああ、はい」「あのう、あなたのですね」「はい」「えーと、その事情をお聞きしますので、交通裁判所の方にですね、来て貰えますか?」「事情を書いているんですけど「はい」「申し立ててますよ「ええ、それでですね」「ええ」「内容を説明して、えー、どうしても難しければ、そこで書類を作って、また別の手続にしますので」

 「いや、そうじゃなくて、文書でキチッと「はい」「本部長あてに出してね、(考えてくれ)ということで、手紙を差し上げてますから、申立を出して、責任を取って貰わないと、話が進まないから言っているんですよ」「交通違反は交通違反で」「そうじゃなくて、本部長の判断が必要だから言っているんですよ」「あのですよ」「はい」「交通違反は」「それも含めて、(本部長に、こういう取締の有り方も含めて、返事をしてくれ)と言っているんですよ」

 「えー、交通裁判所のほうにですね、呼出すということで、あのう、なってますので、そこで」「いや、呼出自体が不当だから言っているんですよ、申立ているんだから、ちゃんと答えるべきでしょ」「そしたら、出頭しないということですかね?」「そうじゃなくて、こういうハガキ自体が「はい」「申し立てて、お願いしてるのに、容赦なく、こういうのを送りつけてくるのがおかしいでしょ」「は」

 
「だから本部長の責任において
「はい」(こういうのは処理するから、指示した)というのなら判りますよ」「はい」「本部長の手紙と一緒に出してくれと、答を」「あ」「書いているよ「これはですね、あなただけ特別扱いは出来ないんですよ」「そうじゃなくて、決まりじゃなくて、人間として当たり前のことでしょ。これは」「いやいや、これは」「これは、(前原署の不始末でこういう状態になっているんだから、その責任をね、どういう風に考えているのか?)、お聞きしたい訳ですよ」

 「それは、あのう、全く別の取り扱いになりますので」「別じゃなくて、起きているんだから」「それは一緒にすることは出来ません。別々に進めていきます」「違いますよ。それは(人間として、こういう風な申立を受けた時、どういう対応するか)ですよ」「あのですね、それは、交通裁判所のほうに出て来て貰って、そこでまた」「そうじゃなくて、そういう不当な呼出すことはおかしいんですよ、そうじゃなくて。それに抗議しているんだから、(それを読んだんならば、それを踏まえた上で、何を言いたいのか、ちゃんと考えてくれ)と書いているでしょ」「それは出来ないと」「出来ないじゃなくて」「はい」「それは警察は、市民の為にあるわけだから」「あなただけに、そういう風にすることは出来ない」そうじゃなくて、(間違ってて、強引に進めることは、違いますよ。人間として間違っているから、対応してくれ)と言っているんですよ、本部長に申立、それは決まりだから、(同時に答を出してくれ)と言っている」「交通違反についてはですね、それは出来ません。あのう、これは出頭するか、しないかはあなたの自由意志」

 「そうじゃなくて、違いますよ。申し立てしている以上は」「はい」「それを(読んだ上で、踏まえてやってくれ)と、言っているんだから、読んでないことになるでしょ。(困って、困って、どうにもならないから、何とかしてくれ)と、(解決してくれたら、同時に、支払うことになる)と言っているんですよ。(支払わない)と言っている訳ではないですよ、これは、解決する気持ちがあれば、対応できる筈ですよ」「交通違反はそういう訳にはいきませんよ、これがこうなったから、払わないとか」

 「交通違反も、これは(払わない)と言っている訳じゃないんだから、ちゃんと、やることをやった上で、筋を通して(解決してくれたら、自動的に支払うことになる)と言っているんですよ」「それは出来ないですよ。ハッキリ言っておきます」「これは、じゃあ、あれですか、本部長は全然、通さない訳です「これは」

 「(依頼したことは、同時に進めてくれ)という、お願いなんですよ。それをしないってことです「交通違反については、それは通しません。あのう、普通の」「ちょっと待って下さい。これは(刑事事件にしてくれ)と頼んでいるんですけど、はい、前原署の交通課のほうに持っていっているんですよ。それ自体、間違っているでしょ」「こちらの手続については、交通事故の件は」(刑事事件に持って行ってくれ)と言っているのに、これは、(何もやっていない)ということですよ。折角、これを機に、つけて提出しているのだから、(「本部長に少なくても、出した」と、それは報告してくれ)と言っているんですよ。それはどうなっているんですか

