やっと事故直後の写真が送られてきた。12枚の写真で事故による家の衝撃を確かめてみよう。
被害状態は この@写真と + A家(壁と柱)の損傷写真を合わせると 損害の立証ができる。 

突入の経路図 詳細  損害の立証    HOME

調査対象→ 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702
さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657

登記変更済   立証前   @突入直後   A損傷写真

B調査不備    C危険な継ぎ柱     D増改築証明

プライバシー配慮で 実名削除 イニシャルに変更 12/8  損害立証の為の重要機密文書の非公開ページ
 

 

 2007年1月27日 午後2時半頃 母が玄関の植木に水をあげ終えた直後だった。今川邸玄関入口に車が突入した

ドッカーン!!間一髪

 一瞬 雷が落ちたのかと母は腰が抜けて不安・恐怖に怯えた。「な・何だ!」玄関を見てみると赤い車。

 車の運転手は向かいの苦偽元春来氏。アクセルをふかして 猛スピードで玄関の中に激しく突入してきた。

 あわてて アクセルをふかしてバックしても 何かに乗り上げ 敷石に引っかかりビクともせず抜け出せなかった。

 車はスッポリと中に入り込んで突入していた。タイヤが激しく空回りして 白煙が上がった。ケーブルが焼け焦げるような臭いがたちこめた。

 
ガソリンに引火しないか…と危険を感じて一瞬不安がよぎった。加害者の娘の婿?が交代して何度もアクセルをふかしたが やはり駄目だった

 車が少し後ろに下がっており 道路がふさがり 通行不可

 斜め方向に車が突入している。右側の壁が強い衝撃を受けた

 壁を外側に強く押出している。車の前に行けないので 縁側から回り込んで車の下部を確認

 何が引っかかっているか確認…

 何かの軸らしい。ジャッキで車を持ち上げようとするが 短くて届かない。ブロックを支えに上げてもつかえてはずれない

 その軸の正体は 電動カーの座椅子の軸受けパイプだった。
 円盤が車の下部に刺さりはずれなかった
 電動カーは潰れても 軸受けは本体に頑丈に溶接されて固定されていた

 母が玄関前に停めていた電動カーごとなぎ倒して突入し乗り上げて押し潰していた。
 電動カーは完全に下敷きで破壊

 もし 母が立っていたら 恐らく今頃は命は無かっただろう

 電動カーの座椅子をタイヤの下に敷いている。

 車の下部にジャッキの支えにした2段プロックが見える苦労して軸受けから車をはずした


 左の戸は原形が残っているが 右の戸はかなり壊れ方が酷い。

 右サッシガラスは粉々に割れて奥に飛び散り 格子がバラバラに潰されて外れている

 右の壁に斜め方向から突入 衝撃の激しさが想像できる

ジャッキが届かない。プロックを運び下に2段重ね据えた
 軸受の上に乗り上げてはまり 引き出せずに手間取った

 右側格子戸に激突車右部潰れる
 その裏にはゲタ箱が隠れている格子戸と網戸ごとはさまれ壊れた。裏のゲタ箱と壁が衝撃を受け壊れている


 車右部に潰された格子戸と網戸車は電動カーの上に乗り上げた

 後になり壁の損害が判明するが、ゲタ箱は壊れ 右壁が損傷したゲタ箱裏の白壁 モルタルに傷

 敷石と壁間が3cmのズレ
外側に壁全体を押し出し
下部が敷石からズレて傾く
裏に隠れて被害発見が遅れる

   
母が一番言いたかったこと…  田舎に住む者同士 穏やかに話合いで解決できないのか?
   

※ 富枝氏本人が言った言葉
 

 加害者の妻は縁側から家の中にいる母に声をかけ 事故の原因は認知症の夫に

「車の移動をうっかり頼んでしもうた自分の不注意のせいです」と説明しており 明確に「うちが全面的に悪いと」と大声で謝罪の意を表している

 その
言葉をハッキリ聞いたので 事故の大体のいきさつは すぐに理解することが出来た。

 
詳細な説明(娘の車が近所の車の出入りを塞いでいて 急いで夫が移動するしかなかったのだろう)と察してあえてと当方は黙って見守ることにした

しかし損保側の思惑は違った

 
三井住友海上は最初この事故直後の12枚の現場写真を提出するのを必死で拒んだ。

当方が2/18福吉派出所嶋田巡査に事故の報告をして 現場検証をして貰うように依頼。管轄が違う

 事故の報告して貰った。損保は写真提出を拒否した。2/25「二丈交番の方針で現場検証はしないことに決まった」と島田巡査。

家の中に上がって貰って倒壊危険を説明し確認。その後
「二次災害が起こる可能性があるから検証の必要性有り」と説得した。

 それで
3/3現場検証となり 警察の権限で写真を提出させてようやく3/23に写真を見れるようになった。

 難解経緯がある。その写真を見て気づいたことをホームページの中で 損害立証する為に まとめていた

 
 
事故後慌ててかけつけた加害者の妻の富枝氏が 車の左横で心配そうに様子を見ている甲第1号証6の資料にも富枝氏の姿が写っている。ところが よほど この写真が都合が悪いと感じたのか 「消去しろ」言ってきた。

 損害立証しているので いつでも見てくれ」という意味で知らせた
秘密のページを 難癖をつけて 個人の情報を公開したとして名誉毀損に当たると脅かしてきた。それは何故なのだろうか?
 
