別件を掲載するにあたっての 注意


  
 まず
準備書面を妨害した 捏造だらけの別件との相殺権は違法であり 本来は認められないもの 本件係争中に損害立証中の書面を著しく妨害しているので 不当訴訟として取消を強く要求します
本件では
債務存在は明確に立証しており 債務不存在確認訴訟など必要無く即時却下すべきです


 損保が損害立証を認めず弁護士に丸投げした結果 本来有り得ない裁判問題が生じたものです。 別件に関しては 更に不当な訴訟であり 相殺目的の違法な差押詐欺。今、取消・引落金返還 要求中。 これら全ては 本来は不要な不当訴訟 謀略的強奪は迷惑料と共に 謝罪と慰謝料と賠償の対象です。

 
相手弁護士(損害立証をしろ)というので仕方なく提出した内容で準備書面や損害立証文書で個人情報抜きでは 準備書面は成立しないもので (原告を名誉毀損しよう) などという思いなどない そもそも 掲載する動機は 手紙のやり取りで 質問をはぐらかす不誠実な返事が続いたことが原因だ

 仕方なく (貼紙とネットで損害立証するので よく見て確認下さい)と前置きをして始めたことである。この事は資料を見れば一目瞭然です。答弁書をよく読んで調べれば素人でも判る事。逆手に取って不当な裁判を正当化するなら 別件の全関係者は怠慢で司法に関わる資格など無い という事になる。

 本来 発生すべきでない案件に時間を割いて論議する必要はないことを申し上げておきます

 だが謀略という犯罪性を明確に特定する為に 詳細な情報を確認可能にする必要性が出てきた リンク不可にしてきたが今後は不審な手紙 ヤメ判弁護士の違法な文書偽造と思われる容疑調査をして貰うために 今まで各機関から来た不審な返事の怪しい書類を確認して貰う為に掲載するにします。

一般人には非公開ですが 専門機関ならそれが正式な書類であるか一目瞭然の筈です
弁護士会・綱紀委員会・検察庁からの文書に偽造の容疑有り。郵便局の加担も明確になる筈です ポスターの予言通りに裁判を悪用して詐欺を行った悪党共には 初めから名誉など無い存在であった


 

違法差押は速やかに解除すべき

 
 「超過差押」「無益な差押」も 行政側に滞納処分の迅速性が求められ 差押さえ自体に違法性はないと解されていますが後日 超過又は無益な差押であることが判明すれば 「違法な差押さえ」として速やかに「差押解除」されなければならないとされています。「一見して 明らかに」超過または無益な差押に該当する場合には 差押解除の対象である。 

 
(違法差押だから取消して下さい…)と抗議しても 解除しない裁判所は共謀正犯。
 

 

嫌がらせ的 差押禁止 の 規定

 

 処分を執行する行政側が 財産に価値があろうがなかろうが 職権を乱用して嫌がらせ的に むやみやたらに差押さえを乱発する事を禁止したもので 納税者やその財産上の権利者を保護するための規定 突入事故の損害調査も賠償もせず 相殺目的で別件捏造した差押は禁止


違法な別件手続

 損害立証の際に起こった係属する同一事件の重複(二重)起訴の禁止

被告に二重負担を強いる 重複審理は違法 
矛盾した判断 無用の混乱 係争中の攪乱・妨害行為

サギ謀略事件に関わった加担者達を 消費者庁に訴えて 業務・職務の許可取消を求めます。

 この別件の訴状は 代理失格者が悪意を持って書き上げた 本来 受理すべきではないデタラメな内容である。 正しい裁判官がこれまでの手紙のやり取り文章を読めば一目瞭然である。クリックすると真実が見えてきます。 最高裁判所の判事の方に違法な重複訴訟を見て頂き 元裁判官が関わることで起きる詐欺事件が判明される。

リンク制限中                                        HOME


 受理された別件「謝罪広告 及び 損害賠償請求事件」添付資料不審点 。添付資料 (損害立証中に起こった悪質な妨害行為) 違法な相殺目的の謀略的な強行訴訟   

 訴状の添付資料の最悪の特徴は 都合の悪い損害立証の書類をわざとはずして 提出しています。損傷を暗くして印刷し サギ念書の手口を隠したり 色々と策を弄しているので補足して解説します。 