 「こちらは、交通違反で呼出しているんですよ、それは前原警察署」「いや、それは切り分けちゃ駄目なんですよ。これは。同時に一緒に出しているから、その申立が一緒に同時に含んでいるんですよ。、本部長でないといけないんですよ。部下では事務的に進めていくから、(それじゃ駄目だ)ということで、だから、全部、含んでいるんですよ。そういう、切り分けて処分すると、そういう、ガチガチの決まりごとですると、ものごとは歪んでしまうでしょ」「特別扱いは出来ません」「特別扱いじゃなくて、(警察の不祥事で始まったことだから、責任を持ちなさい)と言っている訳ですよ」「交通違反については通常通り行きますよ」「そうじゃなくてガチガチの」

 「そうじゃなくて、あなた、読みました?。僕の申立を」「はい、読みました」「読まれました?。そしたらやるべきことは判っているでしょ」「交通裁判所、それで出頭なければですね」「これは謀略裁判所と一緒です、やり方は」「交通違反については」「進め方は全く一緒です、これは、いやそれは、おかしいですよ」

 「おかしくないですよ。法律は」「何が法律ですか!」「はい」「法律は人間の為にある訳でしょう。人間を優先して下さいよ。市民が困ってるんだから」「ただ、あなたを特別扱いには出来ないですよ」「ちょっと待って下さい。あなたは交通裁判の係ですか?」「はい」「その裁判っていうのは、権限があるんですか?、裁判所以上に」「交通裁判」「それは名目だけじゃないですか?」「その中の」「警察の中の。警察は警察の仕事しかできないでしょ。裁判とか関係ない筈ですよ、本来」

 「あのう、ちょっと説明しますよ、うん、この呼出については、交通違反については認めている方を呼び出すんですよ。違反は違反として、認めます。という方を呼出すんですよ。で、認めているけど、色んな、ただ出頭することについては、色々と自分なりに不満があり、(検察庁に判断を委ねる)という送致という手続」「これはね、手続」「・・・」「だから、これは詐欺事件になっているのに、交通課のほうに持って行っているでしょ、全部。交通・・・」

 「あなたが、交通裁判所にですね、出頭されたくなければ、それはそれでいいですよ。あのう、しなくてもいいです。こちらが必ず出頭されなくてもいいです。あなたの出頭しない理由というのがですね、私も理解してます」「ええ」「あのう、他の事件で警察の対応がですね、不満と」うん」「納得してないと。違反はしている、けど、違反は出頭しない。ということを仰っているのは理解してますので、それはそれなりに、あのう、そのあなたの申立をですね、あのう、本来ならば、調書をあのう、取らせて欲しいんですけど、そこで、交通裁判所で、調書を取らせて欲しいんですけど、あなたが(出頭しない)ということであるならば、調書を取れませんので、ここであなたの申立の電話があったという申立を、記録に残して、検察庁に送致するというかたちになります」

 「これはですよ」「はい」「あのう、検察庁からこの前、連絡があったんですよ」「これは、この交通違反で、まだ出してませんので」「別の件です」「まだ無い筈です」「うん、そうですよ、これは別の事件ですよ」・・・「そうですよ」「・・・ありますから」「それで、それで「はい」「前原署が現場検証ミスで、不備で、裁判に持って行かれたんだけど」「はい」「その件についての「はい」「えー、(加害者が、18年から既に、痴呆症だった)と、(だから、処罰出来ない)という報告があったんですけど、それは、19年に事故があって「はい」「裁判に訴えている本人が(痴呆症だった)と、自ら、これは言っているんだけど、これは(根拠が無くなるということですよ。裁判の)」

 「その裁判、裁判についてはですね、あなたが犯した交通違反と一緒にしたら、駄目なんです」「いや、これは」「あなたの中では一緒でしょうけど、一緒にはならない」「あの、だから、前原署が起していることなんですよ、これは」「前原警察署でしょ」「前原署は、こういうつまらんことで」「はい」「こういう、交通取締をして「それに」(一時停止しなかった)ということで「それに対して」