 加害者の個人情報をネットに載せないようにと弁護士が注意してきた プライバシー保護考慮 左側に立つ富枝氏の姿を消去処理した。 12/10 
 
 妨害され 一時リンク不可になったが… 修復しました
 クリック↓で 加害者の姿 ( 示談した時の )証拠が見れます。 リンク不可にするように依頼した容疑が発生!
 


 
家にきて事故のいきさつをに話したのは富枝氏本人である。自分で全て知っている筈で はそれ以上何も言わないことにした。本来は自分で罪を申告して責任を取るべきである。

 
「事情は大体想像できるが 罪は自分で充分に知っている筈だから 素直に認めて ちゃんと責任を感じて近所に迷惑をかけないように賠償してくれるだろう」…と信じてあえて言わなかった。その思いを無残にも裏切られて母の悔しい気持ちは息子には良く判る

 これが母が裁判官に対して
「言いたいことはたくさんある」と言った内容の一部である。最後の発言機会さへも裁判官は奪った。これほど相手が裁判を悪用して詐欺を働く巨悪な存在であるとは想像もしなかった。

 これほど問題がこじれるとは思わず
好意で黙ってあげたことが仇になり ことごとく上げ足を取られることになろうとは 母も私も想像にもしなかったのである

これで事故と家倒壊の
関連性と危険性を立証できる
 「加害者の写真や名前を消さねば名誉毀損で訴え賠償要求する」と 損保付弁護士が 訴訟用準備書面作成の妨害行為に及んだ
   

善意を信じて任せているのに

人の好意を仇にするなら言わずにいた事を明らかにします 
   

 左側の柱も衝撃を与えている

 左の柱にボディが接触して 圧迫。鏡のあった壁に亀裂が走り 柱と壁土全体にスキ間ができている。

 左右両方の柱に激しい衝撃がかかっている。

 

加害者の妻の富枝氏の後ろ姿が半分だけ写っている

 電動カーの軸受けに刺さった車を苦労してはずした

 前輪タイヤが曲がったまま動かない。全員で押して シャッター前まで動かして横付けした

 ハンドル固定前輪操作が不可

 車の右部 バンパーが激しく破損。家を支える柱と壁に甚大な損害を与えた決定的証拠写真

 左バックミラーもぎ取られ落下

 フロントガラスに大きなヒビ

左柱と壁の衝撃かなり激しい

 アルミ玄関戸の枠全体に突入の加重がかかり壊している

 ここで気がつくことは

 
右側損傷が激しい

 
ゲタ箱・損傷が激しい

 
壁・柱損傷が激しい

 車両右部が大破。壁と柱に突入して強い衝撃を与えている

 ゲタ箱の破損は 車両右破損部と一致。ゲタ箱裏の壁に影響有

 最初 ゲタ箱に触らずにいた。ゲタ箱の裏の壁と柱の破損は 未確認のままの状態だった

 保険会社の調査が来るまで 触らないように…とのことで確認が遅れた

 壁柱に衝撃を与えた決定写真
A家(壁と柱)の損傷・亀裂を与えた衝撃の激しさが一致

 車両を引出した後。右戸は残骸。左右2枚引き戸のうち 左側の戸は下部が少し凹んだだけで 無傷

 左側の戸の格子は まだ原形が残っていて 右の戸と比べると損傷が少ないようだ。壊れた網戸や格子扉の下に 電動カーの残骸がある。

 ゲタ箱の板が折れて 棚がはずれている。横の青いビニル袋の中には荷物を運ぶ台車が包まれていた。キャスターが壊れ変形して使えない。

 左側のゲタ箱は たてつけが不良 上部にスキ間 完全には閉まらない。

 調査のやり方に疑問があり…調査段階で壊れた物の賠償の品に入っていない。

自転車は廊下の上に上げている。
散らかっている電動カーのボディの破片 青いプラスチック片が見える

 右側の戸ゲタ箱の破損が激しい 右戸のガラスは完全に粉々 格子もバラバラに外れている。

 バッテリーの右横「軸受け」が見える。

 これが電動カーの座椅子軸受部。

 上の方が平たい円盤がついており それが車の下部に入りこんで つかえてて中々はずれなかった
軸の正体。

 電動カーは潰れているが 軸受はシャーシーに溶接して固定されている。

 自転車も邪魔で廊下の上に上げた。左側の戸は比較的に損傷は少ない。

 電動カーは無残な姿。玄関戸の外側に停車していたのにガラス戸を超えて 中に押し出されてこんな姿に…
左下に外れた電動カーのタイヤ後輪。

 玄関ガラス戸右側が激しく粉々に壊れている。壁柱の損害を立証。


 電動カーの座椅子の下のパイプ軸受けが変形している。車が乗り上げてはまっていた部分が見える。
 

      

 調査対象→ 〒819-1631 福岡県糸島市二丈吉井4022-7 
釘本 繁春(息子) 小麦の実 ふあいみーる 092-326-6004


結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口



運営サイト

講座

昔話の謎

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

ロゴ創作

光道…B