16 被害者の意見・主張・反論

 裁判官へお願い 1 
不払いの原因となる「念書」
書式を使い分ける手口の責任所在
と明確な答弁を損保に求めます。

 概略    手口  
 
立証 10 11 12 13 14 15 申立 16 17 18 19  
反訴 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

藤田裁判官へ お願い 1

15

16 申立  準備書面   

17

- 16 -   H19/11/26    乙第 16 号証

 猿渡書記官によると「原告からの「訴状」を受理した時点で、既に裁判官の判断が介入している」と伺いましたが本当でしょうか? 当方からは原告からの訴状には訴訟要件が満ちてないので、「訴状の却下のお願い」を猿渡書記官に面談して書面で申し立てました。

 
「もしも却下されない場合は、却下されない理由をキチンと文書で通知して下さい」と お願いして理由の回答を見て納得した上で、裁判官を信頼して判定を委ねる気持ちでした。しかし未だにその肝心な回答が無いので、民事裁判に踏み込む判断が出来ない状態です。

 「第一回口頭弁論に間に合うように」と念を押して伝え、その返事を待ち続けましたが未だにその明快な回答を頂いていません。大切な入口の処で判断が出来ない状態です。原告の一方的な言い分だけの受理なら中立・公正な裁判などは望めない事になります。

 書面で「訴状の却下をお願い」(門前払いの処理)を求めた以上、もし却下されないならば、その理由を書記官を通じて、裁判官より「文書のかたち」で明確に示して頂きたく存じます。その答えをまず頂かないと、弁論の出頭呼び出しも、正式な答弁書も提出が出来ません。

 初めから、公正・中立でない状態で訴訟を始める法廷に判定を委ねることは不可能です。よって今回はホームページ上にて、提出予定だった準備書面を掲載致します。FAX送信では書類が白黒で限界があり、鮮明写真が必要なら画面にてご確認下さい。

 今回は交渉が決裂した原因の真相を掲載しましたが、その後の経過は損保の都合のいい、ように嘘と偽りの情報を混ぜて勝手に捏造した情報です。議論するだけの価値も有りません。加害者からの委任状を未だに示さないままで、食い違いの情報ばかりで話にはなりません。

 正しい情報の元に回答しない無責任弁護士と関わっても意味が有りません。今後は
代理弁護士ははずし、直接当事者と示談する事を裁判官よりご通知下さい。

 口頭弁論では加害者家族と明建鳴神 業者の鏡建設、損保三井住友海上清水節子氏、作村氏達を必ず出頭させて、不払いに至る原因となる「念書」の書式を使い分けて書かせている卑怯な手口の真相について明確に答弁させるように求めます。

 当方の
「工事確認書」修正申立てにも損保は答えず、倒壊危機への緊急避難の対処にも回答しない。また弁護士の卑怯な時間引き延ばし戦術は直ちに停止させて下さい。

 訴訟要件が満ちてないのに却下せず、原告の当事者が出てこない発展性の無い弁論に時間を取られている間に、もし倒壊が始まったら責任は誰にあるのか明確な回答を下さい。

 訴状を直ちに却下して、人命を優先させ危険防止の緊急避難が出来るように回答させるべきです。強制的に避難に必要となる支度金を、大至急賠償するように命令を出して下さい。

 損害を正しく調査しない業務姿勢に問題が有り、損害があっても見ようともしない業務姿勢が「不払い問題」を全国で発生させる原因です。

 
「明建」を損保
の調査会社として派遣した以上 代理としての誠実さ・信頼を損なわないように教育・指示して当たらせるべきは損保の責任。鏡建設と明建が事前に話し合って招いた結果には、派遣した損保が全責任を取るべきです。
 

15

http://homepage1.nifty.com/designb2/iron16.html   http://bun2.webcrow.jp/iron16.html

17

HOME     -16-