戻る   解決のお願い  HOME  次へ

差押サギ

への 苦情

警察署

被害者

虚偽サギ裁判 文

最終弁論

判定言渡

受取拒否

差押命令

調査依頼

告訴決定

巨悪連盟

HOME  月/日

不当訴訟

謀略裁判

解決依頼

詐偽成立

責任者

証拠提出

捜査逮捕

  5 6 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
24 

戻る   嶋田 木下  14 a b △リンク改ざん重複  次へ


駐車対策課の村岡氏
           
警察の対応             HOME

 

駐車対策課から送られた黄色の封筒
も本部長宛の手紙と共に一緒に送った。

 

  チラシ見本 配布許可願い
 被害届と調査願い2 被害届1
 封筒

5/14
福岡県警察本部 駐車対策課 村岡氏 黒字      
 今川正信  青字 
 

 「ん、何?、・・・ あ、もしもしー」「今川・・・さんでしょうか?」「ああ、そうです」「警察本部、駐車対策課の村岡と申します」「ああ、はあはあ、はい」「警察本部の相談課というところから、電話があったと思いますけども」「はい」「電話あったでしょ。12日」「ああ、ありました「それで、その担当の者も、言ったかと思うんですけど」「はい」「駐車違反の事についてはですね」「はい」「うちが担当致しますので、電話を差し上げました」

 「ああ、あのう、本部に送った・・・」「そうです」「あ・・・手紙ですよ「はい」「ええ、それをです「黄色い封筒」「本部長のほうに、判断を」「お宅は迷惑そうな感じだったから、送ったんですよ」「はあはあ」「はい、言われたでしょ?。お宅が。(困る)と」(困る)とは言ってませんよ」「いえいえ、えーと、えーと、名前は何だっけ?」「村岡です」「ああ、村岡さんが、言われたんですよ。(困る)と」「(困る)とは言ってません。手続はそのままです」

 
「被害届を
「はい」「そちらに送りつけたから、(送られたら困る)と言われたからですね」「被害届は私の担当じゃないですからね」「だからね、それで、話したでしょ。キッチリ」「はい、そうですね」「うん」「それで駐車違反のことなんですけども、黄色い封筒を、開封されずに、そのまま送り返されてますよね」「ええ、そうです「これはあの、○○というものだったんですよ」「もういいですよ。それは聞かなくて…、(手続が、進行してはならんのに、送り付けられたから、送り返した)と言ったでしょ」
 

 

 「それはね、キッチリね、僕は説明している筈ですよ」「・・・」「だから、理由を答えてね、(何でそうしたのか?)っていうね」「はい」「答えが無いんですよ、お宅らは「・・・」「だから」「進めるための手続」「だから、(進めちゃならん!)と言ったでしょ。だから、その(答えをちゃんと付けて、それからにして下さい!)と言ったでしょ。キチッと」「その為の手続です」「その為じゃなくて、ちゃんとキチッと、(手続を踏んで、やることをやってから、それからにして下さい)と、言ったでしょ」「手順を踏むのは今川さんのほうなんですよ」

 
「そうじゃないですよ。手順を全然、踏んでなくて、一方的に送りつけて、その
、これは弁明書の、段階から、全然、越えてないから「はい」「全部送り返している訳ですよ」「はあ」「はい、だから、(そのことを、けじめをつけてから、進めて下さい)と言ったでしょ」「あのう、こちらは」「だから、筋は通っている筈ですよ」「・・・」「手順を踏んで、やることをやって、手順を踏んで無くて、送り返している訳ですよ」「止まりませんのでね、手続は進めておりますのでね」「すみません、もう切ります」 ガチャン

 「もう、話にならん」「・・・」「うーん、同じことをね、同じことを繰り返しよる。全然、その、勝手に進めて、そういう、もう不毛な議論は、もう…、やめてほしい

 

 村岡という人間は 警察官として心がけと、資格をどう捉えているのか?
 
  テープ 終了
  
 福岡県警察本部 交通部
 駐車対策課
 藤江 山下 村岡 黒字   今川正信 青字

参考  現場検証のいきさつ          ポチの告白
 

戻る                   HOME                   次へ


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口

昔話の謎

ロゴ創作

運営サイト

なぞとき

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

光道…B


      戻る     解決のお願い    HOME    次へ