雛形組織  戻る  HOME  次へ  ■捜査対象

 巨悪の正体 1 2 3 4  5 6 7 8 9
 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20


 
昔話 予言
 
鬼退治伝説
 総合解説 2 
 
   

   


 調査対象→ 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702
山さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657


不正侵入 サイバー攻撃で
HPの裁判記録の文章改ざん
削除・リンク不能にする妨害
決定的証拠 犯人は

   

   
  犯人は


解説3 巨大な赤鬼
   

   

 
角をへし折れ!

 

 またもう一人の上のの話。 これは最近の実際に起こった葬儀のお通夜の時での事である。

 
の葬儀の前の日のこと。ついにの死に間に合わなかった上の姉と話をしようとした時、
上の姉は突然、全く関係のないことを言い出した。
 

 
「だったらあんた、ISに入ればいいじゃない…」「え…?」意表を突くことを言うので驚いてしまった。

 この言葉は、たとえ嘘でも冗談でも言ってはいけない事である。60を過ぎても人の話を全く聞かない大人気ないが、人の生きる方向のことを一体どの口で意見するのか?。

 
長女なら間違ったを責任を持って正せ!」と何度も依頼したのに、大切な質問には一切答えないまま、罪人の擁護ばかりしてきた。嘘とはぐらかしの名人。乱暴な口の聞き方で、弟に悪態の限りを吐き捨てる。聞き分けの無い駄々っ子の如きの人生感は全く気が知れない。

 その置かれている立場や職務を一体何と心得ているのか!。介護の仕事をしているにも関わらず、
が老人虐待を受けて、苦悩している姿を知りつつも、安全センターに通報もしない、怠慢ながいた。

 「残酷な組織に作りあげた」というこの「ISに入ればいいやない!?」とは一体どういう了見なのか?
 彼らは自分の利益の為だけに生きている。銃を突きつけ人権を蹂躙する極めて卑劣で自己中心的な存在である。

 そして
ISと同じように、この親不孝者の姉妹は、70年前の日本の侵略行為を非難してばかりで、現在進行形の人権蹂躙には全く触れないくせに、反省も無く、反日のデマを繰り返す、ずる賢い卑怯な中共朝鮮と同じ言動をしているではないか!

 粛清と公開処刑の暗黒の歴史を反省せず、いつまでも民主化できないまま、今も周辺国に虐待を続ける卑劣で身勝手な心が潜んでいる蛮国。

巨悪の正体


 PCを立ち上げると勝手にネットにつながる。

何者かに不法アクセスでウィルスを入れられたようだ。HP公開を妨害され困惑中。全ページのフォーム等が正常に機能していません。


 

桃太郎の鬼退治伝説 総合解説2

   

   

改めるべき心、ただすべき心
 悟れ 戻せ
 

 
 また、別のエピソード。

 これは
上の姉のおかしな対応である。が湯たんぽで低温やけどした時の事だが、私は「こんな状態になっているから」と見せたことがあった。だがチラッと見ただけで、よく見もしないまま「こんなもんたい」と言ってすぐ裾を戻して心配もしなかった。

 ところが次に来た時には、
「ウワッ!何でこんなになるまで放ってたとね!」と大声で叫んで驚いて見せた。ひどい状態に初めて気がついたような対応に豹変した。

 「足切断寸前で危険だから、うちがすぐ病院に連れていく」と言い出した。「田舎じゃロクな病院が無い。市内には病院がたくさんあるから、母を引き取り、しばらくうちの家から通院させる」と言い出した。
 
「ああ…、じゃあ頼むよ」の強引な主張に引きづられても仕方なく従った。保険証や下着など最低必要な物を手さげかばんにまとめさせ、あわただしくを車に乗せて連れて帰った。


 それからである。を預かって面倒を見ることになったのだが、やけどの治療の為に通院することになったが、それ以外の色んな病院をあちらこちらと連れ廻されていた。

 
には何も説明せずに、黙って連日、次々と新しい病院へ連れ回し、診察の受付で予約をして回った。その長い待ち時間には、ほとほと疲れきって耐え切れなくなってしまう。

 
の財布から勝手に診察料の支払いを済ませ、財布のお金を使い切ってしまう。残り少なくなったところでメールを送ってきた。「財布の中が乏しくなってきたので(年金を下ろして持ってくるように)が言ってます」という内容。