 面談等禁止の仮処分申立書

申立の趣旨

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 当事者目録  

疎明資料

倒壊危険放置を注意する相手に法外な金額    
(1日20万円の割合で金品を支払え) と恐喝した。

脅迫に共犯

貼紙・ネット掲載  
   ・面談・架電禁止し

損害立証中準備書面作成   
       掲載 提出
悪質妨害行為

結託し受理

常軌を逸した    
    
反社会的な提訴行為

債権者代理人 (高橋 熊田 首藤 赤木) 4弁護士
別件で相殺目的

妨害行為

一方的な嘘の作り話で
     訴状を捏造

代理弁護士は一度も家に来ず      
   電話も会話もしないままである。

偽証 捏造罪

同事件の延長     
  なのに
別件を主張

19/11/12 保全ヨ第380号     
      
保全係は違法な訴状を受理した。

豊岡幸子(担)
        ※ 注 意  重 要

 申立書補正申立書         

申立の趣旨 修正 1 2

 損害立証中の準備書面を削除要求

違法な脅迫

面談等禁止の仮処分 
          申立事件

弁護士を依頼せぬ被害者は     
       当時者自身で交渉するのは当然。

人権の蹂躙

交渉窓口を塞ぎ   
   違反した時には

一日につき2万5千円金品請求している      
       不公正・不中立な裁判所の対応。

恐喝・ゆすり

 福岡裁判所 第4民事部 

19/11/29 保全(ヨ)第380号       
   
保全係は違法な訴状を受理した

妨害加担罪

保全部職員の逮捕を請求…

※受理した裁判所は始めからサギ・恐喝に加担している

別件関与者

 

 資   料

     

 陳述書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

陳述者 釘本繁春 署名

加害者の息子   二丈町吉井4022-7

甲第1号証

 弁護士がデタラメに     
   書いたもの

事故後一度も謝罪に来ない息子    
      
の名前で陳述書を出している。

非常識行為

家族全員 嘘つき親子

「裁判に出席すると恥をかきますよ」と言ってきた
…と書いてあるが 全く逆である。
当方は
(事故も裁判も起こしたのが 加害者で
原告なら 当然 家族全員出席すべき)
と主張している。

歪曲 偽証

 http://homepage1.nifty.com/designb2/bunsen.html

 看板博士
文宣のホームページ

新 http://hirameki.no.coocan.jp/  2007/10/25

甲第2号証

 事故とは        
   全く関係のないもの

損害立証したページを確認下さいと   
     掲載したページが後回し。

優先順位逆

 合成写真           
    真似禁人形創作室

10/31 不埒者専用の入口をアクセス…/maruhitakara.html

甲第3号証

 事故とは        
   全く関係のないもの

デザイン合成技能修練用を侮蔑・       
      在宅ビジネス侵害妨害行為。

ネット
営業妨害
 

交通事故証明書   
   
検証不備

5/10 建物損壊内容が全く調書に無い。  
    事情聴取のみで不備。

甲第4号証

 警察の結託容疑
   
前原警察署

損保の調査員が入ったら    
 現場検証をしない 方針を出している。

警察不信

 損害調査報告書 調査不備

7/20 許セ建 第一SSの 損壊状況を無視

甲第5号証

 No,3064 3ページ
 念書

資料の中に交渉が決裂した原因の  
肝心な念書が入ってない。

偽装書類

念書    解説   

工事内容についての確認書        
     とあるが 実は 
念書とあった。

抗議説明済

 違法行為の解説  

念書に署名・捺印が押せない      
    強引な内容だったが隠している

却下すべき

 裁判官に         
   
事情を聞くように要求

重要な詐欺の手口があるので      
       調査員と損保に出頭要請。

要求を無視

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

12 13 14 15 16 17 18 19 20   
     21 22 23 24 25 26 27 28 29

30 31 32 33

 証拠説明書 (本件)

