危険な道・往来危険! 街灯 歩道の不備放置

へ  「安全ではありません!」

テキスト

写 真
当方 被害者の意見

HOME

戻る

1通目

2通目

3通目

4通目

5通目

6通目

7通目

 3/22

4/3

 4/11

 4/15

5/28

11/13

1/18

イメージづくりのお手伝い

〒819-1631 福岡県糸島市二丈福井6016
DESIGN B2看板博士  

080-3981-1954

 今川 正信


 プライバシー掲載中 12/8 
損害立証用非公開ページ 悪用禁止
  最後通告

被害者に一方的に約束させる「念書」
を強要する調査員を派遣した「損保」
に「違法行為だ」と抗議した。

 
 代理の役割を果たさない損保にあきれ果て、直接、加害者に「念書」を書いて貰おうとしたが、横から「損保」からの邪魔が入った。「既に代理資格を失った者は交渉への手出し・助言は無用」と強く意見をした。

示談の提案

      
1

  
 
釘本繁春 殿へ

 前 略  近所なのに傍聴席で初めてお会いしましたが、この事故の真相を知らずに「訴訟」に入った非常識さに疑問を感じています。
第2回口頭弁論法廷で、裁判所で解決をする方法には、公正中立に判定を下す筈の裁判官の判断力や態度に色々と疑惑を感じました。

 依頼された
弁護士の対応も代理の役割を果たさず、話し合いの姿勢を示さず食い違って話が進展せず、かけた労力も時間も無駄でした。
もう一年近くも放置されて再び寒い冬が来ます。手作りで応急処置した玄関戸下から寒風が入る状態で凍えて安らかに過ごせません。

 
も高齢で訴訟に足を運ばせるのは酷です。残り少ない寿命、早く解決して平安で静かな余生を送らせてあげたいと切に願っています。

-事故のゆくえ- を詳しく載せたHPをご覧頂いているようですので、損害立証した内容を確認されて正当な請求を受け入れて頂き、この辺で折り合いをつけて示談に入りたく存じますが如何でしょうか?。
既に損害立証して債務確認済みの筈で裁判する意味は有りません。

 事実を認めない現実逃避の理解不能な訴訟など無意味です。直ちに払って頂けるなら、
(金額を下げて「示談」の形で早く解決したい)とと考えております。緊急避難の質問に回答しない弁護士との交渉は迷惑千万ですので、(直接貴殿との和解契約に向けて示談に入りたい)と考えています。了承を頂けるならばご返事をお待ちしております。

 お互いに当事者能力の無い親に代わり、正常な判断ができる同士で、充分な話し合いによって円満な解決を計れるならば…と思います。
一度、当方の家に来て頂いて、代理人抜きで円満な示談交渉を進めて頂けるならば幸いです。正しい対応の返事をお待ちしております。

 繁春殿から、この交渉の食い違いの原因がどこにあるのかを、富枝氏によく事情を話して頂ければ、分かって頂けると信じております。

 これ以上、に心労で寿命を縮める罪を重ねることはご遠慮下さい。

平成19年11月 日   
福岡県糸島郡二丈町福井6016    
 
母  今川允子 代表       
息子 今川正信  印       
   092-326-5105   

 
 
 
 
 
 
             示 談 書  2

 

 釘本春喜(甲)今川允子(乙)は次の通り
        示談により争いを解決した。

   第1条 甲はに対して次の物損事故を
        起こしたことを認める。

    @事故発生日時 平成19年1月27日
        午後2時30分


    
A事故発生場所 福岡県糸島郡二丈町
        福井6016

 


    
B事故内容
       
上記日時場所において釘本春喜
     車
(福岡50は7712)
 を運転して、
       
私道から発進する際アクセルを強く踏
       
んで今川邸に飛び込み、玄関突入で
     壁柱を破損した。
 継ぎ柱への衝撃に
     より家屋倒壊の危険度を加速した。

       損害総額2千万→減額予定
        (今後の対応次第により)

       
示談条件
     
(支払方法 前金500万 後金1500万)

   第2条 事故当事者(甲と  釘本春喜
            
 今川允子


           
に対して、本件事件に関する
       損害賠償として、本日、
本示談書の
       調印に際に
2千万の内、前金500万
       を支払う。

 第3条 に対する刑事処分を求めない
       と共に、
に対して第1、2条の損害総額
       の取決め以外に何の請求もしない。

 第4条 双方は、本示談書に記載された事項
       以外には、互いに
何らの債権債務の無い
      ことを確認する。

         双方協議の結果 上記の通り、示談が成立
       しました。今後、本件に関しては、いかなる
      事情が発生しても、裁判上、裁判外を問わ
       ず一切異議の申立て、請求を行わないこと
      を誓約します。


         
本書2通を作成し、署名押印の上、各
      1通を保有する。

         平成19年 11月 日

          福岡県糸島郡二丈町福井6019
 
         
 福岡県糸島郡二丈町福井6016

                                     

 
                   

 

結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口

昔話の謎

ロゴ創作

運営サイト

なぞとき

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

光道…B

 

HOME

三井住友海上火災の見解

HOME

テキスト

1通目 

2通目

3通目

4通目

5通目

写 真

 1/29

 3/16

 3/2

 4/10

 4/13

 調査対象 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702
山さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657

〒810-8683 福岡県 福岡市中央区赤坂1-16-14
三井住友海上 福岡赤坂ビル3F 担当 清水節子
 三井住友海上火災保険株式会社
TEL 092-722-6475 
FAX 092-722-6841

へ  「安全ではありません!」


危険性を確認後自発的に職務改善すべき!