戻る       解決のお願い       HOME       次へ

差押サギ

放置 への 苦情

警察署

被害者

虚偽サギ裁判 文

最終弁論

判定言渡

受取拒否

差押命令

調査依頼

告訴決定

巨悪連盟

HOME  月/日

不当訴訟

謀略裁判

解決依頼

詐偽成立

責任者

証拠提出

捜査逮捕

5 6 7 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23

戻る       嶋田 木下       △はリンク改ざん   a      次へ



福岡検察庁 交通部より 電話有り 734-9090 九州大学病院に入院 ー 退院
突然、
(釘本春喜氏は認知症なので、刑事処罰 が出来ない)と伝えてきた

前原警察署より
(過失建造物損壊罪で福岡検察庁に送致された)と報告有り。
 4/4 福岡県警察本部 田中法昌本部長 殿
 
      に被害届を提出した その後  HOME

 10/2  3:30  福岡検察庁 交通部 小笠原 事務官                    
                 
水上 政嗣(まさつぐ) 検察官 との電話  
 編集中

 

小笠原 事務官  黒字     編集中            正信 青字
 

 「もしもし」「もしもし、私、福岡検察庁の交通部の小笠原といいますが」「検察庁?」「みつこさん、いらっしゃいますか?」「みつこさん?」「えー、何と読むのかなあ、そちらのお家にですね、平成19年1月27日にですね、家に車が衝突した事故の件で」「衝突、車?、・・・はあはあ」「今川さんのお宅でよろしいんですね?」「はい」「車が突っ込んできて、検察庁のほうに来ましたので、お家の所有者が、今川、これ何というんですかね」「ああ、その字はチカ子って言うんですよね」

 「ちかこさん、ああ、失礼しました。允子さんが所有者ということで、まあ、あのう、ちょっと、(事情を、お話を、お聞かせて頂ければと思って連絡させて頂いているんですが」「そちらに行っているんですか」・・・「それは被害届ですか」「道路交通違反ということで、その相手方というか、釘本さん、事件という事で、それにつきましてですね、そのう、おー、その、おー、何と言うかですね、被害状況についてお話を伺えればと」

 「えっと、これはですよ、一度、検察のほうに告訴状を出しに行ったことがあるんですよね」「はいはい」「そのお話でしょうか」「いえ、えーとですね、検察に送致があってるんですよ。その告訴状ではなくてですね」「コピーの写しはとってある」「そうなんですか」「そこにずーと事情を書いているんですよ。かなり詳しくね」「ああ、そうですか」「まとめて出した」「今回は、釘本春喜氏という方が、家に衝突して、その建造物ですね、損壊させたという事実で、前原署から来ています。道路交通法違反ということで」

 「そうですか、えーと、前原警察署には捜査をお願いしているんですよね」「うん」「この件は(詐欺事件として捜査してほしい)ということで」「詐欺事件ではないんですけれども」「違うんですか?」「はい」「裁判は終わっているんですけどね」「はい」「あ、裁判は(債務不存在請求事件)というですね」「はい」「名目で、起こされてたんですけどね」「はい」「これは最初から、ずーと言っているんですけどね、債務は存在していますよ。だけどこれは謀略的に裁判が進んでいって、判定が下ったんですよ」「はい」「だから、その件はですね、原告が、加害者が起こした事件なんですけどね」「これは、だから、不思議な裁判でね」

 「あの、すみません、刑事と民事が違いまして」「はあはあ、あの、これは検察のほうに行っているということは、刑事事件にはなっているんでしょうか」「道路交通違反ということで」「ああ、はあはあ」「刑事事件にはなってるようではありますけど」「それは詳しく書いた被害届は来ているんでしょうか?」「あのですね、はい、ある程度は来ております」「それは僕の書いたのは、入っているんでしょうか?被害届は」

 
「はい」「被害届を詳しく書いてですね」「ちょっと、待って下さい。はい」「詳しく書いてあのう」「建造物のどうのこうのというのはあるんですけどね」「あ、そうですね、被害金額とか、細かいところは別として、(損壊させた)ということで送って来ております」「はあはあ」「それでですね、本来、来て頂いて、お話を伺って頂くのが筋かと思うんですけど、お警察に来て頂くという段階で、話を伺っていたところによると、(允子さんがちょっと足が悪い)とか、いうことで、(来られることが出来ない)ということで、出来れば(お電話でですね、ご説明させて頂いていいのかな)と思ってですね」

 「だからですよ、来るような、お話をされていたんですけどね、」「前原署からですね、はい」「まず事故の現場検証の調書がですね、建物の検証が、(調書に載ってないから、裁判を起こされているからね、その辺がハッキリ判っていれば、全て判るからね、持って来てくれ)という風に、お願いしたんだけど、あのう、(それが出来ない)と言われたからね、それが無いんなら、来られても判らないのに来られても、一番大事なことが抜けて、判らないなら協力しても、意味が無いですからね」「はい」

 
「裁判がですよ。最初から建物を現場検証、で確認していればですよ、亀裂があるからね、(これは危ないぞ)ということになってね(債務が存在する)ということになる筈なんですよね。大事なところなんですよ」「ああ、そうなんですか「だから、(何で持ってこないのかなあ?)と思ってね」

 「だから、まずね、本部長あてに僕、出したんですよね、(直々に返事を下さい)と書いて、返事を待っているんだけど、指示が前原署のほうに戻してあるんですよ」「はい」「交通捜査課に持っていかなきゃいけないのにね」「でも、こちらに来ておりますからね」「そこで刑事課のほうに出さないといけないのにね、交通捜査課のほうなんですよね、本当は、

 
(詐欺事件として、サギ容疑で調べてくれ)と、(一連の裁判に至るまでの流れが、おかしいから、詐欺容疑で調べてくれ)と、それで、お願いしたけども、だけど、(詐欺事件としては、捜査しません)という風に答られたからですね、だから、(おかしいな)と思ってですね」

 「ああ、ま、ちょと、検察庁のほうとしましては、道路交通法違反ということで、来ておりますので」「建造物云々というだけではね、事件全体が見えてこないからね、一連の繋がっている事件ですからね、あのう、現実に、そのう、別件で名誉毀損とか、平行して、ぶつけられた事件で、あのう、差押命令ということでね、あの、引かれているですよね、お金がね」「はい」「はい、そういうことも含めて、まあ、郵便局から、おふくろ口座から、5万円引き出されているからね、あのう(詐欺事件だ)ということで、(刑事事件になっている筈だ)って、主張しているんですけどね」

 「ああ、ただ、あのう……あ、こちら、来てないものをですね」「来てないんですか?そのう、詐欺事件としての」「だから、あくまでも、あのう、まあ、釘本春喜が、家にぶつけて)ということで」「ああ、それは、あの、前原署の工藤係長、ん、ですかね、工藤課長かな」「はいはい」工藤課長から、何回か電話あってですね」「はい」(事情を聞かせてくれ)と言って来られた時の」「はい」「うーん、事件の名目でしたね」「はい」「うん、(建造物の「はい」限定した形の事件の捜査ということで「はい」協力してくれ)という電話だったんですよ」「はい」

 「だから、そうじゃなくて、もうこれは(サギ事件として、詐欺容疑として、裁判所も含めて、保険会社の不払いの事件に関わるね、サギ加担容疑として、捜査して貰いたい)と、いう主張をしたんですよね」「はいはい」「はい、(そうじゃないと事件が全体が見えてこない。と、限定されたら)ね」・・・「そう言ったんですよ。何度か」「そこらへんは私も、詳しくは」「そこは確か何度か告訴状を出しているからね、コピーとかがある筈なんですよ。検察庁のほうにもですね」「はい」「直接、持って行った時に、(コピーだけはしておく)、ということで、コピーは受取られましたからね」

    ※ 大事な説明をしているのに、話の腰を折って、軽く受け流している

 「それでですね、すみません。お話の途中で、申し訳有りませんが、あの、まあ、ご存知かもしれませんが」「はい」「釘本春喜さん、ご自身がですね」「はい」「ちょっと、今、ご病気というのはご存知ですかね?」「病気というのは、痴呆症ということは前から知ってましたけど、進行中でね」「で、あの、これですね、結局、ご本人がですね」「はい」「車をぶつけて、現在、痴呆症ということでですね」「はい」

 
「そのう、まあ、あの、その方に対する刑事処罰というところの問題になってくるんですけども」「はい」「あの、その辺は、また、民亊事件とはかけ離れて、別と考えてほしいんですけど」「はい」「サギ事件としては、別ということで、その人を家に行って(刑事事件として処罰するということについて)、ということなんですけども」「はい」「で、あのう、まあ、簡単に言うと、痴呆症ということでですね」「はい」「あのう、今回に、まあ、限ってはですね、責任能力という、ところになってくるんですけども」「はあ」

 「これはですよ」「はい」「あのう、元々ね、痴呆症の進行中でね」「はい」「訴訟能力が無い人間がね」「はい」「原告に立たされて、名前が出てるんですよ」「訴えられたね、人が春喜さんだと、元々、おかしな裁判が始まっているんですよね」「はあはあ、それは民亊でですね」「はい、民亊で、当事者は弁護士が出て来て、加害者は一度も出てきてないんですよ」「はい」

 
「はい、それで、えー、裁判はどんどん進んでいくんですね。それで原告側のね、訴えた本人が当事者でありながら、出てこないでね、一度も顔を出さないで、裁判がどんどん進んでいくんですよ、だからそのう、後見人というか、まあ、奥さんがなっていると思うんだけど、奥さんは傍聴席でね、息子さんと一緒にね」「はい」「来られているんだけど」「はい」「そういう裁判だったんですよ。ずーとね、で、誰がね、事故を起こした本人が」「はい」「よくもね、その裁判に訴えてね、本人が出て来ないから、おかしな裁判になったんですよね」「うーん」