 
「罰金を請求しているんだけど
、僕は(徐行で充分な場所だ)と思っているから」「はい」「つまらんことで、取り締まる時間があれば、倒壊する危険性を放置しているから、怒りをもって、抗議しているんですよ」「それで、まあ、そういうのが解決しないから、交通裁判所にも出頭しないと」

 「そうじゃなくて」「はい」「これは本部長にね、意見を求めたいから「はい」(そちらのほうに、ちゃんと知らせてくれ)という意味で付けたんですよ。それをしないから、怒っている訳ですよ」「それは、こちらの判断としては、その交通裁判所の関係で、出頭しないので、行かないので行くことは無い」「行くことは無いんじゃなくて、こちらは要求しているんだから、本部長に責任をね、はい、持って貰わないと」「それは、あのう、前原警察署を通じてね」「だから、前原署は今、自分達が現場検証をしてないから 今、偽造している訳ですよ。(現場検証の調書を、今、作らせて貰っている)という、そういうコメントでしたよ」「ああそれは」「けしからんことですよ。、これは」「警察署のほうで、対応しています、うちのほうは」

 「だからね、事故の、調書を後から作って「はい」「はい、体裁をつくるような「はい」「これは偽造に当たるでしょ。※ そういうことをしようとしているんですよ。前原署は」「それは」「そういうところに持って行っても「ただ、うちのほうとしては、どうしようもないです」「そうじゃなくて、(前原署に何で持って行ったのか?)、と言っているんですよ。こちらの申立書を。これは(本部長に渡してくれ)と、いうことでお願いいるのになんで、偽造までしかけようとしている前原署に、※ (自分の罪を認めようとしないところに、何で持って行ったのか?)と言っているんですよ」

 「あのう、これはですね、うちの業務 ※としてはですね、こちらは、裁判所の関係の納付書は、納付されない時は」「そういうのは判ってますよ」「業務 として」「業務はわかるけど、職務は大事なところは、市民の、安全を考えるのが第一の優先でしょ。大事なところでしょ、考えれば判るでしょ」「そうですよ」「だから、僕が、注意したときに」「はい」(ああ、そうだなあ)と、なんで、前原署に渡したものを刑事課のほうに持って、移さないんですか、(刑事課に移さないと問題だなあ)、と、何で判断できなかったんですか?」

 「あのですね、元々、でしょう」「だから前原署の交通課は、元々、自分の罪を隠そうといして※ 「はい」「ね、これは、民亊事件で終わらせようとしているから、損壊物で」「ただ、それは前原署は、それなりの所管のほうと」「じゃあ、証拠を示して貰えますか、本部長の支持でやっているんですか?、前原署は。勝手に自分たちの判断で勝手に動いているんじゃないですか?※ 、動いているんじゃないですか?、勝手にやっているんじゃないですか?」「それは、ですから」「じゃあ、それ、示してくれますか?」「それは」「証明してくれないと、こちらは安心して委ねられないでしょ」「あなたの感情は判るけど、この交通違反について、納付されない方の」

 「だから、(相殺して、解決してくれれば、自動的に払えるようになる)、と言っているでしょ」「ただ、それが」「前原署の、不祥事で、何もしないからね、こういう問題がどんどん」「こちらがですね、納得できるようなかたちで、えー、こちらが処理をすることは、私達の 業務の中で、前原署を動かすとかは」

 
「そうじゃなくて、最低、依頼したことに対しては、(間違ってたら、直して正しいところに送付する)、(送ったことは、直していく)手続きはあってしかるべきじゃないですか、もう一度取り戻して、送りなおす」「あなたの申立は上の方に」「行ってますか?」「それなりのところに」「それなりじゃなくて、本部長は読まれたんですか?」「それは判らないです 「ハッキリして貰わないと、安心出来ないじゃないですか、それをハッキリして貰うために、わざわざ、くっつけているんですよ。本部長に渡してくれれば、問題は無いんですよ。払ってもいいぐらいにあるんですよ」

