雛形組織  戻る  HOME   次へ  ■捜査対象

調査対象→ 〒819-0043 福岡市西区野方1丁目12-24-3 不治の 親不孝一聾 のふこ  092-811-4271

巨悪の正体  1 2 3 4  5 6 7 8 9
10
 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

 

 



昔話 予言
 
鬼退治伝説 総合解説 1
 

   

   

改めるべき心、ただすべき心
悟れ! 戻せ!

 

不正侵入でサイバー
攻撃 HP裁判記録

文章を改ざん
削除をされる

不正アクセス
犯人特定済み
決定的な証拠
 

解説3  巨悪の正体 謎解き



 二人の姉妹のふこかすえ)   の幼少期エピソード

 我家の二人の姉妹が一体何を演じているのか? その謎を解く為のヒントとなる重要なエピソードを紹介しなければならなくなった。何故なら家族の一人一人が、個人から〜ある組織、そしてある国家まで、同時に演じる宿命を背負う存在であるからだ。

 
象徴〜から形象実体に至る3段階の立場を含んだ立場で実に奇妙な動きをしている二つの存在の意味だ。
 特殊な感覚を持って生きている為に起こる悲劇があることを知って貰う必要性が出てきたからである。

 重要な最後の
「悪の改心」を演じ切るまで、与えられた「悪の役割」は、そうは簡単に果たせないことを理解して頂ければ幸いである。
 聞くに堪えられない耳の痛い内容かも知れないが、重要なエピソードであるので耐えて欲しい。

 人の言う事を全く聞かないままのが帰った後にがつぶやいた。「あいつは、本当に、卑しい奴っちゃ「ん、何?」かすえがまだ小さかった頃のある出来事を思い出したのだった。

 
「これはね、ずっとあんた達がまだ小さかった頃の、昔むかーしの話たい」
 母
の表情は沈んでいた。は遥かに過ぎ去った遠い昔に起きた、ある忌まわしい記憶のエピソードを語りだした。
 

かすえの幼少期
 ある日、チカが家の中で家事をしていると、まだおぼつかない様子で遊んでいたの泣き声。ヨチヨチしていたが、何故か突然、が点いたように大声で泣き出したという。

 
(何が起こったのか…?)と驚いて振り返って見ると、が指と口元に茶色いものを付けてのけぞって泣いていた。

 近づいて見ると
プ〜ンと嫌な臭いがした。何とは愚かにも、自分のお尻から漏らした大便を、指で触り、ジャムか何かと間違えてか、それを食べていたのだ。何の考えも無しに口に入れた後から、(あ、これは食べ物じゃない…)と気がついて、その強烈な臭いに驚いて泣いていたのだ。

 
は突然、いくら話しても聞き分けが無く、思い込みでモノを言うの姿に、「不快な昔の記憶」がよみがえったという。 

 

 その話を聞いてから私も昔、風呂場でがヒソヒソと聞かせた不思議な耳打ち話を思い出した。

 昔、五右衛門風呂に
と二人で入っていたとき、は何か忌まわしいことを思い出したかのように突然、私の耳元にささやいた。


 
「お前の姉ちゃんはな、アポ食べてたらしいぜ」「うえっ、うそー」何が何だか判らない、いきなりの話で、私は信じられなかった。多分(冗談やろと思った。また、アポを食べたって一体どっちのなのか?さえも聞き直さないまま、いつしか時が過ぎて忘れてしまった。

 今から思うと、もこの話をから聞いていて、そのおぞましい話を、どう解釈したらいいのか?考えあぐねていたのだ。(いくら幼いとは言え、人間がそんな馬鹿な事をしてしまうものなのか?)

 (人間の体の構造からして、食べて良いものか、それとも食べると
不潔危険なものなのかどうか?、誰しも口の上に鼻があり、本能で瞬間的に防げることじゃないのか?)