 「はい、だからね」「はい」「これは、刑事処罰で、訴訟能力がね、元々無い人間が刑事処分を免れるというのもおかしな話なんですよ。だったら最初からね、裁判なんか起こせる状況じゃあ無かったということでしょ?」「民亊と刑事は、ですから別でね」「刑事処罰を免れるんだったら、不当な、被害者が迷惑をかけていて、更に苦痛を与えるような裁判を起こしてこういう裁判というのは、どういうことなのか、名前だけ貸されただけかも知れんけどね、こういう裁判というのは、 時計の音 ♪ どういことなのかね」「まあ」「名前だけを利用されているということでしょ?」

 「ですから、まあ、これは(別として考えて頂きたい)ということで申し上げているんですけど」「別?、刑事処罰は免れる訳ですね、春喜さんは」「ま、ということは、まあ、今の病状からすれば、ということなんですけどもね、では」「今、入院されているんですか?」「あは、あのう、それはまあ、診断書からしか、判断は、ちょっと、し兼ねますが」

 「何かそういう、最近、見えないからですね、、うちの正面ですからね、春喜さんは、最近、姿が見えないから、(どうされたかなあ?)と思って、考えていたんですけどね」「・・・」「それでですよ」「はい」「裁判は終わっているんだけど、一度もね、加害者、当事者なんだけど、ね、自分がじこを起こして裁判は終わったんですけど、(どうして訴えたのか?)と、本人に聞けずじまいなんですよね、」「ああ」「一度も、加害者は」「判りました、お電話で、お話してもですね、中々ですね、説明できないところがありますから」

 「あのう、だから、そちらは検察庁でしょ。そしたら調べて貰えませんかね、今までの書類」「お話を頂いたほうが、ちょと誤解を産んだりですね、すると、ちょっと困りますので」「だからね、この痴呆症なのにね、何でね」「うん」「裁判で、ね、(今まで、苦しめられたのは何だったのか?)ということになるでしょ」・・・うーん」「ね、免れてるんだけど、こちらは(刑事処分して貰わないと、この裁判の決着はね、つかない)と思ったから、そう持っていこうとしているんですよね」

 
「まあ、民亊「ひどい目に遭ってるからね、」「大変、申し訳ないですが、そちらのほうで、どうのこうのというのはお話は「だから、その辺がね」「はい」「どうもね、全体像をちゃんと掴んだ上でね」「はい」(お話を聞かせてくれ)と言うなら判るけども」「はい」(事情を聞かせてくれ)と、言うなら協力できるんだけどね」「ああ、そうですね」「大事なものが抜けているでしょ」・・・

 「これは謀略的な裁判でね。非常に、被害者としては、賠償もされずに、危険が放置されているからね、ずーと、訴え続けているんだけどね」「はい」「受取らないんですよ。代理の弁護士が話も聞かないでね、どんどん、一方的にね、裁判の弁済処理でね、相殺してチャラにしているんですよ。だから、危険が残ったままね、裁判は終わったと」・・・「非常にね、これはもう、信じられない結果になってるんですよね、だからもう、ずーと訴え続けている訳ですよ。(刑事事件にしてくれ)と」「ほう」

 「詐欺事件が起こっているからね、裁判所、とか、郵便局とかね、全部があの、加担した形で事件が発生しているからね。(調べて下さい)、ということでずーと訴えているんですよね」・・・「その辺をですね、調べて貰えませんかね。検察庁のほうで」「検察庁のほうでですか?」「はい、一度検察庁にはね、行って、告訴状を出したんだけど」「はい」「これは事件が特定出来ないということで、返されたんですよ」「ああ、そうなんですか?」「何日もしないうちに、ポンと返されましたからね、(これは調べてないなと思いましてね」「そうなんですか・・・

 「あれだったら、もう一度出しますから、受理して貰えませんかね」ああいや、それはですね、ちょっと、受理するかどうか、今、ちょっと、最初に、冒頭で申し上げたように、交通部でございまして、まだちょっと、受取る部署がですね、ありまして、それぞれ、あの検討してですね、受取るかどうか、あの、受理するかどうか、検討する部署がありますので、交通部でですね」「はい

 」
「サギ事件を受取るというのは出来ないんですよ」「詐欺事件を受けるかどうか」「あれ?、検察庁というのは、既に、これは刑事事件、前提のものしか扱わないんじゃないんですか?」「検察庁もですね、ええ、色々な方々が捜査される方もいらっしゃるんですが」「ええ」「全て事件に出来るかどうかは、検討しないことには、全てあのう、捜査も、もちろん出来ませんし」

 「これは、こちらは既に(捜査してほしい)ということでね、ずっと訴えているんだけど」「はい」「だから、受理するようなね」「はい」「段階に行かないんですよね」「そうですね」「中々、あえて、はねつけているような」「色々その、する部分もございまして・・・はい」

 
「だからね、調べて貰う為にね、そういう訴状を送っている訳だからね、最低、1週間ぐらいしてからね、(調べたけど、特定できません)という返事であれば、判るんですよ」「はい」「ね、休日も含めて、2、3日で返却されてますからね、それじゃあね」「はい」「折角訴えても」「はい」「何にもならんでしょ」「そうですね」「うん、内容証明で送った筈ですよ」「ああ、そうなんですか」「うん」

 「一字一句、郵便局でちゃんと数を数えて、何行、フフ、何文字というね、制約の中で料金がかかるようなものを出したのに、ポンと返されたもんだからね、もう、そういう気持ちがもうすっかり無くなったんですよ」「ああ、そうなんですか」「はい、それで、告訴状ではなくて、今度は被害届で受取りやすいように、(被害届)にして」

 「これは放置車両というね、罰金の件で切符を貰ったからね、その弁明機会に出したんですよ」「はあ」「銀行がね差押えられるようなね、そういう状況で」「はい」「あのう、かなりね(緊急事態が発生した)ということで、ずーと説明の裏付としてね、こういう事件があって、あのう、止むを得ず放置車両ということでね」「はい」

 
(車をあのう、駐車したんだ)ということで、ずーと説明してね、ようやく受理されているのかなあ、と思っているんですけど、どうも曖昧なんですよね」・・・はい」「だから、告訴状もはねつけられ、ね、被害届もウヤムヤで、その、詳しく書いているんだけど、いっこうにね、事件として、え、捜査されないというね、うーん、もどかしい状況がずーとあるんですね」ああ、そうでなんすか・・・「はい」

 「えっと、おたくは、お名前は、何と仰るんですか?」「小笠原と言います」「小笠原さん」「はい」「交通、交通部というんですか?」「はい」「交通課ではなくて」「交通部です」「はー、えーと、交通部というのは、交通に関してしか」「事件が来てませんので、私のほうも、これは交通に関してしか、お話出来ないんで。大変申し訳ないです」「だから、この辺がですよ」「はい」「交通部ではなくて、刑事捜査課とかね、うん、そういう刑事事件として話が出来るような状況がないとですねー」「そうですね」

 「うん、お話してもね」「はい」「限界があるでしょ?」「はい、そうですね」「うん、だから、検察庁からの電話であればね」「はい」「えー、その、犯罪のね」「はい」「話が出来る方に代わって貰うかですよ」「犯罪の話はい」「うん、あのう、キチンとしたね」「はい」(これは詐欺事件としての話を伺いましょう)というね、えー、お話にならないといけないと思うんですけど」

 「あ、それについては、ですから、まあ、あのう、以前に、まあ、こちらのほうに送って頂きまして、まあ、あの、ご返戻したものと同じだと思いますが、まあ、どなたが担当されたか判らないですけども、返事された通りだと思うんですが、その辺は聞かせてもらわないと、どなたか、判りませんけど、だからですね」「えーとね、名前、牛島さんだったかな」「ああ、牛島ですか」     告訴状を返戻した担当の人間を調べる義務がある

 「はい、ええ、それで実際にね」「はい」「取調べ室まで行って、お話をしたんですよね」「ああ、そうなんですか、はい」「だけど何か、(民事を超えない)とかね」「はい」「うん、言われて」「はい、先ほどから、民亊、民亊という話をしてますけどね」「そう言われたら、もう、話が進まないんですよね」「ああ、はい」(容疑でいいから、これは刑事事件として、詐欺の事件として調べて下さい)と」

 「はい、あのう、そうですね、確かに、牛島がですね、そのような判断を下したというのは、まあ、私ども書面を見てませんので」「はい」「あのう、何とも申しあげづらいんですが」「はい」「あのう、そういう見解で申し上げたと思うんですね、民亊を超えないと、あのう、それが、(誰が見ても、ということになるのかなあ)、と、そういう風に思うですけど」「それがね、まだ、裁判中だったかなあ、別件のほうのね」「はい」

 
「名誉毀損とか、そちらのほうのね、まだ詐欺事件とはなってなかったと思うんですけどね」「はい」「銀行の口座から、お金が引き落とされる前だったと思うんですけどね」「はい」「だから、仕方なくね、(まだ刑事事件にはなっていないんだ)ということで、あきらめて帰ったと思うんですよ」「はい」

 「でもいずれね」「はい」「あのう、かなり謀略的な裁判を進めて、あの、別件をぶつけて妨害しているんですよ」「はい」「妨害・攪乱してるんですよね」「うん」「もう、ただでさへもね、本件の事故の対処で、忙しい訳ですよね」「はい」「ええ、だから、分厚い書類を送られてね、ほとんど、捏造された、デタラメのね、内容ですけど、(反論しろ)ということでね」「はい」「うん、弁護士を立ててなかからね、(こちら素人だからね、もう処理できない)と思ったから、受け取らなかったんですよ、(こういうのは絶対におかしい)と。(いつでも訴状を出せる)と言ってますけどね、(違法なこと)だと、僕は思うんですよね、