 「交通事故に関しては私達には出来ないんですよ」「だから、キチッと本部長に報告してくれたら「はい」「払ってもいいくらいになると言っているんです」「ああ」「何でそれをしてくれないんですか、最低のことをして貰えば、この問題は、充分に筋を通してくれたら、(払ってもいいぐらいになる)と言っている」「・・・」「だから、対応が悪いから」「・・・」「いつまでも、全然払えない状態が続ているでしょ」

 「あのう、この納付する、納付しない、というのは、ああ、また、交通裁判所に出頭する、しないというのは」「また、それ・・・。裁判を使って謀略を使ってやることはね、裁判所と同じやり方では駄目ですよ」「あのですよ。交通裁判所というのは、性質は違うんですよ」「そうですよ。裁判のような、警察は司法権なんか無い筈でしょう」「この交通裁判所というのはですね、交通違反の」「警察は裁く権限は無い筈ですよ」「はい?」「裁く権限は与えられてない筈ですよ」「そうですよ」「名前を付けているけど「はいそうですよ」「それは、権力と裁きまで一緒にされると困るじゃないですか」

 「これはですね、あくまでも強制的な手続じゃないですよ」「うん、だから、ちゃんとね、うーん」「内容をですね、書面がして、それなりに手続に、その違反を認めているけと、(こういう理由で、納付したくない)それも一つの、不服と捉えて手続に載せるんですよ。それでも手続に載せるんですよ。あのう、処分については検察庁の判断になるんですけどね、それで出頭して下さいと」「出頭した際に」「呼出しているんです」「出頭した際に、本部長宛に出した」「はい」「手紙とか「はい」「今までに出した書類を提出していいですか?」

 「私達が処分できることではないです」「だから、その点で、おかしいでしょ、既に」「受取るべきものではないです」「(出頭しろ)というなら(そこまで許可して貰えますか?)「はい?」「本部長に当てて「はい」「提出すべき書類をまとめて提出しますけど、いいですか?」「それは交通裁判所で受取る、ものではないです」「だから、前提で言っているんですよ。そこまでして(懐があれば、出頭しますよ)いいとこで、いいとこ取りでひどい話でしょ」「違います。あなたの交通違反について、納付が無いから」「納付じゃなくて、納付はどうでもいいんですよ」「あ・・・」「今は、本部長に私が宛てて出した、申立書をキチッと責任を持って届けてくれたらいいんですよ。それもしない」「警察本部まで、直接、来られたらいいんですよ」「いやいや」

 「前原警察署のほうに出されてる文書と一緒でしょ?」「え?、前原署?」「前原署に出されたんですか?」「前原署にも色々出しましたよ。今まで」「・・・」「だけど「はい」「対応しないから、仕方なく、違反とかその度に、裏付で出しているんですよ。だけど」「はい」「その申立を、全然、本部長に届けないんですよ。だから怒っているんですよ」「届けた、届けない、報告する、報告しない。というのはですね、ちょっと、こちらでは」「だから、他にもあるんですけどね」「はい」「ずーと、その度に、(本部長に渡してくれ)と」

 「あのですね、話を聞くのは大丈夫なんですけどね」「うん」「あなたの、この交通違反について、しか、私達は対応出来ない」「そういう対応だからね、全然、警察のね」「はい」「指示系統がね」「あなたにも、交通違反について、考えて欲しいんですけど。これは前原署が最初、対応している訳なんですよね」「そうですよ」

 
「他のところにですね、色々言っても、結局は、前原署でしか対応することになる」「そうじゃなくて前原署が責任を持たないから」「あなたも前原署に面と向かって」「そうじゃなくて、前原署がいつも門前払いをいつもするから
「はい」「全然、話にならんから、お願いしているんですよ。その申立を何で、聞いてくれないのか、不思議ですね」

 「人間として普通にですね」「はい」「話せば、前原警察署も、説明はキチンとすると思います。ただ、出来ることと出来ないことがあるんですよ。  警察としても」「はい」「あのう、感情とはあのう、ただですね、別にですね、法的に」「うん」「また業務として、できること」「捜査機関が「はい」「捜査しないってことで、捜査の仕事を、(出来ない)ことに含めたら、何の為にあるか、判らないです

