戻る  解決のお願い  HOME   次へ

差押サギ

への 苦情

警察署

被害者

虚偽サギ裁判 文

最終弁論

判定言渡

受取拒否

差押命令

調査依頼

告訴決定

巨悪連盟

HOME  月/日

不当訴訟

謀略裁判

解決依頼

詐偽成立

責任者

証拠提出

捜査逮捕

5 6 10 11 12 13
14 15
16 17 18 19 20 21 22 23
24 

戻る     嶋田 木下    △はリンクの改ざんで番号重複      次へ

 親展 と書いて、本部長本人に開けて読んで頂き、質問の答えを直々に手紙で欲しかった。文書での質問に対しては、文書で回答して筋を通して欲しいとお願いしていたのだが・・・

4/4 福岡県警察本部 田中法昌本部長 殿
 
被害届を提出した その後  HOME

 5/18 11:00 前原警察署 交通課 工藤豊一 より突然、
電話があった。 編集中
 
 

 

 前原(糸島)署 工藤 豊一 交通課長        正信 青字
 

 「はい」「もしもしー」「はい」「今川さんのお宅でございますでしょうか?」「はい、そうです」「あ、あのう、私、前原警察署の交通課の工藤と申します」「ああ、工藤さん「はい」「初めてですよね」「あのう、私、今年の春ですね」「はい」「こちらに転勤して参りましたので」「ああ、そうですか」「で、あのう、実はあのう、本部の駐車対策課のほうから、郵送で平成19年1月の事故の関係で」「はい」「色々ご要望を頂いておるようですので」「はい」「で、その関係でお電話を差し上げているんですが、よろしゅうございますか?」「はい」

 「で、あのう、先ほど、お母様には、電話で連絡さし上げたんですけども」「ええ」「本部のほうの、ご要望によりますと、被害を受けたということで、まあ相手の方にですね」「はい」「処罰感情をお持ちということで、えー、理解させて頂いてますが」「はい」「その関係でですね」「はい」「私共、担当の者が、正信さんと、お母さんにもですね」「はい、」「色々、(お話を伺いたい)と思うのですが、ご協力頂けますでしょうか?」

 「あのう、その前にですね」「・・・」「その前にですよ」「はい」「本部長宛てに出した手紙の返事をですね」「はい」「待っているんですけどね」「郵送頂いた分ですね」「ええ、来てますか?、そちら」「あのうですね、相談課のほうは、頂いております。それから、文書の件もですね」「はい」「承っております。それで、えー、私の方と致しましてはではですね」「はい」「今川さんのほうが、まあ、あのう、相手の方に、処罰を望むというような、文面でございましたので」「?」「はい、あのう、まあ改めて」「処罰?」「捜査をしたいということで」「え、まあ、電話を差し上げております」「処罰・・・というのは書いてましたかね?」「はい」「処罰とか書いてないでしょ」「そうですか?」「被害届でしょ?」「いやいや、ですから、あのう(処罰を求める)という意味での、被害届、という意味で理解してますが」

 「ああ、一応ですね、あのう、5つの質問をしてますよね」「質問・・・」「はい、本部長に対して、ね」「はい」「書類を、(返事を下さい)と、いうことでね」「はい」「出したんですけど、それは届いているんですか?」「えーと、書類を頂いたものに対する、あのう、ちょっとお待ち下さいね」「はい」「4月の10日の分ということで、よろしいでございますか?」「10日・・・?、10日やったかなあ・・・、あ、ちょっと遅れて出したからですね、それぐらいに届いたと思うんですけどね」「はい」「はい」「で、あのう、うー、この件に関しましてはですね」「ええ」「書類を頂いていますので、またあの、(捜査を進めていきたい)ということで、はい、今川さん、お母様にも、正信さんのほうにも、事情を聞いて、まあ、相手の方が、釘本さんですかね?」「はい」「釘本さんにも、ご連絡を差し上げて、お話を聞いて、ご連絡をして、また、現場を見せて頂きたいな。ということで捜査を進めて行きたい。ということで、連絡を差し上げているんですけども」