 うん、だから、裁判に精通したね」「はい」「元、裁判官をやっていた弁護士がね」「はい」「その保険会社の専属のね、お抱え弁護士になっているからね」「はあ」「うん、その時点で、もう、そういう精通した知識を利用してね、裁判の色んな弁済処理とかね」「はい」「そういうのを全部やっているとしか思えないんですよね」「はい」「そうとしか考えられない程ね、流れのなかでね、弁護士の力でね、何でも通しているんですよ」

 「・・・ま、あのう、まあ、大変、申し訳ないですけど。話の腰を折って、大変、申し訳ないですが」「ええ」「あのう、そのうこちらのほうとしてはですね、フフ」「はい」「やはり、そのう、まあ、もちろんですね、あのう、そのう、おー、どうしてもですね、その今川さんのほうがですね」「はい」「あの(サギがないと、このお話は聞けない)ということであればですね、(しょうがないのかなあ・・・)と思いますけれども……

 「これはね」「うん」「あのう、理由があればいいんですよね、ちゃんと、その、やりとりがあってね、あのう、弁護士とは、一度も、こちらに来て話をしたことは無いんですよ」「ああそうなんですか?」「はい、手紙でね」「はい」「キチンと、あのう、(損害立証は被害者があのする義務がある)とか、言い出されたからね」「うーん」「そいで、ずーと手紙でやりとりして言っているんだけども、全然、受取らないで、(全部、あのう、返事が、はぐらかしの文章)なんですよね」「うん、そうなんですか」

 
「はい、これは保険会社のほうに、損害立証してね、ちゃんと、柱がね、継ぎ柱で倒壊してるからね、ああ、衝突しているからね、(倒壊の恐れがある)と、(加速しているんだ)というころで(調べれば判る)と言っているんですけどね、だけど、調べもしないしね、うん、(聞いてない)ような感じで、弁護士が、あの、第三者としてね、いきなり入ってくる訳ですよね」・・・

 「だから、保険会社が、本当は知ってるならばね、弁護士にそのことを伝えた上で始めないといけないんだけどね、それに関しては、(聞いてない)ということでね、裁判に持って行かれたんですよね」「うん、だから、損害立証ね、しているのに、それを確認しないでね(弁護士は聞いてない)ということで、ええ、(そういうのがその出てない)というんですよね」

「まあ、はい、判りました。はい、今川さんのほうとしては、まあ、(民事としては全く納得がいっていない)と、まあこの交通、こと、交通に関して言えばですね」「ああ、そうですね」「あの、建造物損壊は、もちろん、されたのは間違いないことですがね、被害を受けて」「はい」「この(民事については、相手の対応としても、納得いってない)と」「あのう、建造物損壊という罪もあるんだけど、あのう」「建造物損壊というのはですね」「ええ」「あくまでも、その、故意にですね」「ええ」「ぶつけて、建造物を壊した場合ということになります」

 
「ああ、だからですよ、これは、あのう、※ 往来危険罪なんですよね、倒壊する可能性があるのにね、それを見ないで、調査もしないでね、無いとして、不存在としてね、裁判を起こすというのは、危険があるのに、無いとして、不存在として、(調べてくれ)と言っているのにね、そういう対応されるというのは、(危険を放置する)ということでしょ?」・・・そう」
 

  認知症では、故意にぶつけていないことになるから、建造物損壊罪では無くなるはずだが、報告をしている立場なのに、この矛盾に気がついていないのか!

 「こちらは(危いからね、調べた上でね、工事に入ってくれ)と言っているんだけど、大工が(大丈夫です、大丈夫です)と、生半可なね、知識でね、継ぎ柱をしているのをね、確認してから始めないと危ない筈なんですけどね、だから、そのう(ハンマーで叩く)というんですよ、歪んだ柱をね、だから、当然、それは危険なことだからね。

 ちゃんと、
(大丈夫と言うんなら、ちゃんとね、あの保証してからやって下さいよ)と」「うん」「調査員の前でもね、そういう風に、どうしてもね、うーん、これは加害者側の大工なんですよ」「はあ」「はい、で(大丈夫)と言ってね、うん、来られたから、もう、お任せしたんですけどね、途中で引かれたんですよ」「うん」「怖くなってね」・・・

 「だから、そういういきさつもあってね、だから、こちらは、そのう、簡単にね、済むような、修理じゃあ無いのにね。(柱をコンコンと叩けば済む)というような大工さんを連れてきたから、かなり安い金額でね、(修理出来るんだ)と言い張るから、(じゃあ、もう、やって下さい)だけど、その代わりに、ちゃんとね(万一、保証、倒れたらいかんから、倒壊したらいかんから、保証だけはして下さい)とね、

 
(それで好きなようにやって下さい)と依頼したのに、あとからもう、(うちは出来ません)ということで、引かれたんですよね。その辺でね、その交渉の段階から、もう既に、あのう、保険会社が関わっていながらね、そういうのを無視した上で、裁判を、あのう、始めているんですよ」

 「当事者じゃなくて、加害者を当事者にしてね、(弁護士に頼んだ)という形で、自分たちが紹介していながらですよ」「うん」「そういうことでね、その、保険会社に第一義的な、この賠償責任があるのに、これは高みの見物している訳ですよね」・・・うん」

 
「うん(訴訟中はコメント出来ない)と言って、一切ね、そのう、話をね、聞こうとしないんですね、だから一連のつながりがあってね、これは裁判所も含めて、この詐欺事件に加担しているようなね、そういう裁判、(謀略裁判が起こったから、調べてくれ)ということで、(裁判所に踏み込んでくれ)と、言っている訳ですね」「はああ」

 「当時の担当だった猿渡書記官という人がいるんだけどね、この人が、全然、こちらの言い分を聞かないで、握りつぶしているんですよ」・・・「色んな、資料を。それで読み上げもしないし、それは裁判官のほうに、お、あのう、ちゃんと提示しているのか、判らないような

 裁判官が知らないようなところで、陰でね、握り潰しているから、あのう
(裁判官とは話すことも出来ない)というんですよ」・・・「都合のいいところではね、(裁判官があのう、判断することですから)とね、逃げるからね」「うーん」「だから、ずーと、やりとりの中でも書いているんですよね、あのう、ホームページ、これはあのう、損害賠償の立証をするから」

 「最初から、弁護士に(見てくれ)といことでね、あの、そういう約束で、アドレスを教えて、(見てくれ)ということでね、損害立証をするしか無かったから、したんだけど、それさえもね、名誉毀損で、(個人情報をね、こう、世界に公開した)とか言ってね、難癖をつけて、別件の、名誉毀損の、えー、これは、あのう、面談禁止、とか含めてですよ、あのう、謝罪広告の、そういう裁判を、別件で起こされて、それで5万円引かれている訳ですよ」・・・「実際は、あのう、弁済金は百十万か、あるんですよ」・・・「その中の、郵便局で5万円引かれているんですよね、年金用の口座だから、ということで」・・・うーん」

 「だからその、この現実に、これは建物の、えー、損害金額と同じような金額にしてしまっているんですよ」・・・「弁済で、チャラできるように」・・・ハア・・・「だから、このね、あのう、裁判の中では、全部ね、本件、別件と共ね、これは、違法な、あー・・・あってはならない訴訟なんですよね」・・・「こちらは、最初から、これは、あのう(訴訟条件も無いし、訴訟要件も満たしてない)とずーと言い続けているんだけど、裁判官が答えてくれなかったから、あのう、被告席に最後まで、座れなかったんですね」

 「ああ、そうなんですか」「はい」「その、すいません。民亊のことはですね、ちょっと、私達も、こちらは、どちらかと言えば、刑事が専門になりますので、何ともお答え出来ないところもあるんですけども」「だから、もう刑事事件に直接、持って行って貰ったほうが早いですけどね」「ああ」「うん」「ええ、だから、刑事事件としてですね」「はい」「成立するかどうか?ということも、前に、お持ち頂いた時も、もちろんこちら検討させて頂いたと思うんですけども」「これはね、(事情を聞かせてくれ)という前に、HPをしっかり読んで貰ったらね、全部ね、出てきますから」「うん」「全部判ります。流れをまとめていますから、最初から、調」うん」「査員のね、交渉に始まってね、ずーと流れが判りますよ」

「あのう、最初はね」「はい」「あのう、まあ、調査員、明建という、保険会社が依頼した、調査員がいるんですよ。あのう、鳴神調査員という人がね」・・・「その人が来られて、えー、現場を見ているんですよね」「うん」「うん、一緒に車を出したんですから」・・・「はい、突入した車をね」「ああ、あの赤い軽ですかね」「はいはい、それで、その玄関の前に、おふくろの電動カーを置いていたからね」「ああ」

 
「それを、踏み倒してね、玄関にぶつ、あのう、乗り上げてる訳ですよね、あの、そのまま、中に入り込んでね」・・・「うん、だから、そのー、(見てきてるから、どれだけの衝撃があったか)ね、判る筈なんだけど、一級建築士の免許を持ってあるからね、だから、当然、建物の、そういう倒壊の危険も見て貰わないといけない筈なんだけどね、ほとんど見ようとしないんですよ、(建物の)亀裂のほうをね」・・・

 「それで、(電動カーを新しくする代わりに、それをね、何か、新しくしたから、いいだろう)ということで、建物の損害とね、チャラできるような。ね、そういう風な考え方で来ているんですよね、最初から」「うん」(十年乗ってた電動車がね、新品に買い換えてあげたから、いいだろう)と。あのう、フフ、まあ、これはあれですよね、うん、向こうとしては、(それで充分だろう)という感じで来てるもんだからですね、損壊状態を全然、見ないんですね。最初から」・・・「そういう調査員でしたからね、(おかしいなあ・・・)と思って、そこから出発しているんですよ。疑問点がね」・・・うーん」

