雛形組織   戻る   HOME    次へ    ■捜査対象

調査対象→ 〒818-0084 筑紫野市針摺西1-2-10 ロフティ筑紫野702 山さぎ いわお 山さぎ かすえ 092-925-9657

巨悪の正体           
10
 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20



闘いを予感させる遠因
  
     

 往来危険注意

 が残した課題のひとつに、たいした財産ではないが、残された子供達に平等に財産分与することが残っている。

 謀略裁判のおかげで、
は早めに家の相続をすることになったが。本来、財産分与を目的に贈与を受けた訳では無い。

 しばらくして
税務署員「贈与税を払って下さい」とやってきた。事情を話して「謀略裁判で判定がデタラメな結果に終わってしまったので、名義を戻すなら贈与の手数料がかかった分は裁判所に請求していいですか?」と聞いた。

 
「いやそれは、我々は感知できません」「どっちかにしろと言われても、どうしたらいいのか全く判りません」「じゃあ、上に相談して答を出します」

 こう言って帰っていった。だがその後、何の返事も無いまま放置されている。「延滞金が加算され莫大な額になりますよ」と脅かされるが「全て裁判所の謀略で起きたことです。福岡の裁判所にデタラメ判定を確認して請求して下さい」と抗議した。

 「倒壊の危険が加速され、柱の傾いた家が、一体遺産なのか?負債物なのか?、判らないままです。もし倒壊して圧迫死の死亡事故が起きても、こちらはもう全く責任は持てませんよ。往来危険注意と貼紙してるでしょ。警察にちゃんと通報して下さい」「ああ・・・」

 「放置すればするだけ、その莫大な賠償責任を問われてくる。加担した全ての関係者に降りかかってきますよ」「・・・」

 もし彼らが素直になって、
損害立証済みページを認めて、謝罪する勇気を持ってくれれば、一気に状況が変わる可能性が出てくるのだが…

 改心の勧め

 戦国時代の凋落合戦ではないが、既に勝敗の行方は見えて来ている。

 むごたらしい修羅場を避けられるかどうかは、この最後の機会に改心して、悪事を繰り返してきた過去を悔い改めて謝罪して、

 犯してきた罪の
手口を告白し解決に協力してくれるならば、その尽力と誠意に深く感謝して、それ相応の報酬を当然約束しなくてはならない。

 大峠を越えようとしている今だけの最後の機会。このままいけば間違いなく、身内からも
「家宅捜査や逮捕、拘留者も出てくるだろう」残念だがその醜態を世間に晒して仕事も名誉も地位も信用も何もかも失うことになるのか、

 ぎりぎりの処で改心して
「悪事を続けてきた闇の歴史を卒業し改善します」と誓い、新しい朝を迎えるのか、よくよく考えて決断して頂きたい。

 これまでの罪が全て許される程の大いなる改心の手柄により、それ相応の称賛もご褒美も与えられる。

 
本来すべきであった、やり残した公平な財産分与成り代わって実践して仕上げる立場にある。

 
債務立証済みを素直に認める正しい働き、それが重要な成果となる。

 今、生死をかけた聖なる戦いの、大峠にある
経済的ピンチに追い込まれて困っている状況を察知してくれて、さりげなく手助けして貰えるなら、この恩を何倍にして返していくことを固く誓いを立てていることを知って頂きたい。

 未だこの
深遠なる仕組みを悟らず、へそを曲げたままの、親不孝な娘を演じる姉たちにはぜひ、常識を超越したの、この深い厳愛の果ての、勝ち取って手にする宝のゆくえを見届けてほしい。

 
    

 呪縛の石板

 我家の居間のには昔から、不思議な一枚の細長い石板がかかっていた。

 それは
が山口に旅行に行った時にお土産に買ってきたという石板だった。

 下の方が少し削ったようになって、まるで
鉛筆か筆のような形をしていた。

 それには
文字とある人物の絵が書かれており、偉人の「格言名言句」があった。

 それは
吉田松陰の姿と「親思う心にまさる親心、今日のおとずれ何と聞くらん。松陰」とあり、が時々に読んで聞かせた句である。

 笑いながら
「この意味判るね?」と聞いた。「ん・・・?」子供を思う心よりも、遥かにの子に対する思いの方が勝っているということたい」「ふーん…」子供心に何となくその意味を考えた。

 「そうか、子供がいくらのことを思っても、常にの思いの方がはるかに勝っているのだから、よくの言う事を聞いて従いなさい」ということかなあ)と解釈して育っていった。

 
は何故、山口に旅行に行って、この句の書かれた石板をお土産に選んで、それを常に息子の目にする居間の柱にかけたのだろうか?、それは無意識で息子呪文のようにこの言葉を唱えさせようとしたのではないだろうか?。

 理不尽な進路を強要されても、決して逆らわずの決めた事に従うように常に呪縛をかけていたのだった。

 
に翻弄され引きづり廻されても、反発せずに従うようになっていった。 何十年も経って田舎に帰って、この石板を見つけた時に、初めてこの石板の持つ意味に気がついた。

 
「私はこの言葉に無意識の中で惑わされて育っていたようだ」だが大切な呪縛の暗黒時代を忍耐して通過する事なくして、「我家の謎」は決して解けないことを示す、重要な内容が含まれていたのだった。

  

昔から居間の柱に石板
がかかっていた

 

   

   

 

山口旅行の土産に
が買ってきた石板


ポチよ泣かないで  前編
 

 

 

結託妨害 立証

継ぎ柱の状態

iPhoneの故障

トレーラー突入

倒壊危険の加速

妨害・破壊・交換

鉄槌下る天の審判

差押サギ共謀加担

ネット妨害取締れ A1

ネット妨害取締まれ A

巨悪と闘う日々

損保と警察と裁判所

清水 富枝 警察 と 

妨害・改ざん・盗難

癒着・結託の公的機関





大和魂覚醒講座

「なぞとき工房」

昔話の謎解き

「ひらめき.の.空間.jp」

日本の使命と

存在意味を探る

謎解き 閃き 講座

洗脳を解く 壁紙

「ポチよ泣かないで」

「ポチよ・・・ 」 青春編

「光の道を備えよ!」

なぞとき小説 放浪

なぞとき小説 回想

小説  チカ定着時代

「ポチよ・・・」前 編
なぞとき小説 幼少

Design B2
ロゴ・マークの創作

光の道を・・・ 第3部
小説 チカ激闘時代


巨悪の正体           
10
 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

 

雛形組織    戻る   HOME     次へ    ■捜査対象