 私は
「姉がの面倒を見てくれる事になったから仕方が無いかと二ヵ月分の最低の生活費だけを抜いて、後のほとんどを封筒に残してに持って行くことにした。

 夕方に車で
の家へ向かって運転していたが、以前、店舗を借りる際に、保証人になることを姉夫婦に断られてから、の家には二度と足を踏み入れなくなっていた。だが、こんなかたちで思いがけなくの家に再びく行ことになったのが皮肉に思われた。一時間ほどでの家に到着して玄関のチャイムを鳴らした。


 の家の前の駐車場には見覚えの無いトラックが駐車してあった。「これ誰の車?」と聞いてもは何も答えなかった。

 義理の
が既に帰ってきていたが、気がつかず家に上がり、久しぶりにの顔を見て安心して話をしていた。その時、二階から下りてきた義理の兄がチラッと私を見て、そのまま不機嫌そうな顔で挨拶もせずに食卓に座り、夕飯を食べ始めた。

 
「久しぶりですね、お元気ですか?」「…」だが何も返事が無い。私は仕方なく、に向かって大事な話をした。「渡す用意はしてきたけど、その前にまず確認したいことがある」「何ね?」

 「前から言っているように間違った対応をしているの(下の夫婦を正すこと)を約束して貰い、を安心させてくれんね」「何でそんな約束せにゃならんね、うちは知らん」「何で?の余生をせめて静かに送らせてあげようと思わないの」「知らん、知らん」

 
意見の不一致はたちまち激しい言い争いになった。「うるさいぞ、お前ら!飯がまずくなる、お金を置いてすぐに帰れ!」「えっ?」私は言葉を疑った。「あなたはそんな人じゃなかったでしょ、一体どうしちゃったんですか?」

 「主人の俺が二階にいるのが判っていて、一言の挨拶もしないで何だ!」「え、居るって知らなかったから、(この車は誰の?)と聞いてもは黙ったままで、(車が主人のものだ)とは言われなかったから気がつかないままでした」

 「今、俺は仕事から帰ったばかりで、空腹で食事中だ!夕飯時に人の家に来てうるさくせんでくれ!」
私はジワッと怒りが込み上げてきた。(姉に頼まれてわざわざ遠い所からお金を持ってきたというのにこの話は聞いてないのか…?)

 「今、飯なんか食っている場合じゃないでしょ。おふくろの事でこれからの大事な話をしているのに、あなたは何か、大きな取り違いをしてますよ。嘘つきの性悪女にたぶらかされてますよ。こんな大嘘つきの姉に「何を!」

 
「人が誠実に語ろうとする大事な話を全く聞かない人間になりましたね。いつの間にか二人とも、耳無しモンスター夫婦になり下がってしまっていますよ」「何がー!もう帰れ!」

 
夫婦二人で私の両腕を左右で掴んで玄関へ強く引っ張った。
「何をする。やめろ!大事な話をしに来ているのが判らんのか?」「警察を呼ぶよ、帰れ!」「何?おお、じゃあ呼べ!そもそも一体誰がここに呼んだのか?」姉は電話をかけるふりをしたが、途中で自分がメールしたことで、弟がお金を持って来ることになったことに気付き、ふいに受話器を置いた。

 
「人がわざわざ遠い所からガソリンを使って尋ねて来て、大事な話をしようとしているのだから、おとなしく聞いて下さい」「いいや、お前の話なんぞ、聞く必要は無い!」 まるで鬼の形相で吐き捨てた。

 「えっ?ちょっと、待って下さい。あなたは何かとてつもない大きな誤解をしてませんか?。判りました。じゃあこの際、誤解の全てを解きましょう。何でも質問があったら意見を言って下さい。ちゃんと弁明しますから」「うるさい!。お前の言い訳なんか聞くもんか!いいから帰れ!」