 「だから、もう、建物の損害とはね、全く違うんですね、電動カーというのは」「うーん・・・「調査のあり方も含めてね、あのう、調査員がキチッと見て、それで大工さんもね、ちゃんと、(ああ、これは危ないなあ)というふうにね、判断して、最後まで、あのう、自分がね、出した見積に対しても、(あ、これでは足らんかも知れん)・・・とね、そういう話になればいいんだけどね、(あとは知らない)ということで終わってますからね、うん」「・・・」

 「これは、もう、そういうことを全部書いてますからね、電話でいちいち説明するともう、際限なくね、時間がね、足りなくなりますからね、だから一応、HPで見て、詳しく調べて貰えませんかね」「ああ、HPですか?」「はい」「うーん

 「もう、確か書いていると思いますよ」「はい」「告訴状にも、被害届にも」「そうですね、こちらに、インターネット用のパソコンがちょっと、無いですので」「ああ、あのね、裁判所は、(書類を出せ)ということでね、(裁判を受けて立った)ということで、持っていこうとするからね、あのう、困った訳ですよ。ね、出してもいいけど、(それで受けて立った)ということになればね、

 あのう、本当は裁判する必要も無いのにね、どんどん進められるからね」
「はあ「こちらは、そう警戒して、HPで見れば、(損害はね、あるんだ)と (不存在じゃないからね、裁判の名目にはならんから、当然、取下げるだろう)と思って」「うん」「確認を求めるようにしたんですけどね、フフ、見ないんですね」「すみません。ちょっと、お話中、申し訳ないんですが、検察官と変わります。ちょっとお待ち下さい」

   水上 政嗣(まさつぐ) 検察官   黒字         正信 青字

 

 「もしもし」「はい」「すみません、お電話が長引いているようで、フフ、(どういうことかなあ?)と思いまして、ちょっと代わりましたけども。はいはい」「今の方は検察官じゃあ無いんですか?」「あの、検察事務官です」「ああ、事務官とは違うんですか?」「はい、私はその、副検事です」「はあ」

「それでですね、今日電話したというのはですね」「はい」「あのう、釘本さんが」「はい」「あのう、(お宅の家のほうに、車で、えー、こう衝突して、家を壊したと)いう事件で」「ええ」(過失建造物損壊と、車で、建造物を壊した)ということで、ええ、これは道路交通法違反に当たります」はあはあ」「それで、道路交通法の違反の事件が、えーと、これは前原警察署のほうから、送致がございました。検察庁の方に」

「送致っていうのは何ですか?」「送致というのは、検察が、警察が、事故とか、事件とかあった場合には、第一次捜査を遂げて、その捜査を遂げたらば、検察庁のほうに事件を送致するという風なのが、法律上、建前になっておりますので、(その送致があった)ということです。事件が」「ほう」「はい、それで、私のほうが、その処分の検討をしている。と」「ああ」

 「はい、で、今回の事件につきましてですね」「はい」「えー道路交通につきまして、家のほうが壊されている)というものでしたから、ええ、道路建築法の、処分について、検討していたんですけども、あのう、その・・・相手の、釘本さんのほうが、アルツハイマー型の病気にかかっていて」「はい」「はい、ええ、何か今は、訳がわからない状態で」「はあ」「ございますね」「はい」

 
「それでですね、当時も、これが昔から、そういうのが昔からとか、あったみたいで、古くから、少しづつ、これ進行している。今、有名な、あの病気ですよね、アルツハイマーは」「ええ、ええ」「それでですね、それがずーと昔から少しずつあって、平成18年ごろにも、判断が少し、判断能力が無いような状況があるようなところもあるようでございます」「はあはあ」

「それでですね」「はい」「事故過失の建造物損壊でございますが、その責任能力。つまり、悪いことは悪いと、していいこと、そういった刑事罰の判断能力がまず、あの」「はあ」「車の運転をする時に必要です」「ええ」「で、そういう人に対して、刑罰を科すに当たりましては、その人が刑罰の何たるかを、判るような、認識できるような状態でないと処罰できませんですよね」「ああ」「効果が無い訳ですね、ハハ」「ああ」

 
「うん、それでですね、この、おー、えー、過失建造物損壊についてですね、えっと、釘本さんをちょっと、処分出来るような状態にはないものですから。まあ、(そのことについて、ご説明をしよう)というふうに思ってですね、電話した次第、フフ」

 「それは・・・判りました」「はい」「だけどね」「はい」「これの裁判に関してね、(春喜さんは知らない間にね「ええ、裁判というと?」弁護士が進めた)ということになりますよね」「何を裁判の「いや、原告になってますからね」「はいはい」「春喜さんが。どういうことなんでしょうかね?」「・・・はい、ちょっと、そういうことは私には民亊の関係は判らないですが」

 「それはですね、アルツハイマーでね、最初からね」「ええ」「そういう原告としての能力が無いのにね」「ええ」「一方的に進められた裁判に対してね」「うん、大体、訴訟代理人か誰かが居るんじゃないですかね」「だけどね、それはね」「うん」「弁護士が、それを、あの、春喜さんの状態はね」「ええ」「知らないでやったのか、知っていてやったのか」「その点は判りません」「だから、それは、捜査対象になるでしょ?」・・・

 「それを知った上でね」「ええ」「えー。弁護士が、勝手にね」「いや、だから、そのへんの処は、私のほうで、どのようになってるのかは、民亊はわかんないです」「だったら調べて貰わないとね、裁判でひどい目にあった人間がね」「はい」「どう、どうしたらいいのか判んないからですね」「だから、そういうのがあるんであれば」「ええ」

 「あの、それ、あのう、刑罰になるということであればですね」「ええ、ええ」「これを告訴することは、出来ますしね、犯罪があるとすれば、被害者は告訴できますし、それを知った人は告発できますので」「だからですよ」「そうなってますから、それがその成立するか、しないか、どうかというのは、別問題として、ですね。その私のほうに、(どうなるんですか?)と言われても、判らない訳ですよね」

 「いや、そうじゃなくて」「ええ」「現実に、これは、あの、原告はね」「はい」「アルツハイマーで」「はい」「弁護士を頼むような状態じゃないのにね」「ええ」「不当な裁判が」「ええ「ね、始まって、もう判定が下っている訳ですよ」「ええ」「これに、対する責任は誰が取るんでしょうかね?」「あの、わ、それは、あの、私どものほうではちょと、判りません」「だからこれはね」「事故の関係があって、それをどういうふうになるかって?」

 「推測はつくでしょ」「だから、犯罪があるという風に思われる、思うことがあれば、あのう捜査機関に行って捜査して貰う」「だから、それが出れば、出てればですよ」「はい」「ね、こちらがずっとね、訴えてきたね」「ええ」「春喜さんを訴えてたんだけど、(実は弁護士を訴えないといけないという内容だった)ということになりますよね」

 
「いやいや、だから、その辺のところは、どういう事実関係は判りませんから」「だから、その結果がね、出てれば、(アルツハイマーだった)とね、結果が」「ええ」「今、教えられたからね」「はい」「それはもう、明白なんですよね」「ああ」

 「この時点で弁護士がね、勝手にね、裁判に持って行った。と謀略裁判をね」はい」「この時点で今、確認したことで、今、判ったでしょ?」「その辺のところは、私には判らないです、それは」「いや、現実にね」はい」

 「今、弁護士が勝手にね」・・・ええ」「アルツハイマーである、訳の判らんね、釘本さんの名前を借りてね」「うん」「謀略裁判に持って行ったということなんですよ」「いや、ちょっと、その、いえ」「後見人は奥さんがなってね」「ええ・・・そこは」「進めていったということなんですよ」「だから、その裁判のことは、私は知らないので判りません」

 「で、こちら公正中立な裁判を求めてね」「え?」(原告がね、原告が席に座ればね、被告席に座りますよ)というね、それで、公正な、 時計の音 ♪〜 公正中立な裁判を求めたんですよね、だけど、それはね」「うん」(弁護士さんが代理で来てあるから、いいです)ということで向こうは、断ったんですよ」

 
「いや、その、お宅らのほうは、弁護士さんは頼んでは」「こちらは全然、(弁護士は)頼んでないんですよ」「ああ、そうですか、ふーん、私のほうもね、お宅のほうに一方的に聞いたからっていっても判んないし、民亊のことは、私の所は刑事専門だから、その辺のところは、判りません。犯罪があるということであれば、告発は出来ますし」

 「告発とかね、これは、こちらはしてもいいんだけど」「はい」「警察は関わってるわけだから、既にね」「うん」「あのう、検察もね、含めて、関わっているんだから」「え、関わってる?」「ずーと今までね」「うん」「訴状、告訴状を出してね」「うん」「はねつけられた経歴があるんですよ」「ああ、そうですか」「早めに出してね」「うん」「早く処理してくれ。と」「うん」「はい、それが、ずーとね」「うん」

 
「何にも対処されないからね」「うん」「ひどい状態になってしまったんですよ」「うん・・・はい」「「今頃ね、(アルツハイマーだった)と言われてもね」・・・うん」(釘本春喜さんが原告で振り回した、その責任は誰がしたんだ?)ということになるでしょ。当然」「振り回した?って・・・ちょっと、その辺のところは判りません」「現実にね」(誰がしたんだ?)と言われても、ちょっと、私のほうでは判りません」

 「だから、それは捜査できるでしょ。今、現実に判っていれば、判った時点で、答えが判っているんだから、現実に」「答が出てる・・・ちょっとその意味が判らないうん」「春喜さんがね」「はい」「最初から能力が無かったのにね」「ええ」「この裁判というのはね」「ええ」「うん、これは、あー出来たのか、出来なかったのかですよ」

 「それは、だからですね。あのう、そういったところ、あの、もし、あの、訴訟代理人という人があれば、それは、出来るんですよね」「・・・ああ、法律的にはそうなんですけどね」「法律的に・・・」「原告がね」「ええ」(弁護士に依頼することさへも、叶わないような状況だった)ということになるでしょう、で」「本当は、そしたら、その辺は、判らない」「誰が、したんだということになるでしょ」「それは奥さんだと思うんですけどね」「民亊ではそういうところは判らない。ハハ」