 「そのね」「はい」「それは前から依頼していた、あのう、告訴状でね、あのう、門前払いでね」「ええ」「あの、返されたから、(全然通ってないんだろう)と思っているんですよね、そっちのほうのね、告訴状的なものはね」「告訴状というかたちでは、あのう、承っておりません」「ええ」「はい」「あのう、以前、前原署にですね、行った時に」「はい」「警察生活相談コーナーがあったんですよ」「ええ」「そん時に、(一応、コピーする)ということでね、受け取られたんですよね。だから、あると思うんですけど」「えー、告訴状の写しを頂いている。ということで、私も、承知しています」「ああ、そうですか、ああ、はあはあ、その後、連絡無いからですね」「なるほどですね」「はい、(全然、そのう、進んでいないんだろう)ということで」「ええ」「あのう、今度は、(被害届というかたちで」「え」出そう)と思っていた訳ですけどね」「なるほど、判りました。それを含めてですね、色々、お話を伺うことになろうかと思いますので」「ああ、はいはい」「ご連絡を差し上げますので」「ああ」

 「それと、あのう、えー、被害の関係なんですけども」「はい」「はい、見積書というのはお取りでしょうか?」「あ、何の見積ですか?」「えー、あのう、要するに、家の被害の関係で、見積書というのはお取りでしょうか?」「ああ、それはですよ」「はい」「あのう、裁判問題になってますからね」「ええ」「裁判の記録書を調べれば、出てくる筈ですよ」「あ、なるほどね、はい」「それが、それが全然ね、大工さんはね」「はい」「あのう、一応、見積は出したけども、(期限が切れてる。)ということでね、(無効だ!)って言われてましたけどね、最初に出した見積はもう全然、もう期限は切れているからね」「切れているということで」「それなのに、ずーっと裁判では登場してくるんですよ」「そうですね」

 「今、その見積書は、今川さんはお持ちですか?」ああ、どうですかね、一応、あのう、これは、えー、裁判のほうでですよ」「はい」「別件のね」「ええ」「えー、名誉毀損で訴えられているんですよ。こちらはね」「ええ」「そして、それで、その中の資料として」「はい」「添えつけ資料として、こちらの、ずーと、まとめてきた、ホームページをね」「ええ」「(その内容を)コピーされているんですよ」「はい」「資料の中に入っているんですよ」「はい」「それが(別件だ)ということでね、全然、同一処理を求めたけど、拒否されたんですよ。別件ですから、ということでね」

「いえ、それは、今川さんがお取になったものではないんですか?」「これは、だから、あのう、向こうが勝手にね」「はい」「(名誉毀損している)とね、個人名を出してね」「で、あのう、今川さんが、あのう、お取りになったものではないんですね」「無いですね」「判りました。その辺も含めてですね」「はい」「ご連絡させて頂きますけど、今川さんのところに連絡を取る時には、何時頃がご都合がいいんでしょうか?」「ああ「いつもは、仕事に出られてますか?」「そうですね、うーん・・・」

「連絡を取って、えー」「ああ」「一番つきやすい時間に。或いは、携帯をお持ちであれば、携帯のほうに、(常時、応しますよ)ということであれば、連絡させて頂きますので。その電話番号を教えて頂きたい」「ああ」

 「そのですよ」「はい」「あのう、電話でいつも、返事というかたちではなくて、電話で色々言われても」「ええ、あのう、電話で、どうせ、直接ですね、お話を伺わなくてはならないんですけども、事前に、あのう、電話でお知らせしておかないと、あのう、今川さんも、お困りになるでしょうからですね」「ああ」「では、この電話でよございますか?」「そうですね」「判りました。ご在宅は何時ぐらいが、大体、よろしいでしょう?」「えー、ああ、ちょっとね、ハッキリは・・・、あれですけどね、午前中は、じゃあ、居るようにしましょうかね」「はい、判りました」

 
「午前中と「ああ、今川さんの、都合の良い時でいいんで、私のほうから、まあ何回か、電話を差し上げて」「ええ」「都合のつく時にまた、よろしいですから」「そちら、こちらから電話出来ますか?」「ああ、あのですね、担当を決めているんですけども、色々、他にも事件とかがございますので、他の者と、打ち合わせしながらですね、都合のいい時間にしたいと思いますので」「あのう、一方的ですからね」「ええ、判りました」「こちらから連絡したい場合にね」「ええ」「つながる電話番号とかはありますか?」「あ、あのですね、あのう、警察の代表番号なんですけども」「はい」