 「検察庁も果たしてないんですよ」「それは検察庁の権限ですから」「権限じゃなくて、義務が生じているから、その時点で、矛盾が生じていることを報告してからさ」「あなたがどうしても、納得なさらないなら、前原署の事故の件は、それなりの裁判の手段があるでしょ」「裁判が謀略で終わっているから、裁判とか、訴える「はい」「そういう、信頼性が無いでしょ」

 
「その辺のあたりは、話は聞けますけど、私達が処理できないんですよ。業務としてね、そのあたりは理解しておいて下さい。だから、私達はあなたの交通違反、これしか、色々と説明することしか出来ないんですよ」「いや、それだったら
「はい、それはもう」「じゃあ、いいとこ取りでしょ」「はい?」「都合のいいことしか進めない。ということになりますよ

 「警察全体の責任を僕は問うているんですよ」「は」「本部長が責任者だから」「はい」「本部長に最低でも(こういうことが起こっている。ということを伝えて下さい)と伝えているんですよ。それを何でしないんですか」「・・・」「だから、前原署では話にならんから、言っているんですよ。お願いしているんですよ。いつも言っているでしょ。本部長は総責任者だから、(そっちに問題が起きて相談されてますよ)と、何でそれが言えないんですか」「あのう」「それをお願いしているんですよ」「ただ、あなたもそれなりにされているんでしょ。文書を出して」「いや、だから、届かないから、何で」「届かないということは、それは確認されたんですか?」

 「だから、担当の森田さんがー」「はい」「ちゃんと(送りました)というから、(どこに送りましたか?)と聞いたら(前原署のほうに送りました)と」「はい」「全然、頼んだことじゃないことをしているでしょ。だから、抗議しているんですよ。何で、本部長に「はい」(こういうものを一緒に付けられて来ました)と、何で、報告しないんですか、そして(いずれ本部長から連絡があるでしょう)。て、そこまでして下さい)と頼んでいるんですよ」

 「ああ、あのですね、それなりに納得されないかもしれませんが」「はい」「やはり、組織の中に手順があるんですよ、違うところからポンと」「そうじゃなくて、僕は(本部長に全責任がないといけない!)と言っているんですよ。めいめい、各自バラバラでやってると「はい、それはありますよ」「それじゃあ、もう、全然、話が、進まないから、言っているんですよ、はい」

 「あのう、交通違反をしたから、何々をしたからと。(この際、全部、言おう)という、やり方をされるよりもですね、キチンとして、あのう、キチンとして、話し合って、電話じゃなくてですね、前原署に出向いて、普通通りに話をして」「いや、それはもう、やってきたからね、やってきたわけですよ。それ」「でも」「やってきたけどね、全然、門前払いでね」「それをしてね、出来ることと、出来ないことがあるから」「それじゃあ、駄目だから、(本部長にね、キチッと判断して貰わないといけない)ということで、お願いしているんだから」「それなりにあなたが、本部長が判断しても、どうしようもないですよ」

 「いや、そうじゃないですよ。とにかく、どうでもいいから、(本部長が把握している)と。それだけでいいんですよ」「結局はですね、警察の捜査の結果は、検察庁が判断するんです」「検察庁もね」「本部長がどうのこうの言っても、検察庁が判断をして、これじゃあ(駄目だ)と言えば、捜査的にはですね、あのう、それから上に行くことは無いんですよ」

 「検察庁も」「無いんですよ」「告訴状を出しても、すぐ、確認もしないで、、(特定出来ない)ということで」「はい」「ね、すぐ返してくる組織ですからね 「それは、あなたがそういう不満があるんであれば、それなりに、訴訟の手続きをまた・・・」「訴訟は失望しているから、そういう方法は取りませんよ」「検察にいくら」「訴訟が謀略で終わってる、はい、謝罪もしないところに、何で頼みごとできますか?」「はい」「「まず、間違ったことをね、認めて」「はい」「謝罪したところじゃないと」「はい」「頼めないでしょ。つぎの仕事は」