7/27 本件被害建物・敷地 調査報告。 
 

 書類の送付依頼の件

3/22 食い違いの件 保険会社 宛  写真 

回答無 無視

 工事内容の確認について

4/13 文章内容の変更(削除・加筆)要求 お願い

回答無 無視

 書類の送付依頼の件 

3/22 食い違いの件。         
       
 保険会社 宛  写真
 

甲第6号証

 文書を頂戴しました件

3/23 「食い違いは無い」という回答 
 担当 
清水節子
無責任な発言。

甲第7号証
 「念書の提出」のお願い 

4/3 釘本春喜 宛           
    
 の賠償不払の不安通知。

甲第8号証

 「念書」          
    損保が介入

4/5 今川允子様 宛・・・内容が不誠実 不払い共犯

甲第9号証

誠意ある「念書」    
の再提出のお願い

4/11 釘本春喜 宛         
    
  の賠償不払の不安再通知

甲第10号証

 工事内容の確認      

4/13 文章内容の変更(削除・加筆)要求

について

真黒で判明不可写真

回答しない
 

よこやり妨害行為

4/15  担当 清水節子宛  

無用申立

           不誠実な損保の回避

甲第11号証

 通知書

5/2 念書の拒否 損害立証責任       
      面談禁止 
答えをはぐらかす不誠実な手紙

甲第12号証

 (依頼人の名前が無い)

5/ 3 配達証明     ・・・内容が不誠実極まる。   

 
 調査報告書  不要な調査

5/8 潟Aリスリサーチ 事故概要 自宅確認 
 ポスター内容の確認が目的とある。
本来 倒壊危険を緊急調査すべき。 

甲第13号証
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

損害状態を調べに来ないで 不要な調査に力を入れている

 難癖目的

申し入れ書 

5/8 危険防止義務の回避 調査義務の押し付け

甲第14号証

5/ 9 配達証明

 

 申入れ書に対する意見

/12 調査ミスを認めて 謝罪するように求めた。

甲第15号証

 ご回答書  

5/21 損害立証・調査・謝罪 拒否     

甲第16号証

5/22 配達証明     ・・・内容が不誠実

 