 
「あのう、まあ、担当者がいないと、また今川さんに、ご迷惑がかかりますので」「はい」「こちらのほうから、あのう、適宜、連絡を差し上げます」「ああ、そちらは何課ですか?」「交通課でございます」「交通課・・・?、ああ、あのう、交通課のん?、捜査、交通捜査課ではないんですか?」「はい、交通課の中に交通捜査課がございます」「ああ」「係になってます」「ああ、あのう、木下さんですかね」「ええ」「検証に来られた」「ええ」「あの方は、いらっしゃいますか?」「当時の担当はですね、木下だったんですけど、木下は転勤して、もう居ないんですよ、今は」「ああ、転勤」「はい、別の者が担当しておりまして、よろしいでしょうか?またご連絡を差し上げますので」「ああ、そうですか

 「そしたらですよ。色々聞きたくても、判りませんか?」「何をですか?」「いや、あのう、この、5つの質問に関することでですね」「ええ」「ええ、聞きたいと思うんですけどね」「5つの質問、そうですか」「はい、被害届も含めてですよ」「被害届」「何でね」「ええ」「この、えー、建物のね」「ええ」「(現場検証がどうだったのか?)というのがね」「ええ」「ええ、裁判には出てきてない。というんですよね」

 
「何に?」「裁判、裁判でね、建物の損害の検証がね」「はい」「されてないから、(出てきてない)というんですよ。(倒壊の心配とかね、倒壊の恐れがあるとかいう、危険性が出てきていない)というから」「それは名誉毀損か何かの関係の」「いや、そうじゃなくて、そのう、相手の弁護士に聞いたらですよ」「はい」「裁判で、そういう話は全然ね、あのう「それは何の裁判?」「あ、これは、あのう、(債務不存在、確認請求事件)というのを起こされたんですよ」

 「債務不存在「はい」「それはどなたに対して」「それは、加害者のほうがですね、こちら、被害者のほうを訴えられたんですよね」「」「出てないというから起こされたんですよね」「それは、全く、今回の話とは、別の話になりますので、事故の関係につきましてはですね、あの、また、お話を伺います」「いや別というか、それでですよ」「ええ」「裁判問題に持っていかれたんですよ。現場検証の不備で」「現場検証の不備が、裁判問題になった。という風には、あの、理解できておりません」「(出てない)というから、起こされたんですよ」

 
「建物の検証をね」「ええ」「されてないということで、それで、裁判に、債務不存在と」「債務不存在で」「ええ、(損害が無いんだ)ということで、訴えられているから、つながってくるんですよね」「損害が無いから、訴えられた。ってことですか?」「ええ」「そういうことは無いでしょう。あのう、玄関が現実に壊れている訳ですから」「ええ、そうです。だから」「そういうことは無いでしょう」「ね、ええ、(それ以上のね、倒壊の恐れが無いとか、あるとか、そういうのは出来てない)というからね、その辺の、(亀裂の問題とかが出てない)と言っている訳ですよね」

 
「ああ、なるほどですね、それはその時、確認は」「それが、こちらはね、確認できなかったんですよ。被害のね、状況、交通事故届けがどういう内容だったのか、確認できないもんだからね」「事故届けはされてありますよね」「だから、聞きたかったんですよ。交通捜査課の木下さんにね」「はい」「建物の被害の、そういう、えー、(調書がされているのかどうか?)ですね」「判りました。また」「はい」「それも含めてですね」「はい」「あのう、今回の件については、あのう、(車が建物に飛び込んだ)と、いう件ですので、それについてですね」「はい」「また、話を伺いたいと思いますので」「よろしいですか?」

 「いや、あのう、これはですよ」「はい」「文書でキチッと、説明しているからですね」「文書で説明?ですから」「本部長のほうに出した手紙に、資料に全部入れているんですよ」「ええ」「キチンと質問しているからですね、(どうしたらいいのか?)というのも、全部含めてですね、本部長に委ねているんですよ」「委ねている?」