 
どう考えても信じられない話に、も答が判らず、たまらず幼いの私に、その答えを求めて聞いてきたのかも知れなかった。と今、つくづく思う。

 その風呂場での兄耳内話からしばらく過ぎた、ある日の夕飯の支度の時、お膳の食卓の準備をしていたは、洗った塗り箸を束に抱えて、お膳の真ん中にある(箸入れ)に入れようとしていた。
 
 ところが入れる寸前に、お膳の向こう側の席に座って待っていた
に気がついた。の顔を見ると突然、憎しみを込めて「ええい!、ええい!」と言いながら塗り箸一本づつ、立て続けにの顔に投げつけていた。
 
 私は、
が一体(何を始めたのか?)も判らず、そんなの不可解な行動を少し離れて見ていた。その投げた何本かのうちの尖った一本のかすえの眉毛の端に突き刺さり、タラリと出血した。「あっ、痛ーい!。わーーん!!」突然大声で泣き出した。
 
 それを偶然見ていた
祖母ゼンを激しく叱った。「のりお!こら!何しようとか!お前は! もしも、かすえの目に刺さって目が潰れでんしたらどうするとか!、この馬鹿が!、今畜生が!」「うむ」「あ
 
 
激しいゼンの怒りの言葉には面食らって何も言い返せず、黙って投げるのをやめた。は怖くなり、そのまますぐに二階に駆け上がり、その場からいなくなった。
 
 
(何故こんなことをしてしまったのか?)だけは何となくぼんやりと判った気がした。から聞いたかすえのした愚かなアポ○事件で、その思慮の浅い軽率さにあきれ、うっかりでは済まない、何か取り返しがつかない程の、不注意がもたらすとてつもつかない大きな未来の人生の過ちを、から予感した。人生の使命に大きな取り違いをさせてしまう(本能的に自分の将来を脅かす程の、非常に危険な存在になるかも知れないと感じてやったのかも知れない。と今、思い出す。

 

 昔、が裏庭で撮らせた
唯一の家族写真

   

   

     姉 (長女)   姉 (次女)
 

 また別の話だが、釘本家の私道の横の空地にヤギが放ってある場所でと二人は遊んでいた。

 
は黒い石を拾って、道端に何かを描いていた。

 私は
ヤギが糞をする場面を見ていたので、その黒い石が、どうもポロポロと落ちていたものと重なり(危ないな…)と思い、近寄って見てみた。

 どうやら間違いなく
ヤギの糞が時間が経って硬くなったものであった、私はすぐ「あっ、それ、ヤギの糞だよ!」と教えてあげた。「アッ」と驚き、持っていたその黒いヤギの糞を手から跳ね落とした。


 また別の話、昔、寒い冬のある日、との境にある井戸の横で姉と二人で遊んでいた。

 井戸の上にきれいで真っ白な雪が積もっているのに感銘したのか、
は素手で冷たい雪を強く掴んでしばらく堪能して平然と握り締めて楽しんでいた。

 すると手が
凍傷で赤くなり、薬指だけがみるみる膨らんでいった。

 私は、幼い心に、
の持つ皮膚感覚にある疑問を感じ、物事の良し悪しを感じる大事な神経が切れているような、普通の人とは極端に狂っている特別の危ない人間だと感じた。


 また別の話、季節は夏の暑い日に、が廊下で何やら片付け物の整理をしていた時、がそのの背中に甘えるように持たれかかって擦り寄ってきた。

 だが突然、激しい大声で、
「あーもう!、暑いのにベタベタくっつきなさんな!」背中にまとわりつくが、余程うとましかったのか跳ね除けて怒った。

 私は傍で驚いて見ていたが、こんなに怒りをあらわに出す
の姿を今までかつて見たことが無かったからである。


 小学生の頃、と口喧嘩したことがあった。口達者でどうしても勝てなくて、あまりにも悔しくての教科書を隠してしまった記憶がある。
 
 自分の過ちを認めず、どこまでも強情で絶対に謝らない
に業を煮やして、教科書を隠したのだった。
 
 そのことで一年もの間、
は教室で隣の生徒に教科書を見せて貰う事になるのだが、その損失を思うと普通、不便を感じて(何とかうまく謝罪して返して貰うことにしようか)と落ち着くものだと思うが、とうとうそういう事にはならなかった。
 