通知書 申入書   
 回答書
への意見

5/28  7つの意見と追伸          
    被害者の意見を聞くように依頼。

甲第17号証

誠意ある「念書」の  
  
再提出のおい 

5/28 釘本春喜 宛 念書不可 損保不対応に抗議 

甲第18号証

 ご回答書 

6/4 独自の見解に基づく主張として無視 回答せず。

甲第19号証

6/ 5 配達証明     ・・・内容が不誠実

 4番目の回答書
に対する
意見

6/11 不誠実 はぐらかしは職務怠慢 代理失格。 

甲第20号証

 ご回答書 

6/22 支払の根拠 認めず 立証責任逃避 回答せず

甲第21号証

 6/23 配達証明    ・・・内容が不誠実。

 回答書(6/23)     
   に対する意見

7/11 危険放置 無責任         
    最後通告 代理不可 直接交渉

甲第22号証

 訴状
債務不存在確認請求事件

7/27 原告 釘本春喜 請求の趣旨  
 請求の原因 不審

甲第23号証

 抗議書

9/7 懲戒請求の予告への抗議    
       強引で不審な訴訟中止求む。

甲第24号証

 9/15 配達証明    ・・・内容が不誠実

 訴追請求状 提出のページ

10/28 藤田光代裁判官への訴追請求 
 準備書面 

甲第25号証

1/4 2/4 3/4 1/6 2/6 1/1        
   
強引で不審な裁判の中止が目的

裁判官 不審

現在 係争中の    
   
損害立証中の

ホームページの内容に対し           
        
名誉毀損で提訴している完全に

違法な訴状

 突入損害立証     
 
  
HP画面確認

10/25 奇妙裁判→            
  
被害者被告 痴呆加害者原告

甲第26号証

次の@B
意図的に省いてある

損害立証ページを確認するように       
    掲載したページ
が部分的に欠落してる。

@突入直後の写真 欠落

@突入衝撃による             
     家の損害立証の解説部分
を外している。

義務を放棄

「損害立証しろ」   
   
というので立証

事故写真            
    
    10 11 12

提出拒んだ

「立証済を見て下さい」 
  
と教えた

確認して回答すべきなのに         
     その立証HPを名誉毀損で訴えた。

常軌を逸脱

HPで損害立証済を  
   見ても無視

10/25 損害立証2 →         
    
取下げをせず強引に続行している。

A家の損傷写真   
   
不鮮明提出

1/17 2/17 3/17 4/17 5/17    
     6/17 7/17 8
/17 9/17 10/17

継ぎ柱の写真掲載 損害立証済

11/17 12/17 13/17      
    14
/17 15/17 16/17 17/17

B調査不備の説明責任 欠落

B調査不備の責任回避 都合の悪い情報を外している

義務を放棄

家の突入による衝撃で 家の倒壊

立証写真          10 11 12 13 14 15

説明の義務

の危険が発生してる事に気づき

あわてて調査と修理施工から手を引いた事実を隠している

無責任卑劣

C危険な継ぎ柱の写真
 
不鮮明

1/14 2/14 3/14 4/14 5/14 6/14
7/14 8/14 9/14 10/14

 

倒壊危険を加速   
   させた傷の状態

11/14 12/14 13/14 14/14  
同一処理債務が判明訴訟

無効

突入衝撃で亀裂 ズレ 壁土落下

D増改築施工済み証明

1/24 2/24 3/24 4/24 5/24
6/24 7/24 8/24 9/24 10/24

 

11/24 12/24 13/24 14/24
15/24 16/24 17/24 18/24

増築 改築

19/24 20/24 21/24
22/24 23/24 24/24

新築 混在

突入の経路図    
    
不鮮明

1/32 2/32 3/32 4/32 5/32
6/32 7/32 8/32 9/32 10/32

ネットは鮮明

ネット上では      
   鮮明に見えるのに

11/32 12/32 13/32 14/32
15/32 16/32 17/32 18/32

訴状の資料

画像を暗くしていて見えにくい

19/32 20/32 21/32 22/32
23/32 24/32 25/32 26/32

比較すれば

カラー画面を     
   
白黒に変換している

27/32 28/32 29/32    
     
30/32 31/32 32/32

卑劣さ明確

10/25 被害者の意見・主張・反論
00 お願い 無視。

6 

   
   
10 11 12 13

14 15 16 17 18 19 20 21      
       22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 

妨害削除
個人名情報

    
    10 11 12 13

14 15 16 17 18 19 20 21 22    
    23 24 25 26 27 28 29 30 31

実名復元
回答無 無視

損保・調査員・     
   加害者・弁護士達

10/25 加害者の対応→            
     
 対応が不誠実だから起こった事。

7の1

が皆 無責任連鎖で  
    放置するので

1/13 /13 /13 4/13 /13          
    6/13 /13 8/13 /13 10/13

やむなく          
 
危険を訴える貼紙をした

11/13 12/13 13/13               
   このようにならぬようにとの警告だった。

想定・予言

名誉のある人が      
       訴えられる立場

10/25 ポスター 危険!倒壊注意          
          予言の絵が現実となった

7の2

近所の苦言を        
      求めざるを得ない

10/25 ポスター 住民の皆さんへお願い      
       苦言先
良識確認

7の3

損保の不払い       
      の事実を踏まえて

10/25 被害者へお願い               
       
ポーズ→
高橋弁護士へ お願い

損保不払・         
  倒壊危険放置
 について

お願い  悪質な不払い対応を続ける
に苦言を 呈して下さい

         

                            
 

名誉毀損           
 プライバシー権侵害行

為主張部分摘示表
立証用HPを妨害目的
アラ探しに及ぶ
甲第27号証

「立証しろ」というので掲載して確認を求めた内容を なんと!上げ足取りして訴えるとは・・・

常軌を逸脱した行為 神経 頭がおかしい…立証用のページを確認して回答すべき処を答えずに 名誉毀損部分を調べて恥知らずに表に詳細にまとめている。
6ページ分
1 2 3 4 5 6

弁護士 神経

子供よりも悪い低レベル 非常識

この熱意と時間を損害立証の確認の為に使えなかったのか

受理 裁判所

犯罪行為
連名4弁護士を即逮捕すべき案件。  

別件

※ 注意 重要
  痴呆の春喜を原告名に 虚偽捏造罪

捏造

脅迫訴状謝罪広告   
       
 損害賠償

請求事件10/30
(
請求の趣旨 請求の原因 事案の概要 本件の発端)