 
「はああ?驚きましたよ。何ていう対応なんですか?ガキじゃあるまいし、六十を過ぎた人間の立派な大人がすることですか?」「いいから帰れ!」

 
そのやり取りの一部始終をは驚いて見ていた。「もうやめんね「あ、もう、やめて下さい、がびっくりして見てるじゃないですか」
 

 以下は…省略 長くなるのでこの続きは別のページで述べようと思う。 

 得体の知れないルートの薬漬けの肉を扱う仕事から、老人を食い物にする介護の仕事に就いた。

 人に喜ばれる物を創造し世の中に提供し、人の命を生かす仕事には決してなってはいない。
介護の仕事に移っても、身勝手な心のままで大人になっている。

 老人を虐待しても平然としている残酷な心は、売ってはならない危険な
「薬漬けの肉」を切り刻んで店頭に並べ、

 買ってくれたお客が食べても喜べないどころか怒りがこみ上げてくる
「粗悪で有害な食べると身霊が穢れて大事なものが見えなくなっていく、非常に危険な食品」

 有害な物であることを知りつつも、長年、平然と客を騙して売って来た、負の仕事を続けてきた成果なのか。

 一緒に炒めた
他の野菜の素材を損なってしまう。お客の体を蝕み、身霊をけがし続けてきた怪しげな肉。

 健全な心と健康な肉体をも損なう罪深い仕事に就いていた。世の中の為にはならない価値の無い仕事。

 否、害毒を流し続けて多くの
被害者を出しても全く反省しないで、有害な仕事を、平然とし続ける事で、世を乱す不法の輩、悪の集団の象徴でもある。

 このは、中共朝鮮という国を象徴的に演じるべき大切な雛形であるが、

 警察
(福岡県警)と損保
)も又中共朝鮮と同じ立場を形象的に演じる大切な役割を果たすべき雛形である。

 歪んだ何十年という人生の歴史を心から反省し、悔い改めて償いを完了する
「改心する赤鬼」を立派に演じて頂きたい。 悟れ。



 話は平行線で、肝心な答を引き出せず決着がつかなかったが、とにかく私は今後、の面倒をちゃんと見て貰う為の(介護費用を渡して帰ろう)と思った。

 「お金は車に置いて来たから今、持って来る」と言って一端玄関を出た。

 
おふくろにお金を渡そうと思って、戻って部屋の中に上がろうとすると、は居間のドアをバタンと締め切ってしまい、二度と家の中に入ってこれないようにした。

 
が玄関の入口に立って塞ぎ、弟の私が靴を脱いで上がって来るのを塞いでいた。

 「これはおふくろに直接渡したいんだ」「うちが受取ってちゃんと渡しておくから」

 
そう言い張るので、仕方なく私は20万円ほど入った封筒のお金を渡した。

 姉は予想外のずっしりした厚みにニンマリして奪うように封筒をふんだくった。

 おふくろのこと、よろしく頼んだよ。大事にしてよ」「判ってる、じゃ」そっけなく吐き捨てるように言うと、を外に閉め出しドアを閉めた。バタン!

 「むむ身勝手な夫婦の対応にあきれ、沸々と怒りが沸いて来た。(本当にお袋がお金を持って来るように頼んだのだろうか?)

 
だが今更それを確かめるすべも無いことに気づいた。

 完全に性悪の
にまんまと騙されたと悟った。が、もう遅かった。

 ハンドルを握りながらも、何故か胸糞の悪い、すごく気持ち悪い憤懣やりかたない思いが湧くのを感じながら実家に戻って帰っていった。

 上の姉が、改心し降参して宝物を返すべき赤鬼大将の立場を演じなければならないとすれば、

 弟に返すべき金額は、母の手さげカバンから持ち去った
20万円

 それから病院を連れ回して財布を空にして、母の年金から財布へお金の補充をさせる狡猾で巧みに騙し取った20
万円

 更に葬儀場での遺言破りの身勝手な振る舞い。葬儀場代金の半分の
10万の、合計50万円である。



 また一方で、
下の姉改心し降参して宝物を返すべき赤鬼手下の立場を演じなければならないとすれば、

 弟に返すべきものは、お金では無く、まず法事で留守中の家に侵入して密かに持ち去った
カセットテープと謀略裁判の資料である。

 これまでの調査員や損保との
交渉中の音声記録謀略裁判での様子を詳細に記録した価値ある内容である

 これが公開されるとこの謀略裁判に関わった全ての人間が
懲戒免職され、かつ、損害賠償の業務資格をも永久に剥奪される程の大罪を犯してきた決定的証拠となる筈の貴重な記録テープである。

