雛形組織    戻る   HOME    次へ    ■捜査対象

巨悪の正体           

 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

遠因 近因

 
 何故かは、積年の土地境界問題の敵となる家の敷地の玄関内に立って写っていた。  この家は「横取り、略奪、妨害の象徴」を演じる家で、紛争の罪を問われる残念な位置であった。

   

   

 
 
つつじの木が生える場所。裏隣の「ワタブン」という旅館の玄関。庭を背景に二人で並んで写っている。

 古い写真で、折れ曲がりキズがあり、かなり傷んでいる。小学校に入学する時にが記念に写した写真のようだ。


 実はもう一枚、新しい制服で「新たに撮り直した写真」があったのだが、そのアルバムはが無断で持ち出したのか、残念ながら今は見れなくなった。

 その写真が表している重大な意味は、写真が戻ったら詳しく説明したい。

 掃除にかこつけて何でもこっそり持ち出す癖は今でも治っていない。

 大きなゴミ袋を持ち込んでは、バタバタと掃除をして、大きく膨らんだゴミ袋をわざわざ持ち帰ろうとする「これ!、ゴミは持って行きなさんな!置いていきなさい!」は言うことを聞かないをきつく叱っていた。

のりおのふ子
の立つ位置を暗示
   あんた、バックに入れていたお金知らんね? 紛失
 母の旅行の留守中に勝手に家に侵入して、無断でベランダの格子を取り替えた犯人追求談や、「濡れ衣」を着せて盗んだお金で高級菓子を食べていた、幼少の頃に起きた盗難事件のエピソードもある。凶悪な人間の心の本質に迫る「三つ子の魂談」を予定。  母に勘当された(元調査員の妻かすえ)を庇い、結託擁護して家に入る資格が無いのに無理に横破りで入り、掃除にかこつけて引出しを片っ端に開けて家捜しするの怪しい行動の理由も詳しく解明する。
   
   
     
 冷たくなり動かなくなった子猫を心配そうに後ろから悲しげに見下ろしている親猫。  躾けが全く出来ていない野良猫達姉達を締め出す同時性が重なった。

   

   
 上の写真は野良猫の親と子。箱の中の子猫は高熱で震えながら死んでいた。

 初産だったようで、どこかで子猫を三匹産んで何とか乳を与えていた。

 ある日、勝手口まで子猫三匹を連れて来た。餌場までどうにか辿り着いて安心したところだったが・・・。

 突然、天気が荒れ始め、雨風が吹きすさぶ夜中に、親子で激しく泣き叫ぶ声がかすかに聞こえていた。

 びしょ濡れになった体でブルブルと震えながら風邪をこじらせ高熱が出て三匹共みんな死んでしまった。

   突然の嵐で雨風に打たれ他の猫も鉢に頭を突っ込んで凍え死んだ。
 

   

   
 頬にケガして毛が抜けて痛々しい

 全ての子供を失ったこのに更に悲劇が重なる。血みどろの顔に・・・

 実はこのにはキジ猫の親猫がいて、その親猫が久しぶりに現れて、何故か子育てに失敗した娘猫の哀れな様子を確認して又姿を消した。

 両頬に痛々しいケガ、毛が抜け弱り果てた娘猫に辛く当たって、餌を食べるのを散々邪魔をして去った。

 悲劇を演じたこのは、四匹生まれた兄弟姉妹の内の一匹である。

どこか隙間から侵入してか、顔にケガをして痛い目にあう
 筋を違えたまま、無理矢理に家に入るべからず!


 嫁入りしてからのの辿った、山での水と杉の木の争い。近隣との水の争い。隣の家との土地の境界の激しい闘いの人生の意味。不可解で不思議な「闘争の道」を辿ってみるべき。  井戸外便所との交換条件で長年裏の土地を使用していたが、突然、裏の家がその土地を横取りして、新しい地主として現われ「今すぐに小屋を立ち退け!」と言い出す。
 息子も又、同じ「闘争の道」を背負って、残した課題を果たして辿るのも宿命なのだろうか?
 立ち退き料も払わず
「田舎に帰れ」と迫る身勝手な家主に組する姉夫婦。誤解し邪魔をする時に起こる、恐るべきひどい天罰の悲劇。何も知らずに帰って来たを惑わして判断を狂わせた「過ちの轍」を再び自らが踏んで鉄槌を招くしかないのが避けられぬ宿命なのか?
 切り土の湿気と白蟻。断熱材無しのトタン屋根で熱い店舗で問題だらけの家賃の値下げ交渉中に突然家主が急死した。だがその家主の息子が帰郷して、突然現れて立ち退きを命じた。「外便所」と「小屋」を解体して今すぐ立ち退くように」と言い出した昔の我が家の立場と全く同じことが起きてしまった。二代と三代との時代的同時性発生。
  
 気がつくとあっという間の出来事であり、急に胸騒ぎがした。  不吉な予言で 最後の警告として掲載していく。

事情を良く知らずにした事とは言え、ひどい事をしたならば、
心からの「お詫びと償い」
(謝罪の言葉と賠償)をしなければ
恐るべき災いの激しい鉄槌の悲劇が襲うことになる。 悟れ!

 

 


 

 

 

結託妨害 立証

継ぎ柱の状態

iPhoneの故障

トレーラー突入

倒壊危険の加速

妨害・破壊・交換

鉄槌下る天の審判

差押サギ共謀加担

ネット妨害取締れ A1

ネット妨害取締まれ A

巨悪と闘う日々

損保と警察と裁判所

清水 富枝 警察 と 

妨害・改ざん・盗難

癒着・結託の公的機関





大和魂覚醒講座

「なぞとき工房」

昔話の謎解き

「ひらめき.の.空間.jp」

日本の使命と

存在意味を探る

謎解き 閃き 講座

洗脳を解く 壁紙

「ポチよ泣かないで」

「ポチよ・・・ 」 青春編

「光の道を備えよ!」

なぞとき小説 放浪

なぞとき小説 回想

小説  チカ定着時代

「ポチよ・・・」前 編
なぞとき小説 幼少

Design B2
ロゴ・マークの創作

光の道を・・・ 第3部
小説 チカ激闘時代

調査対象→ 〒819-0043 福岡市西区野方1丁目12-24-3 不治の 親不孝一聾 のふこ  092-811-4271


遠因 近因

巨悪の正体           

 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

雛形組織    戻る    HOME     次へ    ■捜査対象