危険な道・往来危険の早急な対策を!

 調査員 家族         ■捜査対象

調査対象→ 〒819-0043 福岡市西区野方1丁目12-24-3 不治の 親不孝一聾 のふこ  092-811-4271

  戻る           HOME           次へ  

巨悪の正体  1 2 3 4  5 6 7 8 9
10
 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

 a b c



へ 「安全ではありません」

 
身内の敵 債務調査依頼書


身内のことだが、やむを得ず公開する内容

 


 のふ子から メールがあった。 お母さんとは呼んだ事がない。

元気してますか?

平成22/01/28

今晩は、先ほどから何回も電話・メールしてます。
安全協会より、私に電話有り、

 二丈の允子さんへ、毎月一度のお元気ですかの電話しましたけど、出られませんでした。入院されているのでは?と電話あり、メールでいいので連絡下さい。のふ子


non title

平成22/01/30

こんばんは、メール見て頂けたでしょうか?返事メール下さい。よろしく。

 

〒819-0043 福岡市西区野方1丁目12-24-3 不治の 親不孝一聾 のふこ  092-811-4271
 
 
 

 心配しているようなので、 状況説明と、大切な依頼のメールを返した。 

健在。心配無く

平成22/01/31

メール確認、思索中…
電話・面談・不可状態

 実は今、こちらの様子を窺う、探りを入れる偵察の怪電話が頻繁に入っており、面談、電話・携帯など、うかつに出来ない警戒状態です。
 
敵か味方か不明なものは拒絶中。怪しい〒郵便物受取拒否中。立入禁止中なので了承下さい。

 は心労からか、急速に老衰・難聴が進み、普通の会話も聞き取り不能で、電話の応答にも、補聴器が必要です。去年の夏から補装具の支給申請中

 介護のほうに、補聴器の申請しても、役場にタライ回しされ、何とか障害の認定を受けても、何かと難癖の制限を付けられ、半年経っても下りず待たされています… 

介護制度は呆れる程の機能不全です。

 安全センターからの連絡について、は入院か?」との心配をして頂いていますが、まずは「元気です」と答えられる環境にして頂く必要性があります。

 ぜひ、その担当の方に電話やチァイムが鳴る音が聞こえず、出れない老人に、何をしてあげられるのか、「介護支援で優先すべきは、視聴覚を補佐する補装用具の支給です」

 「大至急、介護のほうで責任を持って、補聴器支給の支援手続きを戻すようにして下さい!」と伝えてくれませんか?。介護制度の実態と改正点をメールで伝えます。
 損保も介護保険も、取り違いばかりです。存在意味と役割の基本を無くし、中身が空っぽです。

 いつまで高齢老人を失望と苦悩の中に陥れたまま放置しておれるのか、存在の真価が問われる処です。

 損保による、裁判の悪用の不当な呼び出し、老人虐待が発生していることを通報するのも、介護に関わる使命として、受け止めて頂くようにお伝え下さい。

お願いします。         正信

 ※の部分 老人介護に携わる人なら老人虐待状態の改善に努力する筈だが…
 せっかく意見を言える位置にいて
母親の気持に全く応えず、はぐらかすたち。
 
 

調査対象→ 〒819-0043 福岡市西区野方1丁目12-24-3 不治の 親不孝一聾 のふこ  092-811-4271


 

 

 

結託妨害 立証

継ぎ柱の状態

iPhoneの故障

トレーラー突入

倒壊危険の加速

妨害・破壊・交換

鉄槌下る天の審判

差押サギ共謀加担

ネット妨害取締れ A1

ネット妨害取締まれ A

巨悪と闘う日々

損保と警察と裁判所

清水 富枝 警察 と 

妨害・改ざん・盗難

癒着・結託の公的機関





大和魂覚醒講座

「なぞとき工房」

昔話の謎解き

「ひらめき.の.空間.jp」

日本の使命と

存在意味を探る

謎解き 閃き 講座

洗脳を解く 壁紙

「ポチよ泣かないで」

「ポチよ 」 青春編

「光の道を備えよ!」

なぞとき小説 放浪

なぞとき小説 回想

小説  チカ定着時代

「ポチよ」前 編
なぞとき小説 幼少

Design B2
ロゴ・マークの創作

光の道を 第3部
小説 チカ激闘時代

 



へ 「安全ではありません」

 a b c 身内の敵  継ぎ柱の状態

巨悪の正体  1 2 3 4  5 6 7 8 
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

  戻る          HOME           次へ  

 調査員 家族           ■捜査対象


危険性確認後自発的改心・改善すべき!