 
「だから、本部長直々に返事がくるか、委任状を添えてね、こちらに何が書類が来れば、判るんですけどね」「ええ、あのう、そういうことはありません。ハッキリ申し上げて「ああ、だから」「はい」「その辺が、ちょっと、判らないんですよ」「だから、私が電話差し上げているんですよ」「何でそうなるのか?、ですね」「エヘ、あのう、(何でそうなるのか判らない)と言われても、私も困ります。ハッキリ言って、ハハ」

 「だからね、(的確な処分をよろしくお願いします)ということで、書いた返事が無いんですね」「」「だから、(総合的に考えて)ね」「はい」(断片的にではなく、事故だけじゃなくてですね、裁判全部含めてね、捜査をお願いします)ということで」「裁判については、この件とは全く別件です」「だから、その別件と同じなんですよ」「ご理解下さい」「別件、と言われたらね、全部、調べようが無いんですね」「ええ、だから、今回の件につきましてはですね」「ええ」

 
(過失の建造物損壊の疑い)で捜査を致します。よろしいですか?。ですから、またですね」「ええ」「事情を聞かせてもらったり、お母様に話を伺ったりですね、また、相手の釘本さんにも、お話を伺うと」「だから、その、裁判含めて、やって下さいね、裁判全体が謀略ですからね」「裁判が謀略とかいう風な問題ではないんです」「うん、いや、だから、そのね、ええ」「お互いの当事者で、やって頂かなくてはなりません」「だからね」「ええ」「これは、詐欺事件に関わるね、問題として捜査されるなら判りますよ」「そうですか・・・」「はい、そのところをハッキリさせて、それから、入ってくださいよ」

 「だから、ハッキリ申し上げているのは、(過失建造物損壊の疑いで捜査を致します)ということです。よろしいですか?」「あ、それだけじゃ駄目なんですよ」「あ、へ」「僕が出した手紙に対する返事も含めて、それから、答えを出してから始めて下さいよ」「それが答えなんですよ」「いや、そうじゃなくて、本部長から、どういう指令があったのかね、こちらは聞きたい訳ですから、それを指示があったのか、詐欺事件として。それをハッキリ確認してからね、(じゃあ、捜査して下さい)と、そういうことになるんですよね」「だから、今、申し上げているじゃないですか、過失建造物で」「過失・・・何ですか?」「はい、過失建造物損壊罪の疑いで捜査致します。と」「これは、・・・どういう意味ですかね、これ、過失の、」

「どういう意味?」「過失」

 「ちょっと判らないです。過失なんですか?」「建造物」「過失建造物「の疑いで捜査を致します」「ほう」「ということです」「これは・・・建、 過失建造物・・・って言うたら、何、何が過失なんですかね?、これ」「自動車の運転です」「はい」「はい」「これは、あのう、現場検証で、見逃した。という事でいいんすか?、捉えて」「見逃した訳ではありません」あのう、げ・・・」「今川さん、あのう、電話でのやりとりは、あれですので」「あのう、被害のですね、被害の検証が」「はい」「ね、えー、不備だったから、やり直す。ということで解釈していいですか?」「いや、違います」「え?・・・、ちょっと判らないですよ、それ、意味がですね」

 「あのですね、」「はい」「事故発生の当時はですね」「はい」「あのう、お届けまでにも、かなり時間も経っていますし」「ええ」「えー、保険を使って、修理をする、というようなことで」「ええ」「えー、当事者の処罰とか、そういうものではなくて、ご近所の話ですので」「ええ」「えー、まあ穏便に解決をしたい)ということで」「ええ」「という風なことで聞いております。ですから」「ええ」「物件事故ということで、処理しております」「ええ」「だから、その後ですね」「はい」「今川さんが、再三にわたって、えー、お求めのように、いー、何らかのですね」「はい」「民事上の解決が出来ないので、要するに(処罰感情が出てきた)という風に理解をしましたので、(過失建造物損壊の疑い)で調べます。ということをご連絡しています」

 「うーん、と、??どうも筋が違うような気がするんですけどね」「全然、違わないと思うんですよ」「うん、だから、こちらが求めているね、方向じゃない方向で、捜査が始まったら困るから、言っているんですよ」「ええ」「こちらは、キチッとね、(詐欺容疑で、その上でね、踏まえた上で、調べてくれ)と言っているんですよ」「詐欺容疑といのはどういうものですか?」「だから、裁判を含めてのね、謀略裁判でね、不払いに持っていった」「ええ、はい」「・・・」「(そういうね、事件としてね、捜査してくれ)と言っている訳ですよ」「え、その件については、裁判に委ねられていますので、警察が捜査する問題じゃないんですよ」「いやいや、そうじゃなくて、謀略裁判で起こったね、裁判の容疑者というのは」