 「だから、それが出てくるんですよ」・・・「だからね、本人が、頭がしっかりしてあれば、自分が事故を起こしたのにね」「うん」「被害者を訴えるっていうことは、恥ずかしくて出来ないことなんですよ、まともならね」・・・その訴えるって」「それが出来てるからね、(どういうことなんだろうか?)と。不思議でしょうがないんですよ」「どういうことか、私のほうも全く判らないです」「判らないんじゃなくて、これはね」「うん」「検察が調査機関であるならね」・・・「それはハッキリ出る筈ですよ」・・・

 「ね、(こういうことになったんだろう?・・・)とね、推理はね。推理で始まるでしょ。捜査は推理で始まるでしょ」・・・「ほいで、それが本当なのか、調べればいいんですから。(アルツハイマーだった)という現実が出てきたらなら、これはもう、弁護士がね、全部ね」「うん」「うん、訴訟能力が無い人間をね」「うん」

 「名前、名義に立てて」・・・うん」「えー、加害者がね、原告として、裁判をね、起こしたということに、させられている訳ですよ」「うん、ちょっと」「その事件に対して、訴訟能力が無いのに」「だからですよ(そう)と仰るけども、私共が、(そうですか)とは言えないんですよ」「だから」「私はタッチしないから判らないんですよ」「だから、今、今からね、今から調べて貰ったらいいんですよね」「だから、そういうことがあるというのであれば、ハッキリした。というんなら、また、告訴なりね、捜査機関に対応しない、警察や検察、告訴なり。したらいいと思うんですよ」

 「こちらはね、もう随分、もう、つき返されたからね」「ああ」(これはもう済んでいる)と思っているんですよ」「ああ」「こちらの役割は」「ああ」「それを対応しないね」「うん」(警察、検察庁のね、そういう対応が、おかしいなあ?)と思ってね、ずーと」・・・うーん」「調べているんだけど、ね」・・・「うん(何で動かないのかなあ?)と」

 
「うん・・・「ね、調べているんですよ。民事事件と言い張ってね、刑事事件にしなかった。そういう、そのことで」「うん」「裁判が、そういう結果を招いている。というね、調べない」・・・うん」「そのことで、裁判に招いている」「私共のほうで、(そうですか)とは、そういうことは私共には判らない。です」

 「判らないんじゃなくて、あのね、建造物損壊っていうね、限定したかたちじゃなくて、裁判所がね、福岡裁判所が関わった。ね」「はい」「サギ加担事件としてね、捜査したら」「はい」「全部ね、調べられるということなんですね。関わった人間、全てね」「うん」「謀略裁判でね、裁判所全体が関わった」「謀略裁判って、何に?」「謀略的なものというのは、全部書いてます」「は?」

 「捜査のね、対象としてね」「ええ」「捜査、犯罪の容疑がね」「はい」「出てきている部分は全部書いてますから、米印でね、赤く「フフ」「うん、を、入れてますから」「ああ、はあ」「ハハ、その辺を注意して読んで貰ったらね」「何に注意して読むんでしょう?」「ああ、それはね、謀略的なね、あの、癒着・結託関係がね、ここにね」「はい」「現れている箇所ですから」「何に表れている?」「HPの」「いや、私ども、ホームページは、外部から入れないようになっているんで、読めないんです」

 「ああ、その、こちらが依頼したら読んで貰えるでしょ?」「だ、だからね、そういうことが、あるということであればですね、うちのほうは、この捜査している分についてのことなので、そういう、犯罪があるとすればしたら、細部がハッキリ判ったというのであれば、告訴するなり、告発するなりすることが出来ます」「だからですよ、資料をいつもね」・・・はい」「中心に調べられますけどね」・・・はい」「裁判所でも感じたことですけど」「はい」(資料をね、印刷してね、書面として出さないと「うん」これは証拠にはならん)と言われたんですよ」・・・はい」「おかしなことでね、これは(裁判する前に、キチンと見れる情報として、資料として、読んでくれ)ということを、全然しないんですよね」

 「いや、あの、文書化して、送られたら、どうですか?」「いや、それは膨大な資料になるから、とてもそういうのは出来ないから、元々ね、裁判に持って行く事前にね、(調べれば却下する内容になるだろう)と、(気がつくだろう)と、いうことで、(読んでくれ)ということで、お願いしていたんですね」

 「この、メールなんかはですね、だから、それは、こういう告発したいから、犯罪があると、ということで、それを文書化して、膨大になったとしても、送られたらいいんじゃないですか、捜査機関に」「いや、そうですけどね、元々」「あの、捜査のきっかけになることはあります」「元々、だから(裁判にするような問題ではないのにね、無理やり裁判にもって行ってる理由は何なのか?)というのが出てくるんですよ」

 
「いや、だからそれは読まないと判らないです」「裁判が公正中立でない、そういう判定を下す前提で、裁判に持って行ってね」「うん」「判定を無理やり下して」「うん」「賠償をしなくて済むようなね」「うん」(不払いに持っていくための
、これは、ハハ、機関に成り下がっている可能性がある)ということなんですよ」「うん」「裁判所が「ああ、そうですか」「はい」・・・「だから、最初からね、これは裁判にしないで、(調査してくれ)という依頼を受けてね、調べればね、出てきた内容なんですよ」・・・

 「これを、その(被害者が損害を立証する義務がある)とか言うもんだからね、こうやって、全然、手紙でもね、あの、はぐらかすからね、えー、仕方なく、HPに書いたわけですよ」「しかし、伺いますとですね、民亊の関係の、訴訟の色々なところの、こう、あれで、あ、あのう訴訟関係のほうについてのことを仰っていると思うんですけども、それでですね」「はい」「いいですか」「はい」「あのう、何でしたら、弁護士を雇ってですね、そのことを詳しく話して、弁護士さんから、資料に基づいて、告訴して貰うなり、法律の専門家にですね、頼んでやられたらどうですか?」「いや、それはもうね、弁護士に失望しているもんだからですね」「うん」「弁護士会にもね、ずっとね」「法律に、ね、司法試験に通って、詳しい方ですから」

 「いや、それはね」・・・(相手の弁護士が、元裁判官だ)って言ったでしょ?」「いや、知りません、そんなことはそれは」「それはね、高橋弁護士というんですよ。高橋隆っていうね」「はいああ」「この弁護士はね」「うん」「裁判官の経歴が7年あるんですよ」「はい」「そういう人がね、弁護士となって、保険会社のお抱えのね」「ええ」「専属の弁護士として、その精通したね、弁済処理とかあるでしょ、色々。そういうのを全部ね、やっている訳ですよ」・・・ 

 「ね、それで裁判所を出たり入ったりしてね、その封筒とかね、裁判所の封筒を使ってね」「勝手に書類を入れてね、裁判所命令だとか」「うん」「ね、そういう、書類として送達してるところがあるんですよ」 ※ 「ああ、勝手にですか、じゃあ、そしたら、そういうところが判るようにですね、して、あのう」「ええ」「ちゃんとした捜査機関に捜査してくれと」「これは今、準備しているからですね」「ああ、ああ」

 
「これは出す前にですよ、HPで見れば」「我々に言われても、どうしようもないですよ」「HPで見れば出てくる内容なんですよ」「だからですね、HPではですね、先ほど言ったように、あのう、ひょんなアクセス、悪い人がいて、あの、こうして、情報を取ったりするから」「ああ」「それを見ることが出来ないように、禁じられているんですよ」 

    
※ おかしな禁止の言い訳である 優先順位が判っていない

 「いや、そうじゃなくてね、こちらはね」「ええ」「最初から(損害立証をしろ)というからね、そのページのアドレスを教えてね」「ええ」(よく読んで、見て下さい)と」「うん」「ね、(損害立証してるから、これは債務は不存在とはとても言えないね、債務がありますよ。ということで、倒壊する危険性があるから、立証してるから見てくれ)と、始めたことですからね」「うん」「こちらは限定しているんですよ。公開するわけじゃあないと。限定して(倒壊する危険性がありますよ。見てくれ)ということで始めたことですからね」「うん」「こちらはずーと、その限定してしているんですよ。公開する訳ではない。と」「うん」

「見て貰うためにHPに出しているのにね、それを訴えるという、名誉毀損で訴えるという、5万円ね、損害賠償で逆に請求されて、差し引かれている訳ですよ」「うん」「だから、こういうね、あのう、非常にね」「はい」「デタラメな対応をしている訳ですよ」・・・「ね、キチッと確認をすれば済むことをね。そもそも、そこから始まっていますから、

 もう、この訴訟に持って行こうとするね、彼らの意図が、もう全部、最初から見えているから、
(弁護士に頼め)とかね、(裁判に受けて立てと)ね、 無理やり、訴状を出してね、通させて、どんどん、あのう、口頭弁論のね、次の期日を決めて進めていく訳ですよ」・・・「で、こちらは、あの、(とうとう座れなかった)と言ったでしょ。前の方、小笠原さんにね」・・・あ」「ああ、お宅は小笠原さんじゃあないね。フフ、えーと」

 「あ、お名前は何と仰るんですか?」と言います」「は?」「検察官で、水上と言います」「水上さん」「はい」「はあはあ、えーと、水上さんには、始めてかなあ、ずーと聞いてあったでしょ。話はね」「聞いてませんから、全く判りません。あまり長いから、どういうことかなあ、と思って、他に仕事がありますから、あまり長くは出来ませんから」「小笠原さんに話をね、した流れから、僕は話していますからね」