 いつしか
も教科書をどこに隠したか、その場所も忘れてしまい、すっかり一年がとうに過ぎてから雨戸入れの上からふいに出てきた。

 人並みでない尋常でない強情さが潜んでいる
を感じた。この出来事は(将来、が学ぶべき大事な何かを弟が隠すことになる)という、の間で、やがて味方に分かれて激しく闘かう、未来に起こるある宿命の象徴を演じさせられていたようである。
 
 結果的にもその通りの事が今、現実に起こっている。醜い、いさかいの事実となった。
(ここは冷静になって、少し妥協して何とか解決しよう)という賢い知恵が全く育ってない、強情で未熟なままの子供の証拠だ。



 「夫婦を正せ!」というの依頼を無視する蛇 損保を正せ!」という依頼を無視する県警 調査員を正せ!」という依頼を無視し庇う損保 
 をただせ!「損保の業務資格を剥奪せよ!」と糾弾したが、警察金融庁検察も結託して、その回答をはぐらかした。→ 
 
  
 当然のやるべき事をはたすべき立場でありながら、怠慢な こんな罪深い卑劣な対応をする処は=警察=中共といずれも全く同じ動きをする共通の存在である。
 

共犯サギ加担
ほう助の重罪

 
     


 
 不正侵入 サイバー攻撃で HPの裁判記録の文章を改ざん
されて使えなくなった。 判っていながらも、尚も証拠隠蔽に走り続ける彼ら。
 
 「改善命令」にも関わらず 全く改心せず 相も変わらず 汚い手口を何度も繰り返して 悪さをやめない
金融庁は今ぐにこの重罪の犯人「保険業務の資格の永久剥奪」を命じるべきである。
 



 
    差押サギ共謀加担
 
 2012/11/25 に公開  視聴回数 45 回

 知らぬふりを決め込み、
「食い違いは無い」と回答した損保
大工 調査員 の食い違いを黙殺した。悪質で無責任な体質
「偽装調査」改めぬまま 弁護士に移行し 偽装裁判に導いた。

 共謀加担 犯罪者達の
(調査員築会社保会社害者) 偽装の(調査 見積 査定 検証 原告)達。間違いと判っても中止せず賠償相殺・差押判定とはよくぞ強行したものぞと思う。

 難聴の高齢者を不当に呼出し 年金口座の差押 預金引落で脅迫し 苦しめる 神をも恐れぬ所業。 「サギほう助罪」に処せられるのも臆せず平然と加担する理由もヤメ判弁放置も不明。

 
 
 
 不払い事件の陰で操る巨悪の正体の損保が一番罪深い。
 
   PCやOA機器を破壊し、妨害の限りを尽くす。
 
   不正 アクセス
 犯 人 特 定
 
聞き分けの無い駄々っ子のような見苦しい対応を繰り返して
   
腐りきった業務を改善出来ない愚かな会社だ。




 

 

 

結託妨害 立証

継ぎ柱の状態

iPhoneの故障

トレーラー突入

倒壊危険の加速

妨害・破壊・交換

鉄槌下る天の審判

差押サギ共謀加担

ネット妨害取締れ A1

ネット妨害取締まれ A

巨悪と闘う日々

損保と警察と裁判所

清水 富枝 警察 と 

妨害・改ざん・盗難

癒着・結託の公的機関





大和魂覚醒講座

「なぞとき工房」

昔話の謎解き

「ひらめき.の.空間.jp」

日本の使命と

存在意味を探る

謎解き 閃き 講座

洗脳を解く 壁紙

「ポチよ泣かないで」

「ポチよ 」 青春編

「光の道を備えよ!」

なぞとき小説 放浪

なぞとき小説 回想

小説  チカ定着時代

「ポチよ」前 編
なぞとき小説 幼少

Design B2
ロゴ・マークの創作

光の道を 第3部
小説 チカ激闘時代

 


昔話 予言

巨悪の正体  1 2 3 4  5 6 7 8 9
10
 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

調査対象→ 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702 山さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657

雛形組織  戻る  HOME  次へ  ■捜査対象