 
「(謀略裁判をされた)と言うのであればですね、弁護士なりに、ご相談されたら」「そうじゃないですね。弁護士も含めて、容疑に入ってくるんですよ」「弁護士も含めて、謀議に入ってくるなら、あなたのほうも弁護士をお雇いになったらいいじゃないですか?」「そうじゃなくて、謀、弁、ん、裁判そのものが謀略だからね、全部含んでくるんですよ。裁判官、書記官、はい」「ほー、裁判官、書記官まで、謀略とおっしゃるなら、高級裁判所ににおっしゃるか」「そうじゃないんですよ。(それをね「はい」警察が調べられるなら調べて貰いたい)ということで、それで出したんですよ」「そういうものは調べられません。ハッキリ申し上げて」「それは、おかしいですよね」「おかしくないですよ」「いやー、そこを調べないとね、全然、進展しないんですよ。この問題は」「そうですか?」「はい」

 「だからね、これは、この、(危険が、ね。発生しているのに)ね、これを(謀略で、チャラにして)ね、えー、(賠償も払わない)ね。それで、(危険もね、放置した)ということで、(全体がね、犯罪に関わっている)という主張なんですよ。こちらは」「アハ・・・」「だから、それを踏まえた上でね、捜査するのか?ですよ。その辺をお聞きしたいんですよ、本部長に」「あのう、主張されるのは結構ですけども、あのう適正・・・」「主張じゃなくて、手紙を出しているでしょ。正式に。直々にね、(返事を下さい)と出しているんですよ」「だから」

 
「それに対してね、前原署に戻す。ていうのは、駄目なんですよ。本当は」「だから、言った・・・じゃないですか、本部の方からもですね」「うん」「指導を頂いて、返事をしていますので」「そしたら、まず、書類を下さいね。返事をね。それからにして下さいよ」「何の書類をですか?」「いや、(本部長から)ね、そういうね、指令をね(調べろ!)とかね、何でもいいですから、そういうかたちでね、本部長から、そう(指令をした)「(指令をした)ということはありません」「という、本部長からの連絡をね、こちらはずーっと待っているんですよ」「ああ、だから」「それから、(それを貰って、前原署に行こうと思っている訳ですから、その手順が違うんですよね」「アハ・・・いえ」

 「ハッキリ、筋を通してね、本部長から、どういうね、これは、・・・あのう、(保険会社がね、入ったら、何故?ね、現場検証しないのか?)という、疑問を含めて、本部長に、質問をしている訳ですよね」「あのう、現場を見てますし、また、改めて、見させて貰うことにしております」「ああ、それはいいですよ。それはいいんだけど、質問に対して答えないとね、一方的な捜査になるでしょ?」「一方的な捜査には・・・」「だから、捜査がね、最初の段階で、(詐欺問題を捜査する)と、いうかたちで始めて貰えませんかね」「詐欺問題についての捜査なんて有りません。この・・・」    加担容疑  

 「いや、いや、そうじゃなくてね、限定すると、おかしくなるんですよ」「ですから」「元々ね、この、現場検証の不備から、始まっているからね、そこから、最初がら正さないといけないんですけどね、それが、(何でそういうことになったのか?)本部長に伺っているんですよ」「ええ」「そのところの最初の疑問を解決しないとね」「最初の疑問と言われても、詐欺とかですね」「はい」「謀略裁判とか言われても、ハハ」「いや、僕はね、ええ、ずーっと頼んだんですよ。福吉のね」

 
「ええ」「地元の、派出所のね」「ええ」「嶋田巡査に」「ええ」「こういうことで、(家がね、倒壊する可能性があるからね、調べてくれ)と。言ったのにね、現場検証が建物を検証しないで終わっているんですよ」「はい」「事情聴取だけで、だから、(おかしいですね)ということでね」「その時に、今川さんは、見積とかね、業者さんにお願いして、見て貰うようなことをされたんでしょうか?」「え?誰がですか」「今川さんは」「業者?」