 
「そうですね・・・」「うん、だから、そういうことでね、詳しいことはHPに書いてあるから」「これは・・・繰り返しですから」「だからね」「うん」「検察の仕事はね、まず、これは(訴えてる内容が本当なのか)を、まずね、調べた上でね」「うん」「それから、事情聴取にね、何でも、あのう、協力しますから、ね、それを踏まえた上で来て貰えませんかね」「踏まえた上で、何をしに、あのう、来るんですか・・・」「だから、うん、電話して、来られてるようにね、何か聞きたいことがあって、電話されてる訳でしょ」

 「いや私は、聞きたいというこというよりも」「ええ」「この、釘本さんの道路交通法違反事件についてですね」「ああ」「相手を処罰出来ないことについて、処罰出来ませんので」「ああ」「そのことについて、お電話をしているということです」「ええ」「だから、民亊関係のことを言われているんですが、その民亊関係のことではなくて、(過失建造物損壊の道路交通違反の処分についてのご連絡)という意味なんです」「ああ、その連絡は判りましたけどもね」「で、そういうことになりますから、ということなんです」

 「ああ、それは一方的なね」「ええ」「通知で判りましたけども」「うん」「その、問題よりも、もっとね、深刻な問題があるでしょ?」「ええ、いや、だから、そのへんの問題は、うう、いくらでも、先ほどから、民亊関係から、その、おー、何か通帳から引き出したとか、相手の代理人が誰だとか、と、そういう話なんですけど、その点については、私の方ではタッチしてないから判らないです」「だからですよ」「ですからね、そういう風にして犯罪があるんだ。ということであれば、告訴なり、検察庁なり告訴して、されれば」

 「だから、今、電話している時に、ね」「仰れば、結構です、はい」「電話をね、今、してる時に、キチッと今、判っていることは」「ええ」「今までね、告訴状を送ってね、それがはね返されたという、その事実を、話したでしょ」「ええ、ええ」「もういっぺんね、確認して下さいよ」「ええ、ただ、その辺のところは、私は、あの、やってないから、その辺のところは、詳しいことは判りません・・・」「だからね、刑事課のほうに」「ここでやる話ではありませんからはい」「この話はね、刑事課のほうに、今、話した内容を持って行って貰えませんか?」「刑事課のほうに?」

 「ああ、そうです。刑事事件としてのね」「ええ」「担当の方に」「うん、だから、そういうことは電話で聞いたやつを、そのまま持って行くことは出来ませんから、告訴状が無いと」「そうじゃなくて、もう告訴は済んでいるんですよ」・・・「跳ね返されているからね」「うん」「こういう事実が出た時に」「ええ」「アルツハイマーだったね、釘本春喜さんが、原告でね、裁判を起こしているんだけども、矛盾がある。ということで、一度ね、はねかえされた、その告訴状も、もう一回、調べないといけないというね、この調査義務が発生している訳ですよ」・・・「検察庁のほうに」

「判んないですけど」「そうでしょ」「良くちょっと判らないんですが」

そうでしょだから、今、(アルツハイマーだった)と言われたでしょ」・・・うん」「明確に、(これは18年から始まっている)と」「うん・・・「そしたら、その訴訟はね」「うん」起こしてはならない裁判を、誰かが起こしてた)という訳だから、(謀略裁判をね、誰が起こしたのか、調べて下さい)という、お願いなんですよ。この電話された時点で、僕からの」・・・・・・

 「それで、あのう、この訴訟物であるね、建物の名義は、僕の名前に、もう代えてますから、ですから」「ですけどね、お母さんのほうに連絡しようとしたんです・・・」「ええ、だから、おふくろはね、あのう、もう90近いですから、ほとんどね、耳が遠いと。ね、話も、うまくできないんですよ」「ああ、そうですか?」「はい、もう会話が成立しないからね、僕が全部出ますから、それで、当事者は僕に変更していますからね」「あの、で、ですね、電話で、こうこうだから、(捜査しろ)と言われても、捜査出来ませんので、それは文書にして告訴するなりして」「それは、記録は残っている筈ですからね」「それについてはですね

 「そうjじゃなくて、記録は残っている筈だからね、もう一度読み返して貰ってね」「だから、私、読み返すも何も無いんですよ」「だから、刑事課のほうに廻して下さいよ」「何、どうすればいい?」「刑事事件として担当者に、この事件は、(アルツハイマーだった)とね、報告したら、それは、おかしなことが出て」

 
「やって貰ったほうが、一番いいじゃないですか」「うん、そうだけど」「うん」「これは」「それだけ、あのう、被害者として、あなたが(こういうことを望んでいる)というのが判る訳ですから、それが、こういった私の電話のついでではなくって、そうじゃなくて」「あのう、これはですよ」「そのほうが、書面でね、出されたほうがよろしいんじゃないでしょうか」

 「書面でね」「ええ」「出すと」「うん」「これは、あのう、中々ね、受理されない、というね、今までのいきさつがあるから」「ほんなら電話だったら、尚更、中々」「だから言っているんですよ。検察のほうからね、折角、電話があってる訳だからね、その時点でね、(ああ、こういう事件は大体、こういうことだろう)と、推理はできる訳でしょ?」「いや、ちょっと出て来ません」

 「だから、人間がね、あれこれ、代わってね」「あの」「対応されてもね」「前のことが判らない、フフ」「総合的にね、ものを判断できるような、検察の刑事の担当の方が出てこないと、僕が話しても意味がないということですよね」・・・「限定したかたちでしか対応しないね、係の人が、電話されても、説明しても意味がない訳でしょ」「じゃあ、私が聞いてもしょうがないです」「だから、説明しているからにはね」「うん」

 
「総合的にものごとを判断して、(これは刑事事件に持っていかなきゃいけない)と判断しなきゃならない筈なんですよ。検察の方が」「私どもはしてない訳ですよ」「うん、だから、してないから、おかしいと思うからね」「だから、警察を動かす方向にね、何か書面なりに何かにしなければいけないね」 

 「そうじゃなくて、もう今、判っている訳だから、今、現時点でね、ね。(刑事事件に持って行ってくれ!)と言っている訳ですよ」「だから、それは」「電話している最中に」「この電話だけでは」「だから、報告はね、お宅らは、アルツハイマーだからね」

 
「ええ」「このう、痴呆症であるね、釘本春喜さんを、刑事処罰できないというね」「うん」「そういう報告をされているんだけど、その時点でね、もう全部、見えたから言っている訳ですよ」「いや、だから、見えた、そちらは見えたかも知れんですけど、私は、何も見えてないです」 

※ 捜査官の風上に置けない対応である 不要な検察官、不要な検察庁だ

 「だから、アルツハイマーでね、釘本春喜さんは、刑事処分は出来ない代わりにね、(勝手に裁判を進めた弁護士をね、処罰してくれ)ということなんですよ」「何を勝手に」「代わりに」「裁判されたかはその辺のところは調べようがないです」「だから調べて下さいよ」「だから、調べる手立てが無いです」「今、容疑は、この時点でね」「うん」「アルツハイマーだった。と報告された時点で、出てきましたからね、同時に」

 
「だから、その分については、私のほうからですね、書面で告訴されて「そうじゃなくて、電話で、もう、全てね、既に始まっている訳なんですよ」「私のほうは全く判らない状態で」「だから、今更ね」「しますからね」「あのう、告訴状をね、出さなくても、現時点でね、あの、お宅ら、えーっと、水上さんですか?」「はい」「あなたが電話した時点でね」「はい」「これは、もう容疑が、出てきている訳だから、調べて下さいよ」

 「だから、その容疑とか、何の意味か、判らないから、どうしようもないから、私はお話しているんですよ。だから、(こうこう、こうこう)あって、(こうこう)ということであればね、容疑とか、それをね、文書にして、こういうことなら、それを、簡単に文書にして、所轄の署に、犯罪が成立するということになる。ということを仰るんであれば、それをね、簡単に書面にして、あの、所轄の警察庁でも、検察庁でも、(処罰して下さい)ということで、えー、告訴するなり・・・」

 「あ、そしたらですよ」「はい」「そしたらね、えー、実はね、あのう、福岡の管轄ではね」「ええ」「動かないから)ということでね、僕はね、大阪、東京、あー、どちらにもね」「ええ」「出しているんですよ」「そうですか」「これは特捜のほうでね」「ああ、そうですか?」(調べてくれ)、ということで、詳しく書いて出してますから」「ああ、なら、そのほうで、調べて貰って、そっちで出して下さい」「だからね、そっちのほうでね、動けばいいんだけどね」「私のほうでは、そういうことであれば」

 「だからね、その返事はね」と思って電話したということだけなんです」「それは判ってますですけどね、それで出てきたね、ことが」「うん」「犯罪のね、捜査にね、発展していく内容だから、言っているんですよ」「ああ、そうですね、じゃあ、東京地検とか、大阪地検にも、その告訴をされているんですね」「一応、依頼はしているけどね」「判りました」福岡のね」「なら捜査中かも知れません」「前原じゃなかった、福岡のね」「それは大きな捜査機関で、しっかりしているから」

 「これは、そうじゃなくて、依頼はしていますけどね、福岡が管轄だから、福岡で処理すべきなんだけど、ね、あのう、これは、全然、(動かなければね、お願いします)というかたちで」「ああ」「一応、間を置いている訳ですよ」「間を置いている、そうですか「うん、何か、意図しないような、予期しないような動きになったらね、(お願いします)ということで、頼んでいるんですよ」・・・うん・・・判りました」「はい」「じゃあ、東京や大阪のほうに、調べているというんであれば、あえて」

 「調べているかどうか判らないですよ」「いやー」「一応、(開けるな)と言っていますから」「捜査機関ですからね、うん」(開けないでね、一応、保管しておいてくれ)、というね、内容で」「そういう捜査機関はちゃんと「だからね、本来ならば、福岡のね、警察、検察が動かなきゃならない筈なんだけど、動かないからね、止むを得ず、そうしてますからね」・・・判りました」「これは、うん、了承して下さいね」「わかりましたー。うん」「動けば別に、そういうことをする必要ないですよ」「それで、ちょっと、ハハ、よろしいですか、電話切らせて頂きまして」「え?ああ」「はい」