 「間違ったというか、その間違ったことは、警察としてですね、まあ、ある程度、客観的な判断をしてですね、業務を進めている訳ですから、あのう、あなただけを特別扱いするとか、そういうのは無いですよ、ただやはり、あのう」「特別扱いじゃなくて、警察が犯したことはね、自分達で最低、責任を取ってほしいから、言っているんですよ」「そういう、責任とか」

 「うん、責任も取らずにね、逃れているような警察が、そういうことを言って貰ったら、困りますよね」「何回でも前原警察署に出向いて行って話してあるんですか?」「そうですよ。話にならんから、本部長に、ちゃんと伝えて、(本部長の判断を仰いで下さい)と言っている訳ですから、何でそれが出来ないんですか?」「判断というよりも」「(文書で付けているからにはね、文書で返して貰わないといけない)ということですよ。普通は」

 「ただですね」「はい」「それなりの、業務というのは、あなたも納得しないかも知れんけど」「はい」「私達も、それなりの担当で、処理する業務というのは、決まっているから、その辺を理解された上で、あなたも対応したほうが、私はスムーズに行くと思いますけどね、前原署も、あのう」「いや、どうにもならんから、お願いしているんですよ。これは。お宅らが、本部長にキチッと、報告するだけで、それで済むんですよ。仕事は」

 「本部長といますか、こういう相談事というのはですね、本部まで、ずーと、統計的に報告されるようになってるんですよ」「だったら、何で来ないんですか?、本部長からの、回答」「本部長は」「質問をずーと送っているんですよ」「本部長が、(どういう判断した)とか、(そういうのを、言う言わないか)というのは、私達には判らんです」「同じ、警察にいながら、それはどういうことですか、それは」「あのう」「(責任を、持たない本部長が座っている)ということですか、それは」「いや、それは違いますよ」

 「おかしいでしょ。それは。何の組織でも「はい」「一番、頂点に立つ人は、福岡県内に起こっている事件は把握して、全て責任を持たなきゃならん筈ですよ」「そうですね、でも対応してるのは前原警察署でしょ?」「だから、前原署は、いつも間違ったことを手続しているから」「それは、あなたの意見」「それはどこに言ったらいいんですか?、前原署自体が間違ったことをしているのに」「あのう」

 「福岡県警の本部長しか、頼れないでしょ」「それで、あなたがどうしても、納得出来ないというなら」「当然でしょ、それは、他に誰が対応しますか?」「はい」(管轄が違う)といって逃げるでしょ、本部長に全部「はい」「権限があるんだったら、前原署に」「はい」(責任を持って、対応してくれ)とお願いしている訳ですよ」「出来ないんですよ。私たち、あのう、私達の業務の中で、無理です」(出来ない)っていうことがおかしいんですよ。そういう言い訳がありますか!」「あのう、ただ、あなたがですね」「うん」「そういう書類も持って来てですね、受取ったとしてもですね」「はい」「私達は、そのう、相談課とかですね、そういうところに報告するまでしか出来ないんですよ。で、後はもう・・・私達・・・あとは」

 「これは警察の組織の問題です、組織に問題があるということでしょ」「そうです」「これ、組織に問題がある」「おたくがそう捉えるなら」 時計の音♪〜 「もうこれは、完全に欠陥組織ですよ、市民の声が「はい」「全然、伝わらないような、一方的なものしか、手続を進めないような「ただ、あなたのされていることも間違っていると思いますよ」「あ、どこがですか?」「交通違反について、(こういうことをしないから払わない)とか、(こういうことをすれば、払います)とか、あくまでも条件を出している訳でしょ」「そうですよ。それは」「そうでしょう」「それは、権利ばかり主張する警察が「はい」「模範を示しているんですよ。それは、悪い見本を「それは、自分」「それは、警察が、都合のいいところしか処理しないような「はい」「身勝手極まることをやっているから、そうしているんですよ」

 「これは、裁判所もそうだけけど」「はい」「こちらは被害者ですけど、払うべき損害賠償を勝手に弁済処理しているでしょ。、一緒に、それは、こちらは」「はい」「頼みもしないことを「はい」「勝手に、一緒に相殺して処理しているということでしょ「はい」それは同じことでしょ」