 「ご自身がですね」「はい」「あのう、まあ、(事故があった)ということで」「ええ」「あのう、相手方に修理を依頼した訳ですよね」「はい、はい」「はい、その時はどういった「だから、相手のですね」「はい」「業者が、加害者側から連れて来られたからね」「ええ」「一応、委ねたんですよ。全部ね」「はい」「(キチンと調べてから、やってくれ)と」

 「途中でね、引かれたからね」「ええ」「ウヤムヤになったんですね」「その辺も含めて」「ええ」「被害額の算定とか有りますからね、また捜査しますので」「はいはい、だから、捜査のね、最初の、名目がおかしいんですよね」「名目って、フフ、何ですか?」「名目がね、」

 「だから、こちらが、質問したことを、全然、踏まえないで、そういう風に、ポーンと、過失建造物で「ええ」(調べに来る)っていうのがね、おかしいんですよ。踏まえた上でやって下さいよ」「何がおかしいんですか?」「いや、そうじゃなくて、本部長に渡した書類がね、全部、物語っていますから。今までのいきさつも含めてね、被害届も全部、含んでいるんですよ、これ。防犯チラシも全部含んで」「なるほどですね」

 
「うん、(その損保がどういうかたちで、不払いに持っていくのか?)も含めて、本部長にね、(調べてくれ)ということで、出している訳ですよ。そのへんを全部、踏まえた上で、捜査に入って下さいよ」「(調べません)って言っているじゃないですか」「そうじゃなくて、さっきから言っているように、入るなら入るで、いいから、(詐欺問題を前提にして、調べてくれ)、と言っているんですよ」「捜査の過程でですね」「ええ」「必要があるなら調べます」「いや、だから、その対応が、おかしいからですね、最初をハッキリさせてくれと」「何を?」

 「ハッキリさせないでね、前原署に又、戻していくでしょ?」「ハッキリ言っているしゃないですか」「前原署は、前にも相談に行って」「ええ」(これは民事で片付けてくれ)と、言われたんですよ」「そうですねー」「うん、だから、(そういう対応がおかしい)から言っている訳ですよ」「なるほど」「前原署の対応はね」「ええ」「こういう風なね、必死でね、(倒壊するから、危険だから調べてくれ)と、一応」「話しながら、交通指導課と話しながら、捜査を進めますので」「はい、それはいいですよ」「はい」「いいけどね」「はい」

 
「これは違うでしょ?」「何が違うんですか?ハハ」「返事の仕方が違うでしょ?。(こちらの筋を通してくれ!)と言っている意味が全然、伝わってないでしょ?」「全然伝わってない、ですから、本部からの、本部の指示を貰ってですよ」「うん、だから、それを、キチッと、かたちを示した上でから進めて下さいよ。(電話で済ますことじゃ無い)とさっきから、ずっと言っているでしょ。依田さんにも言ったんですよ」「ああ、今度のお話で」「依田さんにもね、電話があったんだけど」「連絡を頂いた上でね」「お宅は」

 「あのう、お宅に電話で(お話を聞かせて下さい)ということで、申しあげているじゃないですか?」「それは判るんですけどね、そのう、本部長が、(手紙を受け取った)というね、返事も無いんですよ」「そんな返事は無いですよ」「うん、だから、(秘書がね、恐らく開いてね」「はい」(読んでいるんじゃないですか?)と、いう対応なんですよね。それじゃ駄目なんですよ」「だから・・・」「本部長からね、本部長が読んで、(読まれました)と、その上でね」「お話を」「うん、その上でね、(こういう指令がありました)とハッキリ言われれば、いいですよ」「・・・」

 (委任を受けてる)というならね、その、キチッとしたね、本部長からの、5つに対してのね、(質問の)返事も無いのにね、こういうことで、勝手に動いてしまうでしょ」「勝手に動いているんじゃないですよ」「うん」「だから、(必要な捜査はします)と言っているでしょう」「それはいいですよ。いいけども、(詐欺問題を踏まえて、やって下さい)と言っているでしょ」「それを詐欺とかですね」「はい」「謀略裁判とか言われてもですね」「はい」「あのう、(そういったことは承れません)と言っているんですよ だから、捜査の過程で、その」「そうじゃなくて、こちらが依頼したのは、(詐欺問題を踏まえて捜査してくれ)と、いうね、主張なんですよ。一貫として」「」

