17 被害者の意見・主張・反論

  藤田裁判官へお願い 2 

人命最優先し被害者が緊急避難できる様に
一時支度金請求の回答を命じ下さい

 概略   手口 
立証 10 11 12 13 14 15 申立 16 17 18 19
反訴 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

17 申立  準備書面 

16

藤田光代 裁判官へお願い 2

18

 - 17 -    H19/11/26   乙第 17号証

 
 当方の出した
「最後通告の質問」に対して、熊田弁護士たちは何の回答もしないまま代理義務を放棄した中、いきなり裁判所から訴訟手続きの書類が送られてきました。彼らは代理弁護士として人と関わる仕事をしていて、質問と回答の会話が成立しない・・・。

 倒壊不安に怯え、
(一刻も早く避難を)と悲痛な叫びで代理弁護士に訴えているのに、そのことを加害者に伝えたのか、返事はどうだったのかさへの回答もしないままです。

 緊急避難処置を求める「最後通告」を出している相手に対して「回答書」を返さない。 釘本氏から委任「代理弁護士」として現れ、「今後は意見を伺いますので意見をどうぞ」と通知した弁護士が、今までの質問に回答もしないで、はぐらかしてばかりだった。

 倒壊の兆しが聞こえ家の下敷きになる恐怖に怯え、今か今かの返事を待つ被害者に対し、いきなり一方的に 口頭弁論期日呼出 及び答弁催告状を送りつけてきた。

 人としてやってはならないことをした…という感覚も 何の心の痛みも感じていない。時間のかかる証拠書類や訴訟の前に、真っ先に
人命に関わる問題を優先して解決するのが筋道です。

 人命を優先しない対応で、信頼できる代理人ではなくなりました。今後代理の立場で関わることは一切認めません。裁判官の中立・公正な視点で「訴状の却下」を命じ下さい。

 直ちに安全優先し被害者が緊急避難できるよう、一時支度金請求の回答を命じ下さい。訴状を却下しない理由があれば、書面でお示し下さい。納得できないことばかりです。まず代理弁護士には責任と資格を示す身元証明の名刺委任状を提示させるべきです。

 加害者の車突入が原因で 我家の玄関の柱を傾けて、倒壊の危険を招いた事は事実です。「倒壊に至る恐れがある」と訴える被害者の家の柱の状態の調査もしないまま、乱暴に危険な修理工事に入ろうとした鏡建設

 万一の保証「念書」提示させなかった
明建鳴神氏。両者による調査判断ミスが示談出来ない元凶となっています。建築プロの調査業務の判断ミスが原因で、未だに修理工事が進まず放置され、半年を過ぎても話がつきません。

 損保から依頼を受け、同じ主張を繰り返す弁護士が入って、話が進まない状態です。文書のやりとりで判ると思います。弁護士は損保と同じの主張を繰り返しています。会話を成立させない悪質な者とは関れません。決裂した最初の原因を解決すべきです。

 添付書類に甲号証写し、委任状、証拠説明書 各1通とあるが釘本氏の委任状は無い。損保も弁護士不誠実を繰り返している。今までキチンとした書類提出も、話合いの機会も持たない者が、一体どのように信頼を与えて、相手に答弁を求めて話をするのか?。

 まず明確に文書で「被害者の要求・質問」に答えてから、代理の立場を明確にした上で、次の必要な手段に入る段階に進むべきです。
両者は原告側の代理資格は失っています。


 
呼び出す前に、原告側は誰が来るのか、必ず出頭する加害者側の人間の名前を明確にした書面を提示して呼び出すべきです。してこれまで原告側の代理人として交渉に関わった全ての者、全員が証言する為に、一人残らずその場に出頭することが必要です。

 訴訟を起こす原告側は最低、当人と、妻、娘、が参席する事が「最低の礼儀」です
話を勝手に捏造したり、質問をはぐらかす無責任な3弁護士が、原告の代理で現れる資格はありません。明建の鳴神と損保作村両氏が証言しなければ解決にはなりません。

事故を起こした加害者が原告で裁判を起こし、近所の者を被告人として訴えるからには家族全員が出頭して、答弁せずとも傍聴席に来て、訴訟の経過を知っておくべきです。

 人の家を壊して弁償もぜずに恥ずかしい訴訟を起こすなどまともな神経では有りえない。もし普通の感覚の良識人でれば、突入事故で被害者に対して迷惑をかけ、はや半年を過ぎても放置したまま賠償もしないで、損保に任せきりにしたままで平然とはできない。

 更にまた訴状を出して裁判に持ち込む事に何の恥も疑問を感じないことは有り得ない。


 
当日、出頭する全員の名前を明示し約束されたら、当方は喜んで解決の為に呼び出しに応じます。きちんと損害調査のやり直しを主張し、逆に訴え返す「反訴」にします。

 又、詐欺罪で強制執行・差し押さえを要求します 緊急避難の為の支度金の支払いを加害者に求め、損害賠償・迷惑料を緊急に強く求めます。母も高齢。早期の解決を求めます。

 当方が求める強制執行対象として、口頭弁論に最低、出頭すべき証人は次の通りです。

 釘本春喜 妻 冨枝 娘 憲子 3名
三井往友海上火災梶@漬水 節子 

   同  社     作村 二来彦 

 (有)明建      鳴神 浩介 


 (有)鏡建設     鏡   荒磯 


 福吉派出所    嶋田 巡査 

当人が出頭できなければ 息子 1名
釘本春喜 代理人      

本件主任弁護士 熊田 佳弘


 弁護士 
 高橋 隆


      弁護士   首藤 裕好

16

http://homepage1.nifty.com/designb2/iron17.html → http://bun2.webcrow.jp/iron17.html

18

-17-   HOME