 「あのですね、あなたはあなたの持論でいいんですよ。あのう、私達も、感情、個人的な、ですね、感情とか、人間としての感情があるでしょ。やはり、有りますからね、人間だから、ありますからね、あのう、ただ、えー、出来ることはするんですよ」「それは当たり前でしょ」「出来ないことは」「出来ない、しなきゃならんことを(出来ない)ということで「うん」「逃げるから、おかしいんですよ」「いや」「そういう主張は「いや、違うですよ。あなたはすり替えたら駄目ですよ」「すり替えてませんよ」

 「そうじゃなくて、(警察の不祥事は、警察が責任を持って「はい」解決してくれ)、ということですよ、これは」「それは」「当然、つなげて、しかるべき問題でしょ」「対応すべきこと」「うん、一方では、自分の罪を、全部誤魔化して「他の」「一切、知らないという対応をして「はい」「部署で、全然、警察、違うと、(知らない)という対応でしょ。それは。同じ福岡県で起きている、他の部署で起きている不祥事は目をつぶる訳です、じゃあ」「違うです」「それについて抗議してくれないんですか?、(前原署はけしからん)と、、本部では迷惑する。と、何で一言、言ってくれないんですか?」「それは前原署として」

 「だから、縦割りじゃいかんわけでしょ。福岡の警察の全体の信用が関わることだから」「はい」「ちゃんと前原署にも(やってくれ)と言うべきでしょ」「前原署は前原警察署で、あのう」「前原署が、じゃあ、悪いことをしても、感知しないということですね、じゃあ」「それは無いんです」「本部でありながら、本部が責任を持つべきことじゃないんですか?」「あなたの判断、あなたの、その事案の判断は、前原警察署が出している訳ですよ。で、対応している訳ですよ」「だから、間違っているから、他の部署の」「それを間違っていると」「管轄が、どうのこうのと言われるから、本部に、文句を言っているんですよ。だから本部が対処すべきなのが当然じゃないですか?」

 「あのう、あなた、交通違反で、うちが呼出をしている訳ですよ」「そうですよ」「はい、それは。あのう、全然、違うんですよ」「違うんじゃなくて、つながってるでしょ、これは。この「はい」「前原署が」「・・・」「どうでもいいようなところで、交通取締をやって」「はい」「大事なところを調査しないから」「はい」「おかしいと言っているんですよ。つながっているじゃないですか」「それについては、こちらが説明できないじゃないですか」「何でですか?前原署で同じ、これは警察官の職員の教育に関わる問題ですよ。これは」「うん」(何をやっているんだ)と。大事なことを、全然、調査しないで」

 「はい、それはあなたの判断でしょ。こちらはですね。ハッキリ言えるのは、この交通裁判所、理由、出頭しない理由というのは、まあ、大体、理解できるんですけど、あのう、違反をされて、反則金を納付してない。その手続・・・」「それじゃ、ロボットと一緒ですね。手続の機械と一緒ですよ」「そう判断される・・・」

 
「人間の情があるなら、訴えている
「はい」「苦しみが判るでしょう」「はい」「追い詰められて、困っているから、判るでしょ。(困っているから)「はい」(何とかしてくれ)と、申立出しているんだから、それを踏まえた上で、ちゃんとした判断が出来ないんですか?」「あのですね、どうしても渡すということであれば、受取るのは受取りますけど」「はい」「それなりの部署に、引き継ぐことになります」

 「いや、だから、(本部長に、キチッと把握させてくれ)という、お願いだけなんですよ」「それは」「それを約束してくれたら、払ってもいいと思っているんですよ。それをさせるために、あえてしているんですから」「それはちゃんとした相談課とか、そこに書類を引き継ぐとか」「また、そういう、誤魔化したら、全然進まないでしょ。一人の人間として「はい」(話せば判るだろう)と思って、一所懸命に話しているんですよ」「あのですね」(このぐらいのことは判るだろう)と」「あのう、ただ、あなただけを・・・」

