戻る     解決のお願い     HOME     次へ

差押サギ

への 苦情

警察署

被害者

虚偽サギ裁判 文

最終弁論

判定言渡

受取拒否

差押命令

調査依頼

告訴決定

巨悪連盟

HOME  月/日

不当訴訟

謀略裁判

解決依頼

詐偽成立

責任者

証拠提出

捜査逮捕

5 6 10 11 12 13
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 

戻る   嶋田 木下  △リンク重複 次へ

17 a b c
 親展 と書いた手紙は、本部長本人に直々に読んで頂き、5つの質問の答をすべきである。文書での質問に対しては、文書で回答して筋を通して欲しいとお願いしていたのだが…。
 
印は、結託の容疑が出てくる箇所の言葉、 一般市民が感じる不可解なる警察の対応。はぐらかし、責任逃れ、一方的見解、決めつけ、筋違い、横暴など色んな面が見えてくる。


   4/4 福岡県警察本部 田中法昌本部長 殿
   
に被害届を提出したその後 HOME

 6/22 15:00  
福岡県警察本部 駐車対策課
橋本じゅんこ
、電話 

 

駐車対策課 橋本じゅんこ 黒字  正信 青字
 

 「はい、もしもし」「はい、えー、今川正信さまですか?」「はい」「はい、あのう、こちら福岡県警察、駐車対策課と申します」「はい」「私、橋本と申しますが」「はい」「はい、あのう、正信さまのお車のですね」「ええ」「えー、駐車違反の件で、あの、こちらから、あのう、書類を何度か、お送りしたんですが」「はい」「はい、あのう放置違反金の納付が成されておりませんので、今、あの、ご連絡をしておりますので」「・・・はい」

 「はい、で、えーと、督促、あの、督促状も、もう、お出ししているんですけど、あのう、期限が5月11日に、あの切れておりまして、それ以降、延滞金が、加算していっておりますので、(お早く納付を)ということで、ご連絡させて頂いております」「あ、これは聞いてありませんかね?」「あ、はい?」「あのう、お話でね」「ええ」「ずーっと説明した筈なんですけどね」「いつぐらいに、ご連絡、こちらから致しましたか?」

 「あのう、ずーとですね、これは、えー、(ステッカーが貼られて無い)ということで」「はい」「こちらはずーと主張しているんですよ」「はい」「はい」「ああ、そうですか?」「はい、それで、あのう、(証拠を示して下さい)ということで、ね」「はい」あのう、ラベルを写真に撮って、お送りしました」「はい?」「あのう、弁明の機会にね」「ええ、ええ、ええ」「お送りしてね、証明した筈なんですよ」「あ、はい」「それでもね」「ええ、ええ」(審査に通らなかった)ということで」「はい」「あのう、納付命令書が送られてきてるんですよね」「ええ、ええ、ええ」「で、(どういうことなのかなあ?)と思ってですね」

 「はあはあ、えー、あのう、(納付命令書が送られた)ということはですね」「ええ」「えーと、弁明書が、あのう何と言うんでしょうかね、通らなかったということですので」「ええ、だから、通らない。ということは有りえないことなんですよね、証明しているのにね」「・・・ああ、はい」「それでね」「ええ」「あのう、(貼られた写真がある)ということで、その写真をね」「はい」「元に、審査をした結果、そういう結論が出たということなんですよ」「はいはいはい」

 「こちらは貼られてないね、明確な証拠になるね、ステッカーがあるのにね」「はい」「そういう結果が出るのはね、おかしい、矛盾が生じて来ていますからね」「はい」「あのう、(示してくれ)ということでね、(貼られてるという写真を、ちょっと調べたいからね」「はい」送って下さい)と言ったんですよ」「はい」「だけど、送られてないんですよね、今もってね」「はい、そうですか」