 「で、あのう、どこに行ったらいいですか?」「どこにいったらいいですかって言うと」「今、電話に対してのね、相談に行きたいんですけど」「それは、(しょうがないから、判りました)ということであれば、他の分については、大阪、東京の地検のほうで、ちゃんと、そういうことで、捜査を頼んでいるということで、私のほうは、あのう、どうこう・・・「だから、検察が福岡のほうがね、動けば問題ないですよ」「うん、いや」

 
(わざわざ遠いところにね、依頼することはない)と思ってますからね」「事件があってね」「はい」「私達がすぐ、パッパッパッと動くんじゃあなくて、それは窓口機関というのがあるからですね」「いや、だから、近いからですよ、東京の「え、え、それで東京のほうで動きますからね、それで福岡のほうに告訴されると仰るんなら

 「ええ、そちらの、え、連絡先を教えて貰えませんか?」「どちらの連絡先?」「そちら、フフ、お宅の、今」「あ、734-9090です」「734-の」「9090です、うん」「9090、これは何ですか?」「検察庁です」「検察庁の、何課ですかね?」「交通部です」「・・・交通部?」「はい」「えー?」「ええ、そのことで、私、お話してますもんですからね、はいはい」「ああ、この交通部は、あのう、詐欺問題とかは扱わないんですか?」「はい、交通事故、交通違反だけです」「うん、だったら、行ってもしょうがないんですよね」「ええ、そうです、うん」「はい、だから、あのう刑事部のほうを教えて貰えませんか?」 

   
 サギ事件にしない役割の交通部に送致

 「だから、そこで(刑事部をお願いします)と言われたらいいですよ」「いや、じゃあ、行こうと思っているからね」「あの受付で聞かれるなり、したほうがいいと思うんです」「ああ、一度行ったことがあるからね」「うん、ならね」「大体の様子は判るんだけど」「あ、ハハハハ」「責任者がですね、話を聞くという方を紹介して貰えませんか?」

 
「あ、ちょっと、その辺のところは、誰が担当しているのか」「だからね、交通部ではね」「うん」「全然、そういう話が進まないから言っている訳ですよ」「そしたら。そこのね」「はい」「その、えーと、告訴に関してね」「はい」「相談の窓口に、電話されて確認されたほうがいいと思いますよ。今、ちょっと、私、誰が相談窓口になっているか、っていうことはすぐには解らないです」「判らない?、いや」

 「フフ、これはね」「うん」「電話があっているからね」「うん」「まあ、大体の話が出来てないといけない筈なんですよねー」「いや、これは、私、あのう、今言った、お宅のような詐欺事件とかいう話は、初めてだから」「初めてだからね、何かおかしいんですよ」のお話があって電話した次第なんですよね」「一方的なね」「うん」

 
「あちらに都合のいいことばかりを報告するような、ね」「うん」「そういう係じゃないかと」「フフ「思うんですよ。そういうことじゃあね」「ハハ、そういう訳ではないんですよ。だからね、あのう、今のその代表に電話されてですね、(窓口担当者につないで下さい)ということになれば、繋がる筈ですから」

 「うーん、だからですよ」「はい、だから、一応、コンタクトを取ってないと、行っても、すぐ、あの忙しかったり、他の窓口に他の人が来てたりすると、会えなかったりしますからですね」「・・・!」「すぐには、あのう、応じてくれない、あのう応対してくれない時もありますから・・・「だからですよ、今、電話しているんだけどね、あのう、厳密に言えば、あのう、本当は、声だけだから、判らないんですよ」「うんうん、そうですよね、うーん」「お宅らはね、そのう、ひょっとしてね」「はい・・・「まあ、色んなね」「うん」「えー、声でね、電話されてるけど、実は、違う可能性もあるからね」・・・フフハ」「言っている訳ですよ」

 「うん、だからじゃあ、ですね、あの、ここの代表に電話されると、(検察庁です)と。言う筈ですから、ハッキリ判る筈と思うんですよ、窓口に(告訴したいから)と」「だからね、電話ではね、いやあ、検察を名乗ってあるんだけどね」「来られたらね、あのう、一番、その、スムーズにいくという話ですよ。私がお話しているのはね」

 「あのう、じゃあ、この交通部に行けば、あなたは必ず、いらっしゃる訳ですね」「それは判りません。調べに出てることもあります(水上さん、いらっしゃいますか?)と」「うん、それは」「おられたら、出られる訳ですね?」・・・もしもし、はい」

 
「小笠原さんもね」「うん」「いらっしゃる訳ですね、交通部に」「必ずいるとは限りません」「うん、だけど、居るということは確認できる訳ですよね」・・・まあ、それは、でも、確認できますよ」「うん、その辺も含めてですね」「はい」(何で、検察が一方的なね、偏ったような報告だけして終わるのかなあ?)とちょっと不審に思って、聞いている訳ですよ」

 「私が今日、お話したことは(一方的だ)っと言う話なんですか?」「一方的なね、うん、だから、向こうがね、アルツハイマーだから、ね」「ちょっと聞いて貰っていいですか?」「うん」「だからですね、こういうことでね、説明、あの、こういう風に、どうしてこうなるのか、ということを説明しようとして、いうことでね、あれしたんです。わざわざね、あのう、わざわざ処罰出来ないといことをね、何で」

 「だから、本当は、これはですよ。捜査が進んでいればね」「あのう、書面でも出してもいいんですよね」「じゃあ、 書面で、あのう、処分通知を書面で出します。こういうことになりました。というのは」「うん」「でも結構でしたら、書面で出します」「だから、それが欲しいんですよ。本当はね」「そしたら、なら  書面で出します、はい」   

 出すと2度も言ったのに、その後、全く出さない。異議申立が出せない状態
   
偽装検察官の疑惑が出てきた。電話対応とその場だけ約束 捜査対象

 「そしてですよ」「うん」「こちらが、今まで告訴状とか、被害届はね、出したものは調べて、受理したという形にした、というようにして、それから出して貰えませんかね」「貰ってないですから、私は」「ああ、それは、ああ、それはね、だからね、確認してからでいいですよ」「何を、どういう風に、してから」「コピーでもなんでもいいからね」「え」「コピーでもなんでもいいから、ね、写しはある。とえ」「何のですか?」

 「告訴状」「或いは、被害届」「被害届て?」「色んなとこからね」「違反の「あの取り寄せてでもいいですから、、あの、交通課ですか」「交通課」「交通課でも、対策課でもいいですから、あちらに送ってね、被害届を、おそらく、転送されたと思うんですよ」「被害届は無いですよ」「うん、だからね、これは本部長に出しているから、本部長に聞いて下さい」

 「本部長は、あのう、うちのほうとは管轄外ですから」「だからね、駐車対策課にね、その時にね、弁明としてね、あのう」「あ」「その裏付としてね、出している書類があるんですよ。詳しく書いて」「我々、検察庁で、警察とは違いますから・・・

 「だから、だから、そっちからね」「ええ」「同じ警察同士ですから、取り寄せて」「だから、警察庁と、検察庁とは管轄が違いますから」「ええ、方法は何でもいいですからね」「うん」「それを受取って、(あ、こういう書類は受取ってる)という前提でね」「だから、警察側にある分を書類は受取っているとか、受取らないとかで、管轄が全く違うところで」「だから管轄でね、分けられると困るんですよ」「ああ、いや、だけど、それは建前で、あのう」

 「だから、訴状を受理しないからね、色んな方法で、あらゆる弁明機会をね、利用して送っている訳ですよ。だから、それに対してね」「フフフ」「あのう、管轄は違ってもいいから、ね、送付されてね、手にあると」「そういうことは、私のほうで、警察のほうに言う事では、あの、(出せ)とか、そういうことは出来ませんので」

 「あ、だから」「ここに事件があればいいんですけど、来ていない以上は、私の方からは、その詐欺事件で、どうのこうのとかは」「だから、こちらが今、お願いしているわけですからね」「ええ」(色々送った)と言っている訳だから」「送ったって、ハハ」「探せば出てくる筈ですよ」(警察に送ったのを探せ)と言われても、私どもにはハハ、それは権限が無いから」

 「いや、権限はね」「ええ」「色々あってね、限度はあるでしょうけど、こちらはね、そういう大変な目に遭っているからね、是が非でも、して貰わないと困る訳ですよ。同じ警察のね、中で」「警察の中ではないんです」「うん」「うちは検察庁なんです」「うん、だから、検察庁というのはね、裁判にも関わることを扱う訳でしょ?」「ええ、検察は刑事に関わることを扱います」

 「だから、刑事裁判としてね、サギ、ね、謀略裁判が起こっている訳だから、ね、もう既にね、捜査しても、おかしくないんですよね」「だから、そういうのは、私のほうでは判らない「だから、アルツハイマーだということは、これは誰が、どういうところで判ったんですか?」「誰がどういうことで判ってますかって、どういう「うん、だから、その、(アルツハイマーだった)というね、報告がくるからには」「報告が来たわけではありません。病院に、病院で、あのう診断書を貰ったということだけです」

 「それはどこの病院か、教えて貰えますか?」「九州大学病院です」「九州大学病院?これは、いつごろからですか」「いつ頃から」「はい、入院されたのは?」「入院されて、その後は退院されてますからね」「今は、入院されているんですか」「判りません。今はどうか知りません。今は、判りません。アルツハイマーの方が入院された方もいますし退院された方もいます。退院されたんですけどね・・・

 
「えっと、九大はこれは周船寺の方ですか」「ちょっと、その辺のところは判りません」「え、フフ、わからない?」「はい、九州大学病院って」「確か、移転してますよね、九大は」「あ、そうですかね、フフ」「うん、多分、これは新しいとこでしょうかねこれは判らないですか?」・・・