 「だから、部分的にね、過失建造物でね」「ええ」(単体で捜査されても意味が無い)と言っているんですよ」(意味が無い)と言っても、犯罪性があるか無いかどうかを、これから、捜査して調べていくんですよ」「いや、それはもう、これは、お宅らがね、これを、刑事事件としてね、捜査するかどうか?、その前段階の、初動の、あれですか?」「え?」「捜査ですか?」

 
「何を言っているんですか?だから、(過失建造物損壊罪の疑いで捜査します)と言っているじゃないですか?」「ああ、それはいいですよ」「はい」「はい、それはいいんですけど」「いいんでしょ?」「はい、いいですよ。それは」(それに、ご協力下さい)と言っているんじゃないですか?」「いいですよ。それは、協力するんだけど」「はい」「でもこちらの要望には一切、受け付けないんですかね?」「何も受付けなくはないですよ」「ええ」「民事上で解決できないから」「ええ」(処罰して下さい)というから」

 「ええ、だからですよ。大事なことを僕は、本部長に質問したからですね。それに対する、質問が、な、あ、(答えが何故、無いんでしょうか?)と思って」「今川さんって」「はい」「既に裁判で確定したような問題とか、ですね」(裁判が謀略だからね、確定されても、危険が残っている訳でしょ。そのまま)ということをね」「だからね、(裁判で全部、片付いている)と言うんだけどね、(危険が残っているのはどういう訳ですか?)ってことなんですよ」

 「あのう、仰っていることがよく判りません」「いや、だから、裁判で無理やり、判定を下して、チャラにしても、この(家の倒壊する)って、いう危険性が「・・・」「厳然と残っているというね、処置のしかたのは、おかしいでしょ?どう考えても」「いや、だから、それは」「(裁判は裁判で片付いたから、終わり)と」「・・・」(詐欺問題とか、どういうことですか?)「」「詐欺問題とか言われても、捜査しませんよ。そういう方はアハ?「謀略裁判とかですね」「はい」「そんなことを踏まえて、(捜査しろ)と言っても一切、受け付けられません。「これは、でも本部長に依頼しているから、本部長が、そういう、本部長の責任を持って、判断したのならいいですよ。うん」「責任をもって」

 「これはね、素人が見ても(本部長が動かないと、絶対に解決しない事だろうと思うんですよ」「・・・」「警察の今までの対応では「それを受けて私が対応をね」(民事は民事で)って、全部、民事に持っていくでしょ?」「全部、民事は民事で、警察が「だから、これは、あのう、差押で詐欺が、勝手に引き出されていた時点で、これは、これは、刑事事件になっているんですよ。素人の判断からすればですよ」

 「差押、それは、裁判所に申立てすればいいじゃないですか?」「えええ?」「あのう、世の中にはですね」「はい」「色々な仕組みというのがあるんですよ」「はい」「仕組みとかね、制度に則って、今川さんの言いたいことを主張していかないとですよ、(裁判が謀略だから)って言って、そのう、(オレ、従わない)とか、言って、従わないんじゃ、世の中通らないんじゃないですか?」「いや、裁判が、だから、公正中立に最初から行われてないから、それも含めてね、(今まで全てのものを調べないといけないんじゃないですか?)ということなんですよね」

 
「制度ってのがあるんですから、制度は間違ってないんですよ」「だから、(制度が間違っているから、こうなるんじゃないですか?)ということで」「間違ってないんですよ」「いや、(間違ってない)と断言されたら
、前原署の対応と一緒なんですよ「いや」「わざわざ相談に行っているのに(絶対有りません)と・・・。制度が間違っているからこうなるんじゃないでしょうか?」「色々な申立の道があるんですから、道に則ってですね」

 「だからね、こちらがお願いしたいのは、今まで、僕らがね、ずーとね、告訴状とか、出しているからね、それも全部ね、総合的に調べた上でね」「そういうのは(受け付けてません)と言っているじゃないですか・・・「え、総合的に見ないとね」「何を」「解決出来ないんですよ。一面的なものだけね、捉えて、みても」