 「はい、だからね、(納付命令書を送るなら「はい」その写真をね、貼ったという写真をね、付けて下さい)って、何度も、お願いしたんですよ」「はい、えー」「だけど、納付命令書しか送って来てないからね」「はい」「はい」「えーと」「確認しようがないんですよ。こちらはね」「はい」「払う根拠もね、示されてないし」・・・あのう、起こされたのが、12月12日なんですよね」「はい」「はい、昨年ですね、20年」「はい」「はい、で、あのう、もう、あの、納付命令書の後、督促状も行っておりますし、催促状も、あのう、6月19日に発送で行ってますので、あ、6月19日に」

 「だから、そのね、手続が」「ええ」「ね、公正な審査の元にね」「ええ、ええ」「決められたのなら、あのう、納得して払いますけどね」「はい」「示さないままな、なんですよ」「はい」「その、写真をね」「ええ」(確認したい)と言っている訳だからね」「はい」「はい」「えーと、場所のほうは天神1丁目8番」「はい」「福岡市役所となっています」

 「え、いや、だからですね」「はい」「あのう、要は、そのね、(貼られている写真がある)という写真を元にね」「え、ええ」「審査が進められているからね」「はい」「こちらの主張としては、(それは合成だ)と主張したんですよ」「はい」(合成しか考えられん)と」「・・・」「現にあるんだから、貼られてない筈だからね、その、矛盾をハッキリね」「はい」「示してからね」「はい」「納付命令書を、(次に進めて下さい)とお願いしたんですよ」

 「あのう、(ステッカーがある)と仰ったんですか?「そうですね、はいはい」「あるっていうのは、それは何のステッカー?」「ステッカーは、駐車違反のね」「はい」「あのう、粘着の」「ええ」「紙があるでしょ」「はい」「それがそのまま、剥がされてないでね」「はい」「きれいにくっついているものを直接、手に渡されたんですよ。監視員の方にね」「はいはい」「だから、貼られて無い筈なんですよ」「ああ、はい」

 「だから、貼られてる主張がある明確な写真があるというなら」「あ、手渡しされたんですね。はい」「貼られているという、主張がある。というのは、おかしなことでね」「貼られたものがあるんですね。はい」「明確な、僕の車にベタッと貼った写真があるなら、(それを送って下さい)と言っているんですよ。ね、それを送られたらいいですよ」「はい」「それを付けて下さいね」「手渡しされた訳なんですね」「はい、そうです。それでね、(料金は発生しませんね)という電話でね、弁明の機会に話はついた筈なんですよ」「えー」「あのう、藤江さんという方がね」「あ、そうですか」(料金は発生しませんね)て、で、(証明されたら、もう、終わります)と仰ったんですよ」

 「いつごろー?、あのう、えー、覚えておられますか?」「え、それはー、今はですね、ちょっと、具体的な日にちは判りませんけどね、やりとりの中でね」「最近ですか?」「ええ」「はい、5月くらいですか?」「はい、そうですね」「はい、判りました。えー」「そのことを何度も説明しているのにね」「ええ、ええ」「その、言う事を全然、聞かないんですよね」「・・・」「一番大事な(証明すればね、払います)と言っているのにね、証明も無く、ただ、納付命令書だけね」「はい」「うん、ただ、納付命令書だけでね、(審査は通りませんでした)という主張だけではね」

 「あのう、じゃあその時は、こちらから、ご連絡したんですか?その藤江という人が、こちらから連絡をしたんでしょうか、それともお宅のほうから、されたんでしょうか?」「あ、いやいや、あのう向こうのほうからされましたね」「ああ、そうですか」「あのう」それで、その返事は、どうだったんですか?」「だからね、送り返したんですよ。僕は、そのね、勝手に進めてね」「はい」「異議申立とか、次の手続に入ってしまって」「はい」「人間が替わられるんですよ」「・・・」「それじゃ、いかんから、ということで」「何をされた?」「次の」「何を送り返されたんでしょうか?」

