18 被害者の意見・主張・反論

 藤田裁判官へお願い 3 

訴状を却下しない理由を明確に文書で示し
公正中立の証拠を示す条件を必ず厳守して下さい

  概略    手口 
 
立証 10 11 12 13 14 15 申立 16 17 18
19
 反訴 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

18 申立  準備書面    事故のゆくえ

17

藤田光代 裁判官へ お願い   

19

 - 18 -   H19/11/26    乙第 18 号証

 
 
もはや忍耐の限界で これほど不安と恐怖を与えて放置する加害者に対して憤りを感じています
「訴訟」を起こす前にまずやるべき事をせねば人道上の罪が問われます。法律や手続きを超えて
人としての
危険防止義務を果たさない加害者側関係者次の罪逮捕して貰うしかありません。
 

警     告 

訴訟 < 危険放置罪 殺人未遂罪 で告訴します。 

これ以上危険放置状態が続くなら

やむを得ず関係者全員に
対して逮捕状を請求します。
 

罪名 =
建造損壊罪
けんぞうぶつそんかいざい

 他人の建造物を損壊する罪。通常の器物損壊罪より重い刑5年以下の懲役。損壊とは効用を害する一切の行為を指す。

人命軽視危険防止
責任義務違反放棄厳しくを追及すべき
 人命優先は訴訟以前の問題、 民事調停切替要望断念

被害者の悲痛な
訴えと質問を
無視し続けた。
加害者側の人間とはこの件に関わった全員(下記の者)
   

認知症の危険人物放置罪
不払共犯罪。
 釘本春喜 ・ 妻 冨枝 家族全員車所有者の娘・息子)

緊急避難の危険状態知りつつ放置

 三井住友海上  担当清水節子 作村 二来彦

家倒壊に至る損害を過小評価調査ミス

(有)明建 鳴神浩介 一級建築士の免許資格者?

応急処置もせずに
修理責任逃避行為

有限会社 鏡建設 鏡 荒磯 経験50年の大工の判断

「加害者に賠償責任は無い」と拒否文

3弁護士 高橋法律事務所
熊田佳弘 高橋 隆 首藤裕好

「訴訟能力要件満
ちてない」と書面

「訴状」を却下しない理由
を言わない裁判所の犯罪
 

 当日、加害者側の家族が、必ず出頭するとの約束されるなら、当方は喜んで呼出しに応じて早期解決の為に出頭します。既にホームページ上で損害を立証済みの筈です。

 文書提出するかどうかは手続きの問題に過ぎず、せっかく事前に示して無駄な手間をかけないで解決するように通知、しても、最後まで無視し続けるのなら仕方有りません訴訟より
「逮捕状請求」に入ります。

 詐欺罪として強制執行差し押さえを要求します 緊急避難の為の支度金の支払いを加害者に求め、損害賠償・迷惑料を緊急に強く求めます。母も高齢です、早期に確定頂くように求めます。

 当方が求める強制執行の対象として、口頭弁論の場に最低、出頭すべき証人は次の通りです。必ず傍聴人として出頭させるように呼び出し状を出してから、公正中立である状態にして下さい。どれだけ被害者や他人に迷惑をかけて、平然としていられるのか、我慢にも限界に来ています。
 

釘本春喜 妻 冨枝 娘 憲子 3名
三井住友海上
株式会社   
清水 節子 氏
 同 社  作村二来彦氏

(有)明 建   
鳴神 浩介 氏

(有)鏡建設 
鏡 荒磯 氏

福吉派出所 
嶋田 巡査 氏

当人が出頭
できなければ 息子 1名

釘本春喜
  代理人
         

(本件主任)
弁護士 
 熊田佳弘 氏

    
弁護士 
高橋 隆 氏

    
弁護士 
首藤裕好 氏

 重要な参考人・証人として法廷に呼び出して下さい。当日前に出頭に応じるように裁判所より通知下さい。被害者にどれだけの迷惑をかけているかを傍聴席で関係者に聞いて頂くだけでも公正・中立になります。

 今回は数々の失礼なことを承知で、せざるを得ない状態に追い込まれてしまいました。高齢の母を平然と呼び出しをかけるなど、とてもまともではない感覚であることを感じました。老人いじめをするやり方です。

 残念ながら、訴訟に応じる前の段階で、安心して法廷や裁判官に委ねられる状態にはなりませんでした。この問題は、裁判の有り方に問題があるのか、一書記官の勝手な判断による言動なのか判りませんが、裁判員制度の有り方にも関係することです。訴訟の前に必ず明確にして頂くべきであると考えています。

 被告に立った人間が、不満や苦情をどこに持っていけばいいのか示すことが一番先にやるべきことです。一方的な「訴状」を受理して却下しないならば、その理由を書面でキチンと被告に示してから始めて下さい。

 9月7日に書面にて猿渡書記官に「訴状の却下願い」を申立てましたが、同日夕方に弁護士が文書送付していることで裁判所に対して不審を感じます。まともな回答しない相手の手紙は拒否するつもりでしたが思い直して最終日に受取ると「訴訟に入る予告の文書」を後付けで受け取った形になってしまいました。

 原告側に有利になるような結果をもたらした、書記官の責任と埋め合わせとして中立公正にするために訴状を却下しない理由を明確に文書で示して頂いてから、その理由に納得したなら「訴訟」に入って頂く事を認めるようにします。

 準備書面の用意はしますが、それをもって法廷の手に委ねたことにはならないことを一言、先に明確にお断りしておきます。公正中立で進める証拠を示す条件を必ず厳守して下さい。

17

http://homepage1.nifty.com/designb2/iron18.html   http://bun2.webcrow.jp/iron18.html

19

 -18 -     HOME