 それが紛失したことで、その後の全ての問題を悪化させ、損害立証を認めて貰い、賠償して貰える筈の未来が
絶望の闇に変わってしまった。

 更に
往来危険の発生放置され、我家に背負わされた土地問題の最終的解決をも困難にして、解決は先延ばしになっていく。

 我家の大切な使命にも
混乱をもたらし、こうして夫の仕事を手伝うことで下の姉の犯した罪は、到底許しがたい実家の使命への反逆である。

 尊い使命を途中で挫折させてしまう程の罪であることを自覚すべきである。

 持ち出す事で、鬼退治の使命を邪魔をした
証拠隠滅を謀る大罪となる。

 全ての元凶でもあり、莫大な損害賠償金は彼らに求めるべきなのかも知れない。

   
   
   
     
 から指令を受け、空き巣に入り、カセットを持ち出した」と素直に白状するなら、指令を出した真犯人こそ巨大な赤鬼である。 ならばその大将角をへし折らねばならない!。

 「福岡裁判所のサギ加担罪」とその後の不正アクセスによる「文宣のサイト侵害、改ざん、削除、営業妨害罪」と関連し、つながる性質の悪い大罪を犯してきた会社の経営者達に、重い懲役刑事罰を課すことになる。


  昔、母が裏庭で撮らせた
唯一の家族写真

 

   

   

 
     姉 (長女)    姉 (次女)

 やがて母親を裏切る
親不孝娘になるとは実に残念

二重の役を演じる のふ子 かすえ


 
 この姉妹は、結託して悪事を働く有害な存在だ。両者は人の道に反する仕事をする宿命にある。

 取締る役目にありながら
罪人と結託し隠蔽し擁護する。悪人同士の癒着の意気投合が濃厚だ。

 病院の診察カードを何枚も作らせたのも通院日を多く作って
留守日を作る意図が隠されている。

 その日を狙って、
も空き巣に入ってじっくりと探せるという卑劣な手口が見えてきた。

 介護でよその家を訪問する仕事をしているが油断も隙も無い。
大きなゴミ袋を持ち出す姿を見かけたら注意すべきだ。

 家宅捜査すべきはこの
姉妹の家族全員だ。盗品が数多く出てくる可能性あり。
 「夫婦を正せ!」という依頼無視する蛇。損保を正せ」という依頼を無視する県警 調査員を正せ」という依頼を無視しかばう損保
 
   
   

 
をただせ!「損保の業務資格を剥奪せよ!」と糾弾したが、警察も金融庁も検察も結託して、その回答をはぐらかした。→ 
 

 当然のやるべき事すべき立場でありながら怠慢な こんな罪深い卑劣な対応をする処は姉=警察=中共といずれも全く同じ動きをする共通の存在である。

   
   


 共犯サギ加担
ほう助
     


 は白血病で入院している時、「あいつらとはもう話をせんぞ」と私にいきなり伝えたことがあった。

 あいつらとは一体誰達のことであったのか、聞かずじまいだったが、おおよその見当はついた。兄の死からかなり経ってから上の姉のポロリと話した内容から真相が明快に判ったのだ。

 
姉達が見舞いに行った時の兄の対応への不満を聞いて、そのあいつらの正体を知ったのだった。は入院して死が近くなるにつれて、見舞いにきてくれたが、何を話しかけても一言も返事しなくなったらしかった。

 ポロリと話したことで、私は
の最後の決意を知ったのだ。は私が持って行った「ひつく神示」という本に出会い、自分の本来の使命を悟るようになった。そこには裁きと警告の言葉があった。

 
そなたは取り違いをしていると、今に気の毒が起きるぞ。倒産、事故、怪我、病気、全ては警告の為に起こる事ぞ。

 大切な役を果たそうとしている存在に気づかず何故、邪魔ばかりしてきたのか、よく話を聞くべき相手を軽んじ、妹たちの陰口を聞いてたぶらかされ一緒になって批判してきた対応を悔い改めて侘びを入れねばならんぞ。