 「だから、その、納付命令書をですね、開けないでね」「はい」「うん、そのまま、送り返したんですよ。(手続ね「はい」不備で、送り返します)と付けてね」「はい」「その都度、何か色が変わってきて、送られてくるんですよ。黄色から赤にね」「はいはい」「うん、だからその、説明しているのにね、何でそういうことをするのか、理解できないんですよ」・・・「ね。事務処理的にね」「はい」「そういう、説明とかも、何にも聞かないで一方的にね」「はい」(手続がね「ええ」進みましたから)ってことでね、どんどん進めるやり方なんですよね」

 「で、その藤江のほうは、どういうご返事をしたんでしょうか?(もうそれでいい)ということで…」「ああ、最初、そう言われたんですよ。(証明して頂ければね「はい」それで終わりますね。と。料金は発生しませんね)て」「はい」「はい」「それは何を、証明したらということで?」「それはだから、(貼られてないステッカーを証拠を示されたら、終わりますね)。と」(貼られて無いステッカーを証明で送り返された。送り返された、送られた)ということですね」「送ったんですよ。はい」「・・・それが、5月頃ということですか」「えーと、その辺ぐらいだったですかね、うん」

 「でー、あのう、こちらには、あの、事務のことをやっておりまして「ええ」あのう、督促状をお送りした人に、まあご連絡しておりますのでですね、あのう、それ以外のことは。ちょっと、こちらでは何とも申しあげられませんので」「だからね、警察の対応はね」「はい」「事務的にすると、間違いが起こってくるんですよ。これは一般市民の感想ですけどね」「はい、こちらは事務をやっていて」

 「だから、そういう風な」「あの、事務の担当のほうじゃ無いほうの担当に、そちらに連絡して頂いて」「だからね、入れ替わり、立替わりでね、代わるんですよ。こちらはその説明を、その度にね、何度もしなきゃならなくなるんですね」「何度か、あの、ご連絡をしたんでしょうか?」

 「ええ、だからね、駐車対策課の藤江さんが、最初に話を聞いた人ですからね」「ええ」「その人がね」「はい」「そういう風な、処理を進めたからね」「はい」「うん、おかしいからね、キチンと(弁明の機会にもう一度戻ってね、確認して話を聞いてくれ)と言っているんですよ」「はい」「そうしたら、(もう戻れません)という話なんですよ」「はいはい」

 「それは、キチンと説明しているんだから、ええ、そういうことは有りえないことなんですよ。弁明3まで出しているんだから、その都度、戻らなきゃならない筈なんですよね、本当はね。進めたにしてもね、本当はね、貼られてない写真をね、何回も送っているんだから」「ああ、(もう、戻れません)という風な返事をしたわけですね」「それはね」「はい」「キチンと説明しているんだからね」「ええ、ええ」「貼られ(てない)た写真を何回も送ってね、(これでもですか?)と、何度も送っているんだからね」

 「はいはい、あのう、判りました。こちらではですね、フフ」「ええ」「あのう、(このあのう、納付書で、あのう、違反金をお納め下さい)っていう、事務のほうから、お電話しておりますので、あのう、そういうことにつきましては、また別のところの部署へですね」「だからですね、そちらのほうからね」「ええ、ええ」(送って下さい)とね(貼られた写真をね、確認しますから)そう伝えて貰えませんかね」「はい」「それを確認したらね」「はい」(ああ、貼られたんだなあ?)と、(どうしてこういう写真が出てきたのかなあ?)と、そうしたら話がまたね、違う方向からね、話が進んでいきますからね」「はい」「はい、それをまずして下さいね」「はい、それを一応、伝えます。はい」