甲第28号証

被害者に対し
法外な金565万円

支払え請求 10/25から支払済まで
年5分割合金品要求。

悪質サギ罪

慰謝料500万      
    弁護士費用65万

請求の趣旨1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
謝罪文要求

威力脅迫罪

訴状資料に当事者の変更確認可

で 允子から正信に建物登記名義変更を確認しているべき

別件主張の訳

本件が発端で     
    別件提訴に及んだ

11で 弁護士は関連延長事件として   
           併合処理を求めている。

同一処理

違法な重複
(二重)起訴の禁止

損害立証の際に起こった同一事件を
     別件として提訴→受理 

計画的併合

立証HP妨害され   
   準備書面提出

が困難になり 別件(資料にHP内容)
   
との同一処理を求めたが  

無視 拒否

本件   別件

 ※ 裁判所職員は始めから

関係者の逮捕を請求

終わりまで サギ・恐喝に加担している。

サギ関与者

 示談の提案 
         

11/ 示談書 損害賠償の詳細 1 2       
       弁護士の不対応の結果。

甲第29号証
     

鰍ノ質問

平成21年3/14 鰍フ本社の経営陣に
対 して メールで
最後の問い合わせをした。

返事 回答無

 弁護士への最終質問

12/10 債務存在を認める手続について質問したが 拒否拒絶

懲戒を請求

回答書        
   
謀略裁判強行の証拠。

12/11 損害立証済のHPを認めながら
裁判の取下げを
せずに差押を強行 窃盗行為続行。

懲戒の請求

 相談 告訴 極秘依頼
平成20/1/8 福岡県検察庁に告訴状持参 提出 複写受理

検察・・・不審

 緊急措置のお願い
平成20/1/18 検察庁 但木敬一指揮下 各県検察庁 殿

警察…不審

請求書あきれた  
   
逆転賠償 脅迫。

平成20/2/7 面談等禁止仮処分決定。     
            書面送付行為の違反。

弁護士不審

「取下書」を     
  出しても返却せず。

「御庁頭書事件につき 債権者は 今件申立を取り下げます。  但し 既に取り立てた分 及び配当を受けた分を除く」とある。

強奪の続行

弁護士が取下げた   
      書類に過ぎず

裁判所からの正式な通知ではなく怪しい。
   
必要記載が無い

文書偽造

担当者名・        
事件番号記載無し

元裁判官の高橋弁護士は        
     裁判所の封筒を勝手使って送達。

捜査が必要

銀行に談判しても 「裁判所に聞け」と無責任な対応 抗議を無視

取下げた理由も返却しない理由も無い
責任を取らぬ裁判所

捜査が必要

書記官「取下書」を送るよう依頼FAXしか送れぬ主張

により本件は終了とした。
裁判所のサギ加担行為。

結託容疑
     

詐欺容疑
調査するよう要求

告訴状  返戻  被害届  返戻
懲戒請求  訴追請求  不審決議。

拒否 放置

詐欺容疑
捜査に入るよう要求

福岡検察庁  福岡県警察本部
前原警察署  郵便局  裁判所

結託の輪に

 
 倒壊の危険を加速させた大事故であることを確認しながら 損害賠償をしたくない為に悪質な悪あがきを繰り返して被害者を苦しめ続ける損保・弁護士の所業。 素直に認めて謝罪をすれば済むものを全くもってこれだけ何度も抗議・警告しても改心する兆しが無い。損保(加害者・調査員・弁護士)裁判所(書記官・裁判官)新たなる結託の輪も有り これら連鎖する無責任な加担者の対応を詳しく調べれば その罪が見えてくる


 

結託 立証

柱 突 入

携帯盗聴

罪と天罰

共謀・加担

空 検 分

営業妨害

卑劣手口



運営サイト

講座

昔話の謎

閃き空間

脱 洗 脳

ポチ…B

ポチ…A

光道…A

魂 覚 醒

ポチ…@

ロゴ創作

光道…B


HOME