 「アルツハイマーでね」「うん」「確認出来れば、一番判るでしょ」・・・一番最初は九州大学病院で、診察で、あのう、(そういった症状がある)という診断があったということだけで、それがどこの病院だったのかは判りません」「その詳しい資料も一緒に、じゃあ、送って貰えませんか?」「そういうのを送ることは出来ません」

 
「いや、電話だけじゃあなくてね、これは文書で、キチッとね」「だから、その辺のところは」「ね、春喜さんは18年の頃からね」「被害者のね」「はい」「被害者の、被害者というか、今度は被疑者なんですよ。釘本さんのプライバシーに関わることですから、そういった、あの、大体のところは、お教えできますが」「大体のところじゃ困るんですよ」「そうですね」

 「これだけの事件がね」「明らかにすることは」「うーん、事件が起こっているのにね、そういう総合的なね、大まかなことだけで報告されてもね」「うん」(詳しいことは後ほど、送ります)というかたちに」「いやそのう」「ならないとおかしいでしょ?」「その書類をですね」「はい」「お宅のほうに送ったりすることは出来ませんから、詳しいことはちょっと」「ええ、それはだから、こちらはね、裁判までね、持って行かれているから、必要なんですよ」・・・「だから要求しているんですよ」・・・

 「春喜さんの情報をね」「・・・要求」(判っている範囲でいいから、出してくれ)と」 「そのね、あなたの要求には、全部応じることが出来ないものもあるんですよ」「ああ、だから、電話されている以上はね」「うん」「それは教えられる内容がある訳でしょう」「だから、教えられるところだけは、は、お話している訳なんですよ」

 「だからね、それはね、これは、フフ、うーん、何でしょうね、(都合のいい情報だけね、言いましたよ)ということでしょ」「フフフ・・・いや、そうじゃ・・・ハハ」「それじゃ、困るんですよ。だから、都合の悪い情報もね、こちらが必要としている情報も渡して下さいよ。ついでに」・・・
    
※、異議申立をする機会を与えないように、書類の拒否をしている

 「だから、(偏っている)と言っているんですよ。検察庁は。加害者を最初から守ろうとかかっているんですよ。それじゃあね」「いえ、そんなことはないですよ」

    
※ 加担容疑

 「そんなことでは捜査機関にはならんでしょ。・・・公正中立にね、裁判所以上にね、これは(犯罪者が逃げようとしているね、これは理由だな)と、ね、 時計の音 ♪ 逃避理由として、(刑事処罰は逃れようとしている)っていうことでしょ」「いやいや、そういう訳じゃない。私共、ちゃんと判断に基づいて」「いやあ、普通の人が考えたらそうですよ。これだけひどいことを放置してね、裁判まで、被害者をいじめ抜いてね、これは、うちのおふくろはもう、90近いですよ」・・・「裁判を出頭させているんですよ。不当な」

「さんざんね、あのう、体調が悪いのにね、出頭させてる訳ですよ」・・・

 「これはひどいでしょ」「それは」「自分達はアルツハイマーで、ね、入院して」「あのう、民亊の裁判のことですよね」「うん、だから、(ぬくぬくとね、入院しているようなね、状態じゃない)ということなんですよ。うちのおふくろもね、これ糖尿病で、ね、目が悪いしね、耳も、どんどん悪くなってると」「うん」「そういう中で、裁判に呼出してね」「うん」「そういう人間を被告席に着けようとしたわけですよ」「うん」(そういう罪はどうするのか?)って聞いているんですよ」・・・「この春喜さんね」「うん、そのね、ああー」「だからね、(アルツハイマーで寝ている場合じゃない)と」・・・

「ね」「・・・・・・」(免れることが、本当に出来るのか?)と聞いているんですよ」

 「あ、あのう、じゃあ、今日のところはですね、私のほうも仕事が有りますけども、それでちょと一旦切りますけど、よろしいですか?」「あ」「もう長くなるので」「そしたら、電話、また電話していいですか?」「長くなったら、うん」「電話していいですか?、また」「電話していいですけど、ちょっと長いことですね、あの電話することは出来ませんし」「ああ」

 
「あのう、人を待たせたり、呼んだりしてますからですね、だから、まあ、短時間ぐらいであれば、結構ですけども、よろしいですか?」「書類を持って行きますけどいいですか?」「は?」「書類をそちらに」「は、何を、書類を送る訳ですか?、でも、それ受取っても、どうしようも出来ませんよ」

 「だから、刑事のほうで」「だから刑事のほうで、刑事のほうに、(こういう事件であの、告訴したい)ということであれば、刑事のほうにね、告訴状ということで、告訴するということで送られればいいわけですよ」「・・・いや、送ってもいいんだけど」「うん」

 
「直接行ってもね」「直接」「直接、行ってね」「こちらは交通ですからね」「ええ、そうだけど、今までの例でね」「前のことも判らないし、それを一から十まで説明を聞いてくれる、私のほうも、それぞれの部署があるわけですよ」「いや、判りますよ。だけど」「ちゃんとしたところでね、受けて貰ったほうがいいということなんです」「うん」「ええ」

 ※ 捜査機関の対応ではない  

 「判りますけどね」「ええ」「アルツハイマーと報告を受けた時点でね」「うん」「重要なことを僕は聞いたから」「うん」「今すぐね」「うん」(今すぐでも動いてほしい)という依頼を、お宅にしている訳ですよ」だから、それは、そういうのを聞いたというならば」

 「だからね、(こういう疑惑が出て来たからね、すぐ刑事の方に調べてくれ)と。そちらのほうで依頼して貰えませんか?」「だから、私のほうでは「こちらがね、またね、告訴状とかをね出す前に、(アルツハイマーであった、のに、裁判に持っていった、というね、不可解なことがね、うん、判った)と。調べて」「一応ね、私じゃなくて、お宅の方から、言って貰ったほうが一番いい」「フフ、だから、今、判っていることだから、ね」「私はだから、前の分がどうなっているのか判らない訳ですよ」

 「だから、依頼されたらいいですよ。お宅がしなくても」「いや、依頼するって、誰に依頼するんですか?」「だから、刑事のほうにですよ」「刑事のほうの誰にですか?」「誰かは判らないですよ」「フフ」「牛島さんでもいいですよ。こういうことが判ったからね」「だから、今の話はね、水掛け論になるからね」

 「(痴呆症のね、春喜さんが、何でね、裁判を起こしたのか、おかしいな?)ということになるでしょ」「先ほどの繰り返しになるので「判ってることはね、すぐ捜査対象として、動き出さないといけないんですよ」「うん、ちゃんとした事件性があるということが判れば、うん」「だから、判った時点でね、捜査対象が出てきたら、入ればいいんですよ」

 
「検察庁のほうに送ってくれれば、出来ることですから」「そうじゃなくて、判っていることだから今まで、ずーとね」「判っていることじゃないですよ」「・・・」「ええ」「出してきたものをね」「ええ」「拒絶してきた責任があるから、言っている訳ですよ」「私のほうは、全然そういう」「だから、保管ぐらいしていれば、調べたら出てくる筈ですから、ね、刑事のほうに調べさせて下さいよ」

 ※ はぐらかしの連続 本物かどうか疑わしい これは損保の汚い手口か?

 「ちょっとですね、あの、今、あのう、お話が、こう行ったり来たり、同じことの繰り返しなんで、今日はちょっと一旦、切らせて頂いて、いいですかね」「そうですか」「はい、すみません」「うーん」「私たちも仕事が残っていまして、待たせている方もいますんで」「だからね、折角、検察庁の方からね、本当であればですよ、電話あるということは珍しいことなんですよね、今まで(知らぬ存ぜぬ)でね」

 
「警察庁?、警察庁から電話あったんですか」「だから、今、今、そうでしょ」「私ども警察庁では有りません」「え」「検察庁です」「ああ、検察庁ですね」「はい」「ああ、ちょっと言いそこ間違った、検察庁からもね、電話があることは、珍しいことですから」「そうですか」「大事にしたいから言っているんですよ」「ああ」

 「(今、電話があった時点でね、判ったことは、調べてくれ)と、直接、依頼しているんですよ。今すぐ。あなたがたは交通部かも知れんけどね」「ええ」「刑事の、刑事部のほうにね、即、(不可解なことが判ったから、ね、すぐ調べるようにしてくれ)、と」「だから、お宅は」「依頼されるだけでいいんですよ。あとは任したらいいんですよ」「ハハ、私は不可解とは

 「資料を出しているんだから、判ったから、(今までの分の、告訴状を出している分、全部、書類を引っ張り出して、調べ直そう)という動きにならないと。おかしい!)と言っているんですよ」「ああ、まあ、その辺のところは、又、同じことの繰り返しに、今日は、ちょっと切らせて貰ってよろしいでしょうか、申し訳ございませんけど」「ああ、わかりました」「はい」「はい、よろしくお願いしますね」 ガチャン 

 
※ はぐらかしの手口 この検事は、話が都合が悪くなると、(同じことの繰返しの会話だ)と言い訳をして電話を切ろうとする、悪い癖がある

  

   つづき            次へ

 

 

全体的に見て、検察庁の対応としては、どうも怪しい対応である

電話内容の全記録テープとテキストを捜査対象として提出します
 

詐欺容疑ではなく、民亊の過失建造物損壊罪でしか処理しない福岡の方針

 ×検察庁 交通部へ送致  ←×前原署の対応  ← ×県警本部

 

県警本部→ 特捜部・国家公安委員会 へ依頼するしかない 
  

福岡県警察本部 田中法昌 本部長 殿へ      今川正信

 ああ、受取かなんか貰えればいいですよ。はい、

参考 現場検証のいきさつ       前原署 相談室       幹部を逮捕せよ!
 

戻る                  HOME                 次へ

結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口



運営サイト

講座

昔話の謎

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

ロゴ創作

光道…B


       戻る       解決のお願い      HOME       次へ