 「それでね」「はい」「これはね、本部長に宛ててね」「はい」「それも送り返したんですよ」「・・・」「本部長に、そのね、その事件のね」「はい」「あのう、単なる路上駐車じゃなくてね」「はい」「これは、緊急事態が発生してね」「ええ」「あのう・・・(やむを得ず、停めたんだ)という説明をしたんですよ、裏付けでね」「はい」「で、それは詐欺の」「はい」「謀略裁判でね」「はい」「えー、銀行口座からね」「はい」「差押で、引き落とされるということでね、緊急に銀行に来てね」「はい」「それで駐車違反で捕まってる訳ですよ」「ああ、はい」「だから、これはつながっているからね」「お止めになったんですね」

 「はい、つながっているからね」「ええ」「裏付けで、ずーと、これは信じて貰えないからね」「はい」(説明する為に必要だ)と考えて、ずーと詳しく書いているんですよ」「はい」「このね」「はい」「警察の、現場検証の不備からね、あの、債務不存在というね」「はい」「必要の無い裁判まで起こされてしまっているんですよ。その結果、差押でね、引きづり回されているからね」「はい」

 「(この一連の事件を「ええ」本部長の責任でね」「ええ」調べてくれ)と」「はい」「全体像をね」「ええ」「そう、お願いしたんですよ」「それを、お送りになっているんですよね」「そうですね、それがね、本部長に伝わらないでね、(読んでない)とかね」「はい」(秘書が読まれたんじゃないですか…、読んでいるんじゃないですか?)とか言ってね、明快な返事が無いんですよ」「ああ、そうですか…」

 「はい、だからね、こちらはね、」「ええ」(本部長に責任を持って貰わないとね」「はい」解決しないだろう)と」「はい」「思って、出しているんですよ。本部長に、親展と書いてね」「ええ」(直々に開けて読まれますように)と」「はい」「ね、お願いしているんだけどね」「はい」(秘書が何か勝手に開けて読んでいるんじゃないですか?)とかの反応でね、対応なんですよね」「はい」

 「そういうことじゃね、責任者が全然、出てこないんですよね」はい」「だからね、その辺をね、おたくのほうでね」「はい」「これは駐車違反のことなんですけどね」「はい」「ずーと絡めて、僕は質問していますから」「はい」「ね。最初から、最後まで、警察の不備で始まり、警察の不備で終わっているんですよ、この事件はね」「はい」「関わっているんですよ、警察官が」「はい」「詐欺事件にね」

 「はい、あのう、はい、一応、お伝え致しますので」「ああ」「はい、こちらからは、ちょっと、何とも申し上げようがありませんので」「ああ」「はい。で、あのう、もし、よろしければですね、えーと、もう一度だけ、あのう、そちらのほうから、あのう、直接、担当の部署へ、あのう、ご連絡頂いて、警察官が出ますので、そちらのほうに、お話頂けましたら」

 「いや、これはね」「はい」「何度も何度もね、電話してるからね」「ええ」「そうじゃなくて、本部長からね」「はい」「あのう、手紙をね」「ええ」「直接、こちらにね」「はい」「一通でもいいですから、本部長の署名で」「はい」「こういう質問状を、5つくらいの(質問していますからね、その答えを下さい)と、いうことで出してますから」「はい」「ね、そうして貰えませんかね、本部長に」「え、それはここ、1,2ヶ月くらいの間の、最近のことですか?」「そうですね」「判りました。はい」

 「で、お宅は、お名前は」「え、橋本と申します」「橋本さん」「あのう、駐車対策課のほうです」「ああ」「はい」「あら、駐車対策ですか?」「はい」「あー、藤江さんはご存知ですね」「藤江さんというかたは」「ちょっと、私は新米の者ですから、あのう」「ああ、そうですか」「はい」「ああ」「あのう、すぐ尋ねますけど」「橋本、橋本?下の名前は?」「んーと、じゅんこと申します」「じゅんこさん」「はい」「じゅんは?じゅんは、漢字は?」・・・えーと、それだけで、あの、お願い致します」