 「今川さん、あのねー」「はい」「何でもかんでも、うちに押し付けたら、いかんですよ。ね、あのう、そうしてね、裁判がどうのこうのとか、言うんなら、裁判所に申し立てるなりしたら」「え、いや、申し立て、何回もしたんですよ」「だから、それが通らなかったんでしょ?」「いや、通らないというか。全然、上に通さないんですよ。責任者がね、出てこないのはね」「それは裁判所に、申し」

 
「だから、一緒なんですよ」「言われて下さい。って」「うん」「裁判所に、正規の手続を取られて、やられて下さい。って、そうじゃないと。解決できませんよ」「そうじゃないんですよ」「そうじゃなくはないですよ」「裁判所が
、謀略的なものを、そのまま、全然、責任を取る人間が現れないから、こういう、結果になっているんですよ「よく判りません。その説明は・・・」

 「うん、だからね、その、当時の、裁判所の最高責任者である、所長に「うん」「ちゃんと・・・あのう、渡すように言ったものが、通らないんですよ「裁判の場とかに、出られたんですか?それじゃ・・・、出て、申し立て、とか、されたんですか?」「え?、裁判はあのう、ずーと、あれですよ。傍聴席で「傍聴席では」「見てきたんですよ」「傍聴席じゃなくて」「いや、そうじゃないんですよ」でしょう。あのう」

 
「裁判、これはずーと書いてますから
、もう、話すと、キリが無いですけど」「うん」「謀略だ!という内容の中に、全部、含まれてますから」「そうですか・・・」「はい、ずーと書いてきていますからね」「はい」「全部、あのう、別件も含めて、すべてね、その、裁判の資料を調べてから、それから始めて下さいよ」「裁判の資料なんか見ませんよ」「いや、そうじゃないですよ。全て含めて捜査して貰わないとね、部分的に捜査しても、困るんですよ」

 「あのですね」「はい」「(車が突っ込んだ)といういう件については、捜査はしますから」「それはね、部分的な解決にしかならんでしょ?」「何が」「こちらが望んでいるのはね、建物は、もう、(危険だ)ということは判りきったことなんですよ」「だから、その時に、見積なんかは、取られたんですか?」「いや、見積は、だから、・・・(出ている)と言っているでしょ」「はい?」「向こうが提出したね、訴状の中に、入っているその資料の中に入っているんですよ」「だから、それは、今川さんが取ったやつじゃないんでしょ」「あ?」「(今川さんが取られた見積書っていうのはあるんですか?)と聞いているんです」

 「こちらが取った見積書?」「ええ」「・・・いや、それは、あれでしょ、あのう、・・・裁判の中に、全部、入っている筈ですよ。向こうが主張する見積書が」「向こうが主張する見積なんでしょ?」「そうですよ」「今川さんが主張する見積は無いんですか?」「いや、こちらが主張する見積は無いですよ」「無いんですか?」「あのう、調べて貰ってないですからですね」「そういうのをちゃんと、しておかないからいけなかったんですよ」「いや、こちらでは見つからなかったから、こちらは依頼したんですよ。あちらに。相手側の大工さんに。こちらは全然、調査して貰ってないんですよ」

 「何もしてないんですね。判りました!」「はい」「また、あのう、連絡させて頂いて、お話をさせて頂きます。よろしくお願いします」「こちらから連絡する方法は無いですか?そちらに」「あのう、こちらから連絡をさせて頂きます。今川さんに、あのう・・・」「一方的ですね」「電話代を使わせても、あのう、ご迷惑でしょうから」「うん、だからですね、担当者が「はい」「責任を持って対応される方の、連絡先が判ればいいですよ」「はい、あのう、またこちらから、ご連絡させて頂きます」「ええ?」「担当の者が電話しますので、よろしくお願いしますー」「ああ、ちょっとですねー」 ガチャン 、「あ、切った・・・、訳の判らん対応だね

 

 

本部長殿 5つの問いに対し、責任と誠意ある返事をお待ちしています。
 
 

参考 現場検証のいきさつ      前原署 相談室       幹部を逮捕せよ!
 

戻る                   HOME                   次へ


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口



運営サイト

講座

昔話の謎

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

ロゴ創作

光道…B


       戻る       解決のお願い      HOME       次へ