 「そうじゃなくて、これは特別扱いでもいいから、大事なことだから、特別にしてもいいんですよ。これは書いているでしょ。(福岡での申立は、もう限界だ)と」「はい」「どこに行っても、対応しないから「はい」「これはもう、(全国的に、持って行きますよ)と言って、書いてるでしょ」「はい、それはもう」「それでいいんですか「あなたの自由ですから」「(特捜のほうにお願いすることになります)と書いてるでしょ。だから(本部長に一言、言って下さい)と言っているんでしょ」「その話を」「後で、後の祭りになるでしょう。(本部長に何で言わなかったのか)と、誰かが責任を取られることになるんじゃないですか?」「あのう、結局、今の段階で、あなたは交通違反で呼出しをされている訳ですから」「うん」

 「からめてるから、それだけに限定してませんよ、僕は。申し立てた以上は「はい」「福岡で起きてる、このサギの、加担事件なんですよ、これは」「はい」「謀略的なサギ事件に、警察も関与して「はい」「うん、(関わっている)ということで(持っていきますよ。)と言っているんですよ。それに対して、本部長は「はい」(知らなかった)で済むんですか?、だから、(伝えてくれ)と言っているんですよ。是が非でも、大事なことだから、大変な問題になるから、書いているでしょ。内容を。それを踏まえた上で、やるんです、これ」「そういうのは前原署から、あのう、回答を無いんですか?」「無いんですよ」「本部長に」「うん、待ってるけど

            テープ A → B面へ


 

11/2  5:10  前原警察署 交通課 工藤氏 に折り返しすぐに電話した   編集中
 

 通告センター 森田やすゆき 
  工藤 豊一 課長  黒字    
正信 青字
 

   
   

交通反則通告センター 御中  前 略      
特捜 国家公安に依頼を移す予告 ---  福岡への最終申立
 

県警本部長 警察 検察庁 刑事課への申立(交通課ではない)

相殺要求申立   時効前解決要求   捜査依頼書
理由説明 裏付     時効前に     (告訴状・被害届)

@封筒と弁明書4   No,1 No,2 手続不備で返送
駐車対策課の合成容疑・審査不備の手続の是正を要求します。

A倒壊危険発生 被害届1、2  No,1 No,2
検証不備、損害を調書にしない前原署に戻す判断は疑問です。

Bサギ被害 謀略裁判の捜査のお願い
要件が満ちない訴状を受理する悪質な癒着犯罪を捜査下さい。

C防犯チラシの全国配布の許可願い
損弁裁〒銀 巨悪 差押詐欺の収奪の防犯チラシ全国配信許可願い。

Dチラシの見本 (結託追加未定 糾弾)

確認すべき30の疑問点 質問 差押サギ防犯30項目
 
   
 

森田やすゆき  黒字 正信 青字 母 茶字
 

  

      つづき      次へ        難聴        
ハガキを送り返して、申立の返事を文書で頂くまでは、保留すべきことを森田やすゆき 氏に念を押した。(最初に戻してキチンとした手続を踏まえて筋を通してからしか進めないように)と、時間かけて説得し約束して頂いた。

 

違反金納付との相殺を申し立てた書類には知らんぷりする交通課

サギ容疑を否定する前原警察署は加担の輪の中に入ってしまった
 

詐欺容疑ではなく、民亊の過失建造物損壊罪でしか処理しない県警の方針

 ×検察庁 交通部へ送致 ←×前原署の対応 ← ×県警本部

 

×県警本部→特捜部・国家公安委員会 へ依頼するしかない 
  

福岡県警察本部 田中法昌 本部長 殿へ   今川正信
 

警察官の不可解な手続
福岡県警察本部長に手紙が行かない仕組み

県警トップへ責任追求を阻む、
申立書の妨害行為は警察官の義務違反

サギ加担ほう助罪 結託癒着の容疑が出てきた組織
共通の対応体質

損保 ・ 警察 ・ 検察 ・ 裁判所 ・ 郵便局 ・ ○ ・ ○
 

戻る             HOME             次へ


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口

昔話の謎

ロゴ創作

運営サイト

なぞとき

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

光道…B


     戻る   解決のお願い   HOME   次へ