  
名前を詳しく教えない対応 工藤課長も同じ

 「ああ、じゅんこさん」「はい」「・・・えーとね、あのう、いつも、そのう、入れ替わり、立ち替わり、代わるからね」「ええ、ええ」「困るんですよ」「はい」「その都度ね」「あの、こちらは業務の連絡しておりますので、フフ(笑い)「本来ならばね」「何人が交代でやっとりますから」「ああ、藤江さんがね、最初から、最後まで責任を持ってね」「ええ」「あのう、出てこられたらいいんですよ、ね」「はい」

 「ええ、それが」「また違う部署から、こちら、かけておりますので」「あれ?、駐車対策というのは、いくつもあるんですか?」「駐車対策ですけれど」「はい」「事務のほうの担当でございまして」「ああ」「はい」

 「そうですか、これはね」「ええ」「最初の方がね」「はい」「色々言って、こういうことになっているんだからね、その、いきさつをね、全部自分で話して、結論が判っている筈ですからね」「はい」「その人に、キチッと戻して貰って」「はい」「弁明の機会にね、戻して貰ってね」「ええ」「こちらが弁明3まで送って、何度も送り返してね、説明しているところをね、キチッとね、それを受け取った上で、結果を出して貰わないと」「はい」

 「違う人が出て、色んなことを言ってね、どんどん話を進めていくパターンですからね、いつも」「はい」「それじゃあ、間違いが起こるんですよ」「ええ、あのう、お調べ致しますので」「ああ」「はい、また、あのう、はい、ご連絡いたします」「ああそうですか」「はい」「はい、じゃあ、すみません「はい」「よろしくお願いします。はい」  

 ガチャン、♪・・・・・・

        

次へ
 
 

 
本部長殿 5つの問いに
責任と誠意ある返事をお待ちしています
 

 入れ替わり立代わり担当者が代わる。…これは裁判所の対応と全く瓜二つだ。
仲家暢彦 福岡地方裁判所の所長に、手紙を出したが、今もって返事が無い。
田中法昌 福岡県警察本部の部長
にも手紙を出したが、今もって返事が無い。
これは同じ対応・手口・手続、上に全く通さない。責任者が出てこようとしない。

  田中法昌本部長殿、必ず返答下さい。回答しないなら結託関係の輪に入ります
(詐欺捜査など出来ません)という回答は、県警本部長からの指令でしょうか?
裁判所と警察が共に市民の意見が通らないようにしているなら、結託容疑有り。

 残念ながら、今までの対応から、結託・癒着の輪に入ってくる姿が見えてきた
差押詐欺加担事件は民事を超え、もはや、刑事事件になっているのは明白だ
調べれば判る事を、わざと調べずに、責任のある大事な判断を人任せにする。

  

これ以上、前原署に委ねず、
本部長自身の判断で答を頂きたいと思います
文書で返事を頂き、
(今後どうするか?)
を決めますので宜しくお願い致します。

 

 

本部長殿、5つの質問に文書で、
必ず明快な回答を下さい。
  
 

親展 と書いた手紙の処理 質問に答えない
 無視、不適格 責任者不在

 ×前原署の対応不可解 ←県警本部→ 特捜部へ依頼○ 
  

 福岡県警察本部 田中法昌 本部長 殿へ                       今川正信


福岡県警察本部長       田中法昌 殿

警察庁刑事局刑事企画課長 
辻  義之 殿

警察庁刑事局組織犯罪対策部薬物銃器対策課長 
大澤裕之 殿

福岡県警察本部刑事部参事官 
藪 正孝 殿
 

困り果てて本部に出した市民からの深刻な質問
に何故、回答をしないのか?
 
 
  

参考 現場検証のいきさつ 前原署 相談室 幹部を逮捕せよ!
 

戻る               HOME            次へ


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口

昔話の謎

ロゴ創作

運営サイト

なぞとき

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

光道…B


    戻る    解決のお願い   HOME    次へ