 そなたは穢れた肉を食べて、すっかりヤマト魂の身霊が曇りきっておる。穢れた肉食を断て
… 

 以下は省略

 は死の直前になって、自分のしてきた対応がことごとく間違いであったことを悟った。

 
「償いの為に何をすべきか、手を合わせて必死に祈り、もう一度だけチャンスを下さい」。とお願いしたという。



 だが気づいてみると、人生に三度あると言われるチャンスが最後の段階に入っていたことに愕然とする。

 
(もう俺には時間が無い。せめて、せめて私に出来ることは何だろうか?)生きて使命を果たせることの光栄を生死のぎりぎりのところで気がつくとは残念無念。

 
(何故、俺はこんな取り違いをして生きてきて、改められなかったのだろうか?。

 思い込みと決め付けの陰口の言葉ばかりを聞かされ、周囲のガラクタのクズどもに惑わされてしまったようだ。

 俺は関わるべき相手を完全に間違ってしまった。私は最後に弟に謝罪し、後悔と懺悔をして侘びを入れよう。

 
「すまん、俺は間違っていた。俺はお前の話をもっと良く聞くべきだった。毎日、手を合わせて必死に祈っている。もう一度チャンスを下さい」と。

 だが、全てもう手遅れであった。兄の体には抗がん剤で免疫がすっかりなくなり刻々と死が近づきつつあった。

 
以後は省略 この闘病記の続きはいづれ、別の機会に詳細に解説しようと思う



 

 
 兄の残した反省と教訓は、汚れた敵、惑わす相手と近づき過ぎず、一定の距離を置いて歪んだ心を正確に指摘して、厳しくただすことである。そして罪を認めたなら、嘘でもいいからキチンと謝罪させ「もう二度と致しません」と誓わせ償わせるべきであった。

 盗みを働いた
少女も白状はしたが、母親に謝罪も弁償も任せて、謝りも償いもしないまま育った。中共朝鮮も、反日暴動や拉致は認めたが、それだけで終わって、彼らは謝罪も賠償も一切しないままだ。警察署損保も犯した過ちを判っていながら認めもせず、市民に迷惑をかけても謝罪もせず、賠償もしないまま放置。


 こういう輩に人生を台無しにされた者の恨みは相当に深い。
世を乱し不法を働く者どもよ。今後、家族を暗闇に引きづり込む多くの霊に囲まれることを悟れ!。忌まわしい祟りに執念深くとりつかれて倒れていくことになる… 警告 間違った生き方の存在に教育指導を委ねてはならない。


 
 


 
 決定的証拠 不正侵入 サイバー攻撃でHPの文章改ざん、
 削除・リンク不能にされた。 
犯人が証拠隠蔽に走る
 
 
 改善命令にも関わらず全く改心せず 相も変わらず 汚い手口を何度も繰り返して悪さをやめない。 金融庁は今すぐに「保険業務の資格の剥奪」を命じるべきである。
不払い事件の陰で、操る巨悪の正体 一番罪ぶかい存在だ。   PCやOA機器を破壊し、妨害の限り尽くす。

   

   
 不正 アクセス
 犯 人 特 定

聞き分けの無い駄々っ子の
ような見苦しい対応を繰り返して
 

腐りきった業務を
改善出来ない会社

 

 

 

 

結託妨害 立証

継ぎ柱の状態

iPhoneの故障

トレーラー突入

倒壊危険の加速

妨害・破壊・交換

鉄槌下る天の審判

差押サギ共謀加担

ネット妨害取締れ A1

ネット妨害取締まれ A

巨悪と闘う日々

損保と警察と裁判所

清水 富枝 警察 と 

妨害・改ざん・盗難

癒着・結託の公的機関





大和魂覚醒講座

「なぞとき工房」

昔話の謎解き

「ひらめき.の.空間.jp」

日本の使命と

存在意味を探る

謎解き 閃き 講座

洗脳を解く 壁紙

「ポチよ泣かないで」

「ポチよ 」 青春編

「光の道を備えよ!」

なぞとき小説 放浪

なぞとき小説 回想

小説  チカ定着時代

「ポチよ」前 編
なぞとき小説 幼少

Design B2
ロゴ・マークの創作

光の道を 第3部
小説 チカ激闘時代


 

 
昔話 予言
 

巨悪の正体  1 2 3 4  5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

雛形組織  戻る  HOME  次へ  ■捜査対象